ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

2008年01月26日 | 映画(な行)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆)

第5回角川学園小説大賞を受賞した瀧本竜彦の同名小説を映像化した青春映画。

いつも一緒につるんでいた高校生の山本陽介(市原隼人)、渡辺(浅利陽介)、能登(三浦春馬)の3人。しかし、能登がバイクの事故で帰らぬ人となってしまった。若くして死んでしまった能登を格好良いと思いながら、人生の目的も見つからず無為な日々を送る陽介。そんなある日、陽介はチェーンソーを振り回す不死身の男と戦う雪崎絵理(関めぐみ)と出会う。それ以来、毎夜陽介はチェーンソー男と戦う絵理の応援をすることになる。やがて陽介は、彼女を守るためにチェーンソー男と戦って死ぬことが、能登を越える格好良い生き様であると思い始める。夜ごと行われる不可思議な戦い。非情な戦いも最終戦に突入しようとしていたその時、陽介の家の都合で転校することが決まってしまう…。



いささか突拍子もない青春物語。
物語には以下のルール(決まり事)が存在する。
・チェーンソー男は不死身である。
・チェーンソー男が現れる前兆として雪が降り始める。
・チェーンソー男に狙われた人間は、チェンソー男と対峙している間、超人的な身体能力が備わる。
・チェーンソー男は、深い哀しみを持った人間の前に現れる。
・チェーンソー男が現れる場所は、その人間の思い出の残った場所。
・チェーンソー男は戦う人間の哀しみの大きさによって、強くなったり弱くなったりする。

こんな設定の中で物語は進んでいく。



チェーンソー男と絵理の戦いは決してメインではないが、かなり違和感ない格好良いアクションを魅せてくれる。
基本的には好きな物語なのだが、ネックとなったのは主人公の陽介というキャラクター。
情けない、だらしない、格好悪い…ただそれだけならまだいいのだが、かなりウザい&気持ち悪いのである。
親友の能登が事故で死んだコトを哀しむわけでもなく、若くして死んだことを格好良いコトだと思っている。
気持ち悪い考え方。

そして一番不快だったのが、ズボンをズラして履くファッション。
ともやが学生の頃は、ボンタンを腰で履く…という美学があったが、そんな美学の欠片もないズボンの履き方。
それを観ているだけで、終始気分が悪くなってしまった。
こんな風に思うのは、ともやがおっさんになってしまったからかなぁ。
多分主人公がズボンをキチンと履いてれば、もっと高得点だったことは確か。

そしてすぐに『ごめんなさい』と謝り、なぁなぁでコトを済まそうとする主人公。
絵理からそれを最初に指摘されるが、チェーンソー男と戦っても、主人公は成長しない。
エンディングでも、その誤ればすべて済むという姿勢は変わらない。
そう。
何が煮え切らないかというと、主人公がまったく成長しないのである。
(ちょ~っとはしてるのかもしれないけどね)

能登を越えられない陽介。
バイクで疾走しながら能登の幻影と会話するシーンは、映画「AKIRA」の金田と鉄雄の回想シーンを彷彿とさせる。
金田を超えられない鉄雄。
能登を越えられない陽介。

能登が事故を起こしたカーブで、ブレーキをかけなかったコトが成長?
う~ん。

今まで中途半端にコトを投げ出し、何一つ形を成し遂げられなかった渡辺が、能登の残した歌詞を元に歌を完成させたコトの方が数百倍格好良いよ。
そんな渡辺の歌を馬鹿にする陽介。
とことんこの主人公は、気持ち悪いしウザ~い!

原作を読んでいないので、何とも言えないのだが、かなり不完全燃焼。
関めぐみのアクションが格好良かっただけに、本当にもったいない一本。



ちなみにチラシにある【出没注意】ってシールにすればいいのに…と思っていたら、映画館で普通に無料配布してました。
わ~い!

監督は北村拓司。

2008年1月19日公開
公式HP:ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ コンプリートエディション

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

このアイテムの詳細を見る


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ

NIKKATSU CORPORATION(NK)(D)

このアイテムの詳細を見る


ネガチェンコンピ ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ オフィシャル コンピ

UNIVERSAL J(P)(M)

このアイテムの詳細を見る


BE FREE/涙空(映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」主題歌)
GReeeeN
NAYUTAWAVE RECORDS

このアイテムの詳細を見る


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)
滝本 竜彦
角川書店

このアイテムの詳細を見る


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (1)
滝本 竜彦
角川書店

このアイテムの詳細を見る


ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (2)
佐伯 淳一,滝本 竜彦
角川グループパブリッシング

このアイテムの詳細を見る

コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ライラの冒険 黄金の羅針盤/... | トップ | カーボンヒーター購入 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(な行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

生きてる奴が一番エライ! (MESCALINE DRIVE)
先日、渋谷で映画を観た。 2008年、劇場における最初の映画観賞だ。ネーミングライツによって深い傷を負った渋谷C.C.Lemonホールの、比較的後方の座席での観賞。なかなかに盛況だった。 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」を観た。 友人がバイク事故で死んだ....
映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 (happy♪ happy♪♪)
平凡な高校生、山本陽介(市原隼人)の前に現れた 美少女・雪崎絵理(関めぐみ) 彼女が夜な夜な戦うのは、チェーンソーを振り回す不死身の大男。 何のために戦っているのか分からないが 「とにかく奴を倒さないと世界に希望は無い」らしい。 目的の無い青春の日々を埋め...
【2008-14】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ NEGATIVE HAPPY CHAIN SAW EDGE (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 誰でも一度は死にたがる・・・なんとなく
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(2007・日本) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
只今、公開中です。監督・・・北村拓司アクション監督・・・小池達朗原作・・・滝本竜彦出演・・・市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、野波麻帆、板尾創路、他。・物語序盤・山本陽介は、生きる目標も意味も判らず、無為に過ぎてゆくだけの時間に、焦りを感じている...
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 10代の死生観 (はらやんの映画徒然草)
10代。 あまり死というものにリアリティのある実感は持てない年頃。 平和を謳歌し
「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 監督:北村拓司 出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、野波麻帆、板尾創路、堀井茶渡、坂田直貴、佐藤佐吉、木口亜矢、村田綾子、田中萌、大久保綾乃 家族と離れ寮生活をする高校生・山本陽介は親友の能登がバ...
「ネガティブ・ハッピー・チェーンソー・エッジ」 (日々のつぶやき)
監督:北村拓司 出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬 誰でも一度は死にたがる・・・なんとなく。 「親友の能登が死んで以来、根性入れて能登に追いつきたいと思いながらもぼんやりと日々を過ごす洋介だったがある日出会った絵理が夜な夜なチェーンソーを