気が向いたとき日記

日々の暮らしの中の出来事を気ままに綴っています。

冬至が過ぎて・・・

2013-12-23 17:46:26 | 日々のできごと
冬至の日は一年のうちで昼が最も短く夜が長い。
そして、この日に柚子湯に入り、冬至粥(小豆粥)やかぼちゃを食べると
風邪をひかないという云い伝えがあります。

土曜日のお稽古の日、
翌日に冬至を控えて冬至かぼちゃの話になった。
かぼちゃと白玉団子を入れてお汁粉にして食べると云う人が多かった。
私は毎年、かぼちゃのいとこ煮にする。

ずっと前に愛媛出身のお稽古仲間がいて、
かぼちゃと小豆のいとこ煮は、なんか気持ち悪いって云っていたのを思い出した。
そう云えばそんな事云った人が他にも・・・東京出身のもと同僚。
北海道のかぼちゃと小豆を甘く煮るって云うのは気持ち悪いと云った。

いとこ煮は小豆とかぼちゃのみではなく、
里芋や大根・ゴボウなどの野菜を豆で煮ると云うのが
全国に共通しているんだそうです。
だから北海道特有のものではないようで、
地方によってはかぼちゃと小豆のいとこ煮も作られているようです。
ネットで検索して見ると様々なかぼちゃのいとこ煮が出ています。
以前に調べた時よりも格段に多くなっているような・・・

いとこ煮の由来は、煮るときに堅いものから順々に入れることから
「追々に入れる」「銘々に入れる」を甥と姪の語呂に合わせて
「いとこ煮」と称したと云うのが代表的なものらしいです。

1人分ならスーパーの出来合いのものでもいいのですが、
かぼちゃに小豆が疎らに乗っかっていて、甘ったるくて好きではない。
なので、小豆から煮て自分で作っています。



冬至が過ぎると、日増しに日暮れが遅くなってくるのがうれしいです。



コメント (8)

(0゜▽゜)0 ukiuki

2013-12-17 12:24:18 | 日々のできごと
すっごく快適!スイスイと行くわ~と、帰るなり姪が云いました。
スイスイ行くからって調子に乗って事故なんか起こさないでね~と自分。
車を買い替えて、念願のミラジーノに乗って2日目です。

8月に中古車バーゲンを見に行ったきりで、
探している様子も見受けられずに時間のみ過ぎて行きました。
スタッドレスタイヤに交換した父親が頭を傾げる状態で、
いよいよお尻に火が付いたのが11月中旬。

ミラジーノと云う、既に新車は販売終了した車が欲しくてnetで探しまくりました。
で、まぁこれならと云う車を札幌の販売店に見に行って、
一応決めて来たと云ったのが、それから間もなく。
本当は釧路の販売店にあった車が良かったのだけど、
地方だしと諦めていたのがいざとなったら諦めきれず、
ひと晩考えて釧路の販売店に運送費など聞いて見たようです。
運送費は1~2万円との事で、
急遽札幌の販売店にはお断りの電話を入れて
その車を買う事にしました。

netでの検索は私も時々覗いていましたが、
本当に便利な物でした。
その車の情報がよく分かるようになっています。
札幌では実際に見に行ってましたが、
釧路の車はnetの情報と写真のみで決めてしまいました。
多分、不都合はないでしょう。

と書いていますが、まだ実物にはお目にかかってない私。
ボロ車では遠出が出来なかったけど
来年は何処かへ連れて行って貰えそうです。
日中は家にいないので写真も撮っていず、
netに掲載されていた写真、この車が我が家にやって来ました。



コメント (6)

(・ ・)えっ?キャンセルって・・・

2013-12-02 16:51:54 | 日々のできごと
今年は早々と日程が決まって、
時には新年会になったりする元の職場の同僚との食事会がありました。
12月1日、ランチでの少し早い忘年会です。
何時もお店を決めて予約してくれるのは、まだ現役で働いている人。
今回のチョイスは個室割烹。
ランチタイムのお料理も各種あったので
お部屋だけ予約してあるとメールが入りました。

同じ地域に住む3人と地下鉄駅で待ち合わせ、一緒に出かけました。
お店に着き、Hさんの名前で予約してあるんですが~と云うも、何か変な感じ。
どうぞでもなく、ただただ困惑顔で予約表とこちらを見つめている。
えっ?予約入っていませんか~?
席だけ予約してあるって聞いているんですが・・・と云いながら、
予約表を見ると確かに名前は載っているけどその上に赤線が一本。
これってキャンセルしたって事?って聞くと、昨日キャンセルの電話が入ったって。
顔を見合す3人は???・・連絡なかったよね~。

で、自宅に電話するも留守電になっているし、
携帯にかけるもかなり長く呼び出し音が鳴っていても出ない。
同居しているお母さんでも具合が悪くなったのかねぇ・・・
予約してあった個室は既に埋まっていて、
個室じゃなければ空いていると云うので3人で入る事にした。
オフィス街にあるお店の大広間は、日曜日のお昼と云う事で空いている。

席についてメニュー表を見ていたらやって来ました、彼女が。
開口一番、私キャンセルの電話なんてしてないよ~と。。。
じぇじぇじぇ~っ・・・それってどういう事?・・・
お店が他の人と間違えたのかしらね~と云いながら、取りあえずは食事。
皆それぞれ好きなランチ御膳を頼み、私は↓のレディース御膳って云うのに。



3時間も話に花が咲き、何回もお茶のお替りをし、
帰りがけに受付で伺って見ました。
予約客で来なかった人がいたかどうか。
すると、皆さんいらっしゃって来なかった人はいないんです。
キャンセルの電話の際こちらでも復唱して確認したんですが・・・
電話は男の人でしたって・・・
すかさず、グループに男性はいないのでそれ違うわって、私たち。
他の曜日との間違えか、お店の人の聞き間違えか定かではないですが
本当に不思議な話です。


コメント (8)