ニャンコだいすき!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
シャムネコ大好きの「わがはいはネコである記」

イヌとネコは同じ先祖

2019年09月12日 | 日記


イヌもネコも「ミアキス」という先祖から別れていった食肉性の動物です。

ですから、イヌとネコは同じ先祖から別れていったのです。

イヌは草原に、ネコは森林に住むところ変えて進化して行きました。

イヌは走るのが得意で、疲れを知らないマラソンランナーです。

草原のシカなどを、群れで相手が疲れてへたり込むまで追いかけて、

捕まえていました。群れ社会で生活していたため上下関係が生まれ、

リーダーをトップにする階級社会だったのです。

ネコは森林で単独で暮らすようになり、木登りのために爪が鋭くなりました。

しかも、森林は暗く、主に夜に活動するネズミを捕まえるため、

目が発達して、暗闇でも見える目になったのです。

同じ先祖ですが、単独と群れという生活の仕方がまるで違うので、

イヌとネコは性格もまるで違う動物になったのです。

イヌ好きの人、ネコ好きの人は、それぞれの性格に共感するところがあって

好きになるわけで、やはりイヌ好きの人は、主従関係のはっきりしているところ

に惹かれ、ネコ好きの人は、気ままな不干渉主義に惹かれます。

どちらが良い、悪いと言うことでなく、好き嫌いのちがいでしょう。

私は、ネコのわがままで、言うことを聞かず、自分勝手なところに惹かれます。

ネコとお付き合いするのは大変ですが、そのぶんうまくゆくとべたべたになり

それもまた楽しいことです。

たとえネコの奴隷に身を落としても、おつきあいはやめられないです。
コメント

ネコは本当は砂浴びが好き!

2019年09月08日 | 日記
   わずかに積もっている乾いた砂で砂浴びををするちゃーちゃん。たたくと砂ぼこ
 りが立つほど、よごれて帰って来ます。


ネコの先祖はリビアヤマネコで、砂漠地帯に住んでいました。

したがって、雨があまり降らず、体の汚れはほとんどなめて落としますが、

たまにはお風呂に入りたいと思っているのです。(きっと・・・?)

そのため、お湯のお風呂の代わりに、彼らは砂浴びをします。

まるでスズメみたいですが、乾いたきれいな砂があれば、砂浴びします。

ネコは公園の砂場がすきなのも砂浴びとトイレが出来るからです。

でも砂が湿っていたりすると砂浴びはしません。砂漠地帯のようにさらさらで、

乾ききっている、きれいな砂でなくてはその気になれないのです。

ネコの砂浴び用の砂と、砂風呂を作ったら売れるのではないでしょうか??

そんな商品はないですね。 やはり、売れないのかもしれません。

砂浴びされると困るのは飼い主ですからね。
コメント

猫のきもちがわかる?

2019年09月07日 | 日記

 なんとなく、冷たい目つきで、この奴隷どうやってしつけようかと考えている見たいです


ネコは、自分の気持ちがすぐ分かるように、つねに飼い主を訓練しています。

こういう鳴き方をしたら、ごはんがないので、早く用意すること。

こういう鳴き方としぐさをしたら、トイレが汚れているので、すぐそうじをすること!

まあ、いろいろな種類の声と動作があり、じぶんの要求を知らせてきます。

私はちょっとボーッとしたところがあるので、ねこの気持ちを読み違えたりします。

そのときは、「このバカ、使いようがないわ!」なんて怒って、どこかに行ってしまいます。

まったく、飼われているくせに、ネコは飼い主より威張っているのです。

私なんか、奴隷同然の身分です。



コメント

伊豆山神社で死んでいる猫発見!

2019年09月03日 | 日記
先日、囲碁合宿で熱海に行きました。
そのとき時間があったので、伊豆山神社をお参りしてきました。

バス亭から、長い階段を登って行きます。

本殿。

本殿に行く前の広場に、猫が死んでいました。
そばに行って、触ってみてもピクリともしません。
ぐりぐり動かしても反応がありません。
死んでいるのかい?・・・
一瞬そう思いましたが、体は温かく、よくみると呼吸もしていました。
どうも死んだようにぐったりして昼寝しているようです。よかった!

意外なところで意外な猫との出会いがありますね。
地面の方が冷たくて気持ちが良いのでしょうね。肉付きが良いので、神社の人が保護している猫なのでしょう。



本殿の彫刻がすごく迫力がありました。
相当腕の良い彫り師が作ったものなのでしょうね。


神社の池には錦鯉がたくさん泳いでいました。1匹いくらなのかわかりませんが高価そうな鯉ですね。

心結びというおみくじを結んで置くところがありました。

かえりに、猫はどうしたかな?と見に行ったら、まだ寝ていました。

ちょっと体の位置が変わって、相変わらず死んだように寝ていました。

よくみると、お腹が大きいですね。乳も張ってきているみたいで、赤ちゃんが近

いうちに生まれそうです。元気でいてね!
コメント

猫はなぜ人を平気で踏んづけてゆくのか?

