乗った後の景色

電車・気動車・バスに乗ることが好きな乗りマニアによる旅行雑ネタブログです。

タルカ(Talca)の大統領当選祝賀会

2010-03-04 | チリ
 今回はチリの首都サンティアゴから南に250kmほど下ったタルカの街の画像を貼ります。
 タルカは周囲にチリワインの産地が広がる地域の拠点で、乗り鉄からするとサンティアゴからの電化幹線とコンスティトゥシオンまで可愛らしいレールバスの走るメーターゲージの分岐点ということで鉄道マニアにとって重要な地点です。

 まずはタルカ駅の様子から。駅前には木が植わりベンチがあってちょっとした公園のようでした。


 中長距離バスターミナルは駅の裏口にありますが、鉄道の駅は表口側のみ。乗り換えには一度ガードをくぐって裏口に出なければなりません。そう遠くはなく歩いて10分ほどです。
 ガード下に芸人さんがいるのはよくあるパターン、ここでは一人で何種類だかたくさんの楽器を一度に弾くというワザを見せていました。


 こちらは上のバスターミナルに隣接する、中距離乗合タクシー乗り場。近距離路線バスを指す言葉と同じようにコレクティーボと呼ばれていました。一見バスターミナルのようですが来るのは乗用車タイプばかりです。


 市内では普通のタクシーより大き目の行灯に系統番号と経由地が書かれた近距離の乗合タクシー(これも呼び名はコレクティーボ)が目立ちます。


 のっけから乗りもの尽くしになってしまいましたが、最後は普通の市内路線バス。このくらいの小~中型バスが主流で、地図や時刻表のないごくあっさりしたバス停から乗ります。


 乗り物はこのくらいにして以下は街の画像にうつります。まずは駅とバスターミナルの通り道にある商店街。これといった特徴があるわけではないのですが人通りがありバスが走るという当たり前の光景になぜかホッとします。最近の寂れた日本の地方都市に慣れてしまったせいかな…。


 中心部の様子。街灯と歩道が整備され公園なんかもきちんと手入れが行き届きキレイでした。


 街の中では旗を振り回しクラクション鳴らしまくってハコ乗りするクルマが町中やたら目に付くので変だなあと思ったら、大統領選挙で勝った候補者ピニェーラの支持者による祝賀暴走(?)でした。ちょうど大統領選挙の日だったというわけですが、この結果左派政権から右派政権に交代ということになるのだそう。


 夜になってもやけに賑やかに音楽が聞こえるので見に行ってみると、広場が祝賀会場になっていてコンサートにダンスと派手に騒いでいます。どんどん会場が盛り上がりその辺の人に一緒に踊ろうと誘われるのでとりあえず踊ってきました。また時々ステージの司会が音頭とっては「チッチッチッ!レッレッレ!ビッバッチッレッ!」というチリバンザイコール(?)が行われるのでこちらも唱和してみます。
 ところでピニェーラって誰?状態の私が踊ったりコールしたりするのも変なものでしたが、とりあえず支持者に喜びのおすそ分けしてもらったような夜でした


 翌月に大地震が起き、その直後の政権交代ということになってしまいました。このタルカは震源に近く崩れた建物を報道で目にし、一緒に踊っていた中にも被害に遭われた方が少なからずいるのではないかと思うと胸が痛みます。非常に大変な時期の政権交代ですが何よりまずは復興がスムーズに進むよう祈るばかりです。
コメント (2)

コンセプシオンのバスと乗合タクシー

2010-03-03 | チリ
 今回はチリの首都サンティアゴの南西に位置するコンセプシオンを走る路線バスと乗合タクシーの画像を貼ります。
 なおコンセプシオン近郊電車の画像と、コンセプシオンからサンティアゴ方面に向かう鉄道を利用する乗客のために運行されている鉄道連絡バスの画像をサイトで公開しています。併せてご覧いただければ幸いです。

 さてではまずバスの画像から。このような小さめのバスが街中あふれるようにたくさん走っていました。

 運賃先払いの前乗り後ろ降りでワンマンまたはツーマン、お金を払うと引き出しからつり銭と小さな切手状の切符を取り出し渡してくれます。外観はどのバスもほぼ同じ塗色で系統番号がついていますが、内装は車体それぞれちょっとずつ違いました。内装がなにやら海賊船風というちょっと変わった趣味のもあってびっくり。バス停はあるものの系統番号その他の案内はほとんどなかったので適当に聞きながら乗りバスしました。

 こちらは乗合タクシーのコレクティーボ。

 コレクティーボはバスの意味でもありますが、この写真のような乗合タクシーのことも指します。乗合タクシーと言っても大き目の行灯には系統番号や経由地が書かれているのでバスに近いものと考えたほうがいいかも知れません。こうした路線バスに近い乗合タクシーは小回りがききなかなか侮れないものがあります。

 以下おまけ画像。バスを挟みつつ近郊電車の終電(と言っても9時半)まで「乗り」にはげみ、やれやれとコンセプシオン駅を出ると真っ暗でした。チリの地方都市はどうも割と夜が早めのようで油断していると買い物し損ないます。その中で割と遅くまでやってたのが薬屋さんで、飲み物とかお菓子なども売っていて助かりました。
コメント

タルカウアノの市場と駅

2010-03-02 | チリ
 チリ地震の被害の痛ましい被害が伝わってきています。こんなとき1月の旅行写真というのもどうかと思ったのですが、どうしても悪い話ばかりが続いてしまう今、地震前の普段の様子を紹介することがあってもいいのではないかと思い直ししばらくチリの画像を公開することにします。

 今回は港町タルカウアノ(タルカワノ・Talcahuano)の町の写真を貼ります。タルカウアノはチリ第2の街と言われるコンセプシオン(Concepcion)の隣にあり、電車とバスがこの間を2~30分程度で結んでいます。
 まずはコンセプシオンから来る電車の終点、Mercado駅前の画像から。

 駅の向かいは市場で、間の道をバスがひっきりなしに行きかっています。Mercado駅は単線一本だけの行き止まりで列車は毎時1本あればいい程度、バスの方が存在感があります。
 では市場の中へ。

 雑貨にお花に衣料、食べ物に食堂となんでも揃う市場はゴミが少なくなかなか清潔でした。小さなゲーム機があちこちにいくつも置いてあるのが目立ち、年齢関係なく結構熱心にやっている人がいます。チリの人はゲーム機が好きなのかな。

 市場の片隅には手軽な値段の魚介類を出す食堂がいくつも集まっています。訪問時昼時だったので迷いつつ繁盛していそうな店に適当に入ってみました。ごった煮には大きなレモンがごろり。魚や貝のダシと酸味がなかなかいい取り合わせでした。


 食事のあとMercado駅から電車に乗って一駅コンセプシオン寄りに戻ったEl Arenal駅を見物します。

 ここは元々そのものズバリのタルカウアノ駅だったのが後にEl Arenal駅という名前になったようです。ここは単線一本のみのMercado駅とは違い頭端式ホームに貨物の側線が延びる駅らしい駅。そのホームの端からやや頼りなげに単線がMercado駅まで延びています。駅前にはこの単線の踏切があり、警手さんがクルマやバスがたくさん行き来する中日本製を含む私鉄風の顔をした電車を通す様子は不思議なデジャヴ感がありました。
(ここの近郊電車の画像はサイトで公開しています。)
コメント

ラハの滝(チリ)Salto del Laja

2010-02-27 | チリ
 今回は乗り物を離れラハの滝(Salto del Laja)という景勝地の画像を貼ります。
 先月チリでテムコ(Temuco)~ヴィクトリア(Victoria)間の鉄道に乗った後、コンセプシオンに向かう釣り掛け近郊電車が走るラハ(Laja)にバスで移動する際途中下車しただけなので実は乗り物目当てからそう離れているというわけではないのですけれど。

 まずは宿をとったロス・アンへレス(Los Angeles)という町の近距離バスターミナルでのバス画像を。

 ロス・アンへレスはヴィクトリアとラハの間にあり、バスターミナルが町外れにある長距離バスターミナルと町中の近距離バスターミナルに分かれているので注意が必要です。(両バスターミナル間は路線バスで移動可能。)なお近距離バスターミナルからラハの滝に向かうバスは途中長距離バスターミナル前を通りますし、赤い目立つ方向板で「ラハの滝」と表示してあるので割とわかりやすいかと思います。
この地域の近距離バスを運行するJota-be社のサイト

 近距離ターミナルから30分ほどで滝の川(ラハ川)にかかる橋のたもとに到着。バスを降りると橋の上から滝を見物する人が見えます。この橋はバス通りで、バスは乗客が車窓から滝を見られるようスピードを落としてゆっくり橋を渡っていました。イキな計らいですね。


 橋から滝の前までは見えているくらいですから歩いてすぐです。シンプルな形の滝は雄大というよりちょっとカワイイ感じ。土産物やら馬に乗せて写真を撮らせるおじさんなどもいてにぎわっていました。


 わざわざ頑張って見に行くほどスゴイかというと微妙ですが、乗りバスの途中ちょうどいいところにあるのはありがたいものです。なおこの滝から近郊電車の出るLajaの街に直通するバスはありますが本数はやや少なめなので私はYunbel行きに乗って途中の何もない交差点(名称不明)でLaja行きのバスに乗り換えるという方法を使いました。参考までに。
コメント

古いトロリーバス

2010-02-14 | チリ
 チリのバルパライソで乗った古いトロリーバスについての話をサイト南米編に追加しました。
 バルパライソでは昔のバスみたいと言うかPCCカーみたいと言うべきか、とにかく見ているとうれしくてニヤニヤしてしまうような古いトロリーバスが走り回っています。トロリーバスの平均寿命というのはどのくらいか知りませんが、私はこのくらい古い車両に乗るのは初めてで浮かれて乗りバスしました。
 画像等はサイトに譲りますが、グッズも販売され街のマスコットのようになっているこのトロリーバス、カラーリングも似ていてバス窓、道路を行く姿となにやら江ノ電を思い出します。江ノ電のバス窓は「正調」の釣り掛けではなくカルダン化されて静かなので静かなトロバスにより似ている感じがするのですが、ちょっとこじつけかな。
コメント (6)