ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女

2010年01月17日 | 映画(ま行)
(原題:MANN SOM HATAR KVINNOR)
【2009年・スウェーデン/デンマーク/ドイツ】試写会で鑑賞(★★★★☆)


スティーグ・ラーソン原作の同名ミステリー小説を映画化。
40年前に失踪した少女の謎に、ジャーナリストと天才ハッカーが挑んでいくミステリー作品。

スウェーデン、ストックホルム。月刊誌「ミレニアム」の発行責任者を務めるジャーナリストのミカエル・ブルムクヴィスト(マイケル・ニクヴィスト)は、大物実業家ハンス=エリック・ヴェンネルストレム(ステファン・サウク)の武器密売を批判する記事を発表したが、名誉毀損で敗訴。禁固3ケ月と15万クローネ(約200万円)の損害賠償を命じられ、責任を取って「ミレニアム」のもとを離れることになる。その頃、ミカエルの身辺を女性調査員リスベット・サランデル(ノオミ・ラパス)が調べていた。リスベットは、黒の革ジャンに鋲打ちのベルト、鼻ピアスという人目を引く出で立ちをしているが、天才的なハッカーだった。調査の依頼をしていたのは、大企業ヴァンゲル・グループの前会長ヘンリック・ヴァンゲル(スヴェン・バーティル・タウベ)の弁護士ディルク・フルーデ(イングヴァル・ヒルドヴァル)。リスベットの調査報告を受けたフルーデ弁護士は、ミカエルに1本の電話をかけ、『ヘンリック・ヴァンゲルが会いたがっている』と告げる。突然の申し出にいぶかしく思いながら、ミカエルはヴァンゲル一族が住むヘーデビー島に向かう。そこは、ボスニア湾に面した小さな孤島。82歳になるヘンリックは、ミカエルに1枚の写真を見せる。そこに写っている少女を見て、ミカエルはある記憶を呼び戻す。それはミカエルがまだ幼かった頃、父がヘーデビー島で技師として働いており、その間子守りをしてもらっていた少女がその写真の主だった。40年前の1966年9月22日、当時16歳だったヘンリックの姪ハリエット(エヴァ・フレーリング)が失踪する事件が起きた。当時、島と本土をつなぐ橋でタンクローリーが横転する事故があり、島は完全なる孤島となっていた。ヘンリックは墓場へ行く前に何としても真相を知りたいと願い、この謎を究明してほしいとミカエルに調査を依頼する。40年前の出来事という途方も無い調査。やがて、ヴァンゲル一族の封印された闇が明らかになっていく…。



この作品(シリーズ)は、スティーグ・ラーソンの処女作にして遺作という曰く付きの作品。
2004年にスティーグ・ラーソンは、「ミレニアム」全3作を出版社に持ち込む。
その作品は新人としては破格の扱いで契約されるが、この小説が出版される前に心筋梗塞で急死してしまう。
出版後は、人口900万人のスウェーデンで360万部を売り上げ、全世界累計で2100万部のセールスを記録。
もともとは全5部作の構想で、4作目の草稿がスティーグのパソコンに残されていたが、相続争いのため出版の目処は立っていない模様。



もちろん、ともやは原作を読んでいないのですが、地味ながら結構楽しめちゃいました。
153分=2時間半と割と長めなんだけど、飽きること無く観られたのは、楽しかったってことだよね。
当時の資料を緻密に調べ直し、ミカエルが新しい発見をしていく過程がなかなか面白かったです。

一応作品では、天才ハッカーのリスベットがキモになっているようなのですが、…言うほど活躍してないよね?(笑)
そこがちょっと残念だったかな?

ちなみに2作目の「ミレニアム 火と戯れる女」は2009年9月に、3作目の「ミレニアム 眠れる女と狂卓の騎士」は2009年11月にスウェーデンで公開済み。
さらに本国では2月からテレビドラマ版も放映されるらしい。
日本でも早く続きを公開してほしいし、ドラマも観てみたいよ~。

Flickan som lekte med elden(「ミレニアム 火と戯れる女」)予告編



この作品、ハリウッドでのリメイクも決定とのこと。
これって当時のナチスも関係してくるし、アメリカを舞台に移すってことはありえないよね?
まんまのリメイクだったら、しない方がいいと思うんだけどな~。

監督はニールス・アーゼン・オプレヴ。

追伸。
この試写では、何故か上映前に大沢あかねと野村沙知代のトークショーを開催。
トーク終了後の囲み取材では、結婚したばかりの旦那・劇団ひとりのことや野村監督の話題ばかり。
宣伝担当者が『映画のことを質問してください!』と声を荒げて記者たちに伝えるが、それは無理な話だよ。
だってこの2人、映画にまったく関係ないんだもん(苦笑)。

2010年1月16日公開
公式HP:ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女


ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


Millennium Trilogy(「ミレニアム」三部作/輸入盤サントラ)

Silva America

このアイテムの詳細を見る


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上
スティーグ・ラーソン
早川書房

このアイテムの詳細を見る


ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 下
スティーグ・ラーソン
早川書房

このアイテムの詳細を見る


■シリーズ続編はこちら

ミレニアム2 上 火と戯れる女
スティーグ・ラーソン
早川書房

このアイテムの詳細を見る


ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上
スティーグ・ラーソン
早川書房

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« JT/QUOカード | トップ | パーフェクト・ゲッタウェイ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう (KLY)
2010-01-19 00:56:22
ともやさんこんちは~^^

地味だよね。ストーリーもオーソドックスだし。でもなんというか七色の変化球じゃなくて、ストレートとカーブだけの本格派って感じ?(笑)
それだけに見応え十分でした。1作目だけあってまだまだリスベットの過去もこれから明らかになるんだろうし、楽しみだなぁ。
ドラマとか深夜でもいいからやってくれないですかね。せめてDVDを…(笑)
掘り出し物 (ともや)
2010-01-19 02:11:56
こんばんは、KLYさん♪
これは掘り出し物の1本でしたね~♪
たぶんドラマだと描かれなかった細かい部分も描かれてるんでしょうね。
日本で映画が大ヒットすれば、可能性あるかもしれないけど、TB状況を見る限りヒットしてなさそう…。
(普通の人って、テレビで宣伝する映画しか観ないからなぁ~)
ともやさん (mig)
2010-01-25 17:57:46
こんばんは~
もう観てたのね★

>言うほど活躍してないよね?(笑)

あはは、確かに~。絶賛されるほどかぁ?って思っちゃったし続編はもういいやという感じだったけど
まあまあギリギリで楽しめました☆

サッチーと大沢あかねのトークショーいらないね(笑)

ともやのツボ (ともや)
2010-01-25 21:08:46
こんばんは、migさん♪
絶賛する程面白かった訳ではないけど、十分に楽しめる作品でしたわん。
まぁ、ひとつ難を言えば、ヒロインのリスベットがともやのツボにあんまりハマらなかったことかな?(笑)
リメイクはアカンでしょ (にゃむばなな)
2010-02-07 13:51:16
こういう映画はできればリメイクしないでほしいですよ。
スウェーデンという気候や風景もこの作品の重要要素なんですから、ハリウッドではねぇ~。

ちなみにリメイクされた場合、やはりリスベット役の女優さんは鼻ピしてくれるのかな?
アメリカでは逆に難しそうな気もします。
リメイク (ともや)
2010-02-09 03:24:09
こんばんは、にゃむばななさん♪
ハリウッドリメイクで面白かった作品って、ほとんど思い浮かびませんからね~。
あれはスウェーデンだからこそ面白かったんであって、舞台をアメリカに移されても困りますよね~。

>リスベット
鼻ピはトレーボマークっぽいし、過去のトラウマに関係してそうですから、そこは避けて通れないでしょうね~。
こんにちは~♪ (由香)
2010-03-17 15:14:54
お邪魔します♪

今頃劇場鑑賞しました。
これは原作がかなり面白そうですよね。
ちらっと調べたらハードカバーしか出ていないので、古本屋で探すか、文庫本になるのを待つかして(笑)読みたいです。

ハリウッドリメイクはそうでしょうねぇ・・・
雰囲気ぶち壊しのような気もしますが(笑)
原作 (ともや)
2010-03-18 04:37:43
こんばんは、由香さん♪
>古本屋で探すか、文庫本になるのを待つ
そうですね~♪
ともやも同じですわん。

ハリウッドリメイクは、監督が誰になるかによるかなぁ?

コメントを投稿

映画(ま行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (LOVE Cinemas 調布)
世界中で大ベストセラーとなったスティーグ・ラーソンの同名の3部作を映画化。スウェーデンを舞台に40年前に失踪した少女に関する調査を請け負った雑誌記者とヒロインが事件の真相解明に挑む。主演はスウェーデン人俳優ミカエル・ニクヴィスト、ヒロインに新人のノオミ...
『ミレニアムドラゴン・タトゥーの女』(2009)/スウェーデン (NiceOne!!)
原題:MANSOMHATARKVINNOR/THEGIRLWITHTHEDRAGONTATTOO/MILLENNIUM:PART1-MENWHOHATEWOMEN監督:ニールス・アルデン・オプレヴ原作:スティーグ・ラーソン出演:ノオミ・ラパス、ミカエル・ニクヴィスト、スヴェン・バーティル・トープ、ステファン・サウク公式サイトはこ...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/ミカエル・ニクヴィスト (カノンな日々)
これも劇場予告編を観る機会が一度もなかったんですよね。さすがにこれを何も知らずに観に行くのはちょっと不安かなと思って調べてみたんですけど、原作は世界的ベストセラーのミステリー作品なんだそうです。全然知りませんでした。三部作らしいんですけど映画もそうなる...
試写会「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 (流れ流れて八丈島)
3日連続の試写会です六本木シネマートで、今週末から公開の「ミレニアムドラゴンタトゥーの女」を観てきました読んでませんが原作は大ベストセラーで今世紀最大の傑作ミステリーらしいけど、謎解きそのものはそれほど複雑でもないですミレニアム(1〔上〕) ミレニアム....
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (to Heart)
彼女だけが知っている 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ 上映時間 153分 PG15+ 原作 スティーグ・ラーソン 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(早川書房刊) 監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 音楽 ヤコブ・グロート 出演 ミカエ...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 /THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1500万部を売上、世界最大の傑作ミステリー!と称賛を受けている話題作 スウェーデン発「ミレニアム」の映画化。 原作は未読だけど「ツインピークス」とか、...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Män som hatar kvinnor(女を憎む男)、英語タイトル:The Girl with the Dragon Tattoo。ニルス・アーゼン・オプレウ監督、ノオミ・ラパス、ミカエル・ニュクビスト、レナ・エンドレ、スヴェン=ベルティル・タウベ、ペーター・ハーバー、ペーター・...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (だらだら無気力ブログ)
作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第一弾。 スウェーデンの孤島を舞台にジャーナリストの主人公がひと癖ある天才 ハッカーのヒロインと組んで、40年前...
ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 MAN SOM HATAR KVINNOR (銅版画制作の日々)
 THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 東宝シネマズ二条にて鑑賞。エンドクレジット中、席を立たれた方、特報が流れましたよ。何と第2部の映画化のお知らせがちょこっとありました。それもそのはず、本作の小説は3部作なんですね。 スウェーデンの作家スティーグ・ラー...
ミレニアム (映画的・絵画的・音楽的)
 「ミレニアム  ドラゴン・タトゥーの女」を渋谷のシネマライズで見てきました。  この映画は、デンマーク映画『誰がため』を見た直後で北欧にやや関心が向いていることもあって(注1)、原作を読んだばかりでオチを知っているとはいえ、ぜひ見てみたいと思っていまし...
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』 (めでぃあみっくす)
久しぶりに本格的なミステリー映画を見た!素直にそう思える映画でした。世界的ベストセラーの映画化だけあって見応えは十分な上に、オーソドックスな内容でありながら飽きのこない演出と展開は見事。天才女性ハッカー・リスベットと雑誌記者ミカエルの今後の活躍も待ち遠...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (小部屋日記)
MAN SOM HATAR KVINNOR(2009年/スウェーデン=デンマーク=ドイツ)【劇場公開】 監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 出演:ノオミ・ラパス/マイケル・ニクヴィスト/スヴェン・バーティル・トーブ/ステファン・サウク 彼女だけが知っている スウェーデンの作家ステ...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (Movies 1-800)
