ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコのシャンプー

2016年06月15日 | 日記

 

    先代のチョロのシャンプーが終わったあと毛が全て皮膚にくっついてしまっている。

 

ネコの先祖に近いと思われているリビアヤマネコは乾燥地帯の出身である。

従って、常に乾燥したところで暮らすように体が適応していった。

毛の構造もよくネコ毛といわれるように、毛が柔らかく細く、水に濡れるとぺったりと皮膚にくっついてしまう。

イヌの毛は二重構造になっいて、水に濡れても肌にまで水が付かない仕組みになっている。

雨が多く、寒い時期がある温帯から寒帯に生息していたイヌの先祖に近いオオカミは寒さにも強く、

水にも強い毛並みなのだ。

ネコの先祖は毛が濡れることのない乾燥地帯にいたため、毛が水に抵抗する仕組みがないのだ。

だから、ネコをシャンプーなんかしてやると、毛が体に張り付いてしまうため、

えらく体が小さくなってしまうように見える。

ネコの先祖が住んでいた砂漠地帯は昼暑く、夜は極端に冷える。

もしからだが濡れたままだと、体が冷え切って死んでしまうこともある。

こんな毛の性質と、環境への適応で、体が濡れるのを極端にいやがるのだ。

もっともネコ科の仲間は、世界中の至る所に進出し、それぞれの環境に適応しているので、水が大好きなネコ科動物もいる。 

ところが、うちのちゃーちゃんは濡れるのも平気ですね。

変わったネコです。水たまりも平気で歩いて行ってしまうし、雨で濡れても知らん顔。

ちょっと変わったネコです。シャンプーは嫌いで、抵抗がすごいです。

コメント