本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『叱らない教師、逃げる生徒』 喜入克

2010年03月20日 | 教育関連書籍

 

愛子さまの登校拒否の報道には驚きました。

公立の小中学校であれば、学級崩壊やいじめなどはどこの学校でもあり得ると思っておりましたが、まさか私立の名門校、しかも皇族がいらっしゃる学習院で起こるとは。

皇太子ご夫妻が、「国民のみなさまにご心配をおかけしており、私たちも心を痛めております。」 とおっしゃり、天皇皇后両陛下は、「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」 とまで。


普通、学校関係者はそういう問題は内部で解決するというか、隠したがるものですが、それが公表されたことも意外な気がします。もはや手に負えないほどひどいということなのでしょうか。今後どういう経緯をたどるのか気になります。

現場の先生方は大変でしょうね。学習院には抗議の電話やファックスも多数送られているそうですから。


さて、本書は学校現場の教員達の抱えている問題が非常にわかりやすく、実例を挙げて説明されています。学習院の教育方針はよくわかりませんが、一般的に 『自分らしさ・個性』 を尊重するということが、『今の自分のままでよい』 ということになってしまいました。結果として、社会に出る前に身につけておくべき、大人としての振る舞いは身に付かず、未熟で幼稚なままで成人してしまうということです。

学校へ行きたくなければ、行きたくなるまで待つということになるし、修学旅行も自由参加。むしろ行きたくないような学校が悪いことになってくるというわけです。

様々な実例を挙げて、現場の教師ではどうしても手に負えない事態を紹介します。なるほど我々が学校の実態を正確に把握する難しさも痛感します。教師にはさまざまな“縛り”があるのだと分かります。とても自分には務まりそうもない、やる気のある学校の先生ほど厳しい状況に悩まされそうです。

そして、こういう本をご紹介するたびに思うのですが、学校はすぐ身近にあるにもかかわらず、また子供の担任の先生とは気軽に話せるにしても、こと学校という組織やしくみ全体となると、得体の知れない部分があるなぁと。


今年に入っては、北教組の違法献金の問題もありました。まじめにやっている先生方にとって、あるいは教師を信頼したい親にとっても許しがたい犯罪です。何よりもそんな環境で学ばなければならない子供たちは…。


相変わらず、いじめによる自殺事件も後を絶ちませんし、ついにというか天皇陛下までコメントを出しておられるわけですから、学校というものが依然として期待に十分応える教育を実践できているとは、残念ながら考えられません。



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 
■■■ ブログランキング ■■■

がんばります!クリックよろしくお願いします。


↓            ↓

人気blogランキングへ  ブログ村 本ブログ  

 

Homeへ

叱らない教師、逃げる生徒―この先にニートが待っている
喜入 克
扶桑社

詳細を見る
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 『金閣寺』 三島由紀夫 | トップ | 『復讐する海ー捕鯨船エセッ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相互リンクのお願い (ray)
2010-03-21 00:25:13
読書一覧ブログを運営しているrayと申します。突然のメール失礼致します。

私は読書に関するブログを作り、本を読まれる方に役立つ情報をアップしています。

こちらのブログを拝見させて頂きましたが、読書について有益な情報がありそうなので、勝手ながらサイトをリンクさせて頂きました。こちらでご確認下さい。
http://taka1111.blog41.fc2.com/

googleページランク2で、僅かながらアクセスアップにお役立ちできるかと思います。

修正点等ありましたら、なんでも気軽に連絡頂けたらと思います。もしよろしければ、相互リンクしていただけ無いでしょうか。

【ブログ名】読書一覧ブログ
【ブログ運営者】taka
【アドレス】http://taka1111.blog41.fc2.com/

以上、よろしくお願いします。
Unknown (milesta)
2010-03-31 23:05:44
先日私のブログで紹介した、オマーンで日本式の教育をされている校長先生は、「校則は子供が我慢を学ぶためにある。」と仰っています。その先生は、自由にして良いというのは教える側が楽だからだというようなことも書かれていました。
個性を伸ばしながら我慢のできる人間に育てていくのは大変なことだと思いますが、楽だから・・・というのは辞めて欲しいなぁと思いました。
milestaさん (VIVA)
2010-04-02 18:26:16
なるほど、なるほど!いや~確かにそうです。

教師はとても楽ですね。

“自由”“個性”の教育という実体がそんなところにあったら…、少なくとも日本ではないと信じたいのですが…。示唆に富む指摘です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育関連書籍」カテゴリの最新記事

トラックバック

小さき命 (狸便乱亭ノート)
{/note/}{/pen/}長いこと心に想っていた歌集である。捜しても見つからずにいた。 以前エントリーしたことがあるかも知れないが、私にとっては単なる思い出の歌集であるばかりか、貴重な心の財産でもある。 他人にも見せたり、貸し出したこともあるので、あるいは紛失して...