ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコにあげてはいけないもの

2021年07月26日 | 日記


ネコを飼っている方には常識かもしれませんが、ネコに与えてはいけない食べ物があります。

ネギの仲間タマネギ、葉ネギ、ニンニク、ニラなどに含まれている成分はネコの赤血球を壊してしまい、貧血を起こすことで知られています。肉の混ざった餃子の中味などは肉の匂いにつられて食べてしまうことがありますが、ニラやニンニクが大量に入っていますので、ネコにとっては、ほとんど毒と言っていいかもしれません。

チョコレートの成分にもネコにとって良くないものが入っています。また有名なのがアワビですね。聞いたことのある人が多いと思いますが、アワビの内臓の成分に、日光に当たるとネコにとって毒になるものが含まれています。

このためアワビの肝を食べたネコは、毛の薄い耳の血管にこの成分がゆき、日光に当たって有毒化し、炎症を起こして、耳が腐ることがあります。「ネコにアワビを食わすと耳が落ちる」という言い伝え的伝説には、科学的にも根拠があるそうです。

いまは、完全栄養食のカリポリであれば、普通のネコはこれで十分です。うちのちゃーちゃんも、15年間同じメーカーのカリポリを飽きずに食べています。歳を取ってきたときに、高齢ネコ用のものに替えましたが、この前の病気の時以外、まったく健康に過ごしてきました。

現在は、健康が戻ってきて、またもとのエサに戻していますが、今のところ問題は無いみたいです。かわいいネコたちの食事は何より大事ですよね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコはなぜチャオチュールが好きか?

2021年07月19日 | 日記


チャオチュールのCMを見ていると、すべてのネコがチャオチュールが大好きのように感じられます。

チャオチュールの売れ筋のランキングは、
 1位:まぐろ 
 2位:とりのささみ 
 3位:カツオ
 4位:ソーダガツオ 
このあともず〜っと魚が続きます。さすが、魚食民族日本ならではのランキングですね。

マグロが1位というのは、チャオチュールを買うのが猫ではなく人間だからです。日本人にとって、マグロは魚の中でも高級品でおいしいというイメージがありますので、マグロを選ぶ人が多いのだそうです。

これが外国ならば、1位:牛肉 2位:豚肉・・・・とその国の人の食生活とも関係してくるのではないかと思います。魚は全く売れなかったりするでしょうね。

ネコは、味蕾が少ない動物と以前書きましたが、ネコが食物を選ぶのには、匂いが重要なのです。匂いで食べられるか、おいしそうかを決めているわけです。
ですからチャーチュールも匂いの元のフレバーを重要視しているそうです。

でもチャオチュールはあくまでもおやつとしてあげてくださいと言っています。完全栄養食のネコのカリポリやネコ缶を主食としてあげてくださいとも言っています。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコの社会化期

2021年07月16日 | 日記
 社会化期が終わり頃のちゃーちゃん

ネコは、赤ちゃんから子ネコに育ってい行く、生後3〜9週目の期間をネコの社会化期といい、ねこの一生を左右する大切な時期です。

この時期にネコがネコとして生きてゆくための作法、ルールを親や兄弟から教わって、身につけます。

現在の動物愛護法では、ペットショップのネコは、8週を過ぎたものしか売ることは出来ません。愛護法がないときは、できるだけ小さい子ネコの方が可愛いので、8週前の猫を売っている店が多かったのです。

この社会化期の時に人間とよく触れ合っていれば、人によくなれる猫になりますが、この時期に、野良ネコとして、人から隔離された生活を送ると、人になかなか慣れない猫になってしまいます。

野良ネコの研究家が、野良ネコがたくさんいるある島で何年もの間、野良ネコの調査をしていて、野良ネコの母子と仲良くなっても、社会化期の過ぎた子ネコは絶対と言っていいほどその人には馴れなかったという話です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコはグルメ?

2021年07月09日 | 日記


ネコは匂いによってどんな食べ物かを判断するので、舌による味はあまり関係が無いのです。

というか、ネコの舌の味を感じる味蕾の数は、人間の10分の1以下だそうです。食べ物が腐っているかなど判断するための苦味や酸味には敏感ですが、甘味などはほとんど感じないそうです。

ネコはグルメで食べ物の好き嫌いが激しいということを言う人がいますが、まったく見当違いで、味覚で判断しているわけではなく、匂いや親猫からの教えなどによって、食べ物の好き嫌いが生じていると思われています。

うちのちゃーちゃんは、15年間、同じカリポリを毎日美味しそうに食べています。というか、よく嚙まずにいつものように丸呑みしています。それで一切問題はありませんから、このまま続けます。

イナバさんにはわるいけど、ちゃーちゃんは、チャオチュールには全く見向きもしません。グルメではないから?しかたないですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シャムネコはいつ頃から日本に

2021年07月06日 | 日記


京都大学の先生でネコの渡来などを絵画などで研究している方によると、
平安時代、鎌倉時代には、真っ白なネコやオレンジ色の入ったネコは絵画に登場しないそうです。

また、三毛猫や、ニホンネコの特徴のしっぽの短いボブテイルは江戸時代に入ってから絵画に出てくるそうです。

シャムネコは、明治以降で、欧米との交易が盛んになって日本に入ってきたそうです。

でも、最近ホームセンターなどで、シャムネコを見ることが少なくなりましたね。なにか寂しい気がします。はやりすたりが、ペット業界でも早くなっているように感じます。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

完全復活

2021年07月04日 | 日記


その後、ますます元気が戻ってきて、いまは、ほぼ発病前の状態に戻りました。

ただし、発病したときは、心配でちょっと可愛がりすぎてしまい、

すっかり甘えん坊になってしまいました。

夜は、わたしの側で寝たがり、なでてやりながら一緒に眠りにつきます。

まあ、後何年一緒に過ごせるか分かりませんので、

できるだけ彼女が満足できるように対応しています。

以前より、寝ている時間がすごく増えたように感じます。

でも、ネコは寝るのが仕事なので、お仕事が忙しいんだくらいに考えています。

食欲もあり、良いウンチもして、体調はすっかり元に戻ったようです。

痩せてきていたのが、少しもとに戻ったかなという感じです。

いろいろご心配をおかけしましたが、もう大丈夫です。

ちゃーちゃんともども、どうもありがとうございました。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする