ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

寝るのが仕事・・・?

2021年09月25日 | 日記
私の布団を占領しているちゃーちゃん


ネコはほんとうによく寝ます。
名前の由来も「寝る子」が詰まって「寝子」になったほどです。
一日14〜20時間寝ます。寝るのが趣味というより、寝るのが仕事なんです。

ナマケモノも寝てばかりいますが、それでも一日20時間です。ネコはナマケモノと余り変わらないですね。睡眠時間が短いので有名なのは、キリンで、一日0.5時間です。つまりキリンは一日30分ほどしか寝ないのです。これはちょっと短すぎる気がしますが・・・

ちゃーちゃんもよく寝ます。最近は、写真のように私が布団を敷いておくと、いつの間にどこからともなく現れ、ど真ん中に寝ています。
仕方なく、毛をすくブラシでしばらく毛を梳いてやります。そして、背筋をモミもみして・・・まったくネコは自分勝手で、自己主張が強く・・・でも、かわいいいんですよね。

私は、会社時代に仕事で出張して、ビジネスホテルに泊まり、狭いベットから落ちてしまい、打ち身捻挫でひどいことになり、それ以来ベッドは苦手で、いまでも布団で寝ています。年取ったネコや私にとっては、ベットよりも布団の方が便利なようです。

また今晩も先にふとんを占領しているんでしょうね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まいにち養老先生、ときどき・・・・

2021年09月18日 | 日記
 ネットにでていた写真、養老先生と、奥にいるのが「まる」


「まいにち養老先生、ときどき・・・・」
NHKの番組でこのようなタイトルではじまりました。

最初の番組予告では、「まいにち養老先生、ときどきまる」という飼いネコ「まる」とを絡めた展開になるはずでした。

ところが、番組が始まる寸前に、「まる」が亡くなってしまったのです。
養老先生のショックはいかほどかと思いますが、番組を楽しみにしていた、私もすごいショックを受けました。

それでも最近「まいにち養老先生、ときどき・・・・」とまるが消えたタイトルで始まりました。

「まる」が生きている頃の映像も入れて・・・なにか涙が出てきそう。
番組は、養老先生の子どもの頃の話などのいろいろな話が織り交ぜられていて、とても楽しい番組でした。

でも「まる」は19歳で亡くなったといいますから、人間の歳でいえば90歳くらいだそうです。でも、まるは性格のおっとりした良いネコでしたね。もっとながく生きていて欲しかったです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコあんま

2021年09月10日 | 日記

 そっと、つよく揉んでねと、こんな格好で待っています。


「ネコまんま」というのは聞いたことがあると思いますが、昔の人はふつうの炊いたご飯に味噌汁をかけ、かつをぶしをパラパラかけて、ネコにあげていました。これがいわゆる「ネコまんま」と言われてました。

昨今のネコは贅沢になり、グルメのネコ用缶詰やら、豪華高齢ネコ用カリポリなど至れり尽くせりですね。おやつまで揃っています。

今日の話は、「ネコまんま」ではなくて。「ネコあんま」です。
ネコのマッサージと言った方がわかりやすいですね。
もともとネコは、からだをなでてもらったり、クシで抜け毛を取ってもらったりしてもらうのが大好き。そして、マッサージ(ネコあんま)も好きなのです。

ネコマッサージといっても、でたらめにやってもネコは喜びません。
じつは、私もちゃーちゃんが一緒に寝たがるとき(変な意味ではありません)マッサージをやってやります。ちゃーちゃんもこれをやってもらうのを期待して寝床に来ます。

これが気持ち良いらしくて、もう私が寝床に入る頃合いを見計らって、布団の上で待っています。”遅かったわね、何してたのよ”という感じで、待っています。

仕方なく、猫背の背筋の両脇をマッサージしてやります。これが、効くらしいのです。「ううるるる!」というような、声を出し、「そこきく!もっと強く」などといっているみたいです。

