ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコのイヌ化

2019年07月16日 | 日記
以前、イヌのネコ化の話を書きました。

イヌが役に立つ動物から一気に愛玩動物になり、その結果、部屋で飼いやすいネコの

ような小形のイヌが増えてきているという話です。

今度は逆にネコがイヌ化しているという話です。

先祖がヤマネコで、その単独生活者の性格を引き継いできたネコは、

人に飼われた初めの頃は、人につかず、離れずのうまい関係を維持していました。

雑食性の人間の食べ物では、タンパク質が足りないため、

ネコは人の住みかに居着いたネズミを狩って、不足する栄養分を補っていました。

この関係は両者に都合の良い、利益をもたらす関係だったわけです。

ツンデレの性格はこのときの性格が基になっています。

でも、最近のネコのエサはタンパク質が豊富で、完全栄養食になり、

ネズミなど取らなくて済むようになって来ました。

そして、イヌのように芸などしてエサをもらうようになったのです。

ちゃーちゃんも、お座り、お手をやります。


喜んでやると言うより、仕方なくやっている感じです。お腹が空いていなければ

やりません。そのへんはやはりイヌとは違いますね。

ネコのイヌ化現象は、出掛けるときに見送りに来たり、

帰ってくると玄関にお迎えに来るなど、

飼い主にベタベタするようになって来たのです。

ネットには、飼い主が会社でのミスなどで、落ち込んで、元気がないとき、

そばに来て、顔をのぞき、励ますように手を舐めてくれたり・・・

ツンデレというより、イヌのように飼い主に、

ピタリと寄り添うようになって来ています。

ネコのイヌ化で、ねこの人気度はますます上がってきています。
コメント

対等に扱ってくれるネコ

2019年07月15日 | 日記
 吾輩は主人である。召使いよ!なまけるでないぞ!

ネコって、ほんと人間くさいところがありますね。

犬は飼い主たち(家族)に順位を付けて接します。

つまり、一家の主人がトップの順位で、絶対服従しますが、

それ以下の人間達を自分より上か下かで判断し、接し方も変えるようです。

でも、ネコは飼い主たちに順位を付けることはしません。

対等に付き合いますが、ネコは、トイレ掃除係、食事係、遊び相手・・・など

いろいろなネコから見た自分の世話係としてみているのではないかと思います。

よくいわれますが、人間はネコから見たら、狩りの下手な運動神経の劣る

「鈍くさい大きなネコ」と思っています。

わたしは、トイレ係とエサ係と遊んでやる係と・・・こき使われています。

鈍くさい大きなネコは、ネコにとって便利な召使いなのです。

順位付けはしなくて、対等なはずなのですが、

よく考えると単なるネコの召使いですね。まったく!どこが平等じゃい!





コメント

クロタン生きていました!!

2019年07月10日 | 日記
2日と明けずに餌をもらいに来ていたクロタン。

2週間も来ないと言うことは・・・もしかして死んでしまったか?事故にあったか?

確かめようもなく、「今日も来なかった」と、毎日悶悶としていました。

ところが、一昨日の朝、ドアに黒い影が映ったので、おや?!と開けたら、

「ニャー」と鳴いて、クロタンがいました。うれしかったですね!

おおっ!生きていたのか!どこに行っていたの?と話しかけ、久しぶりにエサをやったら、

頭を膝にこすりつけてきて、可愛い声で鳴くではないですか!

あわててかみさんを呼びに行きました。

なんと、からだがきれいになっていて、どこかでシャンプーをしてもらったらしい。

ツメも切ってありました。

ほんとよかったです。その日はうれしくて心がはずみました。


 2週間ぶりに現れたクロタン! とてもきれいになっていました。

コメント

増上寺の七夕祭り

2019年07月07日 | 日記


東京、芝の増上寺で七夕祭りがあり、撮影に行ってきました。すいてきた8時過ぎに撮った写真です。


あたりが明るい6時頃は、和紙で出来たキャンドルを並べ中です。このキャンドル3000個あるとか書いてありました。


暗くなるまで、境内を散策中にたくさんの水子地蔵が並んでいるところがありました。撮影していたら、急に風が吹いてきて、風車が一斉に回り出した瞬間です。


和紙のカンテラに火が点され、暗くなって、きれいにかがやき、川の流れのようになっています。


本堂と東京タワーを入れて撮りましたが、この場所は、ものすごい混み合って、満員電車並で、みんなスマホを持って手を上げているので、撮りにくかったです。

しぶとく並んで待っていて、8時過ぎにやっと最前列に行く事が出来撮れました。

しかし、外国人も多く、背の高い図体の大きい外国人がスマホを持って手を上げていると撮れないですね。インスタ映えねらいなのでしょう、女性も一杯いてみんなスマホを持って手を上げていて、それもまた壮観でしたよ。

しかし、東京のお寺でこんな事をしているなんて知らなかったです。
冥土への良い土産話ができました。笑
コメント

クロタンが消えた!

2019年07月05日 | 日記

この1週間、クロタンが顔を出さない。

何かあったのだろうか?いろいろ考えてみたが・・・

1.どこか別のところで餌をもらい、そちらの方が美味しいので、来なくなった?

2.かみさんが、もう1匹、クロタンと別の黒猫をみたという。その猫との縄張り争い
 に負けて来なくなった。

3.具合が悪くなって、動けなくなった。

4.ネコ保護活動家など、他の人に保護されて、飼いネコになった。

5.ネコ虐待男(もしかしたら、いるかもしれません)に捕まった。

6.自由を求めて放浪の旅にでた。

来ないと、いろいろなことを考えてしまいます。

元気で無事だといいのですが、毎日つい,

いつもきていた場所を見てしまい、来ていないな〜とがっかりしています。

この前のネズミは、お別れの贈り物だったのかしら?

いなくなる前に道で、ばったり出会ったのですが、

いつもは慌てて逃げてしまうのですが、なんとこのときは「ニャーニャー」と声をかけてきたんです。

いつもと違う行動に驚きましたが、これももしかしたらお別れを言っていたのではないかと・・・

とにかく無事でいてくれたらいいのですが。



コメント

ネコの年寄り

2019年07月02日 | 日記
 1歳くらいのときのちゃーちゃん。

 最近のちゃーちゃん(15歳)


年寄りネコの特徴として、人間と比較してみると・・・

1,被毛の艶がなくなる : ちゃーちゃんも毛艶が悪くなりました。まだ15歳ですけど。
   毛づくろいが余り好きでなく、太っているので、背中や下半身を余りやりません。
 私の場合は被毛が上の方がなくなってきました。いわゆるハゲですね。

2.歯が抜ける : ちゃーちゃんは歯は全部ありますね。歯に関しては、まだ年寄りでは
 ないです。私の歯はかなりいじっていますが、まだ自分の歯もだいぶ残っています。

3.動きがゆっくりになる : 確かに、動きはゆっくりで、じゃれなくなります。
 私も膝を痛めたり、腰を悪くしたりで、動きはゆっくりになりました。

4.寝ている時間が多い : たしかに寝ている時間が長くなりました。でも寝るのが仕事
 みたいなネコですから、歳と関係なくよく寝ます。私は、逆に寝る時間が少なくなりま
 した。夜中起きることも多くなりましたが・・

5.目が見えにくくなる : これはよくわかりませんが、よく見えているようです。 
 私は、乱視に、近視に、老眼にもなって、左右で視力が違うガチャ目です。

6,耳が聞こえにくくなる : ちゃーちゃんは耳はまだ良いですね。私はきこえがどんど
 ん悪くなっています。

てな事で、老化は、ネコにも人間にも忍び寄ってきます。でも、歳を取って、認知症になるのが一番怖いですけど・・・ネコにも認知症があるそうです。
  

  
コメント

野良ネコのお中元

2019年06月30日 | 日記


野良ネコは、日々のえさの確保など、厳しい生活を強いられています。

うちに来る「クロタン」も最初の頃は毎日定期的に来ました。

そのうち、2〜3日おきに来るようになりました。

どこかもう一〜二箇所餌をもらえる所があるに違いません。

この前は4日ぐらい顔を見せないので、とうとうどこかに移動したのかな?

と思いましたが、また現れました。幾分痩せたような気がします。

そして、なんと、クロタンは

「いつもお世話になります。詰まらないものですが・・・」と

ネズミの死体を持ってきたのです。「うへえ〜〜!」

思わず叫んでしまったのですが、ご飯を食べてお帰りになった後、

ネズミの死体をつまんで、庭に穴を掘って埋めました。

きっと、いつもご飯をもらっているお礼だったのでしょうね。

いまの時期ですから「野良ネコからのお中元」だったのでしょう。

けっこう義理堅いネコのようです?!


コメント (2)

猫語の解釈

2019年06月26日 | 日記
 鳴き声の意味ちゃんとわかってよ!

ネコは、人間と暮らすようになり、良く鳴くようになりました。

それは賢いネコたちは、人間とうまくやって行くためには、

人間とコミュニケーションが必要と感じて、鳴き出したのです。

ネコ同志の会話はボディランゲージを主です。

鳴くのは、怒ったときの「シャー!」、恋のセレナーデ、迷子の子猫探し

などの限られたときです。

人間とうまくやって行くために、ご飯などの要求の鳴き声、甘えるときの鳴き声、

挨拶の鳴き声・・・・などネコは必要に応じて鳴くようになったのです。

しかし、その鳴き声の意味を解釈するには、人間も努力しないとダメですね。

けっこうバリエーションがあり、鳴き声の意味を誤って解釈すると、

ネコは呆れて、コミュニケーションを取りたがらなくなります。

これは私自身がずいぶん経験しています。

 鳴き声の意味を分かってくれない鈍い人きらい!
コメント

おさむ君亡くなる。

2019年06月25日 | 日記
ひたちなか海浜鉄道の「那珂湊」駅にいた駅ネコのおさむ君が亡くなった。



以前、鉄道好き仲間といったひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅にいた黒猫です。

わたしが行ったときは、お出かけ中で、駅にはいませんでした。

この駅にはもう1匹「ミニさむ」がいました。

メスネコで、おさむ君の彼女だったらしいです。

おさむ君は、ネコ駅長ではなく、ただの「駅ネコ」でした。

17歳ぐらいでしたから、大往生ですね。

駅ネコおさむ君さようなら・・・
コメント

ユリを堪能してきました。

2019年06月22日 | 日記
写真好き仲間の写真展があり、準備やら受付担当やらで時間をかなり取られました。

それもやっと終わり、ブログを書く時間が取れるようになりました。

6月21日に、写真仲間と、所沢ユリ園に行って来ました。

西武線の西武球場の隣にある、ユリばかりの花園です。

あれだけユリが咲くときれいですね。

園内の案内図

いろいろな色のユリが所狭しと咲いています。

おなじ色のユリが区画に割り振られて植えてあるところもあります。

きれいなピンク色のユリもありました。

赤いユリもきれいです。

オレンジのユリもありました。

昼食の休憩をしていたら、急に雨が降り出しました。

そして、雨が降った後、ゆりの花の色が俄然きれいになりました。

昼食を食べて帰ろうということでしたが、またもう一度園内に出掛けて

結局、園内を2周しました。なんと歩数計は1万歩を超えていました。

ここでは毎年、ゆりの花の写真のコンテストがあります。

グランプリはなんと30万円の賞金です。金賞が10万円、銀賞が5万円、

銅賞が1万円です。

そのほかの賞もあり、みんなグランプリねらいで撮影にも熱が入りました。

一応応募してみますが、さて何賞をいただけるか??

あまり期待はしていませんが・・・・

コメント