花日和

恋ひわび しばしも寝ばや 夢のうちに 見ゆれば逢ひぬ 見ねば忘れぬ

譚耀文電影全集・回顧

2017年03月31日 | 譚耀文



あちらの粉絲の方が作った 『 譚耀文電影全集・回顧 』 というタイトルの

タムさまの映画経歴を短い動画にまとめたものが、なかなか良かったのでご紹介~

残念ながら秒拍なのでリンクですがこちらからどうぞ

全集と言ってますが、途中10何作品抜けてますし...

何より最近の作品では、私の愛する 《 衝鋒車 》 が入って無いのが非常に残念ですが

それでも、デビュー作から今までの作品のワンシーンを切り取ってつないだものを

タムさまの唄に乗せてダイジェストで観られるというのは迷にとっては垂涎ものです

作ってくれた粉絲さまに感謝します

(以下、タイトルの前の〇は観た作品で、カッコ内は日本公開または日本版DVD発売時の邦題です)

〇《 都市煞星 》(銃弾に追われた街)
〇《 野獸刑警 》(ビースト・コップス野獣刑警)
〇《 驚天大賊王 》
〇《 紫雨風暴》(パープルストーム)
〇《 我愛777 》(スーチーinトリプルセブン)
〇《 決戦紫禁之巓 》(決戦・紫禁城)
 《 天有眼 》
 《 野獸之瞳 》
〇《 蜀山伝 》(天上の剣)
〇《 絶世好Bra 》(恋するブラジャー大作戦(仮))
 《 黑道風雲 》
 《 飛虎雄師 》
 《 阿龍的故事 》
 《 我的麻煩老友 》
 《 非典人生 》
〇《 情癲大聖 》(西遊記リローデッド)
〇《 神話 》(THE MYTH/神話)
 《 A貨B貨 》
〇《 地獄第19層 》
 《 错爱 》
 《 葬礼揸Fit人 》
〇《 大捜査 》(大捜査の女)
〇《 旺角監獄 》
〇《 風雲2 》(風雲ストームウォリアーズ)
〇《 越光宝盒 》
〇《 囧探佳人 》
〇《 B+偵探 》(冷血のレクイエム)
 《 無界之地 》
 《 宅男総動員の女神帰来 》
 《 我愛HK開心万歳 》
 《 地獄無門 》
〇《 紮職 》
〇《 楼 》
〇《 救火英雄 》(ファイアー・レスキュー)
〇《 大話天仙 》
〇《 霹靂火秦明 》
〇《 情剣 》
〇《 妖医 》
〇《 葉問3 》(イップ・マン 継承)
〇《 失眠男女 》
 《 我們停戦吧! 》
〇《 踏血尋梅 》
〇《 寻我心中的你 》
 《 愛在深秋 》
 《 五行者之鬼馬灯 》

とりあえず、動画に登場した映画タイトルをズラズラ並べてみましたが...

この動画の中の、まだ未見でDVDも持ってない映画の中で気になったモノは...

前から観たいと思ってるけど未だ観られずにいる 《 天有眼 》



まだウブ顔のタムさまがハードボイルドっぽいことやってる 《 飛虎雄師 》



なぜかタムさまが裸でドラムを叩きまくってる(笑)《 A貨B貨 》



演員さま全員が真ん中分けのロン毛(死神役らしい)の 《 無界之地 》



タムさまの警察(夏服)のコスプレが見てみたい 《 我愛HK開心万歳 》



なんだか殺されそうな雰囲気ムンムンな(笑) 《 地獄無門 》



そして、そもそもこの動画はこの宣伝をしたくて作ったモノらしいので

最後にやや長めに入ってた 《 五行者之鬼馬灯 》



廃盤だったり在庫切れだったりで手に入らなかった上記の作品たちが、いつか観られますように...


しかし...ワルから、警官、医者、バッタもん屋の兄ちゃん、英雄、チンピラ、宇宙人、妖怪、死神まで...

