ともやの映画大好きっ!

鑑賞した映画の感想やサウンドトラックなどの紹介、懸賞や日々の戯れ言などをのほほんと綴っていこうと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アンストッパブル

2011年01月07日 | 映画(あ行)
(原題:UNSTOPPABLE)
【2010年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆)


化学物質を大量に積んだまま暴走した無人列車を停止させるために、ベテラン機関士と新米車掌の2人が奮闘するサスペンス・アクション。

ペンシルヴェニア州ブリュースターのミンゴ操車場。そこへ職務経験4ヶ月の新米車掌ウィル・コルソン(クリス・パイン)がやってくる。親のコネで優遇されているウィルは、会社から早期退職を宣告されている現場の機関士たちとギクシャクした雰囲気を生み出していく。ウィルは勤続28年のベテラン機関士フランク・バーンズ(デンゼル・ワシントン)とコンビを組み、旧式機関車1206号に乗り込み貨物運搬業務を開始する。一方その頃、ペンシルヴェニア州のフラー操車場。運転士による操作ミスで、極めて危険性の高い化学物質とディーゼル燃料を大量に積んだ最新鋭の貨物列車777号が、無人のまま走り出してしまう。しかも自動ブレーキが壊れていたために、39両編成の列車はどんどん加速していく。操車場の現場責任者コニー・フーバー(ロザリオ・ドーソン)から事態を知らされたフランクとウィルは、全長約800メートルの貨物列車777号を停止させるために行動を開始する…。



トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンのコンビで製作された最新作。
ちなみにこの2人、「クリムゾン・タイド」(1995年)、「マイ・ボディガード」(2004年)、「デジャヴ」(2006年)、「サブウェイ123 激突」(2009年)でもコンビを組んでおり、本作が5度目のタッグ作品。

物語自体は2001年5月15日に、オハイオ州で47両編成の列車が暴走した実際の事故を元に製作された映画とのこと。
この列車には紙や木材、有毒な液状フェノールなどが積まれており、約2時間、100kmに渡って暴走したらしい。

日本では考えられない事故が実際に起きてたんですね。



物語はもの凄くシンプル。
危険物を積んだ列車が暴走し、それを止めるという物語。
暴走した列車の先には大都市があり、そこには減速をしないと曲がりきれない大きなカーブが存在している。
しかもそのカーブの外側にはコンビナートが乱列。
わ~、大変だぁ~!

緊張感あるスコアとドキドキワクワクする展開は、初めて「スピード」を観た時の興奮を再体験しているかのようでした。

もちろん劇中ではいがみ合っていたフランクとウィルの間に絆が生まれ、それぞれが抱えていた問題も解決していきます。
めでたしめでたしなエンターティメント作品です。

ともやはお兄ちゃんのリドリー・スコットよりも、弟の映画の方が好みだな♪

監督・製作はトニー・スコット。

全米興行成績(2010年11月公開):初登場2位→3位→5位→4位→5位→10位→ランク外
全米興行収入:7734万ドル(2010/12/19現在)
日本興行成績(2011年1月公開):初登場2位→4位→6位→9位→ランク外

2011年1月7日公開
公式HP:アンストッパブル


Unstoppable(「アンストッパブル」輸入盤サントラ)

La-La Land Records

このアイテムの詳細を見る

コメント (22)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
« 1月6日(木)のつぶやき | トップ | 1月7日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうそう (KLY)
2011-01-08 01:52:41
日本では考えられないよね。
日本だったら100%あそこで列車から降りないもん。「規則だから」とか言って。(笑)
結末も解ってるし、設定自体も特に斬新て訳じゃないけど、手に汗握ってみいっちゃうんだよなぁ。ハラハラドキドキしながら衝突しっこない列車のすれ違いを待ってる自分がいました。^^;
アトラクション (ともや)
2011-01-08 02:00:43
こんばんは、KLYさん♪
日本でもちょっと前に地下鉄が暴走する映画がありましたけど、あれは嘘っぽさ100%でしたからね~。

日本の列車管制システムがどんななのかは分かりませんが、1時間に数十本と走る都心では、この設定の映画は無理そうですねww。

結末が分かった上で、安全が分かった上でドキドキを楽しむのは、遊園地のアトラクション感覚ですよね~♪
こんにちは (dai)
2011-01-08 10:02:00
遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

トニー・スコットらしいと言えばらしい作品でしたね。記憶には残りませんが、楽しさやドキドキ感はある作品でした。本当にトニー・スコットの方が万人受けする作品を作りますね。
今年もよろしくです (たいむ)
2011-01-08 15:47:37
今更ですが、あけおめです(^^)

大曲はドキドキでしたねー。
日本の某事故を思うと、それは無いだろう~って感じに回避してましたが、それ以前にあんなアブナイ場所にタンクが乱立って何?とか思ったり(笑)

久々に「スピード」に匹敵するドキドキ感を堪能ですw
こんばんは♪ (SOAR)
2011-01-08 21:01:31
ともやさん、今年もよろしくお願いします。

たたみかけるようなスリルとアクションはまさに『スピード』の世界でしたね。今年最初の1本として存分に楽しめました。

私もトニー作品のほうが相性いいみたいですよ~。
こんばんは♪ (yukarin)
2011-01-08 22:29:54
最後までハラハラドキドキでテンションあがりましたよ~。
確かに日本じゃ考えられないですよねぇ。
コワッ。
万人受け (ともや)
2011-01-09 03:48:22
こんばんは、daiさん♪
明けましておめでとうございまっす。
今年もよろしくお願いします~。

こういう娯楽に徹した監督も、希有な存在ですもんね~。
この分だと、またデンゼルと組んで面白い娯楽作を作ってくれそうですよね。
楽しみ楽しみ♪

事故 (ともや)
2011-01-09 04:12:49
こんばんは、たいむさん♪
あけおめでございます~♪

大曲とかコンビナートとかは、実際の事故では無かった要素だと思いますが、ああいう畳み掛けるような展開の持っていき方は上手いですよね。

>日本の某事故
そういえば、あの事故も大曲のカーブでしたね。
相性 (ともや)
2011-01-09 04:22:00
こんばんは、SOARさん♪
こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪

映画の相性(好み)ってありますよね。
この間「ロビンフッド」の時に、リドリー・スコット監督の作品をざっと調べてみたんですが、「グラディエーター」くらいしか観てなかったww。
トニー・スコット監督の作品は、結構観てるのに…(笑)。
アメリカって… (ともや)
2011-01-09 04:29:25
こんばんは、yukarinさん♪
こういう事故が実際に起こったっていうのが凄いですよね。
アメリカ恐るべし(笑)。
こういう事故をすぐに映画化しちゃうのも、別の意味で恐るべし…ですよねww。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! これがバッタバッタと車から何からぶっ飛ばし...
アンストッパブル (あーうぃ だにぇっと)
12月21日(火)@一ツ橋ホール。 空席がかなりある。 既に観てしまったようでマニア達の姿無し。(笑)
劇場鑑賞「アンストッパブル」 (日々“是”精進!)
「アンストッパブル」を鑑賞してきました2011年1作目!無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機...
アンストッパブル (佐藤秀の徒然幻視録)
後半はプロレス的ノリ 公式サイト。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー。2001年にアメリカのオハイオ州で起き ...
「アンストッパブル」 (みんなシネマいいのに!)
 大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した無人貨物列車が突然暴走! ベテラン機関
アンストッパブル (Memoirs_of_dai)
トニー・スコットのいい仕事
アンストッパブル (Memoirs_of_dai)
トニー・スコットのいい仕事
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
アンストッパブル (Akira's VOICE)
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!   
映画「アンストッパブル」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はラジオNIKKEIさんと東京建物さんだ。映画上映前に篠崎菜穂子さんの司会で前説と、宿泊券、ウォークマン、クオカード、プレスシートが当たる抽選会が行われた...
アンストッパブル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
2001年5月にオハイオ州で起きた事件をモデルにして、暴走した列車を止めることに命をかけた鉄道マンの執念と、彼らの家族の再生の物語を平行して描くことで娯楽作品の傑作が誕生した。
「アンストッパブル」みた。 (たいむのひとりごと)
今年の一本目はコレ[E:shine]事故というものは概ね人間が引き起こすもので、その内で大惨事に発展するのは人的な迂闊やミスが引き金となり、更に人間が作り管理している機器等の動作不良が幾つも重なりあい
『アンストッパブル』・・・今年の1本目!こいつはおもしろいゾ (SOARのパストラーレ♪)
制御不能に陥った乗り物を主人公たちが必死で止めようとするノンストップアクションの典型でありながら、壊れかけた父娘や夫婦の再生ドラマをしつこくならないぎりぎりのさじ加減で盛り込んでいるので、マンネリ感が全く感じられなかった。わずか100分足らずにして迫力の...
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって...
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
アンストッパブル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年1月7日公開の『アンストッパブル』一足お先に試写会に同行させていただいて鑑賞できました。アメリカのオハイオ州で2時間無人の列車が暴走した事件があったそうで、その実話を元に製作された作品だそうです。予告も結構ドキドキしちゃうけど、列車が暴走始めてから...
アンストッパブル (ハリウッド映画 LOVE)
JUGEMテーマ:映画館でみました!足踏ん張って見てました!
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トニー・スコット] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
アンストッパブル (voy's room)
  操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)...
アンストッパブル / Unstoppable (勝手に映画評)
2001年、オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故が下敷きになっている映画です。ですが、発生した場所がペンシルバニア州になるなどの変更が加えられていますので、冒頭のキャプションは「事実に基づいた」ではなく、「事実に着想を得た」となっています。 デン...
映画「アンストッパブル」 (FREE TIME)
映画「アンストッパブル」を鑑賞。
「アンストッパブル」愛する人たちを守るため暴走列車に立ち向かった勇敢な2人の機関士 (オールマイティにコメンテート)
1月7日公開の映画「アンストッパブル」を鑑賞した。 この映画は人為的ミスから暴走した貨物列車を止めようと 立ち上がった機関士2人が暴走する列車を止めるために 奮闘する姿 ...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走機関車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車...
★アンストッパブル(2010)★ (CinemaCollection)
UNSTOPPABL生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。この映画は、<事実>から生まれた。【解説】無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・...
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったンだもん 2回目の公休の今日(13日)...
映画「アンストッパブル」の感想です。 (MOVIE レビュー)
今年1本目の映画「アンストッパブル」を観ました。 ストーリーは実にシンプルで、運転士の軽はずみなミスから、走る破壊兵器と化した無人機関車を追いかけて停止させるというもの。これが、単純な話なのに面白かったです。この映画は2001年にアメリカ・ペンシルバニア州で...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
『アンストッパブル』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:UNSTOPPABLE監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン 、ケヴィン・ダン、ジェシー・シュラム公式サイトはこちら。もともと子ど...
【映画レビュー】アンストッパブル (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:トニー・スコット 製作:ジュリー・ヨーン、トニー・スコット、ミミ・ロジャース、エリック・マクレオド、アレックス・ヤング 製作総指揮:クリス・シアッファ、リック・ヨーン、ジェフ・クワティネッツ 脚本:マーク・ボンバッ...
アンストッパブル (Recommend Movies)
列車を止める使命を託された、二人の男の物語 予告編を観てテンションが上がったので勇んで劇場へ♪ デンゼル・ワシントンって運行司令部勤務じゃなかったっけー ペンシルベニア州にある操車場で最...
『アンストッパブル』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『クリムゾン・タイド』『マイ・ボディガード』『デジャヴ』『サブウェイ123 激突』と、これまで4度コンビを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが再びタッグを組んだ『アンストッパブル』。
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
映画『アンストッパブル』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...
アンストッパブル (mama)
UNSTOPPABLE 2011年:アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン、ケヴィン・コーリガン、クリス・パ ...