本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『現在の教育問題 (いじめ ・ 自殺 ・ 高校未履修問題 )』 

2006年11月11日 | コラム・備忘録
  

■この記事は、私が 当教室 のメルマガ今月号に寄稿したものです。拙文ですが、お読みいただければ幸いです■



 センター試験まで、あと70日ほど、こんな時期になって大変な問題が起こりました。

 いじめによる生徒の自殺もショッキングですが、世界史や家庭科などの履修漏れ問題が、全国の高校生を襲いました。悲惨にも、この問題が、二人の校長の自殺という事態にまで発展してしまいました。


間違いなく、日本の教育史に大きな汚点を残す事件です。


 根の深い、信じられない規模の不正です。“履修もれ”というといかにも、記入もれなどと同じで、過失、つまり単なる不注意に聞こえますが、実際は意図しておこなったわけですから、履修義務違反事件、犯罪ともいえます。

 自分は知らないまま、必修科目の未履修があるとわかった高校3年生の諸君には、気の毒としか言いようがありません。

 本来なら、このメルマガで特集でも組んで、丹念に継続的に情報を集めなければ、この全貌は把握できませんが、とりあえずここまでの感想を述べます。



 まず自殺をされた校長先生がいる一方で、いまだに未履修に対して知らん顔を決め込んでいる学校があります。生徒たちは自分自身が世界史や家庭科の授業を受けていないのを知っていますから、彼らに“一緒にだまっていよう”と言っているに等しいわけです。最低の教育です。

私が直接生徒に聞いただけで、5校もありますから、全国ではどれほどあることでしょう。


 こういう学校では、“君たち生徒のために”、と言いながら、実は校長の立場や自分の組織を心配しているだけ。

 推薦書類や内申書で、また教育委員会に虚偽の報告という犯罪を、生徒と一緒に隠すのです。これでは、正直者はバカを見て、“ウソをついた方がトク”という教育ですから、まじめに規則を守っていた高校はだまっていられないでしょう。


 ただ、それにしても未履修の学校が多すぎます。私がゆとり教育導入に反対した理由の一つは、公立の小中高校の学習内容を減らす一方で、逆に国立大学の受験科目を増やすという、明らかに矛盾だとわかる政策だったことです。


 そんなことをすれば、ますます学校と受験の実情が乖離し、高校の授業は、進学希望の生徒の興味を失うものになると指摘しました。その通りになりましたが、それを受けて、学校は正当な努力をするのではなく、虚偽の報告という不正手段に訴えたわけです。


 言い換えますと、現場を知らない文部科学省や教育委員会の指示など、高校側から完全に無視されていたということになります。文科省は、学校を“指導する”、校長を“教育する”などという前に、自らの体質やその政策を反省する必要があります。


 どっちもどっちというのがこの問題の本質。日本の教育界の一番の問題点は、責任が明確でないことです。学力低下問題や、ゆとり教育の問題にしても、誰も結果に責任を負いません。生徒が自殺した事件でも、“いじめ”を隠そうとする教育委員会や学校側の態度は許しがたいものでした。


 自殺の原因を“いじめではない”とすることで、校長や教育委員会の責任のがれになりますが、同時に、いじめをした生徒を罰したり、再教育したりすることもできなくなってしまうのです。もちろん教員も処分されません。

 子どもの命が絶たれているのです。それでよいはずがありません。


 今度の未履修の責任はどうなるでしょう。文科省は、補習は70時間や50時間でよいなどと言っていますが、自分たちの監督責任について、私の知る限りは言及していません。


 ウソの申告をした校長らは罰せられるのでしょうか。また、校長一人で時間割を組めるはずがありません。教頭、教務主任など、時間割にかかわった連中も知っていたはずです。

 しかし、おそらく補習さえすれば、それ以上の責任追求はないでしょう。卒業生に対する補習など、現実的ではありません。


 では誰が責任を取るのか、よく考えてみて下さい。大人たちの責任逃れのあげく、結局、今年の受験生に、“補習”という形で、すべての責任を押し付けてしまうことになりませんか。

 現役生が一番伸びる今、受験と関係のない授業を何十時間も聞かされるなど、たまったものではありません。そして、それをすべての免罪符にするなど、とんでもないことです。


 本来なら、補習ボイコットをしても良いくらいのひどい話です。ところが制度上、受験生は逆らえませんね。単位をもらわなければ大学受験資格がありませんから。

 福岡で自殺した中学生も、先生にひどくからかわれていましたが、絶対評価では、内申書が先生の印象で左右されてしまう以上、やはり逆らえない、この構図とだぶりませんか。


 最近、繰り返し報道された、文部科学大臣に対する自殺予告の手紙、以前にもあり、嫌がらせなら卑劣この上ない出来事ですが、そうした理不尽な制度に対する、子ども自身の心の叫び、あるいは反乱ではないかと感じています。“学校に行きたくない!”という意味の…。


 このように、今回の一件も、教育界の人々の無責任さが露呈されてしまいました。今の時点での解決策では、自殺も無くならないし、この無責任体質も温存されてしまうでしょう。こんな空気の中でまともな教育がなされているとは到底思えない、非常に残念な事件でした。

 まずは、文部科学省は解体的出直しを図る以外ないと思うのですが、いかがでしょうか。



■P.S.■ ここで終わると、身もふたもないので、長くなりますが、最後にひとつ、ちょっとだけ良い話を…

 毎年、東大・京大合わせて150人ほども合格者を出している、日本有数の進学校、灘高校。その灘の高3の英語教諭である、木村達哉先生と私は親しくさせていただいております。が、残念なことに、灘高でも家庭科などで、履修漏れが発覚しました。

 それが報道された直後、私は、木村先生が出版物の打ち合わせ中にもかかわらず、

“木村先生のフェアプレー精神を信じたい。すぐに、ブログで事実を公表して、お詫びのメッセージを出していただきたい”とメールをし、数回やりとりをさせていただきました。

 何と言っても、灘ですから、注目度が違います。週刊誌もテレビ局も遠慮なく、学校、生徒に寄ってきます。下手な対処をすれば、木村先生のブログが炎上するリスクもあります。

 やや逡巡されたかもしれませんが、木村先生は翌日すぐ、履修漏れの事実の公表と、自らの認識不足に関し、真摯なお詫びの記事をブログに出して下さいました。

 そうした先生もいるのだということもお伝えしておきましょう。


■■■ 以上です。







http://tokkun.net/jump.htm



このブログを読んでいただいている方はご存知だと思いますが、木村先生とはもちろん、キムタツ先生のことです。それにしても、こういう声が普通だと考えます。もちろん自分が世間一般を代表するなどと、大それたことは思っておりませんが、そういう意見が大きくならないこと、また“学校に勤め、先生と呼ばれる立場にある人々”が保身に走り、事件をごまかそうとする態度に、正直、苛立ちを覚えます。


長々と最後までお読みいただき、ありがとうございました。こういう声を大きくするために、できましたら、下のテキストバナーに賛同のクリックをいただけると大変ありがたいです。どうかよろしくお願いします

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

ジャンル:
学校
コメント (34)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春琴抄/谷崎潤一郎■ローマ人... | トップ | 『異邦人』 カミュ (窪田... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いろいろでてきた (yumamiti)
2006-11-11 16:11:22
いじめがこんな形になって表面化してきています。教育の場も競争と保身とで、フェアプレー精神を求めるるより、生き残るのに必死です。人に教えるのが師ならば、師は正しく導く定めがある。自分の罪と責任につぶされないで生きて更に指導して欲しかった。犯罪という解釈に、そこまでいいきってよいのかわかりませんが、ずるい事をしてみつかったらこうなるよということは正直だけが世の中じゃないけれどつじつまがあわなくなって、後々、困るのは知らなかったか知っていてもどうしようもない学生です。
yumamitiさん (VIVA)
2006-11-11 17:07:07
ねえさん、コメントありがとうございます。えっとですねぇ~例えばまずこの記事見て下さい。

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200611100298.html

東京私立中学高等学校協会の会長の発言で、一見正論ですが、規則破りをやっておきながら、それを“調整”と言い換えています。習ってもいない科目の調査書を出しておきながら、それはないだろうと。決まりを破った後に、きまりが悪いんだと言い換える。権力者だから使える口実です。

さらに、公立はすべて文部科学省管轄ですが、私学は都道府県です。石原慎太郎氏は官僚嫌いですから、その後押しを狙っているのでしょう。

つまり公立を犠牲にして、私立は逃げ切るぞ!という宣言、鼓舞のように見えます。こんなことが認められたら、ますます格差が広がります。

東京の私立はまだ一校しか出ていないとか。ひどいもんです。なんで内部告発すら出てこないのか不思議です。

次にこちらの記事、

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200611100487.html

文部科学省はやはり学校に責任転嫁していますね。こんな状況では、結論がいつまでたっても出ませんから、受験生はやっぱり落ち着いて勉強できませんね。

yahooでのアンケートでは、50時間という救済措置は甘過ぎるという意見が強いようですね。まじめにやっていた子のことを考えればそうなると思います。

フェアプレー精神 (yumamiti)
2006-11-11 18:15:04
都が私学を結果的に守っているという事ですか。
『都立高を見捨てないで!』と、都立出身なもので。

競争の中では、条件を同一にしないとフェアじゃないし、審判もあてに出来ない時には、いったいどうしたらよいのでしょう。
受験生は、大人の都合に振り回されずに落ち着いて欲しいです。  
休みだと言うのに (kazu4502)
2006-11-11 18:21:27
いつもお世話様です。
先ほどコメントありがとうございます、例によってあの記事を書けばまぁ朝からTBのアダルト連続攻撃ですよ(爆笑)、よほど、あの記事はいやなのでしょうね、面白くなってきました、さあ、いらっしゃいって感じです、ほんとうに卑屈なそして気弱な連中だと思いますね、正々堂々ととコメントすればいいのに、IPアドレスの読み込みが怖くてコメント出来ないんですよ、よく知ってますよね。
こんなことだけはしぶとい連中です。
今後ともよろしくお願いします。
yumamitiさん (VIVA)
2006-11-11 20:26:31
守っているというと語弊があるかもしれないですが、少なくとも、積極的に暴こうなどとはしないでしょうね。

都の教育委員会というのは、日の丸、君が代の時、公立高校に対し、かなり強行手段に訴えたんですよ。職員に監視させるようなことまで。すごいなぁ~と恐ろしくなるほどでした。

ところがこの問題は、都の監督責任まで問われるからでしょうか、厳しい調査というような情報が入りません。

キムタツ先生も、このままじゃあ、来年以降、私立と都立(県立)の学力格差が絶望的に広がると指摘しておられました。その通りだと思いますね。

がんばれ受験生!としか言えない。立ち上がれ私立教員!とも言えますか。
kazuさん (VIVA)
2006-11-11 20:35:17
こちらこそ、いつもありがとうございます。

それにしても、またですか。本当に…。もうkazuさんも余裕なんですね。kazuさんところや、博士の~さんのような人気ブログだと容赦ないんですね。

でもこれだけブログの影響力が強まっているんですし、政治家もたくさんHP持っているんですから、気の利いた政治家が、こういったいやがらせ、サイバーテロみたいなもの、政治の場でもっと取り上げても良いですよね。

やっている連中がわかっているのに…。
はじめまして! (はねる)
2006-11-12 12:47:04
キムタツ先生のブログを読んでてこちらにやってきました!
今年受験生である兵庫の公立高校の者です。

履修漏れのある高校は今から70時間補習をすると言っていますが本当にするのですか・・・?
私の学校は履修漏れはないのですが、先生が言うには『70時間補習すると言ってもきっと形だけだよ』と言います。

やはり私も『世界史の補習』と言いながらも実際は受験勉強の時間になるかと思います。
私たちは今まで家庭科や世界史をやってきたのにその分すごく損な気がします。。。

履修漏れのある学校とない学校では、ある学校が補習したとしても絶対ない学校との受験勉強の時間が格段に差が出ると思います。
履修漏れがバレても結局はそこの受験生にとったら有利じゃないですか?
真面目に受験科目でもない教科をやってきたのが馬鹿馬鹿しくなっちゃいます。

公立で下の方のレベルの学校に通っているので専門が多くて受験の雰囲気って感じが少ししかありません。
でもその上受験勉強の時間でさえ不利になったらとても困ります・・・;


だらだら長くなってすいません;
読んでいただけると嬉しいです。。。!
はねるさん (VIVA)
2006-11-12 17:35:40
はじめまして。とても丁寧な書き方でコメントをくれましたね。ありがとう。もちろんしっかり読ませてもらいましたよ。

確かに補習といっても、全部がまともにできるとは思えないし、休む生徒もいるでしょうね。しかしきちんと課題をこなしてきたはねるさんにとって、一番大切なのは、前向きにやること。

気持ちは痛いほどわかります。でも時間がない今、そういう連中には、ハンデも背負っていても絶対に勝ってやるというプライドを持って勉強に取り組んでください。

まだ、事態がどうなるかわかりませんから、はねるさんたち、まじめにやってきた受験生が、報道で動揺したりすれば、ますます不利になってしまいます。

連中に文句をいうのは、力不足ですが、私たちに任せてください。許せない!そういう気持ちを前進のエネルギーに変えましょう。

とにかく合格すること、そしてこのブログに合格の報告をしてください。楽しみに待っています。

Go for it!

お知らせ (VIVA)
2006-11-12 18:05:30
お読みいただいている方へ】

↑の、はねるさんが、お越しいただきましたが、キムタツ先生もブログで、ちょうどこの問題を取り上げています。私のことも触れていただいております。灘についての報道も間違いがあるようですね。ぜひお読み下さい。
  ↓   ↓
http://juken.alc.co.jp/kimutatsu/archives/2006/11/post_409.html

また、その中で、キムタツ先生が憤慨していらっしゃる、『敗軍の将、兵を語る』という、失礼な題の日経ビジネス。11月13日号で、灘の校長先生の記事があります。他にお二人の校長の談話とともに今回の件に関して、釈明、謝罪をしていらっしゃいます。

確かに、題名は不適切ですが、内容は今回の一件の経緯を知る上で、大変役立つと思います。ご一読をお勧めいたします。


コメントありがとうございました (PCU広報)
2006-11-12 20:11:05
VIVA様
この度は、私のブログにお越し頂きコメントまでお書き頂きありがとうございました。
現在の教育問題、行政側も根本的な問題は残したまま場当たり的な対応といった感じが致します。
今、和田 秀樹さんの『教育格差』を読んでいるのですが
今のゆとり教育は小学校・中学校でゆとりのある教育カリキュラムを組んでいるためにその反動はすべて高校にいっているようです。
今回の履修不足問題の根源はそこにあるかと思っています。
和田さんもキムタツ先生と同じく灘出身なのですが、灘では、この中学・高校のアンバランス感を是正するため中学時に高校の先取教育を行っているとも書いてありました。
受験の為だけではなく、そもそも構造上のアンバランスに気付いている学校の正しいやり方なのかと思います。
小・中ではゆとりがある一方、難関大学の難しさは変わっていない現実。
行政側はどのように考えているのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コラム・備忘録」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

トラックバック考 (遊馬道のメモ帳 )
トラックバックについての私なりの考えは、 トラックバック先から、アクセスをいただくことになる。 これに尽きます。 そこに、うちのブログの広告をただで出しているようなものです。 ですから、管理人同士が友好関係にあると気持ちが良いトラックバ ...
人間は一生“学び続ける”生き物・・・日々『新面目』のある人生を (八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ))
お陰様で充電も完了である。とは言っても、温泉に行ったとか海外でパートナーとバカンスを楽しんだということではない。ざっと更新を休んでいた間の動きを振り返ってみる。月曜の夜は早稲田で『思想・宗教系基礎演習』を受講。小島雅春教授の話に耳を傾けながら、 ...
「必修科目履修漏れ」について再び (次世代を担う子供たちの現在・そして未来)
 引用した記事は全く本題とは関係ないものだが・・・。  このブログでも履修不足問題について1度書いた。その後情報が出揃うまで少々様子見していたのだが、ようやく大枠が見えてきたようなので続編を書くことにする。 履修漏れ高校の一覧サイト ht...
いじめ問題 家庭教育に問題アリ? (ホワイトバードのブログ&日記)
社会ルール教えてない 65%
第324話≪「君も仲間を救おうよ!運動」⇒最近のいじめ問題から≫ (HageOyaji通信)
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お~ぃ~ゲンキか!  {/fuki_osusume/}時間がある時は、下記もクリックして見てください。  ≪他の教育・学校に関するプログも参考にしてください≫  みなさん、「いじめ問題」が話題にならない日はありませんね。悲しいことで ...