シンポジウムでのcentSDR

2018-02-05 19:14:36 | その他
スマホの電池が危なかったので残念ながら画像は無しで(笑

予想はしてましたがブースに来る人のほとんどかcentSDRに興味を示されてました。
あのコンパクトさでスペアナとWF画像、周波数は勿論のこと、受信レベルその他も表示されるんでインパクトはかなりな物と思います。
ただ部品を自身の手で付けなくてはならないので、当方の未組み立ての部品を見て躊躇される方がほとんどでした。
目の悪い方とかチップ部品が初めての方には、少し無理かなと言う感じです。
表面実装部品だけでも予め実装されてると組み立ても容易いし、たぶん購入希望者も多くなりそうな気配でした。
しかし部品は取付できてもプログラムの書き込みと言う次のハードルがあり、ある程度勉強しとかないとワケワカメになります。
なおプログラムも発展途上で、ハードもペーター版なので今後の性能向上に期待大です。
この前までSDRは凄いと言う感じでしたが、今や手のひらサイズでの登場とは・・・
ハムの集まりと言う事でPUPさんが持ってこられたパワー計
これも評判が良くて、完成品を展示してあるので動作状態も判りますし、早々に基板は完売となりました。
当方が持って行ったBCL-LOOP13の部品セットとかBPF基板は、何も説明文も掲げてないし何これ?って感じの割には売れてました。

夏の関ハムにはまた何か持って行く予定です。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« RSP2による初受信 | トップ | BCL-LOOP13rev2.0 部品セット »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
展示とコメントありがとうございます (TT@北海道)
2018-02-08 04:06:01
展示ありがとうございました。資料をご用意いただいたり、いろいろ質疑にも対応していただいたとのことで御礼申し上げます。
まだ頒布台数が少ない中、PUPさんVNQさんの3台が揃ったとのことで、キットと完成品を見くらべられる貴重な機会になりました。
キットが難しい方がいるのはそのとおりですね。今後の対応で考えたいと思います。
凄かったです。 (店長)
2018-02-08 22:36:51
TT@北海道さん
ブースに来られた方の100%が興味を示されてました。
あのサイズであの表示の物って市販では存在しませんし、かなりインパクトが大きかったようです。
今後の機能アップに期待しています。
私もぼちぼち作っていきます。
大変です。 (gimoty1)
2018-11-18 10:41:34
私も未だ未完の域を出られず、苦労しています。
私は高齢者なので、液晶の拡大鏡とかルーペを使い悪戦苦闘しております。
チップ部品の取り付けも未だ二度目でしかもCRは前回より一回り小さい1602タイプですし、コーデックの取り付けには三度ほど取り付け直しをしたりしてパターンは切ってしまうし、泥沼にハマっています。
今の所HF迄は何とか受信できるように成りましたが、FMはカスリもしません。
LCDの表示はスペクトルが左右対称に表示され、何をどうして良いものやら
トホホです。

Unknown (店長)
2018-11-18 12:39:56
ご高齢での挑戦は凄いです
この基板に採用のチップ品類は、現役世代向けだと思います。
高齢になると、目はまだメガネとか拡大鏡で矯正はできますが、手のとか指先の震えとかも有り厳しい物がりますね。
私はまだ目だけですが、いずれはチップ品での製作は出来なくなると思います。
centSDRでお困りの時は、原作者のTT@北海道様で問い合わせてみてはいがでしょうか?
何とか完成しました (gimoty1)
2018-11-22 10:10:20
はい、ご指摘のとおりです
液晶拡大鏡を通してみるのは立体視では無く、遠近感が無いので、今は少しは慣れました。
チップ部品のハンダも付けたり外したりで部品を壊したりパターンを切ったりで二次三次の不良原因を作って、途中で放り投げたく成りましたが何とか完成しました。
結果は感度もよく良く入感します。
ただし144MhzのFMはAMの同調をずらしたスロープ検波のような状況で受信しています。
返信いただきまして有難うございました。
Unknown (店長)
2018-11-22 12:44:37
gimoty1さん
完成おめでとうございます。
私の方はSMDのICを付けただけでストップしています。
他と並行してやってるんでなかなか完成までにたどり着けない状態です。
おじさん工房のSDR-TRX基板もまだ箱に入ったままで・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事