2019年09月03日 | 日記


ちゃーちゃんも近道するため、寝ている人の上を平気で踏んづけてゆきます。

ある人の説では、 「猫はもともと省エネルギータイプの動物で、

いざというときの、狩りをするためエネルギーを

できるだけ無駄遣いしないようにしている。

そのため、人が寝ていても、遠回りをしてエネルギーを無駄遣いするよりも

その上を横断して行く方がベターと考え、そうしている。」ということです。

本当かよ?!とおもいますが、猫の権威ある先生の言うことですので、

いいかげんな説ではないと思いますが・・・

飼いネコは狩りをしないでも生きて行けます。

ですからエネルギーを無駄遣いするなど気にしなくてもいいのに、

頑固に守っていると言うことなのですね。 そうなんだ!?


コメント

レッサーパンダがかわいい!!

2019年08月23日 | 日記
ちょっと用事があり、千葉県の市川の方に出掛け、

市川の動植物園に寄ってみました。

動物の種類は少なく、こぢんまりした動物園でしたが、動物たちはのびのびしていた。

レッサーパンダ。 「あぢい!! なんとかしてくれ〜」と叫んでいるようです。

木に3頭登っていましたが、ここには計5頭のレッサーパンダがいました。

ミーアキャット。この者達は、いつも立ち上がって、遠くを見ていますね。

器用に二本足で立ちます。敵を少しでも早く、見つけるために立ち上がります。

カワウソが3頭いました。せわしなく動きまわっていて、落ち着かない奴です。

これは、ハクビシン。私が行く農園の近くにも住んでいて、今年は、小玉スイカを3つほど食べられました。なかまのスイートコーンも相当被害がでました。

植物園のバラ園にいた、のらちゃん。なかなか鋭い目つきですね。めすのようです。

最後は、自宅にいる小獣です。早くトイレ掃除しろとか、飯をくれとか、人使いの荒いけものです。


コメント

羊毛フェルト猫

2019年08月19日 | 日記
ネットで見たのですが、羊毛フェルト猫がすごいですね。

羊毛フェルト猫作家のヒナリさんが作った猫です。


どうみてもほんものですね。


下のURLをクリックすると、その記事に飛びます。

写真がたくさんあるので、ぜひご覧下さい。

この羊毛フェルト猫の造り方の本もでています。

「うちのコにしたい!羊毛フェルト猫のつくり方」という本です。

しかし、難しそうですね。

ちゃーちゃんのフェルト猫を作ってみたいですが・・無理だろうな?!


コメント

旅猫リポート

2019年08月12日 | 日記
先日、「旅猫リポート」の映画がテレビで放映されていました。

まだ見ていなかったので、見ました。

内容は・・・む〜〜〜ん! 猫は可愛かったですね。

でも、話の筋があまりにも泣かせようとしているのが露骨で、ちょっとがっかりでした。

人によって感じ方が違うと思いますが、主人公(猫ではなく)の両親が亡くなったり、

最後は主人公まで病気になり、死んでしまったり・・・。

なにかやたら次々死んでしまうので、ついてゆけなかった。

ちゃーちゃんは、相変わらず、家に中の自然の涼しさを求めてうろうろしてます。

気に入ったところは、玄関のたたきのタイル。



コメント

エアコンに集まる猫たち

2019年08月05日 | 日記
ネットで面白い画像を見つけました。


猫は毛皮を着ているため(脱げないのですよ)この暑さにはうろたえていますね。

ちゃーちゃんも玄関のたたきのタイルの方が冷たくて気持ちが良いのか、

どこにいったのか?さがすと、玄関のたたきのタイルの上で寝ています。

この暑さ、いつまで続くのやら・・・




コメント

東十条・王子と鉄ちゃん写真

2019年08月01日 | 日記
7月30日、写真を撮影する仲間たちと鉄道写真を撮りに行きました。

いわゆる「鉄ちゃん」になって、鉄道写真をねらってみました。

最初は、”東十条のカーブ”で、東十条駅近くに大きなカーブがあり、

機関車やいろいろな電車が通ります。

大きなカーブなので長く連結した電車など全体が撮りやすいのです。


機関車も良く見ると、かっこういいですね。
スペーシア

東十条から王子駅に移動して、飛鳥山公園に行きました。この公園からも電車が撮れ

ると言うことですが、金網が多くて撮りにくく、あまり撮りませんでした。

公園には蒸気機関車が保存されていたのでそれを撮りました。


車体ナンバーの最初に「D51・・・」とありますが、いわゆるデゴイチです。
都電の王子駅がそばにありました。

ここは路面電車の都電がまだ元気に道路を突っ走っているのです。

このあと「北とぴあ」という高層ビルの展望台から新幹線などを撮りました。

東北新幹線 先頭車両の先がかっこういいですね。
北陸、上越新幹線

普段はあまり電車など撮らないのですが、鉄ちゃんの仲間と撮影に行くときは、

けっこう夢中になって電車や機関車を撮ってしまいます。

私は、鉄道写真は最近撮り始めた、にわか鉄ちゃんなので、うまく撮れているのか、

もっとこう撮った方が良いとかいうのがよく分からず、ただ撮っているだけです。

やはり、昆虫や花の方が面白いですね。

でも鉄ちゃんに言わせると、虫なんて、なんで撮るの?どこが面白いの?となります。

人それぞれですね。
コメント