Radioberry2b3基板

2018-11-14 15:01:27 | その他

画像は旅の途中さんより拝借
最新版の基板になります
4層?基板
前の基板パターンカット+C追加も訂正されてます
試作基板なんで動くかどうかは未定とか
とりあえず1枚を希望いたしました
今は目の調子も良いので組めると思います
目の悪い時は何しても見えなかったんで・・・
今の電子工作物ってほんとお年寄り泣かせが多い(笑
みなさん目は大事にしてください
一生物なんで・・・
コメント

基板が到着

2018-11-11 17:10:35 | その他

TLPMLA基板は真ん中から簡単に追って分離できます。
後は折口をやすりでかければOK
AMP基板の上に15ミリのスペーサーで浮かせば丁度良い感じです。
各ブロックは単独での実績もあり、合体させてももんだいは無いでしょう。
AMP部のFETは基板の裏に付きます(SOT23タイプのチップ品)
CRも1608のチップにしてますが、パッドを広く取ってるので半田付けしやすいと思います。
チップ品使いだすともうリード付きには戻れない(わ


1608の抵抗を乗せてみました。
半田コテによる手付けを考慮したパッドの基板


同じく1608の抵抗を乗せた、リフローでの取付を前提にした基板


これだけ違います
リフロー用パッドの基板でも手付けは出来ますが、結構な確率で取付不良等があるようです。
取り付けた後はルーペによる入念なチェックがかかせません。
コメント (2)

FPGAのピンプランナー

2018-11-11 10:15:29 | オーディオ、音楽

朝からこいつでちまちまと遊んでます。
プルアップの設定を追加中。
どうしてこの手のアプリに日本語バージョンが無いんだろ・・・
まぁ日本語になれば訳の分からん日本語になるんだろうけど(笑
コメント

シフターその他は製造継続中

2018-11-10 07:39:14 | バイク、レース
ブログの内容でシフターとかのバイク関連の記事が少ないので・・・
製造はまだやってますかと良く聞かれますが、一応それをメインにしてるんで継続しております。
まぁ記事にする程の事も無いので書いて無いだけです(笑
広告を打てば良いのですが、打ったら打ったでバックオーダーの山になっても困りますし、ユーザーさんとの一対一でのやりとりもええ加減になっても嫌だなと言う意味もあります。
売りっ放しじゃ無く、ユーザーと共に考えて行こうと言うスタンスです。
ユーザーさんも作り手の顔が見える方が安心すると思いますし(笑
今後もこのスタンスで私の体力の続く限りは継続して行きます。
コメント

2SK210を発注

2018-11-08 13:17:41 | その他
1袋10個入り100円
5袋を発注
送料の方が高いですね(笑
かの有名な2SK192の互換チップ品になります
チップ品だとこれ位の価格で売っていて、必死になって高い2SK192を買う必要も無いです
2SK192だと50本も買えば諭吉超えは確実
2SK192用のパターンとか蛇の目基板でもチップ品の取付はできます<<少々のテクニックは必要
2SK192は中華の怪しい物もあるとか・・・
自作マニアには人気有りますから足元見てるんでしょうかね

コメント

来年の関西ハムシンポジウム

2018-11-08 11:53:28 | その他
2月に開催だと思うので今から色々と画策

基板物の販売(部品の付いて無い基板)
TLPMLA6基板(同調部とアンプ部)
BCL-LOOP13rev2基板
BIAST5V基板
SDR用のフィルター基板+MWプリセレ基板
間に合えば熊本シティスタンダードSSB基板のKICAD版
ハムとは関係ないオーディオ基板色々
部品は一切付いてませんが、部品を選ぶ所からが自作のスタートと言う趣旨です。

完成品、機器物の販売は無し

展示物
自作GPSDO
自作SDR関係
TLPMLA6を組んだLOOPアンテナシステム
ziVNAu
オーディオ関係ですが、SSDAC基板

私の物は以上
PUPさんは色々と出し物がありそうです。
関ハム2019は屋内展示を検討中で、出し物も同じ感じになると思います。
コメント

バッファのパターンを追加その2

2018-11-08 09:39:09 | その他

ジャンパーはダサいんでコネクタに変更。
プリアンプのトランスとバッファ出力の間にコネクタを付けただけです。
バッファがいらない時はバッファの部品は実装無しでCN-6が入力になります。
バッファを組み込んだ時の入力はCN-1になります。
これの方がスマートかなと思います。
コメント (1)

バッファのパターンを追加

2018-11-08 00:13:38 | その他


TLP-MLA6にFLAG用として単独に使うのに、マッチング用のバッファを追加。
一応rev2.0としました。
バッファがいらないときは、バッファ用の部品は実装無しでJMP1同士をジャンパーすればrev1.0と同じになります。

需要があれば基板を作りますが、とりあえずは保留と言う事で
コメント (2)

TLP-MLA6rev1.0 基板

2018-11-06 11:39:23 | その他
同調部とアンプ部の1枚セット
価格=1枚1750円(送料込、回路図付き)

来週の中ごろには出来上がって来ます。

主要な部品の購入先
バリキャップはebay
FETのMMBFJ310は秋月電子
トロイダルコアはサトー電気
メガネコアはマウザーとかオーストラリアのミニキット社
試してませんがトロイダルコアで代用も可能、その場合は各自で巻き数等を工夫してくだささい。
470uHのチョークはRSコンポーネンツ
band切替リレーはオムロン製でRSコンポーネンツ

HPFのセラミックコンデンサは足ピッチ2.54mm若しくは5.08mm
その他のCRは1608タイプのチップ品
ダイオードはsod-123タイプのチップ品
トロイダルコアとかメガネコアの巻き数、線材の種類と太さ等は回路図に記載しています。
コメント (3)

トラ技付録DVDデータによるSSDAC基板 終了

2018-11-06 10:03:09 | オーディオ、音楽
おかげさまで全て出ました。

小川様
中村様
岡本様
関本様
長谷川様

以上5名様でした。
ありがとうございます。
なお何回も申しますが、FPGAのみの取付とプログラム書込みまで行った基板になります。
完成まではかなりのスキルが必要と思います。
普通の電子工作レベルだと手に余るかもです。
今回の基板はFPGA以外の部品が付いてません、よってDAC基板としての動作確認は物理的にできません。

生基板の予備は数枚残ってるんで、デバイスの取付とか書込みは自前でするよって方いましたらお分けできます。
基板データはトラ技2018年11月号の付録DVDに収録されてる物を使用しています。
たぶん4、5枚は残ると思います。

今回のスプライン補間は、デジタルオーディオマニアの間ではかなり話題に昇ってる方式で、計測しても目で分るほど波形が改善されてます。
恐らくこの辺りが微妙に音にも反映されてる感有りです。
クロックとか電源周りを追求するよりも効果大かも知れません。

付録のDVDをご覧になってる方は承知されてると思いますが、今回のスプライン補間は著作権表示、特許出願中です。
下記にその著作権表示を示す
===========
著作権
===========
・SSDAC24642ソースプログラムは 小林芳直 が著作権を持っています。
・個人の研究目的には、修正、改造など自由に使用できます。
・発表される際はこの著作権表示部分を表示してください。
・このプログラムの全部もしくは一部を製品に組み込んだり販売するなどの商業的利用はおやめください。
・本製品SSDACに使用されているデータ補間技術は、小林芳直により発明されSLDJ合同会社により現在特許出願中です。
・本キットに含まれる回路、ソースコードは個人的使用に限り自由に修正、改造ができます。
・本キットに含まれる回路、ソースコードの商業的利用については別途契約が必要です。higon@nifty.comまでご連絡ください。
コメント (1)