気が向いたとき日記

日々の暮らしの中の出来事を気ままに綴っています。

(;´・`)> ふぅぅ・・・の横浜行き(最終日)

2015-12-26 17:21:36 | 旅行
2日目はとっても疲れていたので熟睡でき
同じ教室の人から、睡眠導入剤を1錠頂いていたのも使わないで済みました。
予定では、チェックアウトをしたら鎌倉に向かう事にしていましたが
もう一度作品を見たいと云う人が出て、再びギャラリーへ・・・
呼んで貰ったタクシーにまた乗りました。

札幌ではタクシーのお迎え料金は取られませんが
ここ横浜では320円?か350円かかるんですね。
(後部座席に座っていたのではっきりせず・・・)
前日乗ったタクシーではちゃんと取られましたが
この日に乗ったタクシーの運転手さんは取りませんでした。
前日のタクシーの運転手さんが
とても良かったので同じ会社に頼んだと云ったせいか
おしゃべりが弾んで忘れてしまったのか・・・
降りるときそれを指摘しなかった酷いオバサン集団です。^^
あれは運転手さんが払う事になるんですね。きっと・・・

見る時間は1時間と時間を区切っていたにも関わらず
遅れに遅れて鎌倉に入りました。
ちょうどお昼どき、3年前に行ったカジュアルフレンチのお店でランチです。







ここからは駆け足です。
羽田発18時の飛行機に乗らなければなりません。
鎌倉彫会館と和田塚にある鎌倉彫工芸館に立ち寄りました。
初めて訪れた工芸館では、鎌倉彫の漆器や木地・様々な材料が販売されていました。
が、、、超くたびれていた私は、ざっと見ただけで後は椅子に座ったまま・・・

16時前には鎌倉から横浜経由で羽田に向かいました。
3年前の春には、横浜から京急の羽田行普通に乗ってしまい
出発に間に合わないんじゃないかと電車の中で気もそぞろに・・・
同じ年の暮れには、東京から京急エアポートに乗ったのは良かったけど
話に花が咲いてそのまま折り返すと云う失敗をやっていたので
余裕を持った時間で羽田に向かいました。

横浜に来て、急遽知らされたのは来年10月の東京での作品展で
この夏の、夏期講習で彫った作品を飾るんだそうです。
今度は日帰りか一泊二日だな~と思いながら
その前に作品の完成だわ・・・
コメント (7)

(;´・`)> ふぅぅ・・・の横浜行き(2日目)

2015-12-23 16:21:25 | 旅行

パタパタしていて更新が遅れました。
もう無しにしようかと思いましたが、自分への記録のために残すことにしました。

2日目はタクシーで市民ギャラリーに向かいました。
会期1日目の午前中は北海道組が会場当番です。
市立のギャラリーでは開場時間前では中に入れて貰えず、しばし外で待つ・・・
寒い・・・道産子は寒さに弱いのです。

開始直前に中に入り、全く当番の説明もないまま指定された席に着く。
隔年で展示会をやっている我々としては
いつも通りの会場当番をこなせれば良いのかと・・・
私は写真を撮っても良いか?と聞かれただけだったけど
これはご遠慮させて頂いてますと、お断り。
他には、器の蓋を開けて見たり作品を手に取って見たりと
いろいろ有ったみたい。
ここでは、どう対応するのかの説明がなかったので分からなかったけど
私たちの会では、自分の作品でも手を触れない事が決まりになっている。
午前中はそんなに観覧者は来ないと思っていたけど
開場すぐにどんどん観覧者が入って来るには驚いた。さすが地元・・・

1時前に次の人と交代し、役目が終わってやれやれ・・・
このギャラリーにはレストランとかカフェとかが併設されていなくて
外にお昼ごはんを食べに出る。
住宅街に1軒あったお鮨屋さんを覗くと、こじんまりとしたお店で
思わず椅子の数を数えてしまい、座れそうもないなと。

更に、みなと未来方面に歩き軽食のある喫茶店に入る。
それぞれ注文が終わって、
これ頂いた手作りのゼリーと小さなケースを手渡されたので
思わず一つを口の中に入れ隣の人に渡し
その方が手に取った瞬間、出来上がった料理を運んで来たお店の方に
お持込の飲食はお断りしていますっと、云われてしまった。
失敗!失敗! そりゃ~そうだよね~。
つい気が緩んでしまった。

午後はまたギャラリーに戻り、600点以上の展示作品を鑑賞
この日一日はギャラリーで過ごして終わりました。
コメント (4)

(;´・`)> ふぅぅ・・・の横浜行き(1日目)

2015-12-13 12:15:57 | 日々のできごと
何十年ぶりかでJALに乗りました。
とっても穏やかな離陸で揺れる事もなく羽田に到着。
ちょうどお昼どきで、羽田空港の北ウィングから南ウィングまで
さらに5階までソバ屋さんを探して歩いたのは序の口でした。
7人もいればそれぞれに行動しちゃいます。
私たちは赤い服を着た案内ががりの女性に
別の人たちはお土産屋さんに聞いていたみたいで、それぞれ違う場所。
エレベーターに乗る段になってもワイワイガヤガヤで
空港内でお勤めをしているらしき3人連れの女性の方々に
教えて頂いたのは私たちが聞いていたお店
最終的にそこにたどり着きお昼を・・・

お腹いっぱいになったので、京急エアポートで横浜に向かいます。
改札口で、そこにいる駅員さんに
横浜ベイシェラトンへの道順を聞いたのがこの旅の代表者。
ずっと歩いて歩いて出た場所が、「きた西口」と云う所。
なんか前に来た所と様子が違う・・・

横浜駅の目の前にあったホテルが見当たらない。
駅に向かって来た男性に聞くも首を横に振られるし
少し歩き回って工事中の整理係りの人にまた聞いて見る。
スマホ持っていないの?って聞かれた・・・
持っているけどアプリを入れてないと云うとそりゃ~駄目だと。
それでも旅行社から貰った地図を見ながら
あれこれ云ってくれる中でそうごデパートを確認し
何となく位置を把握出来た。

歩いている内に周辺の地図の看板を見つける。
同行者の1人がもっと早くに見つけていて
この地図を見ればいいのになぁ~と思っていたとのたまう。
何か気が付いたら大きな声で云ってね!って云っていたのに・・・
ムッとしてしまう。この人はいつもそう。
そうしたら、自信持って歩いているからと云われてしまった。><

そこで、看板の地図を見ながらああだこうだとなって
こっちが近そうだからと私ともう一人が歩き出し
何回か後を振り返るも、誰も付いて来てない。
信用されていないんだわ~と何回か振り返りながらも
間もなく横浜駅の西口ターミナルにたどり着き、ベイシェラトンに到着。
携帯に電話を入れると今向っているとの返事で
残った彼女たちは遠回りの道を選んだようで、無事みんなホテルへ到着。




夜はこのホテルで60周年祝賀会が開かれました。
今年、札幌での夏期講習に参加した方も同じテーブルにいらして
話が弾みました。
フランス料理フルコースの写真は撮るのをためらわれたので
60の文字が入ったデザートのみをパチリっ!



人と同室では眠れないので
少々お高くなるけどシングルをチョイスしました。
ベッドはダブルベッドで快適だったはずが眠れない・・・
テレビでも見ながらなら眠れるかと思ったら
この夜はメンテらしくてテレビは休止。
眠れない・・・眠れない・・・の一夜でした。



コメント (4)

(;´・`)> ふぅぅ・・・の横浜行き(出発前)

2015-12-06 22:29:43 | 旅行
オバサンと云うよりもおばあちゃんに近い人たち7人連れと云ったら
姪に、それは完全におばあちゃんでしょって笑われたけど
皆はおばあちゃんだとは思っていないので・・・^^
やっぱり珍道中のオバサンの旅でした。


先ずは初っ端から・・・
札幌駅の待ち合わせ場所が上手く伝わっていなくて
自分の思い込んでいた所で待っていた。
乗る電車が決まっていたので時間がくれば会えたけど・・・
待ち合わせ時間になっても来ない1人を置いて
ホームに入っていた電車に乗ると
数駅先から乗っていた人が、席を取っていたけど
なかなか来ないので他に人に座って貰ったと・・・
それでも4席は確保してくれていて有難やでした。

空港に到着、スーツケースを預けると云う2人を残して搭乗手続き。
その中の1人が機内に持ち込めると云われたとの事で後に続いて到着。
○○さんはどうしたの?って聞くと
ナイフを持っていたので別な所へ行ったとのこと・・・
えぇ~!なんでナイフを持って来たの?ナイフは持ち込めないでしょう!と・・・
その場で放棄したら良かったのにとガヤガヤ・・・
少し遅れて搭乗口に現れたので、放棄すれば良かったのにと云うと
捨てるのは惜しいナイフだったって。
機内持ち込みでなくて、荷物を預ければOKだと云われたとの事。
彼女は何回も海外や国内旅行をしている人。
なんでや・・・

やっと機内に入って座席に座りホッと・・・
まだ出発前なのに、もう旅行から帰ってきたような顔をしていると
中の1人がのたまわった。
先が思いやられる旅になりそうな予感。


コメント (10)