ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルパン三世 天使の策略(タクティクス)~夢のカケラは殺しの香り~

2005年12月31日 | 映画(ら行)
【2005年・日本】DVDで鑑賞(ともや評価:★★★★☆)

毎年夏に放送されるTVスペシャル。
今回で17作目となる。

アメリカ・ネバダ州にあるエリア51。今回のルパン三世(声:栗田貫一)が狙っている獲物は、オリジナルメタルと呼ばれるUFOの破片。厳重に警備された地下施設でルパンを待ち受けるのは、銭形警部(声:納谷悟朗)と捜査官見習いのエミリー・オブライエン(声:松井菜桜子)。研究員に変装したルパンと次元大介(声:小林清志)、石川五ヱ門(声:井上真樹夫)は、まんまとオリジナルメタルを盗み出すことに成功する。五ヱ門の斬鉄剣でも斬れない、オリジナルメタルが峰不二子(声:増山江威子)への貢ぎ物と知った五ヱ門は、刃こぼれした斬鉄剣を研ぎ直してもらう人物を探す旅に出る。オリジナルメタルを狙って、テロ組織ブラッディエンジェルスのラッキークローバーと呼ばれる殺しのプロたちが4人に襲いかかる。ジークンドーの達人レディ・ジョー(声:浅野まゆみ)、重火器使いのボンバー・リンダ(声:新井里美)、妖刀紅桜を持つ辻斬りカオル(声:田中敦子)、そして毒使いのポイズン・ソフィ(声:能登麻美子)である。ルパンたちは彼女たちの魔の手から逃れることができるのか? そしてオリジナルメタルに隠された秘密とは?

いつもはリアルタイムで観るこのシリーズも今回は仕事が忙しくて観られず、ちょっと遅れての鑑賞。
一流の殺し屋? というようなツッコミどころはいっぱいありますが、個人的にはかなり好きな部類のテイスト。
やっぱりルパンは垂直の壁とかも走り回らないとね。
こういうありえないアクションとかがないとルパン三世って気がしないです。
それにしてもこういうシリーズだと、ルパンが盗み出すモノを考えるのが大変なんだろうなぁ。
最初エリア51って出てきたときは、『ルパンはUFOまで行く~?』って思ったけど、劇場版「ルパンvs複製人間」では賢者の石とか盗んでたからアリなのか…と(笑)。
でもやっぱり主要声優陣の声の老いは気になってしまうなぁ。
監督は宮繁之。


ルパン三世 天使の策略~夢のカケラは殺しの香り~(初回限定版)

バップ

このアイテムの詳細を見る


ルパン三世 天使の策略~夢のカケラは殺しの香り~

バップ

このアイテムの詳細を見る


ルパン三世 2nd TVシリーズ MUSIC FILE ザ・ファイナル
アニメ主題歌, ユー&ザ・エクスプロージョン・バンド, 大野雄二
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ルパン三世 クロニクル BOX LUPIN THE REMASTER
TVサントラ, ユー&ザ・エクスプロージョン・バンド, 大野雄二, サンディ・A・ホーン, 奈良橋陽子
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ルパン三世クロニクル スペシャル LUPIN THE THIRD THE ORIGINAL-NEW MIX 2005-REMIXED BY YUJI OHNO
大野雄二, YOU & THE EXPLOSION BAND, サンドラ・ホーン, 槇小奈帆, 木村昇, 奈良橋陽子
コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

ツインローズ

2005年12月31日 | 映画(た行)
(原題:見習黒[王攵]瑰/Protage De La Rose Noire)
【2004年・香港】劇場で鑑賞(ともや評価:★★★★☆)


何で日本でブレイクしないのかが分からない香港のアイドルユニットTWINS(シャーリーン・チョイ&ジリアン・チョン)主演のアクション・コメディ。

自分のことを宇宙人だと思っているサンディ(シャーリーン・チョイ)。心理学を専攻する天才だが、フルネームで名前を呼ばれると凶暴化してしまうロウ・キュー(ジリアン・チョン)。2人はそれぞれの事情でアパートを探していたが、意気投合し仲良くなる。そんな2人が掲示板で見つけたのは【住み込み・報酬優遇・職種:見習い(美女限定)】の張り紙。2人はタクシー運転手ロー・ダイ(イーキン・チェン)の運転で、目的の場所に向かう。怪しげな屋敷に住んでいたのは、かつての正義のヒロイン黒薔薇(テレサ・モウ)だった。サンディとキュー、そしてローまで、何故か黒薔薇の弟子となり、悪行を働くポイズン・アイビー(フェイス・ウー)率いるアイビー党と戦うことになる…。

アクションもこなせるアイドルユニットTWINSの魅力大爆発です。







1992年公開された「黒薔薇VS黒薔薇」の後日譚にあたる物語。



写真右のテレサ・モウは「黒薔薇VS黒薔薇」で主演を務めていた女優さん。
(ちなみに左はイーキン様です)

監督&演舞指導はドニー・イェンなので、ぬるいアクションなんかありません。



ローと恋に落ちるサンディ役のシャーリーン・チョイ。



TWINSの中では脇にまわってしまうジリアン・チョン。
(ジリアンの方が可愛いのにね。しかも今回はメガネっ娘!)



これが黒薔薇たちのライバルとなるアイビー党。
右からボスのアイビー。
中央が手裏剣の使い手クノイチ・ニンジャ。
左がカンフー女子高生。

今回この作品を観ての収穫は、カンフー女子高生を演じていたクリス・イェン。
彼女はドニー・イェンの実の妹で、めっちゃキレの良いアクションを魅せてくれるのだ。
しかも可愛いときたもんだ!







TWINSとのアクションシーンは、どっちを応援したモノやら複雑な心境に陥ってしまいます(笑)。
彼女は今後要チェックですね!

イーキンが「バットマン」のロビンの格好をしたり、シャーリーンとジリアンがジャッキー・チェンの格好をして酔拳や蛇拳の修行をしたりと、香港映画らしいパクリ満載。
あれほど修行をしたにも関わらず、オチは「トミーとマツ」かい! ってのも香港映画らしくてほのぼのさせられます。

なんとなくTWINSグッズを買いあさってしまいそうな自分がいて怖いです。


ツインローズ [DVD]

フルメディア

このアイテムの詳細を見る


■ツインズが主演する"ツイン"シリーズはこちら

ツインズ・エフェクト プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ツインズ・エフェクトII -花都大戦- プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


ツインズ・エフェクト I&II ツインパック

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント (296)   トラックバック (3)

プテラノドン

2005年12月31日 | 映画(は行)
(原題:PTERODACTYL)
【2005年・アメリカ】DVDで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆)


恐竜映画ではついつい脇役にされてしまうプテラノドンを主役にした動物パニック映画。

トルコ北部にあるティナラ山。先日起きた地震によりジュラ紀からの火山口が露出する。古生物学者であるマイケル博士(キャメロン・ダッド)は、助手のケイト(エミー・スローン)と4人の学生たちを引き連れて、未だに解明されていない古生物の化石を求めティナラ山に向かう。ジープで現地に向かう途中、学生のアンジーは信じられないモノを目撃する。それはすでに絶滅したはずの翼竜プテラノドンであった。パニックになり逃げまどう6人。しかし一人また一人とプテラノドンの餌食になっていく。無事に逃げ終えたものの、今度はテロリストの集団に襲われることに。一方、山に潜伏しているテロリストを追って、米軍特殊部隊のベンゲル大尉(クーリオ)たちは極秘作戦を展開していた。無事にテロリストのボスであるヨレンを捕らえた一行は、テロリストの集団とプテラノドンに襲われているマイケル博士たちに遭遇する。機関銃やロケットランチャーなどあらゆる武器を使い、プテラノドンに応戦する特殊部隊。だが、為す術もなく襲いかかるプテラノドンに次々と食べられていく隊員やテロリストたち。そしてケイトが生きたままプテラノドンにさらわれてしまう。マイケル博士とベンゲル大尉たちは、ケイトを救出するためプテラノドンの巣を目指して行動を開始する…。

VIVA B級な1本。
生きたまま腸を貪り喰われたり、胴体を両断されるシーンなど、えぐい描写が多いです。
低予算ながらもとりあえずは満足できる内容。
そりゃ、CGとの合成が…なんて細かいことを言い始めたらキリがないけど、「巨大生物の島」とかを観て育ったともやにはまったく問題なし。
要は面白いか否かということ。
ツッコミどころ、いっぱいありますよ旦那(ニヤリ)。
それよりも衝撃のラストシーンに注目。
今度はアレで続編を作る気マンマンなのか?(笑) 
監督は「炎の少女チャーリー」「コマンドー」「クラス・オブ・1999」のマーク・L・レスター。


プテラノドン

アートポート

このアイテムの詳細を見る
コメント

Mr.&Mrs.スミス

2005年12月30日 | 映画(ま行)
(原題:MR.AND MRS.SMITH)
【2005年・アメリカ】劇場で鑑賞(ともや評価:★★★★☆)


「ボーン・アイデンティティー」のダグ・リーマン監督が贈る、ハリウッド版「おもろい夫婦」。

南米コロンビアの首都ポゴタで、運命的な出会いをしたジョン・スミス(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)。2人は結婚し、理想的な幸せな夫婦に見えたが、この2人には互いに隠し合っている秘密があった。ジョンは、建設会社を隠れ蓑とし、天性の動物的なカンを頼りに数々の修羅場を潜り抜けてきた一匹狼の殺し屋。ジェーンは、ウォール街にそびえ立つIT企業を隠れ蓑とし、最新のテクノロジーを駆使して狙った標的を確実に仕留める暗殺エージェントのエース。2人は暗殺ビジネスを生業とするプロの暗殺者で、しかも敵対する秘密組織の任務を引き受ける商売敵だったのだ。ある日、ジョンとジェーンはそれぞれの組織から請け負った任務を遂行中、砂漠のど真ん中でニアミスをする。2人が狙っていたターゲットは同一人物だった。2人は自分の任務を邪魔した相手が誰なのか、徹底的に調査し始める。そして、そこで初めて2人は互いの伴侶の正体を知ることになる。正体がバレたからには、例え愛し合うパートナーであっても、48時間以内に相手を始末しなければならないのが、この世界の暗黙のルール。かくしてスミス夫婦の壮大な夫婦ゲンカが始まることになる…。

久し振りに格好良いアンジー姉さんが見られて大満足。



しかも格好良いだけではなく可愛いと来たもんだ。
なかなか格好良いと可愛いが同時に存在する女優さんはいませんよ。



物語の序盤で、オーブンを覗き込むアンジー姉さんの可愛いこと可愛いこと。
ともやは根本的にアヒル口に弱いんですよ。
うんうん。

まぁちょっと尺が長すぎて、『だる』って思ったりもしたけど、概ね満足の作品。
何も考えずに楽しめる娯楽作品です。



ラストシーンは、「明日に向かって撃て」のブッチとサンダンスを思わせる感じで良かったです。
ちょっと相手の数が物足りなかったけどね。

DVDが発売されたら、どんな銃を使っていたのかとか、じっくり観ちゃおうと思います。


Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Mr. & Mrs. Smith
Original Soundtrack
Lakeshore

このアイテムの詳細を見る


Mr. & Mrs. Smith [Original Motion Picture Score]
Alex Al, John Powell, Mark Watters, Pete Anthony, Adam Del Monte, Federico Ramos, George Doering, Michael Ripoll, Hollywood Studio Orchestra, Alex Acu?a
Lakeshore Records

このアイテムの詳細を見る


Mr.&Mrs.スミス

ソニーマガジンズ

このアイテムの詳細を見る
コメント (8)   トラックバック (12)

恋愛寫眞 Collage of Our Life

2005年12月29日 | 映画(ら行)
【2003年・日本】TVで鑑賞(ともや評価:★★★★★)

東京とニューヨークを舞台に、一組の男女の恋愛模様をミステリアスに描いたラブ・ストーリー。

ある日、カメラマンの瀬川誠人(松田龍平)は、かつての恋人・里中静流(広末涼子)が1年前にNYで死んだという噂を耳にする。しかし、誠人は数日前に静流からの手紙を受け取ったばかりだった。誠人はたった1舞の写真だけを手がかりに単身NYへ渡る。そこで誠人は日本人男子が大好きなやさぐれ神父・カシアス(ドミニク・マーカス)と出会う。歌詞明日のお陰で写真の場所を突き止め、静流のアパートを訪ねるが、そこにいたのはミュージカル俳優を目指すアヤ(小池栄子)だった。アヤが言うには、静流は個展のための撮影でスペインに行っているらしい。あの噂はウソだったのだと安心する誠人。誠人は静流がNYで撮影していった場所を訪れ、同じようにカメラのシャッターを押していく。静流の行動を追体験することで、会わなかった3年間の渠を埋めていくかのように…。やがて誠人は驚愕の事実に向き合わなければならなくなる…。

公開当時、あまりよくない評判ばかり耳にしていた。
そりゃあそうでしょ。
だって堤幸彦節全快だもん。
CMの綺麗なシーンばかりの予告編を観て、素敵なラブ・ストーリーを堪能できると思って観に行った人は呆れるだろうね。
『ナゾハァ、スベテェ、トケタァ』(byカシアス)。

まぁ、堤流のラブ・ストーリーではあるんだけど、一番の見所は小池栄子のハイパー化(もしくはモンスター化)する場面。
堤監督との「2LDK」があってこその怪演。
大爆笑させていただきました。
GOOD JOB 小池!



それはそれとして、広末涼子の可愛さも再認識させてもらいました。
あれだけ綺麗に撮ってもらえれば本望でしょう。
っていうか撮影で使った写真が欲しいよ~!

「ケイゾク」「トリック」「金田一少年の事件簿」「IWGP」などの堤作品が好きな人にはたまらないラブ・ストーリーです。


恋愛寫眞

松竹

このアイテムの詳細を見る


「恋愛寫眞」オリジナル・サウンドトラック
サントラ, 見岳章, 武内享
BMGファンハウス

このアイテムの詳細を見る


2000トンの雨 / フェニックス
山下達郎
ワーナーミュージックジャパン

このアイテムの詳細を見る


↓小池栄子の怪演はこちらでも堪能出来ます!

2LDK デラックス版

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (5)

Passion/宇多田ヒカル

2005年12月29日 | MUSIC
本日購入したCD。
宇多田ヒカル「Passion」

Passion(DVD付)
宇多田ヒカル
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る


PS2のゲーム「キングダムハーツII」のテーマソングですね。
前作の「Be My Last」もそうだったんだけど、カラオケで唄い難そう!
…っていうか、もうこれはカラオケで歌えません。

オープニングで漂う独特の浮遊感とエフェクトの使い方。
かなり好きですよ!


Passion(紙ジャケット仕様)
宇多田ヒカル
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る


キングダムハーツII

スクウェア・エニックス

このアイテムの詳細を見る


KINGDOM HEARTSII オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック
東芝EMI

このアイテムの詳細を見る


You Make Me Want to Be a Man
Utada
Universal International

このアイテムの詳細を見る


Exodus `04
Utada
Island

このアイテムの詳細を見る


Exodus
Utada
Island

このアイテムの詳細を見る
コメント   トラックバック (1)

B in the mix THE REMIXES/Britney Spears

2005年12月29日 | MUSIC
本日購入したCD。
ブリトニー・スピアーズ「B in the mix THE REMIXES」

B・イン・ザ・ミックス~ベスト・リミックス~
ブリトニー・スピアーズ, マドンナ
BMGファンハウス

このアイテムの詳細を見る


80年代に青春を送っていた(今も青春真っ盛りだけどね、てへ)ともやにとって、リミックスとかロングヴァージョンとか12インチシングルとか、いう言葉に非常に弱いのである。

1. Toxic - Peter Rauhofer Reconstruction Mix
2. Me Against The Music - JUSTICE Remix
3. Touch Of My Hand - Bill Hamel Remix
4. Breathe On Me - Thin White Duke Mix
5. I’m A Slave 4 U - Dave Aud Club Mix
6. And Then We Kiss - Junkie XL Remix
7. Everytime - Valentin Remix
8. Early Mornin’ Jason Nevins Remix
9. Someday (I Will Understand) - Hi-Bias Signature Radio Remix
10. Baby One More Time - Davidson Ospina 2005 Mix
11. Don’t Let Me Be The Last To Know - Hex Hector Club Mix
12. Stronger - Mac Quayle Mixshow Edit
13. I’m Not A Girl, Not Yet A Woman - Metro Mix

マドンナのリミックスなどでお馴染みのスチュアート・プライスやピーター・ラウハファーといったDJたちによって、新しく命を吹き込まれた過去の楽曲の格好良いこと。
6曲目の新曲「And Then We Kiss」は、ジャンキーXLによってリミックスされ、最高のユーロ・トランスに仕上がっている。

これは仕事中じゃなくて、移動中とかに聴きたいなぁ。


Greatest Hits: My Prerogative



このアイテムの詳細を見る


Britney Spears Music Box Biographical Collection



このアイテムの詳細を見る


Mickey Mouse Club: B.O. Britney Justin & Christina



このアイテムの詳細を見る


Britney & Kevin: Chaotic (2pc) (Bonc)



このアイテムの詳細を見る


In the Zone (2pc) (Bonc)



このアイテムの詳細を見る


STAGES

コロムビアミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Britney in Hawaii - Live & More

Bmg/Jive/Silvertone

このアイテムの詳細を見る


Britney: The Videos

Bmg/Jive/Silvertone

このアイテムの詳細を見る


Live From Las Vegas

Bmg/Jive/Silvertone

このアイテムの詳細を見る
コメント

FATBoy SLiM Bondi Beach New Year's Eve '06

2005年12月29日 | MUSIC
本日購入したCD。
FATBoy SLiMのMixCD「FATBoy SLiM Bondi Beach New Year's Eve '06」



Fatboy Slim-Bondi Beach New Years Eve’06-
オムニバス
インディペンデントレーベル

このアイテムの詳細を見る


2005年大晦日にオーストラリアのBpndi Beachで開催されるビックパーティ出演を記念して制作されたMix CD。
『Live On Brighton Beach』以来4年振りとなるMix CDは、飛び跳ねたくなるようなトラックばかり。

輸入盤のみで、国内盤の販売予定はないということなので、躊躇わずにゲット!
仕事中のいいBGMが見つかりました。

1. Stephane Malca / Revolution
2. Spankox / To The Club (Highpass Remix)
3. Britalics / I Can C Thru U (Hughes & Spier Mix)
4. Professional Losers / Crazy Sexy Hipnotic (Full Vocal Mix)
5. Turbomen / Would You Say Thank You ?
6. Solid Groove / This Is Sick
7. Young Punx / Young And Beautiful (Laurent Konrad Remix)
8. Tomboy / Samba!
9. Jerry Ropero & Denis The Menace pres. Sabor feat. Jaqueline Coracao (Denis & Jerry' New Bangin 2005 Mix)
10. Freeform Five / No More Conversations (Mylo Remix)
11. Tomas Andersson / Washing Up (Tiga Remix)
12. Trick & Kubic / Orbital Dance
13. Machine Red / Release The Pressure (Fatboy Slim Remix)
14. Scent / Up & Down
15. Yer Man / Satisfy Me (Jacked Up Funk Mix)
16. Friendly / Bump & Grind
17. Dj Icey / Acid Conga (Madox Adventures In Drum Remix)
18. AB/DC / This Feelin'
19. Olav Basoski / Waterman


Live on Brighton Beach: Big Beach Boutique 2



このアイテムの詳細を見る
コメント

Sound drop ~MTV Unplugged+Acoustic live 2005~

2005年12月28日 | MUSIC
本日購入したCD。
矢井田瞳「Sound drop ~MTV Unplugged+Acoustic live 2005~」

Sound drop ~MTV Unplugged + Acoustic live 2005~
矢井田瞳, トレイシー・チャップマン
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る


東京FMホールで行われた「MTV Unplugged矢井田瞳」を収録したLIVE CD。

01. キャンドル
02. i really want to understand you
03. How?
04. マーブル色の日
05. fast car
06. ねえ
07. My Sweet Darlin'
08. ビルを見下ろす屋上で

1曲目の「キャンドル」を聴いただけで心が洗われていきます。
最近忙しすぎて、音楽が持っている癒し効果をすっかり忘れていたよ。
大好きな矢井田瞳が新譜を出していたことにさえ気付かなかったなんて。
こうしてヤイコの歌声を聴いているだけで、もの凄い勢いで浄化されていく自分を感じます。
5曲目の「fast car」なんて最高ですよ。
来年はどんどんライヴに行くぞ~!

「矢井田瞳acoustic live 2005~オトノシズク~」からのLIVE映像を収録したDVD付き。
収録曲は「モノクロレター」「Not Still Over」「手と涙」「Life's like a love song」。


HITOMI YAIDA MTV UNPLUGGED

青空レコード

このアイテムの詳細を見る
コメント

ともやのゆるゆるラーメン紀行@池袋&大井町

2005年12月27日 | グルメ(ラーメン)
不定期でともやが食べたラーメンを紹介。
文字通り内容はゆるゆるです。



最近池袋に仕事で寄った際に食べたのが、麺えるびす
写真はチャーシュー卵付きかな?
とんこつ魚貝系のあっさりスープ。
まぁ普通に美味しかったです。
ただ飛び抜けて『コレ最高!』って部分が無かったので残念。



最近家の近所に出来たらあめんジンギスカン北海道に入ってみました。
頼んだのは三代目 道玄坂ラーメン
アッサリスープに綺麗な細麺。
上にハリハリと呼ばれる油かすが入ってます。
これは牛の小腸を揚げたモノで、関西のうどんによく入っているヤツですね。
最初はサクサクしているんだけど、噛むにつれぷにぷにしてくるゼラチン質。
コラーゲンたっぷりですね。
内緒にしていましたが、ともやはこのハリハリが大好きなのです。
水菜もたっぷり入っていて、悪くはないんだけど…ハリハリはラーメンよりうどんの方が合うなぁ…と思ったり思わなかったり。
でもこれはふいに食べたくなるんだろうなぁ。

北海道で道玄坂ラーメンなのかは謎。
コメント (2)

Dear Friend/森山ゆうこ

2005年12月26日 | アイドル
本日購入した写真集。
森山ゆうこ「Dear Friend」



Dear Friend―森山ゆうこ写真集

ワニブックス

このアイテムの詳細を見る


森山ゆうこは、いつの間にか祐子→ゆうこになっていたのね。

ともやが写真集を判断する時の基準となるのは、裸がある水着があるというのではなく、いかに様々な表情が収められているかによってくる。
(あるアイドルの写真集なんかだと、1冊全部同じ顔っていうのもあるしね)
それも決めカット(ニコパチ)ではなく、素の表情を垣間見ることができるカットがどれだけあるかということ。
そういうともや視点で見ると、この写真集は合格。

もう「ゼイラム」のような作品には出ないのかなぁ。
…っていうか雨宮慶太は、どこへ行ってしまったのか?


aube―森山祐子写真集

ぶんか社

このアイテムの詳細を見る


ゼイラム

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る


ゼイラム2

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る


ゼイラムI&II ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ, HI KING, 都留教博
ビクターエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


タオの月

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る
コメント (3)

双子

2005年12月25日 | 映画(は行)
(原題:双子/TWINS)
【2005年・香港】DVDで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆)


ゆうばり国際ファンタスティック映画祭コンペ部門正式出品作品。
監督のフォン・ユン・マンは、ユン・ピョウの甥でもあり、今まで数多くの撮影監督を務めてきた人。

香港にあるゲストハウス。そこには、子持ちの売春婦や怪しげな商売をしている男、ヤクザまがいの男まで、様々なくせ者が滞在していた。そこへ1人の日本人女性(しらたひさこ)がやってくる。その姿を見ただけで、怯え混乱する住人たち。女性の名前は内田澪。ここで行方不明になった双子の妹・浅を探しに来たという。澪は浅が滞在していた306号室に留まることになる。やがて、ヤクザまがいの男が306号室を訪れ、澪は男に何かを囁く。その直後、男は建物の屋上から身を投げ、自殺未遂を図る。さらに怯えるゲストハウスの住人たち。行方不明の浅と彼らの間には何があったのか? やがて、ゲストハウスの面々は奇怪な死を遂げていく…。

「シャイニング」を例に出すまでもなく、双子はそれだけで何となく怖いねぇ。



といいながらも双子は結構好きなんですよね。
メアリ-=ケイト&アシュレー・オルセン姉妹然り、
FLIPFLAP然り。
(それだけか~い!)



香港のホラーというのは、日本や韓国のジメジメしたホラーと違い、何となくカラッとした雰囲気がある。
それは同じアジアでありながらも、香港が1997年までイギリス植民地統治されていたことも関係あるのかなぁ。



この作品も最初の30分以上、状況説明一切無しで、物語の外郭を理解するまで?マークの連続。
ストーリーはともかくとして、この監督の空気の切り取り方というか風景の見せ方というか、カメラワークは凄い好き!



双子

アートポート

このアイテムの詳細を見る
コメント (4)   トラックバック (3)

箪笥

2005年12月25日 | 映画(た行)
(英題:A TALE OF TWO SISTERS)
【2003年・韓国】DVDで鑑賞(ともや評価:★★★☆☆)


スティーブン・スピルバーグが史上最高額でリメイク権を獲得した韓流号泣ホラー。
公開当時から気にはなっていた作品。

ソウル郊外にある一軒家。そこに車でやってきたのが、父親のムヒョン(キム・ガブス)とその娘スミ(イム・スジョン)とスヨン(ムン・グニョン)である。長期入院を終えて帰ってきた姉妹を継母のウンジュ(ヨム・ジョンア)が出迎える。ウンジュの事をスミは毛嫌いし、スヨンは怯えていた。その日の夜、スヨンは部屋の中をうろつく何者かの気配に恐怖し、姉であるスミのベッドに潜り込む。翌朝、目覚めたスミをフラッシュバックが襲う。断片的な数々のイメージ。そして部屋をうろつく何者かの存在に気付く。それはゆっくりとベットの上にやってきて、スミを見下ろす。悪夢に悩まされるスミ。誰かの手によって傷つけられるスヨン。ありもしない思い出話をしゃべり出すウンジュ。傍観を続けるムヒョン。流し台の下の少女。同じ柄の同じ服だけが入れられたクローゼット。スヨンと生理日が同じのウンジュ。この家に隠された秘密、家族に隠された秘密は一体何なのか? 

本作の元となった「薔花紅蓮伝」は、仲の良い姉妹が継母の陰謀で無念のまま亡くなり、怨霊になるという韓国の人なら誰でも知っているという古典的な怪談らしい。



でも日本人のともやはそんなことまるっきり分からないので、最初の50分くらいまで、それぞれの登場人物がどのような関係かがまったく分からず、ずっと?マークの連続。
ようやくウンジュが継母だと気付くも、この怪異が何を元に起こっており、どの登場人物に焦点を当てて(感情移入して)観たらいいかがわからず、やはり?マークの連続。
やがて次々に判明していく事実に『あっ、これは韓国版「○ッ○○○○○」「○○ー○」なのね』」と納得。
ともやにしては珍しく見終わった後に、すぐに2周目(2度目の鑑賞)に突入。
そういう視点で観るとまた違った物語を発見できる。



…無意味と思われるエピソードも多いが、原作を読めばその辺の詳しい関連性とか描かれているのかな? 
号泣もしなかったし、怖くもなかったけど、哀しく美しい映画。
恐怖と美しさの両立って難しいのね。

監督は、キム・ジウン。


箪笥

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


箪笥 オリジナル・サウンドトラック
イ・ビョンウ
レントラック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


箪笥―薔花紅蓮

角川書店

このアイテムの詳細を見る


ノー・バウンダリーズ~愛は境界線を越えて・・・(映画「簞笥」イメージソング)
セルタブ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント

DOOM

2005年12月24日 | 気になる映画
前の記事でもちょっと触れたので、「DOOM」もチェック!
FPS(ファースト・パーソン・シューティング)を定義づけたゲームではないだろうか?
(FPSというのは自分の目線でゲームを進めていき、画面には手と構えている銃しか表示されないゲームのこと)
アメリカ人はこういうゲーム大好きだよね、ホント。



だから映画の画面もこんなんです。
ゲームのドキドキ感をリアルに再現ですよ!



そして出演するのはWWEのプロレスラー・ロック様
気持ちいいくらいに銃撃ちまくりです。



こんなクリーチャーもワラワラ出てきます。
(あれ、「DOOM」ってこんなゲームだったっけ? ナチスの残党うんぬんっていうのは「ウルフェンシュタイン3D」か?)
予告編を観ただけでワクワクです、奥さん!
ロック様も出てるし、これは日本で公開しそうだなぁ(単館上映とかで)。
ヒットはしなさそうだけど、ともやは大注目ですよ!

公式HP:DOOM


DOOM

SOUNDTRACK(輸入盤)

このアイテムの詳細を見る


DOOM 3:Resurrection of Evil 日本語マニュアル付英語版

サイバーフロント

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)   トラックバック (4)

ALONE IN THE DARK

2005年12月24日 | 気になる映画
精神的にも身体的にもゆとりがでてきたので、面白い映画はないもんかと電脳の海を彷徨っておりましたら…ありました!
ゲームが原作となっている「ALONE IN THE DARK」
かつて松下が発売したゲーム機3DOで一躍有名になったゲームタイトル。
何で今頃映画化? と思いつつも、来年は「DOOM」も含めて、3DOで名を売ったゲームたちがこぞって映画化する年(笑)。



アメリカでの公開は2006年1月下旬。
日本で公開するかなぁ?
一応日本でも有名だったゲームだし(苦笑)、主演がクリスチャン・スレイターだから、ビデオスルーにはならないかもしれないけど。
(でも「トリプルX」の続編がビデオスルーするご時世だからどうなることやら)



予告編を観る限り、そこそこ面白そうなモンスタームービーのようだが。
(「ALONE IN THE DARK」ってこんなゲームだったっけ? …っていうか調べてみたら2002年に4作目が発売されてた!)

公式HP:ALONE IN THE DARK


ALONE IN THE DARK

SOUNDTRACK(輸入盤)

このアイテムの詳細を見る


アローン イン ザ ダーク ~新たなる悪夢~ 日本語版

サイバーフロント

このアイテムの詳細を見る
コメント