我が娘と思って一緒に暮らしているので、多少の我が儘も我慢して聞いてやりますが、こう毎晩求められると・・・老体にムチ打って頑張りますが、ツボを外さないように、力を入れすぎないように、やさしく、時に強くもんでやるのは結構疲れます。

そろそろ、今晩も「まだ〜?」といって、ふとんで待っているみたいです。
ヤレヤレ、「ふ、フェ〜〜」


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

フクロウより大きい目

2021年09月09日 | 日記


ある本にネコとフクロウについて書いてありました。それによると、フクロウとネコの目の瞳孔の大きさを測ってみると、ネコは14mmに対して、フクロウは13.3mmで、なんとネコの方が0.7mm大きいのです。

そして、ネコもフクロウも夜行性で、獲物を見つけると、獲物に対して顔を平行に保とうとします。これは両眼視といって、両眼に入ってくる獲物の像の角度で距離を推測しているのです。ですから、獲物への距離を正確に計るため、両眼を精確に獲物に対して平行になるように顔を動かします。

フクロウもネコも獲物を見つけると、盛んに顔を動かしているのはそのためです。ネコジャラシをネコの前で振ると、すごい速さで顔を動かしますが、これも両眼視で動く獲物の距離を精確に測ろうとしているからなのです。

しかし、ネコの瞳孔があの大目玉のフクロウより大きいというのは意外でした。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコの目

2021年09月06日 | 日記


ネコの目はすごい能力を持っています。
それは暗闇でもよく見えるという超高感度のすぐれた眼です。

むかし、テレビでイヌとネコの暗視能力の比較実験をやっていました。
簡単な迷路の奥に猫とイヌを入れて、真暗闇にして、上から超高感度のカメラで出口までどのように出るかを記録したものです。

ネコは、迷路を間違うことなく、あっという間に出てきますが、イヌはまるで見えていないようで、迷路をウロウロなかなか出口に到達しません。

鼻の臭覚では敵わないネコも、暗視能力では圧倒的にイヌより上でした。
イヌは匂いで獲物を探すけど、ネコは視力で獲物を探します。しかも獲物も暗視能力のある夜行性のネズミですから、この能力が磨かれたのです。

暗やみでネコの目を電灯などで照らすと眼が光ります。これは眼の奥にあるタペータムと呼ばれる眼の構造のせいで、ここで、わずかな光を捉え反射して増感する、高感度のカメラみたいな役割を果たしているのです。

ネコは、人間には想像も出来ない、やはりとんでもない不思議な能力を持っているのです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコの毛色と臭覚の関係

2021年08月30日 | 日記
 なによ!なにかもんくあるの?

最近読んだ本に、毛色の濃いネコと毛色の薄いネコの臭覚を比べると、毛色の濃いネコの方が臭覚が優れていると書いてありました。そうすると、白いネコは黒いネコより臭覚は劣ると言うことですね。
実例として、自分の飼っているネコを例にしていたが、本当かな?

いずれにしても、ネコは動物の中ではイヌほどではないですが、臭覚は優れているそうです。でもネコは、好きな匂いである、食べ物、オス・メスの匂いには敏感ですが、それ以外は利己主義者なので、興味は無いみたいです。

前にも書きましたが、麻薬犬はいても、麻薬ネコはいないのは、ネコは飼い主にほめられたいという意識がほとんどないためと言うことです。

最近、テレビで、空港で、違法食物の持ち込みを摘発するイヌをやっていました。違法な食物を持ち込もうとする、主に中国の旅行者の荷物をかぎ分けて、係員に知らせるという役です。

すごいですね、摘発率100%。どんなうまく隠しても見つけ出していました。ネコはこんなコトできないですね。だいいち検査員の言うことなど聞かないでしょうし、分かってもいちいち知らせないでしょう。そんなことでほめられてネコはもちっともうれしくないでしょうから。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコのトイレのしつけ

2021年08月28日 | 日記


ネコを飼うのに一番楽なのは、トイレのしつけです。
ネコトイレを置いた場所に一度連れて行けば、すぐ憶えて、ほかでやることは絶対と言っていいほど、ありません。そして、ウンチも砂を掛けて、匂わないようにします。

