ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

ネコは人を何と思っているのか?

2020年10月30日 | 日記
 我が家の主人、ちゃーちゃん。飼い主を見下した態度を平気でとります。


イヌは、飼い主を群れのリーダーと思って、よく言うことを聞きます。
そして、飼い主に忠誠を尽くし、うやまいます。
忠犬ハチ公のように、毎夕、駅にまで主人を迎えに来たりします。

ネコは、母ネコのように、自分をよく世話を焼いてくれる飼い主に愛着を持ちます。そして、そのうち、飼い主を操縦しようとします。イヌのように主人をうやまうどころか、見下して、下僕のように言うことを聞かせようとします。

その横暴な態度は、飼い主を母親と見なし、母親なら、すべてを与えてくれる存在と見なし、飼い主を、永遠に甘えることのできる存在と思っているのです。子猫時代が終わっても、マザコン根性は一生抜けません。

しかし、ネコの飼い主は、それがまた、たまらなく可愛いと、ネコに対して甘やかし続けるのです。そして、どちらが主人か分からなくなるような関係になってしまいます。ちゃーちゃんは、私よりもえらい存在になってしまったのです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

麻薬捜査ネコ

2020年10月26日 | 日記
 麻薬捜査にはむかないネコ、そんなことやりたくないわよ!


麻薬捜査犬というのが空港にいます。ものすごく優れたイヌの嗅覚で、どんなところに隠しても麻薬の匂いを嗅ぎ付け、探し出します。

この前テレビで見たのは、食品の匂いを嗅ぎトランクの前に座って、係員に教えるイヌがいました。食品類は、持ち込みが禁止されているのに、中国からの人に違法に持ち込む人が多いのですね。

イヌの嗅覚細胞は鼻に10億個もあるそうです。ネコは2億、人間は4000万です。ネコも結構嗅覚細胞が多く、鼻がききますが、麻薬捜査ネコにはなれません。

それは、鼻の性能だけではなく、捜査には、人との関係が大事だからです。イヌは人に忠実で、ほめてもらおうと、麻薬や食品の匂いを懸命に探し、見つけると係員に知らせます。そして、よくやったとほめてもらいます。イヌはこれが最高にうれしいことなんです。

しかし、ネコは、人にほめられるために行動することはありませんと、いいきっていいでしょう。ものすごく自己中心的な考えをもつ動物なので、人を喜ばしてやろう、ほめてもらおう、などと100%考えないのです。ですから、麻薬捜査ネコも食品チェックネコもあり得ない話なのです。

せっかくの能力を持ちながら・・・でもネコはそれでいいのです。人のそばで寝ているだけで、人を癒やしてくれますからね。そうですよね。みなさん。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコに好かれる人

2020年10月23日 | 日記
 好かれる人か嫌われる人か厳しい目で判断するちゃーちゃん

ネコに好かれる人は、つぎのような特徴があります。
1.優しく落ち着いた小さめの声で話しかける人。
2.  ネコが、かまって欲しいときに、かまってやる人。
3.ネコがいやがることは決してしない人。
4.  いろいろトイレや食事の世話をしてくれる人。
5.おやつもときどきくれる人。
だいたいこんなところでしょうか。ネコによって、なでてくれるのを喜ぶネコと、なでられるのを嫌うネコもいます。ですから、なでればいいというわけではなさそうです。

ネコに嫌われる人は、だいたい上の項目の反対のことをする人です。
1.ネコは大きい音など耳に響く音を嫌います。このため、大きい声の人は嫌
  われます。
2.ネコがほっといてというときに、無理矢理かまおうとする人。
3.ネコのいやがることばかり、面白がってする人。
4.ネコトイレを汚したままほおって置いたり、ご飯も定期的にきちんとやらな
  い人。
5.おやつどころか、遊んでもくれない人。

私は、一応、ちゃーちゃんに好かれています。(おめでとう!)
だいたい、好かれる人の特徴を持っています。でも、好かれすぎて困ることもありますね。トイレまで付いてきて。一緒にはいりたがったりします。ちゃーちゃんは、変態かい??

せっかくネコと一緒に住むなら、好かれて暮らしたいですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコ育て、イヌ育て

2020年10月22日 | 日記

 よい飼い主に飼われて、しあわせなちゃーちゃん。


テレビで、「ネコ育て、イヌ育て」8月頃放送したものですが、録画してあったのを昨日見ました。
ものすごい人嫌いの保護ネコを、保護ネコを人にならす専門家の女性が手を尽くして人にならして行く過程が面白かったです。
野良で育ちすぎて、人に慣れるチャンスがなかったネコですが、いろいろ手を尽くして、最後は人に懐いて行く記録は感動的です。

檻の中の巣に隠れて出てこないネコの前で、よくなれている先住ネコと檻の前でネコジャラシで、毎日遊んでいるところを見せます。
次第に興味を示して・・・・最後は譲渡会に出られるまでになり、無事飼い主が見つかって、その家で普通のネコになって行く過程がまた感動的です。
この番組、けっこう面白いですね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飛翔!