ホントタムさまって幅広い役を演ってるんだな~ ...と改めて思う今日この頃...

どうか今後も、さらに様々な魅力的な顔を魅せてください 永遠支持你~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

無名片段終於曝光!

2017年03月30日 | 譚耀文


2月の初め頃に、雄覇(呂良偉)、孔慈(閻奕格)、泥菩薩(黎耀祥)、文丑丑(鄭丹瑞)の

4人の造型動画は 「主角造型1」 としてお披露目されていたんだけど...

いつまで経っても残りの4人の 「主角造型2」 が出ないので、ずっとヤキモキ

もうこのまま...タムさまたちの動画は出ないままで舞台本番に突入しちゃうのかな...

なんだよ~最初の4人だけズルイな 無名のPVも観たかったな...って半分諦めてたら 


昨日、満を持して、聶風(謝天華)、歩驚雲(鄭嘉穎)、無名(譚耀文)、楚楚(胡琳)の

造型動画がお披露目されました~ キャ~私はずっとこれを待ってたのよぉぉ~

しかも 最初の4人は、まとめてひとつの動画だったのに

昨日お披露目された4人はそれぞれ別々の動画で、しかもタムさま@無名が一番長いとゆ~

作ってくれた人グッジョ~ブ (笑)

『 無名造型片断 』



キャ~ ステキ~ おヒゲの白髪無名...なんてシブいんでしょう

昨日こちらに載せたグリーンバックの画像は、このPVを撮影してた時の様子だったみたいですね

風と雲の動画も観たけど、“動”の風と雲に対して“静”の無名という感じ  悟りの境地を感じます

そんな神々しい無名を見て 「キャ~シブい~」 とか 「あ 目が合った死ぬ~ 」 とか

煩悩まみれな事ばっかり言っててゴメンナサ~イ

でも...あなたがいる限り、たぶん私は一生煩悩の罠から逃れられないと思います(笑) 


とっても嬉しかったので キャプチャも多めでゴメンナサイね~




あぁ...横顔がステキ~



個人的にはおヒゲが無い方が好きなんだけど...無名は大侠だからおヒゲくらい無いとね~

それに、この造型でおヒゲが無かったら...も~ただただ美しい白髪の麗人になってしまいますからね(笑)






よく見ると、ご自分のおヒゲのようですね 舞台が終わるまでは無精ヒゲタムさまなのかな?



ただでさえ目ヂカラの強いタムさまが、舞台用アイメイクをしてるので

目が合うと(笑)息が出来なくて死にそうになります




タムさま@無名の造型と、無名という名前と、字体と、降りしきる雪と...すべてに美しい調和を感じます 



昨日YouTubeでこの動画を見つけた時は、まだアップされてから1時間経ってなくて

なんと視聴回数がゼロだったんですよ...って事は...

少なくとも YouTube 版では私が一番最初に観たって事ですよねっ? ねっ?ねっ?(...しつこい

美しいタムさま@無名を一番最初に観た人になれてとっても光栄ですっ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白髪魔男

2017年03月29日 | 譚耀文


タムさまが、顔本でまた新しい無名の画像をお披露目してくれました

決してキレイキレイではないけど、等身大の無名の男っぽさが伝わってくる感じでステキ



そして、全員集合ポスターの元画像がコレ ↓ のようですね

どうやってお着物に動きを出してるんだろう?...裾をテグスで釣ってるのかな?



ポージングするタムさまも貼り貼り~




ポスター撮影時の舞台裏もお披露目してくれました

寄ってたかって(笑)無名を仕上げてる感じが伝わってきます



私も参加したかったな...お着換えの助手で (← 煩悩まみれ(笑))

そして撮影~



で、同じように撮影した風雲組の皆さまを合わせて出来上がったポスターがコレ



別記事にタムさま@無名の事を“白髪魔男”って書いてあって超萌えましたが...

