本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『兵士に聞け』杉山隆男

2006年07月06日 | ノンフィクション
   
金正日を“北の暴れん坊将軍” などと軽口をたたき、『まさかミサイルは日本には打ち込まないだろう』 というのがのんきな国民の感覚かもしれません。が、政治家はもちろん、国防を担う自衛隊の諸君や幹部の緊張はいかばかりでしょう。

『万一に備える』 のが彼らの役目ですから…。さらに海上保安庁のほうも同様。韓国とのEEZ の問題が緊迫して来ました。一触即発は言いすぎでしょうか。

北朝鮮のほか、イラク戦争、さらに憲法改正などで、自衛隊がますます話題にのぼることが多くなりました。当塾 の生徒でも、わずかながら、防衛大学や防衛医大への進学希望が増えています。単に就職難が原因か、それとも注目度が増したのか。

災害救助にしろ、治安平和維持活動にしろ、旅行や趣味で出かけるのとは訳が違いますね。生命の危険を承知でさまざまな任務を遂行しているのですが、日本では憲法の問題もあり、尊敬されるどころか、むしろ逆の扱いを受けてしまうことまであります。何か事件が起きなければ、取材もされず、何をやっているのか一般国民は知るすべがありません。いったい当の彼らはどう思っているのでしょうか。

本書は自衛隊を取材したノンフィクション。600ページを超え、渾身の力作というような表現がぴったりの一冊で、取材の徹底振りが特色です。新潮学芸賞を受賞しました。決して自衛隊礼賛の本ではありません。

カンボジアPKOや奥尻島救援といった、大きな事件や救難活動の実態とその裏側を描き、自衛官らが偏見や法律上の規制に苦しんでいる姿を描きます。また、過酷な訓練を超人的な精神力で耐え、命がけの任務に赴く、勇敢な隊員がいる一方で、金のためだけに在籍し、戦場どころか事故現場にすら行けそうにない自衛官のことも赤裸々に告発しています。

本書を読んだら、“自衛官にはなりたくない” と思う人のほうが圧倒的に多いと思いますが、その “いやなことはみんなでやろう” という発想から、ドイツはいまだに徴兵制をしいています。韓国、北朝鮮はもちろんW杯に出ている国では、ブラジルやスイス、ポルトガル、スウェーデン、メキシコ、チュニジア、トーゴ、イランなども徴兵制です。

危険な隣人を抱えてしまった今の日本。徴兵制がないのですから、誰かがその大変で、尊敬もされない任務を負ってくれているわけです。基地問題も同様ですが、“誰か” に任せるとしたら、現場の厳しい現実をよく知ることは、少なくとも一般国民の礼儀かなと思うのです。


兵士に聞け

新潮社

詳 細


http://tokkun.net/jump.htm


『兵士に聞け』杉山隆男
新潮社:666P:860円


■ランキングに参加しております。記事にご賛同いただけましたらご協力お願いいたします■
にほんブログ村 本ブログへ おかげさまで、こちらは1位です。ありがとうございます。
 日本最大だそうで、ここは厳しいです。
ブログランキング 

読書小説書籍・雑誌ニュースbookサッカーおすすめサイト北朝鮮テポドン家族自衛隊旅行趣味
『本』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 『北朝鮮を知りすぎた医者』... | トップ | 『「ニート」って言うな!』 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (dokoiko)
2006-07-06 15:01:52
至極、まっとうな感覚の方がいることに

安心を覚えます。

なにかと自衛隊を非難するようなメディア

や左翼団体がいますが、彼らのような馬鹿

が一番守ってもらって発言しているんじゃ

ないかと思います。



自由な発言ができ、様々な思想や表現が許されて

いるのは、この国の自由と民主主義を他国の横暴

から守っている人がいるからで。

自衛隊の皆さんの活動には、本当に頭が下がります。
TBありがとうございます (風神RED)
2006-07-06 23:03:16
 どうもどうも。また、きます。
Unknown (usausapon)
2006-07-06 23:54:53
・・・TB、有難うございました☆

また、遊びに来まーす!!!
TBありがとう御座います。 ()
2006-07-07 00:36:33
やっぱり、自衛隊の方って大変なんですよね。。。

自分も昨日まで知らなかったんですが、今では皆に知って欲しいなぁとか思ってます(わがまま?





また来まーす。
TBありがとうございます。 (かーてぃ)
2006-07-07 02:17:36
自衛隊の方々の勇気には頭がさがります。
コメント感謝いたします。 (VIVA)
2006-07-07 12:20:08
本当にコメントありがとうございました。こちらに返事を書きますと、長くなってしまいますので、それぞれみなさまのブログにお邪魔して、お礼申し上げます。
面白そうな本ですね。 (milesta)
2006-07-07 14:48:07
先日、潜水艦の中を見学する機会がありました。予想以上に狭くて、有事でなくとも、あの中で訓練し生活する方々は大変だろうと感じました。そして日本の自衛官は、大変な割に国民から評価されずにお気の毒だなぁとも思いました。

記事を読んでこの本を読みたくなりました。拙ブログで紹介いたしましたのでTBしますね。

milestaさん (VIVA)
2006-07-07 17:08:29
コメントありがとうございます。亡国のイージスですね。話題になりましたし、評判も良いようで、そちらも良いでしょうが、残念ながら未読です。このコメントをごらんになっている方がおられましたら、milestaさんのブログをのぞいてみて下さい。

http://milesta.blog72.fc2.com/
TBやっと送れました。 (milesta)
2006-07-07 17:37:09
先ほどTBがうまくいかず失礼いたしました。今度はきちんと送れたみたいです。
TB有難うございます (tadurabe)
2006-07-09 23:35:18
ご推奨の本、早速読んでみたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノンフィクション」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

北朝鮮テポドンに見る糞のようなプライド (関西人のための東京日記)
親北朝鮮といわれて久しい韓国が北のミサイル 発射と示しを合わせて日本に対して領海侵犯を やりました。 偶然、たまたまというには、もともと異常なまでに 北朝鮮の顔色を伺ってきた韓国のこと。わざと 同じ日にやらかしたと考えるのが妥当と思わ ...