ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

少林少女

2008年05月03日 | 映画(さ行)
【2008年・日本/香港】劇場で鑑賞(★☆☆☆☆)

「踊る大捜査線」の亀山千広と香港を代表するコメディアクション俳優チャウ・シンチーが、共同プロデュースという形をとった日本初の本格娯楽武術映画。

祖父の少林拳道場を継ぐために、中国少林拳武術学校へ修行に出ていた桜沢凛(柴咲コウ)。9年間の修行を終え、日本に帰ってくると道場は潰れてしまっていた。その理由を知るために兄弟子の岩井拳児(江口洋介)の元を訪れるが、岩井はその理由を語ろうとしない。岩井の中華料理屋で働く大学生のリュウ・ミンミン(キティ・チャン)は、凛の身のこなしを見て、凛を大学のラクロス部に誘う。一緒に少林拳をするということを交換条件に、凛は国際星館大学のラクロス部に所属することになる。中華料理屋の常連で、国際星館大学教務課職員である田村龍司(岡村隆史)の計らいで、岩井もラクロス部のコーチとして参加する。今までチームプレイというモノをしたことがなかった凛は、部員たちとうまくかみ合わず、大会を前にしてチームメイトとちぐはぐした関係になってしまう。そんな中、国際星館大学学長の大場雄一郎(仲村トオル)が、凛との戦いを挑んでくる…。



…。
…。
…。
え?
日本初の本格娯楽武術映画?
…。
…。
…。
これ、本当に、本広克行監督の作品ですか?
本当に「踊る大捜査線」や「スペーストラベラーズ」「サトラレ」「サマータイムマシン・ブルース」「UDON」「SP」の本広克行監督の作品ですか?

ゆるゆるでちょっとでも面白ければ絶賛するともやに、こんな感想を抱かせるなんて…。



もうこのジャンル…テイストといったら、ともやの大好物のはずなのに。
独特の間や、素晴らしい音楽の使い方といった、本広克行監督らしさが一切入ってない…。
唯一本広克行らしいと思ったのは、ヘリコプターが出てきたところ(苦笑)。
必ずヘリコプター出てくるもんね。

しかも何を言いたいのか、まったく分からない酷い脚本。
担当したのは、十川誠志と十川梨香。
夫婦なのかな?
普段はアニメの脚本を手掛けているみたいですね。
それにしてはキャラクター設定のずさんなこと。

敵として登場する国際星館大学学長の大場雄一郎。
優秀な生徒を政府機関に送り込んで私腹を肥やしており、スキャンダルを雑誌に書いた記者を暗殺してしまうほどの悪いヤツ。
カリオストロ伯爵並みの暗殺部隊を持っていながら、目的はただ凛と戦うことだけ。
全然意味分かんない。
少林拳を使ったラクロスを描きたいのか、国際星館大学と凛の戦いを描きたいのかも、めっちゃ中途半端。
しかもどこかの映画で観たようなシーンの寄せ集め。
オマージュやパロディというよりは、パクリって印象を受けてしまう。
ブルース・リーを馬鹿にするような低レベルな演出とかね。

これ、本当に本広克行が監督したの?

オープニングで"カエル急便"の看板が出てくるんだけど、それも何だか痛々しい。

TVでのプロモーションでは、柴咲コウが岡村に蹴られるシーンばっかり取り上げられるから、最初っから岡村は敵なんだな…っていうのが分かっちゃってるし。
チラシには大きく"彼女に日本は狭すぎる。"なんてキャッチコピーがあるけど、何、この映画の内容と全然合ってないこのコピーは。

本広克行監督って同時期に「SP」やってたから、そっちに全力投球してたと言われてもしょうがないよね。

凛とラクロス部員が絆を深めていくのも、ミンミンの太極拳を通じてであって、一緒に少林拳をするシーンってちょっとしかないし。
ラクロス部員に山崎真美、沢井美優、満島ひかり、乙黒えり、桂亜沙美といった蒼々たるアイドルが登場するもまったく活かされてないし。
「少林サッカー」からやってきたラム・チーチョンやティン・カイマンも、そんな使い方っていうような感じだし。

これだったら小田一生監督の「カンフーくん」の方が100倍面白かったよ。

柴咲コウの大ファン以外には薦められない映画です。
※道理で、この手の作品は必ず取り上げる「映画秘宝」に、この作品が一切掲載されなかったのはこういう理由か…。

監督は本広克行。
アクション監督は野口彰宏。

2008年4月26日公開
公式HP:少林少女


少林少女 コレクターズ・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


少林少女 コレクターズ・エディション(Blu-ray)

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


映画「少林少女」オリジナルサウンドトラック
菅野祐悟,サントラ
ユニバーサルJ

このアイテムの詳細を見る


ギリギリHERO(初回盤)(DVD付)(「少林少女」主題歌)
mihimaru GT,hiroko,Satomi,mitsuyuki miyake,Rie,鈴木Daichi秀行,下野人司,hilow10
UNIVERSAL J(P)(M)

このアイテムの詳細を見る


少林少女メイキングBOOK (ぴあMOOK)

ぴあ

このアイテムの詳細を見る


小説少林少女
本宮 ことは
講談社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 13 thirteen/男が女を殺すとき | トップ | マイケル »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (はらやん)
2008-05-05 06:59:16
ともやさん、こんにちは!

ほんとがっかりな出来でした。
チャウ・シンチーの映画も好きですし、本広監督も比較的好きな方なので、その分がっかり度も大きかったです。
とても安易に売れることだけを考えて作ってしまった映画に思えました。
この程度でお客が満足すると思ったら、それは観客を馬鹿にしてます。
こういう映画を作るということは彼ら自身も傷つくということに気づいてほしいです。
信頼 (ともや)
2008-05-05 16:22:36
こんにちは、はらやんさん♪
食品偽装の話じゃないけど、こういう作品を世に出しちゃうと、もう"本広監督だから安心"…ってできなくなっちゃいますもんね。
(まぁ、この監督だからって理由で映画を観る人ってごく一部なんでしょうけど…)

でもこんなにつまらなくても興行成績初登場2位でしょ。
TVの宣伝ってものすごく影響するんだな…って感じましたよ。
Unknown (ぴーち)
2008-05-06 18:33:33
こんにちは!ともやさん^^
私もこの映画を鑑賞しました!
そうですね~。あのキャッチコピー、全然意味を成さないですよね。悪役の大場もただ、凛と戦い日本一になりたいだけ?笑えないギャグの連続。
唯一、ラクロスのチームが練習に竹やぶを使ったりした方法のお~っと感心したあたりくらいですかねぇ(汗)
チャウ・シンチーはスキです^^

TBさせていただきますね♪
事後報告ですみません^^
シンチー (ともや)
2008-05-06 22:21:11
こんばんは、ぴーちさん!
ともやもチャウ・シンチーは大好きです~♪
ただこの作品に名前が挙がるのは、ものすごいマイナスですよね~。
プロデュースとはいえ、あんまり知らない人はチャウ・シンチーの作品だと思って観る人が多いと思うし…。

柴崎コウの型とかアクションとか、それなりに様になっていただけに、ものすごいもったいないです。

あの2人の脚本家の名前は、胸に刻んでおきます。
こいつらの作品は、絶対観ないようにしないと。
こんにちは~♪ (由香)
2009-03-17 11:23:36
思い出したくもない作品かもしれませんが、、、お邪魔します(笑)

私は、本作を観たスグ後にドラゴンボールを観ました。
だからドラゴンボールがマトモに見えたの~(笑)

で、、、全く意味が分からない映画でしたね。何をしたかったんでしょうか?
まぁ~家でのんびり観たので適当に笑いましたが、、、最後にはガックリでしたよ。
悲劇 (ともや)
2009-03-17 15:00:28
こんにちは、由香さん♪
>思い出したくもない作品かもしれませんが、、、お邪魔します(笑)
そんなことないですよ~♪
お気になさらず(笑)。

でもこれは柴崎さんとか岡村さんとか仲村さんとか、みんな頑張ってるのに、それを監督が全部ぶち壊してましたね。
こんな悲劇が繰り返されないことを祈るばかりです。
感性の問題です (通りすがり)
2013-10-25 00:05:27
この作品のどこに、理屈の入る余地があるんですか?
ハートで観ないとわからないと思いますw映画は楽しんでナンボですよ

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

少林少女 (ネタバレ映画館)
『燃えよ!ピンポン』では見られなかった鏡の間が・・・あぁ。
少林少女 (Akira's VOICE)
少林拳宗教の勧誘?  
【少林少女】一緒にラクロスやろう!? (映画@見取り八段)
監督 :本広克行 製作総指揮 : 亀山千広、チャウ・シンチー 柴咲コウは、非常に目力のある女優である。 その目には意志の強さが感じ...
少林少女 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月26日 公開 コントロールが悪いのは凛ではなく・・・この映画です。 勢いだけで作っちゃいけませんて亀山サン! これはどぉしたもんでしょう。 1年間、体の基礎作りからしてきたという柴咲コウの努力もぶち壊し。...
少林少女 (話題のアレ!)
今、話題のキーワードを集めています。 少林少女【2008年・日本/香港】劇場で鑑
「少林少女」観てしまいました (ぱるぷんて海の家)
子供の付き添いで映画「少林少女」観てきました。 たいして期待もしていなかったけど、やはりくだらなかったw 全体としては「少林サッカー」と「カンフーハッスル」とそれに「スターウォーズ」がちょっぴり隠し味的に風味づけしていた・・・。 でも少林サッカーの派...
少林少女 (C'est Joli)
少林少女’08:日本・香港 ◆監督:本広克行「UDON」◆出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介◆STORY◆祖父の少林寺道場を継ぐために中国の「少林拳武術学校」に修行に出ていた凛。3000日の厳しい修行に耐え、帰ってきた凛を待ち受けていた...
「少林少女」 「量産」の弊害 (はらやんの映画徒然草)
「少林サッカー」のチャウ・シンチーがエグゼクティブ・プロデューサーということで公
少林少女 (そーれりぽーと)
製作陣にチャウ・シンチーの名前も並ぶ『少林少女』を観てきました。 ★★ 酷い。 チャウ・シンチー映画に敬意を込めてを“酷い”と形容する事もあるけど、この映画はストレートに酷い。 チャウ・シンチー自身は一切タッチしてないんだろうと思う程、コメディーパートに...
【劇場映画】 少林少女 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢凛。しかしかつて学んだ祖父の道場は廃墟と化し、先生と慕った岩井は町外れの中華料理屋の店長に収まっていた。凛は岩井に反発して朽ちた道場に1人寝泊りすることを選ぶが、ひょんなことから...
少林少女 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:本広克行 アクション監督:野口彰宏 製作:亀山千広 エグゼクティブプロデューサー:チャウ・シンチー 脚本:十川誠志 十川梨香 中国での三千日の少林拳の修行を終え、日本に帰ってきた桜沢凛。ところが祖父の道場は廃墟...
ありえねーは好きなんだけど・・・~「少林少女」~ (ペパーミントの魔術師)
少林サッカーから少林ラクロスへ。 柴咲コウさんが撮影の1年前から練習しただけあって 彼女の立ち振る舞いはカッコイイ。 で、ラスボスにふさわしい貫禄をつけようと 筋トレでちゃんと体つくってくる仲村トオルさんも カッコイイ。 少林サッカーを見たひとにはニンマリ...
少林少女 (ピアニッシモ・ストーリー)
中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢凛。しかしかつて学んだ祖父の道場は廃墟と化し、先生と慕った岩井は町外...
映画「少林少女」 (FREE TIME)
GW4連休中に映画「少林少女」を鑑賞しました。
★「少林少女」 (ひらりん的映画ブログ)
ゴールデン・ウィークでもヒマヒマなひらりん・・・ 3日連続でナイトショウ鑑賞でしょ!!! しかも、一ヶ月無料パスをゲットの為目指せ6000マイル・・・の「TOHOシネマズ」通い。
少林少女 評価:★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
少林少女 (真性ひできちんこショボーン↓)
「少林サッカー」、「カンフーハッスル」に続いて。 「ありえねーカンフー映画」シリーズ第3弾ですかね?(゜∀゜;) 今回は、少林拳を広...
「少林少女」観てきました(´Д`) (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「少林少女」 監督:本広克行 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 中国、少林寺で三千日の修業を終えた少女がいた。 彼女の名は桜沢凛。 日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の...
少林少女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】祖父の道場を継ぐため中国の少林拳武術学校に修行に行っていた凛(柴咲コウ)が、3000日の厳しい修行を終え帰国すると、道場は潰れ、兄弟子たちは少林拳を辞めてしまっていた。単独で少林拳を広めようと決意した凛は、ひょんなことから大学のラクロス...
【映画】少林少女…おじいちゃんは井荻麟!?リンちゃん繋がり? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
雨{/kaeru_rain/}です。昨日は晴れだったのにねぇ… 昨日{/kaeru_fine/}はお仕事だった私{/face_acha/} まぁソレも比較的上手く進行出来て{/up/}夕方には帰宅{/face_warai/} チャンとした時間に夕食{/silver/}食べて映画{/tv/}でも観ながらまったりしていた夜23時台…上...