確かに、この白髪の型男には私を虜にする相当な魔力があるようです (笑)

そして、この画像たちと共に上げてくれたコメントが 「紅館決戰 無名準備迎戰!」 でした

タムさまは、もう決戦に向けて迎え撃つ準備が出来てる模様です

なので私もTwitterのアイコンを 「戦意高揚」 と名付けられた桜吹雪でデコりました



あと8日でいよいよ決戦です  祝愿一切順利 加油~


PS...この無名にスタンプでコメントをしたら、またタムさまに 「いいね!」 をもらいました



なんとか応援してる気持ちを伝えようとしたのに、また逆に元気をもらってしまって...(涙)

タムさまありがとう~

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

土地公土地婆 其之四十二

2017年03月28日 | 譚耀文


王子の方が重大な局面を迎えてるけど、こっちも観ていかないと...ということで...

《 土地公土地婆 》 第42集を鑑賞

(なんと、主役なのに半分過ぎまで福徳ちゃんが出て来なかったので、前半部分は軽~く端折ります(笑))


賭けの対象に決めた湯茂元、碧玉夫婦が道に迷ってる所に現れた山神@じじいは



「今から山神を参拝に行くところだ、付き合ってくれたら道案内をしてやる」 と言い

2人を置いてどんどん先に行ってしまい、そこに山賊が襲ってきて碧玉が連れ去られてしまう...

茂元は藁にもすがる思いで山神に祈っていると、また姿を現した山神@じじいは

「オマエの妻を助けてやろう、ただし生まれた子を私によこせ」 と、とんでもないことを!

でも、妻を救いたい一心で承諾してしまう茂元...

山神は 「オマエに神力を与えた、目覚めたら生まれ変わってるだろう」 と言って姿を消し

目を覚まして自分に怪力が備わってる事を知り山神に感謝する茂元



やがて碧玉は男の子を生み、子供が生まれたのに憂鬱そうな茂元を問い詰めると

「山神にオマエを救ってもらう代わりに、生まれた子供を渡す約束をしたんだ...」 と告白

そこに山神が姿を現し、碧玉は必死に生まれたばかりの我が子を守ろうとしたけど



赤ん坊は山神に連れ去られてしまう...



山神と約束をした茂元を責める碧玉に 「子供なんてまた産めばいいだろ」 とヒドイ事を言う茂元

そして、山神の与えた神力で強くなった茂元は、権力を手に入れ地元の有力者に成り上がり

金を返せない男を容赦なく殺したりするような非道な男になってしまう...

その殺された男の妻のところに、男の亡霊が現れて1人の赤ん坊を託し

「その子は茂元の子だ、成人するまで育てて、その子に茂元を殺させ、私の恨みを晴らしてくれ」 と...

その亡霊は山神が化けたニセモノだったけど、男の妻は恨みを晴らすために赤ん坊を育てることに...

(ここまでは山神ばっかりで萌え要素ゼロ でも、今回の山神は今までとはちょっと違う感じ...

今までは福徳ちゃんに失敗をさせて秀文の気を引く...というショボイ作戦ばかりだったけど

ここでようやくワルの本領を発揮して、本気で打倒福徳ちゃんに動くのかな?)

そして、お話も半分を過ぎたところで、や~っと愛しの福徳ちゃん登場~

も~あなたが見たくてこのドラマ観てるんだから、もっと万遍なく出てください(笑)

福徳村長と秀文は、宴会への招待状を持ってきた男を怪しみ



「絶対何か企んでるだろ」 「あの髭もニセモノ臭いわね」 とコソコソ(笑)



でも招待されたのでとりあえず行ってみることに...

それを見ていた山神は 「茂元は神力を使って権力を手に入れた、あと狙うのは村長の座だろう

だから張福徳を宴に招待して消すつもりだ...まさに“鴻門宴”だな」 とニヤリ...

山神の読み通り、茂元は 「ヤツがよそ者のクセに村長に就任出来たのは

きっと裏で甘い汁を吸ってるからに違いない、賄賂を渡して様子を見て村長の座を奪う」 と...

そして福徳ちゃんは、街で茂元の部下の男が容赦なく取り立てをしてる所に遭遇



この福徳村長さんのヘアスタイル...よく見たら真ん中分けなのね~ なんか牛若丸みたいで新鮮~

あまりに血も涙もない取り立てに、ガマンの限界の秀文が怒鳴り込もうとするのを必死で止め

「ちょうどいい事に茂元の宴に呼ばれている、そこで内情を探ろう」 と言う福徳ちゃん



さっすが~ すぐ感情的に突っ走る秀文と比べて、いつも沈着冷静な福徳ちゃんってばステキよ~

カッコよくて色っぽいのに、時にはガキンチョみたいに可愛くて、こういう時は冷静で大人で...

こんなステキな旦那さまなんて、探してもなかなか得られるもんじゃないんだから

殴ったり耳引っ張ったりしないで、もっと夫を大事にしなさいよ秀文~ (← 本気
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

A計画 其之十四(後編)

2017年03月27日 | 譚耀文

《 A計画 》 第14集を鑑賞


1人で警察に戻って来た王子を見て 「小莉は?」 と聞く小ラッパ

「すまない...逃がした」 と言う王子に小ラッパが 「警官のクセに罪人を逃がしたのか」 と詰め寄った時



「ただいま~」 と戻って来た小莉...なんかそんな気がしてたんだ...

王子が 「なんで戻って来た?死罪になるのが怖くないのか?」 って聞いたら

「あなたが私を逃がして罪に問われるのを見ていられないの」 と...けな気~



「最後にいい想い出をありがとう」 って言う小莉を見る王子はとっても切なそう...

そして、小ラッパも小慈と再会して抱き合って喜んでいたけど...

指名手配犯の小慈を匿う訳にはいかない...と、正義と小慈への愛の狭間で悩む小ラッパ...



小慈は 「父と姉の死刑が止められないなら私も一緒に死ぬ...私を捕まえればあなたの手柄になる」 って

も~ 海賊娘の2人が共にけな気で切なくて泣ける~

一晩悩んだ小ラッパは、古彪たちの牢に行ってみんなを逃がそうとしたけど

「やっぱり出来ない」 と思いとどまり、同じく同情から小莉を逃がそうとした王子と

「苦労して海賊を捕まえたけど、まさか私情に囚われて悩むことになるとは...」 ってタメ息...



でも、聡明な王子が 「古彪が私たちに協力して他の海賊のアジトを喋ったら

上司に掛け合って恩赦出来るかもしれない」 と素晴らしい策を思いつき



それを聞いて俄然元気になる小ラッパ(いわゆる司法取引ってヤツね)

そして、重罪人なのに海賊が普通に警察のリビングにいたりして...隙だらけだな香港警察(笑)



そこへやって来た弁護士のおっさんは、小ラッパが部屋から出ると小声で

「大口九(クソハゲデブ)に頼まれて来た...罪を認めれば死刑じゃなく終身刑で済む」 と言い

「一生こんな所にいるくらいなら死んだ方がマシだ」 と怒り出した古彪に

「大口九がムショの看守になれば、機会を見てオマエたちを逃がすことが出来るぞ」 と入れ知恵を...

そっか...古彪を生かしておくと自分の立場が危うくなるクソハゲデブが古彪を殺そうと送り込んだのか...

そして、王子たちがその事を知らないまま古彪の審理が始まり、心配そうに見守る王子たち



でも、クソ弁護士に騙されて、ウソの罪状を並べた供述書にサインをしてしまった古彪と海賊たちは

「3日後に全員絞首刑」 を言い渡されてしまう...

引っ立てられる時に 「大口九に騙されたんだ、助けてくれ」 と王子に訴える古彪

そして王子が、古彪たちの死刑判決を聞いて喜んでるクソハゲデブを呼び止めたら



勝ち誇ったような顔でイヤミを言いやがって...クッソ~憎ったらしい顔だな



王子と小ラッパはクソハゲデブを引っ立てて警察で尋問



キャ~王子のその目...悪い事を企んでる時の汪直さまみたいよ~ (笑)

クソハゲデブは 「ヤツとは会った事もないのにどうやって協力できるんだ?証拠を出せよ」 と宣い

王子が 「既に独龍島に古彪の帳簿を回収に行かせた、中身は全部オマエの賄賂の証拠だ!」 って言ったら

「島に行って戻るのに7日は掛かる...戻った頃にはもう古彪は死んでるな」 と高笑い



あ~も~コイツムカつく~ クソ~憎ったらしい~ ハゲ~デブ~醜い~

(と、あらゆる罵詈雑言を並べて鬱憤を晴らしてみました(笑))



小ラッパと目配せする王子...なにかコイツをギャフンと言わせる(死語)打開策はあるの~?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

龍在香港

2017年03月26日 | 譚耀文


お友達に 「オークションに出てる本にタムさまが載ってるよ」 と教えていただいて

タムさまの載ってる本は1冊しか持ってないので、内容もよく確かめずに本能のまま(笑)入札

で、無事に落札して届いた本がコレ 『 龍在香港 』 という日本のハードカバーです

(お写真は少ないけど、なかなか濃い内容でした...ってタムさまの部分しか読んでませんが...



錚々たる面々の真ん中にタムさまのお名前が

疲れていてなかなか読めなくて、ようやくタムさまの部分だけ読み終えました

目次には 『映画とテレビを股にかける超青田買いスター』 って書いてあります(笑)



鳴かず飛ばずの長~い苦労時代を経て、ようやくブレイクを果たした辺り(1999年)に書かれた本で

その頃の若きタムさまのエピソードや、ちょっと強気なインタビューが17ページに亘って載ってます

(筆者が香港まで行ってインタビューをしたようです)

私がタムさまを知ったのはもっと大人になってから(笑)なので、昔のエピソードはあまり知らなくて

それに、今のタムさまが好きだから、昔のことは敢えて調べようとしなかったので

初めて知ったエピソードがいっぱい書いてあって、とっても新鮮でした

(以下、読んでいて激しく共感した部分を一部抜粋させていただきます)


「譚耀文はとても31歳には見えないつるんとしたキューピー顔にぽってりとした唇が印象的で

パッと見はホンワカした育ちの良さのようなものを漂わせている。

しかしよく見てみると、その切れ長で美しい二重の目から発せられる眼差しは

とても冷ややかで粘着質。何か虎視眈々と獲物を狙う爬虫類的なものを感じさせる。」



キューピー顔(笑)かどうかは置いといて、そうそう とっても育ちが良さそうな感じわかる~

そして眼差しが冷ややかというのも納得 だからワル役を演るとクールで萌えるのよ~


「譚耀文は黙っているとクールフェイスだが、笑うと一気に緊張感の無いヒラメ顔になるのだ」


ヒラメ顔~(笑)わかる~コレでしょ~(笑) ↓ 笑うと一気にクシャって緩むところも大好き



「憎しみを込めて相手をグイと凝視する瞳には、むせ返るような濃密な色気が漂う」


そうそうその通り 今まであのセクシーな瞳に何回殺されたことか...



そして、仕事にあぶれていたタムさまが大ブレイクするきっかけになったドラマ

《 縦横四海 》 の記述が素晴らしくて、この本を読んで今すぐこのドラマが観たくなりました


《 縦横四海 》 のあらすじは...

貧しく育った大陸のタクシー運転手・明智傑(譚耀文)と、香港の財閥の御曹司・利兆天(陶大字)は

実は母を同じくする兄弟。香港に移り住んできた明智傑はその事実を知り

また自分の意中の女性が兄・利兆天の婚約者と知るに至って、自分の不遇の運命を呪うと共に

兄を逆恨みし、兄への復讐の鬼となって兄を陥れていく...

というもので、これだけでもたまらないんだけど...


