大阪龍馬会

1987年に創立して2017年は創立30周年。龍馬好きの集まった大阪龍馬会が龍馬会の活動をお知らせします。

年間ドラマ視聴率TOP10、1位「龍馬伝」 ~ゲゲゲは初回最低から見事TOP3へ

2010-12-25 00:01:00 | 龍馬伝
 今年1年、時代劇から刑事もの、恋愛、学園ものなど様々なドラマが放送され、秋ドラマもほぼ最終回を迎えた今週、単発ドラマを含む年間のドラマ視聴率が出揃った。1位は歌手で俳優の福山雅治が主演を務めた大河ドラマ【龍馬伝】(NHK総合)が24.4%で堂々のトップ。維新の立役者・龍馬の新たな魅力を引き出し、今年の日本を席巻した。そして2位は女優・松下奈緒と向井理主演の【ゲゲゲの女房】(NHK総合)。初回視聴率は朝ドラ史上ワーストを記録したが、回を重ねるごとに右肩上がり。最終話で最高視聴率23.6%をたたき出し、有終の美を飾った。

 昨年12月から放送がスタートし、初回から20%超えを記録した『龍馬伝』。幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点から描いた同作は、過去に度々映画、ドラマ化されてきた龍馬像を打ち破り、新たな“福山龍馬”として大ブレイク。俳優・福山の魅力を存分に見せつける結果となった。また、若手俳優さながらの体当たりを見せた福山の演技ももちろんだが、共演者である岩崎弥太郎役の香川照之、武市半平太役の大森南朋といった脇を固める俳優陣も大きくクローズアップされた。
 
 そして2位には、松下奈緒と向井理の名を一躍全国に広めた朝の連続テレビ小説【ゲゲゲの女房】。妖怪漫画で知られる水木しげるとの日々を妻・布美枝の視点から描いた同作は、初回は鈍い出足となったものの、2回目以降は一度もワースト記録を下回ることなく上昇ペースを維持。戦争の爪痕が深く残る経済復興期において、漫画家を生業とする厳しい現実や、明るく気丈に支える妻の姿は徐々に話題に。最終話での最高視聴率を持って幕を下ろした。また主題歌に起用されたいきものがかりが歌う「ありがとう」も大ヒットし、今年の流行語大賞に“ゲゲゲ~”が選ばれるなど、社会現象を巻き起こしたといえる。
 
 3位には木村拓哉主演の月9ドラマ【月の恋人~Moon Lovers~】(フジテレビ系)の初回・22.4%がつけた。名作『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』(TBS系)以来10年ぶりとなる、木村の本格ラブストーリーは放送前から高い期待が寄せられ、4月スタートの民放春ドラマの中では最高視聴率をマーク。続く4位にはフジテレビ開局50周年記念として放送された脚本家・三谷幸喜が手掛けたSPドラマ【わが家の歴史】(フジテレビ系)と、放送開始から10年を迎える水谷豊主演の長寿ドラマ【相棒 season9】(テレビ朝日系)が21.2%で同率タイとなった。
 
 ここ数年のドラマは、“初回視聴率が最高視聴率”という傾向が強いなか、やはり『ゲゲゲ~』は破竹の進撃といえる。首位の『龍馬伝』と共に“大河ドラマ”、“連続テレビ小説”というNHKの2大看板が盤石の強さを見せつける結果となった。また今週最終回を迎えた嵐・二宮和也主演の社会派ホームドラマ【フリーター、家を買う。】(フジテレビ系)も、初回から安定した視聴率をキープし、最終話19.2%で10位に滑り込んでいる。いずれも、出演者の話題性や演出の過激さだけに頼らず、良質なストーリーの構築がヒットのカギとなったことは明白といえそうだ。来年はどのようなドラマが誕生し、視聴者の感性をゆさぶるのか? 大いに期待したい。

※同ランキングは、ビデオリサーチ社(関東地区)による2010年1月1日~(12月23日)現在のデータで、連続ドラマは最高視聴率をもとにランキング化。なお、4位の『相棒』は、前シーズンの視聴率と合算しランキングしている。

12/24 オリコン


よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

龍馬伝 総集編 放送時間

2010-12-15 00:01:00 | 龍馬伝
NHKの公式サイト上で視聴者から募集した「もう一度見たいベストシーン」を中心としたつくりで放送されるようです。

放送日時は12月29日(水)
21時00分から21時59分(第1部)
22時00分から22時59分(第2部)

12月30日(木)
21時00分から21時59分(第3部)
22時00分から22時59分(第4部)の二日間。

1部と2部では龍馬伝の中で後藤象二郎を演じた青木崇高さんが高知を巡り、
3部と4部では岩崎弥太郎を演じた香川照之さんが長崎を巡りつつ番組を進行していくそうです。



よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『龍馬伝』岩崎弥太郎死亡シーンに弥太郎の子孫唖然とする

2010-12-10 14:00:00 | 龍馬伝
 NHK大河ドラマ『龍馬伝』最終回の放送で、龍馬暗殺シーンにテロップが流れ1900件もの抗議が殺到して話題になったが、それ以外にも大きな問題が起きていた。 ある20代男性はこう語る。
 
「龍馬が暗殺され、流れたエンドロールの後に、とってつけたように岩崎弥太郎の死亡シーンが映った。あれは本当に必要だったのでしょうか」

『龍馬伝』は、「伝」という名が示す通り、後に三菱財閥の総帥となった岩崎弥太郎が、同郷の幼なじみの龍馬を回想する形で進められてきた。

 その語り部・弥太郎の死がテロップ付きで流れ、目を見開いて横たわる顔がアップになって幕を閉じたのだ。これには、岩崎弥太郎の子孫も目を丸くした。

 弥太郎の玄孫(やしゃご=孫の孫)に当たる民主党の衆議院議員・木内孝胤氏は、第1回から全話を見た。

「確かに最後の岩崎の死に方はエーッと思いましたね。ドラマは個人的には楽しませてもらったけれど、最後はあのような死に方じゃなくて、もう少し偉業を成し遂げたシーンを盛り込んでもらいたかった」

 曾孫の岩崎泰頴氏は熊本大学名誉教授で、地質学・古生物学の権威。「(弥太郎は)病院に入院して死んだと私は聞いていたのですが……。3代も前のことで『龍馬伝』の岩崎像が事実かどうかもわかりません」

 史実はというと、弥太郎は胃がんのため50歳でこの世を去った。

 晩年は六義園(岩崎家別邸)で療養していたが、明治18年(1885年)2月7日の夕刻、家族と主だった部下を病床に集めて激痛に耐えながら遺言を告げ、息を引き取った。最期を看取った医師によると、「多くの人の臨終に立ち会ったが、かくの如く森厳な力のある遺言を述べ、従容自若、死に対した人を見たのは初めて」(『岩崎彌太郎傳』)だったという。

『岩崎弥太郎と三菱四代』(幻冬舎新書)の著者、河合敦氏はこういう。

「弥太郎の最期は状況がはっきりしているので、ドラマは完全に作り話です。フィクションとはいえ、見た人の中にはドラマの内容が史実だと思ってしまう人も多いでしょうね」

※週刊ポスト2010年12月17日号

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『龍馬伝』完結、民主主義を求めた龍馬の志

2010-12-04 00:01:00 | 龍馬伝
 NHK大河ドラマ『龍馬伝』では、11月28日に最終回「龍の魂」が放送された。坂本龍馬を主人公とする作品は、時代に先んじた龍馬のヒーローぶりが突出する傾向にあるが、『龍馬伝』は、迫力のある脇役や、通行人まで凝った映像などで、重厚なドラマを楽しめた。

 坂本龍馬(福山雅治)の暗殺は史実である。2001年放送の大河ドラマ『北条時宗』での主人公の義兄・北条時輔のように、史実に反してドラマでは生きていたという展開に持っていくことも不可能ではなかった。しかし、『龍馬伝』第4部では、語りの岩崎弥太郎(香川照之)が毎回番組の最後に「龍馬暗殺まで、あと○ヶ月」と暗殺までのカウントダウンをしており、暗殺は既定路線と予想できた。