Män som hatar kvinnor (2009年) 監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ 世界的ベストセラーとなったスウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの同名小説の映画化で、富豪の老人から40年前に...
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はヴァイキングの国の出来事か? (映画のブログ)
 ベストセラーになった蛇蔵&海野凪子著『日本人の知らない日本語』に、スウェーデンから来た留学生のエピソードがある。  彼女が日本に行...
ミレニアム ドラゴンタトゥーの女 (Diarydiary! )
《ミレニアム ドラゴンタトゥーの女》 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイ
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
スウェーデン発の原作は、40カ国以上で翻訳されており、今世紀最大のミステリーと絶賛されているそうなのでスッゴク気になっていました~【story】ジャーナリストのミカエル(ミカエル・ニクヴィスト)は、ある大物実業家の違法行為を暴露し、名誉棄損で有罪になる。そん...
ミレニアム  ドラゴンタトゥーの女 (映画の話でコーヒーブレイク)
何とも勇ましげなタイトルのスウェーデン映画です。 この題名でこのポスターを見てちょっと引いてしまいましたが、なかなか面白かったという 感想を数人の方から伺い、見てみることにしました。 「ミレニアム」は主人公が所属していた雑誌社の名前ですが、程なく退社する...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (活動写真放浪家人生)
 <小倉コロナシネマワールド>  あの超話題作!小倉に2本同時上陸決定!と大書され、大型ポスターがロ
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(スウェーデン/デンマーク/ドイツ) (映画でココロの筋トレ)
平日に自分の時間ができたので、また上映時間で選んだ映画。 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を観ました。 ( ← 公式サイト  ) 出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ、イングヴァル・ヒルドヴァル 上...
ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女 (映画鑑賞★日記・・・)
【MAN SOM HATAR KVINNOR】 2010/01/16公開 スウェーデン/デンマーク/ドイツ R15+ 153分監督:ニールス・アルデン・オプレヴ出演:ミカエル・ニクヴィスト、ノオミ・ラパス、スヴェン=ベルティル・タウベ、イングヴァル・ヒルドヴァル、ステファン・サウク彼女だけが知...
■映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スウェーデンで大ヒットを記録した映画「ミレニアム」三部作の第一部『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』。 9月11日からに映画の第二部『ミレニアム2 火と戯れる女』、第三部『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』が公開されるということで、観そびれていた第一部をDV...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼女だけが知っている』  コチラの「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」は、作者のスティーグ・ラーソンが急死した後全世界で1500万部を突破し社会現象にまでなった「ミレニアム」3部作を映画化したR15+の孤島ミステリーです。ちなみに2と3も相次いで製作されたら...
【映画】ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (★紅茶屋ロンド★)
<ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 を観ました> 原題:Män som hatar kvinnor 製作:2009年スウェーデン ランキング参加中 スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの処女作でありながら遺作となった原作小説。彼が亡くなってから大ヒットし、ベスト...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (Män som hatar kvinnor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニールス・アルデン・オプレヴ 主演 ミカエル・ニクヴィスト 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 153分 サスペンス 採点★★★ 一時、本屋に行ってもビデオ屋に行っても「ミレニアム!ミレニアム!」と時期外れも甚だしいミレニアム連呼に、「いよ...
ミレニアムドラゴン・タトゥーの女(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本でも2009年のミステリー界に一大センセーションを巻き起こすなど全世界で話題騒然となったスティーグ・ラーソンの『ミレニアム』3部作を映画化した北欧発のミステリー巨編。本 ...
ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 (Akira's VOICE)
スウェーデン版です。