「タクシー運転手を演じている頃の譚耀文は

河童ヘアーに例のヒラメスマイルというあまりにもダサい風貌で見る人の度肝を抜くが

復讐のために悪事を重ねていくにつれ、ぐんぐん垢抜けて行くさまは見ものだ。

紫のスーツで葉巻をくゆらすなどというバブリーな格好も、長身なだけあってそれはもうカッコよく

「香港一ホストの似合う男」 に認定して差し上げたいくらい似合っている。

人を見下したような嫌味っぽい目つきがまたセクシーで

本人もそれを承知で女を利用し、兄をどんどん追い詰めていく。

この絵に描いたような「危険な男」っぷり、女性ファンを一気に増やしたのも頷ける。」



って書いてあったら、そりゃ~今すぐ観たくなるってもんですわ~


若きタムさま演じる、河童ヘアーにヒラメスマイル(笑)のダサい兄ちゃんが



ワルになるにつれてぐんぐん垢抜けていく...



あぁ...観たい 画像を見て想像しただけで胸が締め付けられる~

その当時の香港が、連日 《 縦横四海 》 の話題で持ち切りなくらいの一大ブームだったって聞いて

私もその時代の香港で、リアルタイムでドハマりしてみたかったな...

チラッと見てみたらレスリー版はようつベにあったから、探せば阿譚版も見つかるかも...




でも、ただでさえ若きタムさまはキュ~ンとしてまともに見られないのに、こんな切なそうなストーリー...

確実に涙腺崩壊で、心が完全にやられてしまうかも... でも観たい...あぁ...悩ましい...

このステキな本に出逢って、また新たな悩みが出現してしまいました(笑)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

A計画 其之十四 (前編)

2017年03月25日 | 譚耀文


もうすぐ 《 風雲~ 》 の方が色々動きだしそうなので、今の隙にドラマのレビューをブッ込んでおきます(笑)

《 A計画 》 第14集を鑑賞~

(今回は王子が出ずっぱりで、しかもなかなかキュンキュンするエピソードが満載だったので

キャプチャ量が膨大になってしまい、載せきれないので(笑)前・後編に分けさせていただきます)


王子が大手柄を立てて凱旋したので、お父ちゃんも 「賀家の面子が立った」 と嬉しそう

そこへ、出たよクソ兄貴... コイツ人を殺しておいて、まだのうのうとしてるのか...

やっぱり状況証拠だけじゃ簡単に逮捕出来ないのかな...



クソ兄貴は 「定国がいない間、曼妮はしょっちゅうここに来て世間話をしてたんだ」 と要らん報告

それを聞いた王子はこの顔...もう王子はクソ兄貴に対して不信感しかないんだね



そして王子は、今回のお手柄で水警に復帰した小ラッパと一緒に海賊どもの様子を見に行くことに...



王子を見つけて 「やっと来てくれた」 と嬉しそうに駆け寄って来た小莉は

王子に 「警察内部の内通者が誰だか知ってる?」 と耳打ち



「教えてあげるからここから出して」 と言われ、止める小ラッパを制して牢から出してあげる王子

小莉は「私たちが初めて出逢った場所に連れてって」 と言い、2人で歩く姿はまるでデートみたい

スケベ執事にセクハラされてた小莉を王子がカッコよく助けたのが2人の出逢いだったから

向かった場所は王子のお家...そこでスケベ執事を見つけた小莉は 「思いっきりぶん殴っていい?」 と聞き

王子も 「どうぞ気の済むまで」 って一緒になってからかったから、あわてて逃げ出すスケベ執事(笑)



そして、小莉の 「死ぬ前にもう一度あなたのピアノを聞かせて」 という願いを聞いて

並んでピアノを弾く王子の、目を閉じたお顔がステキ~...小莉唇を奪うなら今だ(笑)



ピアノを聴き終えた小莉は 「最後にもう1つだけお願いがあるの...