ちゃーちゃんのトイレは、1階の風呂場の前の洗面所の横に置いてあります。
ところが、ごく最近ですが、1階の部分を改築する事になり、ネコトイレを2階に移動しました。

そして、1階は長い間、工事にはいり、行けないように階段にバリケードを造ったのですが、まったく心配は要りませんでした。

2階のある場所にネコトイレを移動して、ちゃーちゃんにトイレはここだからねと1回教えたら、もうきちんとそこにして、1階に行こうとはしませんでした。

改築が終わり、ネコトイレをもとの1階の風呂場と洗面所のところにまた移動したら、やはり1回ここにトイレ移したからねと、新しい場所を教えたら、また1階できちんとトイレをして、そそうはしないです。
ほんと、ネコのトイレのしつけは、簡単で、完璧です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコは女性が好き

2021年08月19日 | 日記

 寝ているちゃーちゃん。ネコは体が柔らかいんですね。


一般的に、テレビなど見ていても、ネコは人の男性よりも女性が好きのようです。

ネコが日常的に聴く音の範囲は、2000~6000Hzの音と言われています。これはちょうど、ネコの子どもの声と同じ周波数なのです。

人間の女性の声も周波数が高く、ネコのとって聞きごごちのよい音です。ですから音から言っても、ネコにとって女性の声の方が好きなのです。

ネコ好きの男の人が、怖い顔をしているのにかかわらず、ネコに対しては甲高いあかちゃん声で話しかけたりするのも、本能的にネコの聴き心地のよい音を出して、ネコに気に入られようとしているのではないでしょうか?

わたしも、ちゃーちゃんを呼ぶときには、気に入られようとして?無理に高い声を出しているような気がします。笑 
「ちゃーちゃん!かわいいね!おいで!」なんて子どものような声で呼んでいたりします。あまりよその人には見られたくない姿ですね。

女性の声と同時に、ネコの扱い方、抱き方などが女性の方が、ネコにとっては心地よいところがあるのです。ごつい手で力任せに抱く、おじさんにはあまり抱かれたくないのです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコのオスは純情派

2021年08月11日 | 日記


イヌ・ネコのブリーダーによると、イヌの交配は割と簡単ですが、それに比べて、ネコの交配は難しいそうです。

ネコの場合、交尾の相手を選ぶのはメスです。
メスが気に入らなければ交尾は成り立ちません。
ぎゃくにメスが相性のよいオスに出会えれば、好んで交尾を重ねるのです。

ネコのオスは、とてもナイーブで、メスが余程気立てがよくて、オスに気を遣うか、または熟女でオスの扱いに慣れたメスでないと、おすは交尾しないのです。
まあ、なんと手の掛かる交配です。

メスは時期が来てホルモンが分泌されれば発情しますが、一方、オスはメスが好きにならなければ発情しないのです。ネコのオスは、私と同じで、相手の女性を好きにならなければ発情・・・これは余計な一言でした。

え〜っと、何の話でしたっけ。とにかくネコのオスは意外と純情なのです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコは匂いで身内を見分ける

2021年08月05日 | 日記



ネコはイヌに比べると臭覚は劣ります。劣ると言っても、イヌがすごすぎるので、イヌと比べるのはあまり意味はありませんね。

ネコは身内の匂いに敏感です。はぐれてしまって、長い時間が経った兄弟でも出会って匂いを嗅げば兄弟と分かるそうです。

この身内に敏感な鼻は、交尾の時に役に立ちます。つまり近親結婚を避けるためにこの匂いが重要になるわけです。

自由に野良ネコ生活をしている猫でも、メスは、オスの匂いに敏感で、しばらく離れていて、大きくなった息子などとは匂いで見分けて、決して交尾しないそうです。

なにかネコは鼻が小さく、あまりにおいに敏感そうには見えませんが、やはり種族繁栄のための大事な選択には、匂いが重要な役目をしているのです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする