ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコの首の秘密

2016年06月26日 | 日記

          暴れまくっていた頃のちゃーちゃん。かみ玉を転がして一人サッカーに興じていました。

 

子ネコを運ぶとき、母ネコは、子ネコの首をくわえます。

このとき、くわえられた瞬間、子ネコはピクリとも動かなくなります。

一種の条件反射で、くわえられた刺激で運動をストップする反射です。

これは子ネコをくわえて巣を移動中に、子ネコが暴れたら、命の危険すらありますので、

理にかなった行動ですね。

この反射は、大人になっても残っていて、オスが交尾のときメスの首をくわえるのも

メスの動きを止めるためといわれています。

ネコ科動物に共通した行動パターンのようです。

ライオンも巣の移動を結構やりますが、その時も子ライオンの首筋をくわえて運んでいます。

ちゃーちゃんも子ネコで暴れまくっている頃、温和しくするために首筋をつかんでぶる下げたりしました。

でも、ほんの一瞬温和しくなりますが、離すと、すぐに暴れろ!スイッチが入って元の木阿弥ですね。

子ネコはあばれまくっている方がかわいいですが・・・

 

コメント