あなたの彼女にして欲しい...今日1日でいい...日が暮れるまででいいから」 ってけな気~



そんな小莉を見つめる王子の顔がとっても優しくて...なんだか泣ける~



王子と並んで歩きながら 「このままずっと続けばいいのに...」 ってうれしそうな小莉

王子も面と向かって 「好き」 って言われてまんざらでもなさそうなお顔(笑)



ク~ッ この身長差がたまらなくいいワ~

そして、小莉が王子の腕にしがみついた時、折悪しくクソ兄貴と一緒の曼妮にバッタリ



あわてて小莉の腕を振りほどく王子(笑)

小莉はワザと 「定国はさっき、私のためにショパンの曲をピアノで弾いてくれたのよ」 とか

「私の事を彼女にしてくれたの」 とか言ったもんだから、さらに慌てる王子(笑)



それを聞いて明らかに不機嫌になる曼妮(笑)(← あ、私ったらつい喜んでしまった



王子は 「私の話を聞いてくれ」 って一生懸命弁明しようとしたけど



怒った曼妮は 「言い訳ならもうたくさん」 と、クソ兄貴と行ってしまい...王子ガッカリ...

も~王子が誠実なのを知ってるクセになんで信じてやらないのさ  そういう所がキライなんだよ...


王子が、曼妮に余計な事を言った小莉を叱ろうとしたら逆に

「毎日読書をして、毎日字の練習をしたのはなぜだか分かる?...全部あなたのためよ

私は毎日毎日あなたの事を想ってた...ほんの少しだけでも私に気持ちは無いの?」 って聞かれ

王子は真っ直ぐ目を見て 「私の心には曼妮1人だけだ」 とキッパリ

小莉は 「からかったのに、なに真剣に答えてるのよ」 って笑ってたけど...全部本気だよね...(涙)

そしてまたあの時のように雨が降ってきて、雨宿りをする2人...

小莉は、前と同じように濡れた服を脱ごうとしたから、慌てて後ろを向く紳士な王子(笑)

その背中に抱き付いて 「どうして私を見ないの?逃げちゃっても知らないよ」 って



天真爛漫な小莉に翻弄されっ放しの王子が可愛くてキュンキュン~ (笑)

も~そんな目で見つめられたら死んじゃう~



王子は 「私の気が変わらないうちに逃げろ」 と言って小莉を逃がしてやり

小莉は去り際に王子にお礼の 「チュッ」 ってキャ~



も~王子がとっても優しいから、小莉も私もキュンキュンしっ放しで死にそうでした(笑)

あぁ...小ラッパがダメなら(笑)王子には曼妮じゃなくて小莉とくっ付いて欲しいな~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

形形色色的人生

2017年03月24日 | Weblog

タムさまのお誕生日だったり、無名の造型公開だったりで心はウキウキ  

でも、貧血で身体はヘロヘロ だった間に、悲しい出来事が2つありました...


1つは...PAPAと出逢う前に少しだけ付き合ってた人が火事で亡くなったとニュースで知った事...

一報を聞いて 「まさか...」 って思って...でも、名前や年齢が同じだったので調べたら間違いなく本人でした...

私は20歳で母になってしまったので、恋愛経験はそんなに多くないんだけど

その数少ないお相手の1人で、毎日お弁当を作ってあげたりしてた人が...

しかも亡くなり方が焼死というのは、やっぱり少なからずショックでした

もうずっと会ってなかったけど...若くして亡くなられた彼のご冥福を祈ります...


そしてもう1つは...

SUPER GTでずっと応援してるZENTセルモチームの監督がトラ(高木虎之介)じゃなくなった事...

ずっとZENTチームを応援してたのは、トラが監督だったからと言っても過言じゃなく

優勝したら監督もポディウムに乗れるので、ポディウムでうれしそうなトラ監督が見たかったからで...

いままでずっと体制が変わらなかったので、今年も当然トラだと思って安心してたから...ショ~ック


ずっとZENTを応援してきたから思い入れも強いし、このまま今年もZENTを応援しようと思うんだけど...

でも...まだちょっと複雑な気分で...気持ちの整理が出来てなくて...

う~ん...あと2週間でSUPER GTの開幕戦なんだけど...去年と変わらない気持ちで応援できるかな...

こればっかりは始まってみないとわかりません...



PS...昨日記事にした、タムさま主演の映画 《 五行者之鬼马灯 》 ですが

こちらで少しだけ本編を観られます

まぁ観られるのは最初の6分だけで、続きを観たきゃ愛奇艺のVIP会員になってねって感じですが...

それでも、タムさまが身体を張ってアクションを頑張ってる片鱗は伝わるかと思います

続きが観たいので、これも、きっとそのうちようつベで観られますように

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五行者之鬼馬灯

2017年03月23日 | 譚耀文


タムさま主演で、2013年に制作された 《 鬼马灯 》 (別名 《 致命CS 》 )という

サバイバルのゲーム(?)が元になったサスペンスホラーアクション映画が

今日3月23日に 《 五行者之鬼马灯 》 というタイトルで放映されるそうです

以下(ちょっとセンスに難ありの(笑))3パターンの海報を貼り貼り





これが、劇場再上映なのか?テレビ放映なのか?配信なのか?...その辺の所はよく分かりませんが...

だいぶ前にこの話を知ってはいたんだけど...なにせもう数年前に公開済みだし~みたいな感じでいたら

今日になって 《 电影致命CS 》 《 五行者之鬼马灯 》 両サイトで

カウントダウンとかをやって盛り上げてくれていたのを知りました...今まで知らなくてゴメンよ~

とりあえず予告編も貼っておきます



初めて予告編を見た時 「あ、目ヂカラがステキ 」 って思うのと同時に

「タムさまがアクションやってる~」 って思って、なぜかちょっと笑ってしまいました (阿譚對不起~

以下、キャプったヤツも貼り貼り







仲間が次々に殺されて行って怒りのタムさまも、なんとなく殺されそうな雰囲気ですが...

この頃ってタムさまが一番发福だった頃なので、アクションも心なしか少し重そうですね

(阿譚~ 重ね重ね對不起~ (笑))

あちらのホラーモノってツッコミどころが多そうだけど、でもタムさまがカッコいいので

どうか近いうちに全編観られますように... (言霊さま大忙しだ~(笑))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心中充満希望

2017年03月22日 | 譚耀文


タムさまのお誕生日の少し前から、久しぶりの大量出◯に見舞われていて

ただでさえ花粉症でダルくて頭がボ~ッとしてるのに、それに加えての貧血でずっとクラクラ~

でも、やらなきゃならない用事が山積みだったので、Fe入りのヨーグルトドリンクとかを飲みつつ

最低限の用事だけをなんとかこなして、いつもは週末に顔を出してたじいちゃんのホームもお休みして

あとはひたすら家で横になって体調回復に努めていました

未だかつて無いくらいの貧血だったので、まだ少し引きずってるけど...

でも、今日になってやっと買い物に出られるくらいに回復してきました

春らしいいいお天気で、気持ちは色々と出かけたいのに...身体が付いてこないなんて...悲しい(泣)


さて、あれからタムさま@無名が唄ってる動画を探してるんだけど

風と雲の唄う動画は見つかっても、無名のはまだ見つかりません...

でも、舞台上の造型画像は出てきました...

風と雲


雄覇


そして、無名


初めて全身像をちゃんと見た無名の造型ですが...

動きやすくする為か、お着物はアシンメトリーで短め、編み上げ風の白いブーツという出で立ち

最初のポスターで見た印象よりもちょっと可愛らしい感じです(笑)

でも、動いて唄って演じてる姿を見たら、また印象が違うんだろうな~ 早く見たいな~


短いけど 《 風雲5D音楽劇 》 のCMもあったので貼り貼り~



これでやっとタムさま@無名1人だけの画像がキャプれました



さっそくTwitterのアイコンをコレに変更しましたが...あぁ 見るたびに目ヂカラに殺られる~

果たして、クラックラなのは貧血によるものか?それともタムさまの悩殺によるものなのか?(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加