2020年10月13日 | 日記
 空は飛べないちゃーちゃん。

飛翔!といっても、猫ではなく昆虫です。
私は、最近、昆虫の飛翔写真に凝っています。うまく撮れたときの満足感はすごいです。昆虫の飛翔写真と言えば、先駆者の世界的カメラマン栗林慧先生ですが、先生は、カメラがまだフィルムの時代に、カメラからストロボまで、全部自分で改造して、当時、あり得ない写真を次々撮っていたんです。

私が編集者になった当時に写真を借りに行ったりして、ものすごい人が出てきたなと感動したことを思い出します。

最近、超望遠で連写のきく、カメラを購入して、蝶の飛ぶところを撮りました。カメラのおかげと、下手な鉄砲うちは数打ちゃ当たる方式で、無駄がたくさん出ますが、まぐれでうまく撮れることがあります。

ゆっくり飛んでくれる蝶が一番撮りやすいです。

彼岸花に来たアゲハチョウ

モンシロチョウ

クロアゲハ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコと女性

2020年10月10日 | 日記

 目の青いちゃーちゃん。(光線の加減で白っぽく写ってしまいました)


ネコと女性はよく似ています。

ネコの毛色は、カラフルで、美しく、黒、白、茶、赤、ブルー、クリーム、シルバー、縞、ブチ、スポット・・・・と、単色ではなく、その色の組み合わせも入れて、数限りなくあります。

また、毛質にも、短毛、長毛、縮れ毛、剛毛と、毛色と毛質の組み合わせも入れるとすごい数になります。

人間の女性も、同様に、着るものを取っ替え引っ替えで、あらゆる色、繊維の組み合わせがあります。薄汚れた男のように紺、黒、茶ぐらいの背広の限られたバリエーションではありません。

また、ネコの目にも色々あり、美しいコバルトブルーからたくさんの目の色があり、まるで、それは女性を引き立てる、イヤーリング・指輪・首飾り・帽子のようにそのネコの美を引き立てます。

性格もネコは人間の女性に似ています(と私は思いますが・・・)。
女性とネコは、ちょっと気まぐれで、好き嫌いが激しく、猫なで声で男(飼い主)を惑わすこともあり、手練手管で場合によっては男(飼い主)を破滅させることもあります?

ネコのきまぐれ、自分勝手、自己中に翻弄されている私(男)は人間のメスのかみさんにも手を焼いています。ときどき、ネコに生まれればよかったなどと考えます。笑

でも、ネコは見ていてあきないし、かわいいし、心安らかにしてくれるし、ネコをなでていると、気持ちもおだやかになって来ます。人間の女性もそうですね。でも、かみさんはなでてやると噛みつきます!例外かもしれませんが?笑









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

面白映像

2020年10月08日 | 日記
ネットを見ていたら、ユーチューブでおもしろいネコの映像集がありました。
10分ぐらいありますが、325万回以上見られているので、人気のある映像集です。

最近は、テレビでもネコだらけですね。録画して、ネコの出るところだけ選んで見ていますが・・・
ネコばっか見て、イヌも見てやれば・・・と、ちゃーちゃんは言っています。

下のURLがユーチューブの面白ネコ画像です。
https://www.youtube.com/watch?v=BpKGR33xhgY&feature=emb_rel_end
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネコを亡くして起こった不思議な出来事

2020年10月05日 | 日記
 先代チョロは骨壺に入っています。新米のちゃーちゃんがチョロに挨拶して
 いるところです。

ネットで、ネコが亡くなった後、いろいろ、不思議な出来事があった。
とたくさんの人の経験談が載っていました。

・死んでいなくなったのに、足元ですりすりする感じがした・・・
・ふとんで夜寝ていると、いつもの足元にネコの重みを感じた・・・
・亡くなって数日後、首に付けていた鈴の音が聞こえた。
・亡くなったネコによく似た猫を保護したが、その子が亡くなったネコと同じ
 事をする。
など、ちょっとぞっとするような話も載っていました。

うちも、チョロが亡くなって、数ヶ月後、たまたまホームセンターに行ったら、ふだん置いていないシャムネコがいました。それがチョロそっくりで、衝動買いしてしまい、衝動飼いになってしまいました。

不思議なのは、そのホームセンターはシャムネコはいままで置いたことがないし、その後も何度も行きますが、その時以外、シャムネコは置いていないのです。

偶然でしょうが、なんで、チョロが死んだときだけ、シャムネコを置いたのでしょうね。ちゃーちゃんは、しきりに私たちの気を惹いていたように思います。

ネコって、不思議なところがありますね。ほんとそう思います。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする