映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning



 


監督:サム・ライミ
出演:ジェームズ・フランコ、ミラ・クニス、レイチェル・ワイズ、ミシェル・ウィリアムズ、ビル・コッブス、トニー・コックス
声の出演:ザック・ブラフ、ジョーイ・キング

ストーリー傲慢(ごうまん)ながらも、どこか憎めない奇術師のオズ(ジェームズ・フラン コ)。ある日、気球に乗り込んだ彼は竜巻に遭遇し、カンザスから魔法の国オズへとたどり着く。そこは邪悪な魔女に支配されており、人々は予言書に記された 魔法使いオズが国を救ってくれると信じていた。その魔法使いと同じ名前だったことから救世主だと思われたオズは、西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)に引き 合わされた東の魔女エヴァノラ(レイチェル・ワイズ)から、南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)の退治を頼まれ

アメリカ・カンザス州に住む少女ドロシーが愛犬トトと共に竜巻に飲まれ、『オズの国』という不思議な場所に飛ばされてしまう。そこで脳のないカカシ、心のないブリキのキコリ、勇気のないライオンと共に、どんな願いも叶えてくれる魔法使い『オズ』に会いに行く…
ってのは、大体の定番ストーリーだけど

こちらは、カンザスの若きマジシャン、オズ(ジェームズ・フランコ)。彼はサーカス団の一員
ま、そのぉ ジェームズ・フランコだからアリっていう女ったら~し
一面。よい人間になるより偉大な人になりたいというのが彼の野心。
なんやかんやトラブルに巻き込まれ、気球に乗っちゃった
スクリーンサイズもスタンダード。
オズの国に入ってからカラーでシネスコサイズとワイド。
これはオズの国の華やかさが際立つ粋だった~
 

ストーリーは、定番の定番のオズ
もー この際、サクサク~

ただ。 サム・ライミ監督ってのがツボ
流石の演出だと思った画面構造、ストーリー
だって、サム・ライミ監督が 今作ではファンタジーだもん
 

 レイチェル・ワイズは
やっぱ・・・相変わらずの美なのである



美を競う女優陣。
セオドア役のミラ・クニス「ブラック・スワン」や「テッド」
でも今作は後半ミラが演じているか???ってな
強烈特殊メーク

 めっちゃくちゃ ブーingして観るという突っ込み
 だって、だって 

良い魔女だってー

 ぎょひーーーーーー


ミシェル・ウィリアムズ!!!! 
良いわ

 あ。そうだ「陶器の少女^(*ノ^ー^)ノパチパチ
 質っていうか仕草さっていうの?!顔の作りとかツボ

さー。こんなノリで観てしまったが
ちゃんと!決めてくれるのはサム・ライミ監督
 ♪緑の魔女 とはいったいだーれだ?!

尚、「スペル」の、ばーちゃん的な魔女もいたりするので
そこら辺りなどの楽しみ方もアリアリ

なーんてね。野暮じゃないの。観てれば良いのだ

蛇足  浅利 「ボンゴレ」慶太 劇団四季の「ウィキッド」良いわ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 3 )





監督
:ミヒャエル・ハネケ
キャスト:ジャン・ルイ・トランティニアン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー

ストーリーパリ在住の80代の夫婦、ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ (エマニュエル・リヴァ)。共に音楽教師で、娘はミュージシャンとして活躍と、充実した日々を送っていた。ある日、教え子が開くコンサートに出向いた2人 だが、そこでアンヌが病で倒れてしまう。病院に緊急搬送され、かろうじて死だけは免れたものの、半身まひという重い後遺症が残ってしまう。家に帰りたいと いうアンヌの強い願いから、自宅で彼女の介護を始めるジョルジュ。しかし、少しずつアンヌの症状は悪化していき、ついに死を選びたいと考えるようにな り……。

ハネケの作品が、好きというだけでチェック
 ラストを想定はしていたけれど

 

冒頭のシーン


音楽家の老夫婦ジョルジュ演じるジャン・ルイ・トランティニアン

妻 アンヌ 演じるエマニュエル・リヴァ


私達夫婦は古くムードのある アパルトマンで生活していた
2人。満ち足りた生活を送っていた
ある日は教え子達のリサイタルに足を運んだよ。
勿論。音楽を引き継ぐ娘夫婦・孫の成長を見守って
そりゃもぅ2人して穏やか かつ 悠々自適の老後さ

「今夜の君は、きれいだったね」

が・・・突然の病が妻を見舞った
手術に失敗して家に戻った妻
私は、彼女の入院する事を拒んだ通り
私は献身的に、彼女を介護したのだ。
が、しかし彼女は徐々に衰弱していったのだ


生きる希望を失った妻を常に励ます姿に
じんわり


娘を演じるイザベル・ユペール
ま。見方によっては おせっかいをする母親みたいだったり

実は 私生活で同じ音楽家の夫がオーケストラ団員の女性と不倫
その女性が自殺してしまっているというコトだ


終わりにしたい、あなたとわたしのため


意識も混濁している



シューベルトの即興曲第3番

寝たきりになるアンヌ
飲み水を拒むアンヌ
イライラした私は思わず 手を挙げたコトがあったよ
 2人の感情の流れとでも言うのだろうか?

素晴らしい。人生。かくも長い長き人生

アンヌの決めている事




私自身。祖母の突然の認知症で
大好きで、しょっちゅう一緒に映画だ食事だバーゲンだ
お洒落で旅行大好き。友達とドライブもしていたというのに・・・
介護の世界に入り、徐々に ゆっくりと症状が進む姿に
複雑で、もう 祖母を預かって泊まりに来るという前日から
頭痛の酷さに、吐き、ママが祖母の介護が出来るようにと
我身体のコトは隠すようにしていたが・・・
我が身の無理は隠せず、とうとう酷い吐き下しを続けてしまった
 
言葉は悪いが。幾度と無く階段から突き落とせば
いっそ どんなに私達は楽になるか
食事の中に何時もより多めに それなりの薬を混ぜてしまえば

でも。出来なかった
考えは浮かんでも 実行は出来なかった




このご時勢の。社会の。世界の。
表す 現代事情
必ずやってくるのは、老う なのだ。
彼らの中には 老いた人の尊厳を失っていなかった


最後の決断 決定

 決して決して「楽しい」映画ではない
しかし。 生きる人として、感動する
そして、観た後に じっくりと余韻を味わいつつ思慮深き世界へと導かれる

えーと・・・比較って良くないんだろうけど
アカデミー賞主演女優賞を受賞したのは、ジェニファー・ローレンス
  私は断然この作品の
主演エマニュエル・リヴァの方が受賞にふさわしい!って思ってる
演技じゃないんじゃないか?!と思っちゃったり
えーと。プライドがあって品があって という知性のある女性が
徐々に 病人→ 老人 と変化していく姿と心理状態
素晴らしかったなぁ

冷静に見つめると良かった選択なのかもしれない





コメント ( 2 ) | Trackback ( 2 )





監督:ジョン・ムーア
出演:ブルース・ウィリス、ジェイ・コートニー、セバスチャン・コッホ、ラシャ・ブコヴィッチ、コール・ハウザー、ユーリヤ・スニギル

ストーリー久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを 起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。身柄を引き取りに現地を訪れた彼だが、そこでテロ事件 に巻き込まれてしまう。相変わらずの運の悪さを呪いながらも、混乱状態に陥った状況下でジャックと再会するマクレーン。しかし、なぜか親子一緒に次期ロシ ア大統領候補の大物政治家、大富豪、軍人らが複雑に絡む陰謀の渦中へと引きずり込まれるハメになり……。

 

「ダイ・ハード」シリーズのお約束
その1 ジョン・マクレーン刑事は巻き込まれ“世界一運悪男”である
その2 マクレーン刑事は普通の人。決してヒーローでは無いのである
その3 何故か犯人と一緒にネタなノリノリトークが繰り広げられる
その4 あっちこっちと伏線張り~の結局、全回収なので
   観ていて、びみょーーー予定調和になる
その5 ネタ系ノリノリトークをテロリスト犯人と繰り広げつつテロリストと戦う
その6 何だかんだ どっかん、がっちゃん どっきゅん、(o→ܫ←o)♬♫



あら?!パパちゃん。なんだか ジャケットが ぱっつんって見えるよなんてのもあるかも?!

今回。家庭を顧みなかった。長年疎遠になってた
ジョン・マクレーンの息子ジャック


モスクワで事件を起こし捕まってしまう。
身柄を引き取るために遠路はるばる異国の地にやって来たジョン
序盤の爆発シーンから、サービス精神旺盛のカーチェイス
 じんわりしっとりの・・・
(¬ε¬*)b'' チッチッ
 
 速。次、銃撃戦

待て要はジョンもジャックも「ダイ・ハード=絶対くたばらん」超越
つまるところ 似た者親子

因みに ポイントは「怪我も疲れようと、次の区切りで復活
                                  
           \_(*゜ー゜)あてんしょんぷりぃ~ず♪
           
 あぁ。あの頃キミは頭に髪の毛があった

ではははははははは 


つべこべ御託は並べて観ちゃイカン
がははははははは♪(=v=)ムフフ♪
ぎょっぎょっぎょひーーーー うけけけけけけっっっ
なんて ノリノリで観るのが正しい。
決して「正座 きっちりスタイル」で あーだこーだと言っちゃーイカン
何、それこそ、こち亀の両津勘吉サンの如く
わーっはっは♪とデッカく笑いながら観るのが良いのであーる

作戦はない。ただ撃ちまくるだけ
って・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ ダイ・ハードって、んなノリだったかい?
なーんて 突っ込みしちゃったりするんだけどさ


 パパちゃん。ボク、なんだかんだでパパちゃんと似てるってさ!

 息子よ!!!! パパちゃんとしても、ハゲがツヤツヤだぜ
      (*^日^*)゛グワッハッハ

やっぱ dna ガタイといい 頭の形もそっくりだと思う

蛇足 内容は無いよー♪何も考えず、すかーっ!!!!と適してるのだ



コメント ( 4 ) | Trackback ( 5 )





監督:クエンティン・タランティーノ
出演:ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、ドン・ジョンソン、ジョナ・ヒル、フランコ・ネロ

ストーリー1858年、アメリカ南部。奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、賞金稼ぎ のキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)の手によって自由の身となる。やがて2人は協力し、次々とお尋ね者たちを取り押さえることに成功する。その 後、奴隷市場で離れ離れとなってしまった妻を捜す目的のあったジャンゴは、農園の領主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)のところに妻が いることを突き止め……。

私って、西部劇嫌いなのに観ちゃったのである
良いのか?!?!嫌いっつーか、楽しめないヤツが観て?!
だって~ぇタラちゃんだもーん←タラちゃん大好きだから、西部劇はどうでも良くなってた
だってぇぇぇん クリストフ・ヴァルツ様様様だもぉぉぉぉん
要は渋好き、タラちゃん好きってだけで観てしまった
(=v=)ムフフ♪ 
ジェイミー・フォックス様
よぉん←渋好み培養しまくり




 いきなり来たぜ
スーツを着こなし馬に乗りバーにも入ってくる黒人に、世間の目は冷たい
ジャンゴを連行しようとする

本職は歯医者で賞金稼ぎ殺し屋シュルツ
あぢょっという間に保安官を撃ち殺す。
実はその保安官もお尋ね者で、首に賞金がかかっていたのだ。
そして捜索中のブリットル兄弟の存在を知っているジャンゴを探しているという

シュルツはジャンゴを自分の賞金稼ぎのパートナーに指名
一緒に馬に乗って悪党たちを捜しに・・・
なんとまぁ 当時は黒人が馬に乗るって人種差別で禁止だったのね
なのにドイツ人の歯科医シュルツさんは知らなかったのだ
ところが・・・
このシュルツさんって、悪事もだけど頭脳明晰
だもんで街の保安官にゃ
我輩が殺したのは指名手配中の男。そなた達は、あの無法者に牛耳られてたのぉ?
そーんなら私は報酬 貰ったっていーんじゃね?
なんて言って難を逃れる。


んでも、そうゆーシュルツの性格を慕うのが
 じゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁん恩師としてあおぐジャンゴ
しっかりと腕を上げてるのだ~~ 渋いぜ


ジャンゴの目的ってのは
妻であるビルンヒルデ(ケリー・ワシントン)を人身売買で売った男をつかまえること
ビルンヒルデというのはドイツ人の名前
彼女はドイツ人の邸宅につかえる黒人の娘として育ったからドイツ語もokなの
ジャンゴは暴君カルビン・キャンディが君臨するキャンディ・ランドへ乗り込むことを決意する
んっと。奴隷同士ゆえに引き裂かれてしまった妻を取り返すために、
ジャンゴは暴君カルビン・キャンディが君臨する
キャンディ・ランドへ乗り込むことを決めたってコトだよね

因みにキャンディって、極悪人が持ってるキャンディ・ランド
 甘い名前にゃ騙されるな がははははは

エサは破格の取引
さぁて。愛する妻・ヒルディを無事奪還できるか?
はい。サミュエル・L・ジャクソン
演じるは、キャンディ家に古くから勤める執事・スティーヴン。
これまた下品な言葉使いにスキも無くネチネチ粘着
悪い悪い。けど上手い上手い



(。-∀-) ニヒ♪ 流石タラちゃん
 オープニングからイケまっせ~~
荒れた南部の砂漠
赤い文字でクレジットは・・・がしっびしっと出る。
スピード感アリアリだぜぇぇぇぇぃ
大量のセリフ責め、ハチャメチャバイオレンス
そして。ちゃーんと社会問題も描く
アメリカ南部の奴隷制度に真っ向いから捕らえ
根強い奴隷制度・人種差別をバッサバッサと斬る
こういうのは、タラちゃんだから「爽快だわ」と思う
ヴェルディの「レクイエム」が流しちゃ~大掛かりマヌケっぷりだし


あ。ちゃーんと タラちゃん、今作品も出ていたよ。
勿論 タラちゃんだもん(。-∀-) ニヒ♪おいしい役

大量のセリフ責め、ハチャメチャなバイオレンス、
抜群な選曲センスとタランティーノ節を炸裂
なんてたって今回のレオナルド・ディカプリオ
残虐なカルビンを演じさせ、
新境地を開拓させちゃったよ
 こういうレオナルド・ディカプリオで

こういう姿も観られていまう


 彼も、タラちゃんのマジックにかかったら、なかなかの俳優


 なんか、うししし とか思って演じてたんじゃ?
イキイキしてる

でもって、なんつったって
 素敵すぎ素敵すぎ素敵すぎ
 クリストフ・ヴァルツ様 
ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
ステキ~ きゅんきゅん

ぐひひひ。そーなんだろうな~!!!やっぱ!



フランコ・ネロ というと、「続・荒野の用心棒」でジャンゴ役を演じた
ちゃーんと、出しちゃうんだもん
 ↓
この画像の、向かって右側の方

 西部劇と思ってたけど、西部劇じゃない
どーも、西部劇がつまんない私なのに
タラちゃんマジックだと、別物として観られて楽しめちゃった
って~ 出てくる俳優の皆様が
 愛しの 渋俳優サマサマばっかり
 激ツボ ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ どきゅぅぅぅん

蛇足 頭の中は「Who Did That To You?」が駆け巡っちゃってる 
     cdげっとしちゃう

 



コメント ( 3 ) | Trackback ( 9 )





監督: 君塚良一
キャスト: 佐野史郎, 筒井道隆, 佐藤浩市, 西田敏行, 酒井若菜, 國村隼, 勝地涼, 志田未来, 柳葉敏郎, 緒形直人, 沢村一樹
ストーリー“一切報道されなかった被災地の記録“と大きな反響を呼んだ石井光太のノンフィクションを基 にしたヒューマン・ドラマ。『踊る大捜査線』シリーズの脚本家、君塚良一が監督を務め、西田敏行演じる主人公を軸に東日本大震災の知られざる真実を描く。 未曾有の大災害に直面した人々は死とどう向き合ったのか? いま明かされる真実が深い感動を呼ぶ。
震災の知られざる事実を伝えてベストセラーとなった
ジャーナリスト・石井光太氏のルポルタージュ本「遺体 震災、津波の果てに」(新潮社刊)

映画となって 、「遺体 明日への十日間」
私の従兄弟の奥ちゃまのご実家は、福島の原発エリア即近で
当時、奥ちゃまのパニック状態に、赤ちゃんを抱っこしても落としてしまう
夜中、私の所に会いに来たコトも幾度もあった。
釜石エリアは、毎年夏に行く安比高原と共に行くエリアだ。

ただ単に、コレだけで、私は観ても良いのか?
いや。観る事も大切で必要な「魂と現実」なのだと思える

震災時 死者・行方不明者1100人もの犠牲を出した三陸の港町釜石での、遺体安置所をめぐる極限状態に迫ったルポルタージュ

津波が岩手県釜石市を襲った。
一夜明けても混乱状態が続く
廃校となった旧釜石
第二中学校の体育館
遺体安置所として使われることに
次から次へと運ばれてくる遺体
警察関係者や市の職員も
戸惑いを隠せない。
しかし・・・冷静に、場を保ったボランティアの相葉演じる西田敏行
暖房・水・電気も無いボランティアに食事はあり得ない
そのような中での飲料水で身体を清めていくのは何故か?!?
そう。実は 相場は、元葬儀屋サンなのだ
運ばれ、番号ではなく、きちっと御名前で
マッサージは丁寧。遺体との「会話」のように

その体育館に「ふっと流れる温度の上がり具合感」
その人の行動が、他のスタッフ達にも伝わり
ご遺体との接し方も換わっていく

 遺体安置所となった体育館にのみ
死体では無い。ご遺体だ!
現実は丁寧に誠実に描いてあると思えた
ただ。これは ルポの映像化
実際に体験していた知り合い等の
リアルで本当の人間の世界と違う

でも。こういう現状が「たった一つのパーツ」でも描いているのを観たコトは
私の中で、これからも小さくも「きちっと」捕らえる事は出来るはず
そこは 被災者でもあり。
役割は現実が全てで、犠牲になった方達へとの気持ちから
冷静に早く家族と会えるように人々は生を尊んで行動していた事実

遺体安置所の10日間

この「真実」は報道も、メディアも伝える事すら出来なかった

私の従兄弟の家族のコトが無かったら
この 東北の震災被害の多々の事を受け止めていなかったと思う

自分が恥ずかしく無く
この全てを「風化」という言葉を使う方達に申し上げたい
全て「現実」「生死」「絶望」
記憶ではない 未だ解決できぬ問題も多々おありなのに
現実は「風化」せぬのであるのだから

この記事を書くのに 迷って迷った私


 

従兄弟のお嫁ちゃんから何時も「qちゃーーーん」と慕われ
この映画の話をして記事upするコトに賛成してくれたので
少しだけだが、私のつたない文章で書いた



大丈夫。少しだけでも私の心の中に刻んだ事実だ。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 5 )



« 前ページ