 実際、暗殺は無慈悲に行われた。志半ばで殺されてしまう無念、そのような理不尽なことが起きてしまう現実の不条理を強く実感できた。一方、これまでの流れでは、龍馬暗殺の動機を持つ人物が次々と登場し、暗殺の黒幕が誰なのかというミステリー的な盛り上がりもあった。しかし、最終回での龍馬暗殺の描写は禁欲的であった。龍馬暗殺に対する木戸貫治や西郷吉之助の反応を見てみたい気がするが、それも視聴者の想像に委ねられた。

 その代わり、最終回では龍馬の作成した新政府綱領八策の「○○○自ラ盟主ト為リ」にスポットライトが当てられた。新政府を率いる人物(盟主)を伏せ字にしている。この○○○が誰を意味するのかについては、現在でも議論されている。徳川慶喜(慶喜公、大樹公)や山内容堂(容堂公)などとする説がある。

 ドラマでも○○○が誰かが問題になった。薩摩藩でも長州藩でも○○○には具体的な人物が想定されているものと受け止め、それが慶喜ではないかと警戒していた。しかし、龍馬の考えは別次元のところにあった。龍馬は中岡慎太郎(上川隆也)に「志のある者を皆で選ぶ」と語った。

 これは民主主義における選挙の考え方である。現代日本は民主主義体制であるが、龍馬が目指した理想は実現できているだろうか。現代人にも考えさせられるドラマであった。

林田力(『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者)

11/30 リアルライブ


よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

龍馬伝の“顔面テロップ”に苦情殺到

2010-12-03 17:00:00 | 龍馬伝
 11月28日に放送されたNHK総合の大河ドラマ「龍馬伝」最終回で、ニュースの速報テロップが“龍馬の顔”を隠すなどしたため、約1時間で200件以上の苦情が寄せられていたことが29日、分かった。速報は愛媛県知事選の結果を伝え、テロップが流れたのはちょうど福山雅治(41)演じる坂本龍馬が暗殺されるクライマックスの場面だった。11カ月かけて作り上げ、高い視聴率の支持を受けてきた龍馬の思わぬ最期に、視聴者は「何するぜよ!」の声を上げた。

 「龍馬の最後なのに表情が見えない」「興ざめした」‐。NHKに苦情が殺到した。速報テロップが流れたのは28日午後8時55分45秒から同56分11秒までのわずか26秒間。ここに運悪く龍馬が京都の近江屋で暗殺されるシーンが重なった。

 中岡慎太郎(上川隆也)が暗がりの中で「いかん…」と叫んだ瞬間、画面には「愛媛県知事選 新人の中村時広氏 当選確実」の文字が…。龍馬は顔も隠されたまま、切り付けられた。

 視聴者の怒りは沸騰し、その後約20秒に1件というハイペースで「NHKふれあいセンター」の受け付けが終了する午後10時まで苦情の電話は鳴り続けたという。テロップが出た瞬間は視聴率24%を超え、多くの苦情につながったようだ。

 NHKは29日、「報道機関として当選確実と判断できるものは速やかに放送することが、視聴者や有権者の関心に応えるものと考えています。なにとぞご理解を」とのコメントを発表。一方で、関係者は「こんなタイミングでテロップが出てしまった記憶がない…」と嘆いていた。

 NHK総合では、12月4日午後1時5分から最終回の再放送。さらに同月29、30日には総集編も放送する。

11/30 デイリースポーツ

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福山龍馬、最終回はトラブルも視聴率21・3%…平均超え

2010-12-02 00:01:00 | 龍馬伝
 歌手で俳優の福山雅治(41)が主演したNHK大河ドラマ「龍馬伝」の最終回(28日)の平均視聴率が21・3%だったことが29日、ビデオリサーチの調べで分かった。全48回の平均視聴率は18・7%。昨年放送の「天地人」の全47回の平均は21・2%だった。

 最終回では思わぬ“トラブル”が発生した。主人公の坂本龍馬が暗殺される午後8時55分ごろに愛媛県知事選の当確を伝える速報テロップが画面上部に流れ、同局に苦情が殺到した。同日午後10時までの約1時間で200件あまり。内容は「表情が見たい時に福山さんにテロップがかぶっていた」「興ざめした」などだった。

 同局は「当選確実と判断できるものは速やかに速報、放送することが視聴者や有権者の関心に応えるものだと考えています」と説明した。

11/29 スポーツ報知

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

市川亀治郎が龍馬暗殺犯役に 11月28日放送、NHK大河ドラマ「龍馬伝」

2010-11-28 17:00:00 | 龍馬伝
 11月28日に最終回を迎える、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(後8・0)に、主人公・龍馬(福山雅治)を暗殺した実行犯役で市川亀治郎が出演する。龍馬暗殺の黒幕は今もって謎とされているが、亀治郎が演じるのは京都見廻組の与力頭・今井信郎。3年前、「風林火山」で武田信玄を演じて以来の大河ドラマに「まさか自分がこの話を頂けるとは思ってもみませんでしたので驚きました」と声を弾ませる。

 日本を戦火から守るため、大政奉還を成し遂げる龍馬だが、彼のことを煙たく思うのは幕府ばかりではなく、武力倒幕したい薩長も同じ。結末へと向かうにつれ、次第に孤立していく龍馬の姿がドラマでは描かれてきた。1867(慶応3)年、龍馬は京都の近江屋で同志の中岡慎太郎と共に暗殺されたが、明治になって龍馬の殺害を告白したのが、新選組と共に京都守護職の配下にあった京都見廻組の今井だった。

 鈴木圭チーフプロデューサーは「ドラマでは暗殺の実行犯・今井を、善悪を超えた存在、“誇り高きラストサムライ”として描きます」と説明し、「亀治郎さんは滅んでいく武士の悲しみと品格を見事に体現してくださった」と収録の模様を振り返る。

 亀治郎は、岩崎弥太郎を演じるいとこの香川照之ともこれが初共演。1話限りの出演だが、福山のラジオ番組の大ファンだったこともあり、「あこがれのマシャ兄とご一緒できたことを大変うれしく、誇りに思っています。忘れられない大切な作品になりました」と満足そうに語った。

インターネットTVガイド


よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第48回「龍の魂」 (11月28日放送)

2010-11-28 00:01:00 | 龍馬伝
 大政奉還を成し遂げた龍馬(福山雅治)は追手から隠れるために近江屋に移り、新政府綱領八策を書き、各藩に送る。人々は「○○○を盟主とし」という文を見て、「○○○」が誰なのかを噂し合い翻弄される。

 龍馬は、新政府の人材を集めるために奔走していた。越前に松平春嶽(夏八木勲)を訪ね、経済に明るい三岡八郎(中川家礼二)を新政府に出してほしいと頼む。龍馬のおかげで稼いだ金を龍馬に渡そうと京へ来た弥太郎(香川照之)は、土佐藩邸にも入れない龍馬の立場を知る。近江屋を訪ねた弥太郎は、龍馬に「日本一の会社を作って、日本人を幸せにしろ。達者での」と言われ、これで最後のような発言に言いようのない不安を感じ始めた。

 一方、幕府という唯一の拠り所を失った見廻組は、その元凶とにらんだ龍馬を探していた。弥太郎も見廻組につかまり龍馬の居所を詰問される。龍馬の身に何か起こるのでは、と近江屋へと急行する弥太郎。「○○○」の真意をただしに近江屋を訪ねた中岡(上川隆也)。将来の夢を語りあう二人だったが、今井たち見廻組が近江屋を襲撃する…。

最終回「龍の魂」は75分の拡大版! 放送時間が変わります。ご注意ください。
11月28日(日)
 [総合] 午後 8:00~9:15
 [BShi] 午後 4:15~5:30(時間変更)
 [BS2] 午後10:00~11:15

再放送 12月4日(土)
 [総合] 午後1:05~2:20



よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第47回「大政奉還」 (11月21日放送)

2010-11-21 00:01:00 | 龍馬伝
あらすじ

 容堂(近藤正臣)の書いた大政奉還の建白書を受け取った将軍・慶喜(田中哲司)は動揺する。龍馬(福山雅治)は、慶喜に一番近い永井玄蕃頭(石橋蓮司)に直接会い、徳川家を存続するためにはこれしかないと説き、慶喜を説得してくれと頼む。

 弥太郎(香川照之)は、戦が始まり武器が高く売れるようになると銃を買い占めていたが、ふと龍馬なら大政奉還を成し遂げると思い立ち、方針転換して手持ちの銃を売りに転じる。

 永井に後押しされ、慶喜は二条城に諸藩を集め、大政奉還を問うが、どの藩も反対しない。

 時流を悟った慶喜は大政奉還を決意する。知らせを待つ龍馬のもとに、勝(武田鉄矢)が訪れる。幕臣である勝は、龍馬がなくそうとする幕府の人々の将来を憂うが、龍馬は皆が同じように自分の食いぶちを自分で稼ぐ世の中になると返す。そこへ大政奉還の知らせが舞い込み、新しい日本の夜明けに歓喜する龍馬。

 しかし、武力討幕を目指してきた薩摩や長州、幕府に忠誠を誓う新選組、そして揺るぎないはずだった権力を奪われた将軍、幕臣たちが、自分たちの道をことごとく邪魔をする龍馬の命を狙い始める。弥太郎は銃を売り抜けてもうけを得たが、龍馬と決別するために京へと向かう。

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

龍馬伝 最終回「龍の魂」の放送時間

2010-11-20 00:01:00 | 龍馬伝
最終回「龍の魂」は75分の拡大版!

11月28日(日)

[総合] 午後 8:00~9:15

[BShi] 午後 4:15~5:30(時間変更)

[BS2] 午後10:00~11:15

再放送 12月4日(土)

[総合] 午後1:05~2:20


お間違えのないように。

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

龍馬伝 プロモーション映像 「龍馬伝」完結~3分ダイジェスト

2010-11-19 19:00:00 | 龍馬伝
龍馬伝も残すところ2回となりました。

プロモが動画であったのでリンク貼り付けます。

ここです。

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第46回「土佐の大勝負」 (11月14日放送)

2010-11-14 00:01:00 | 龍馬伝
あらすじ

 土佐に着いた龍馬(福山雅治)は、象二郎(青木崇高)を通じて、容堂(近藤正臣)に直接会いたいと願い出るが、容堂は相手にしない。坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。継母の伊與(松原智恵子)は亡くなり、姪の春猪(前田敦子)には子も生まれている。岩崎家の面々も加わり、宴会が始まる。

 一方、弥太郎(香川照之)は長崎で、時代の変化を感じた土佐商会の上士たち数名が仲間となり、藩とは別に自らの商売を始めていた。土佐では龍馬が持ってきた銃をめぐり、上士も下士も薩長に付くか、それとも徳川を守るかで大騒ぎに。容堂は、象二郎の説得で龍馬に会うことにする。

 龍馬は容堂に「下士が上士に虐げられる…この土佐の古い仕組みが憎い。大政奉還となれば、幕府も藩も、そして武士という身分もなくなるだろう。新しい世の中を作る魁となるべく、大政奉還の建白書を書いてほしい」と伝える。容堂は徳川家への恩を思いながら、涙ながらに建白書を書く決心をする。難事を成し遂げた龍馬は象二郎とがっちりと握手。「この大仕事を終えたら、お龍と土佐に戻ってくる」と乙女(寺島しのぶ)と約束し、京へ旅立つ。

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大河ドラマ「龍馬伝」ダイジェスト一挙放送!

2010-11-12 00:01:00 | 龍馬伝
毎週、NHKワンセグ2で放送してきた「大河ドラマ 龍馬伝ダイジェスト」(毎週月曜午後0:30~0:35)をご覧のスケジュールで一挙放送。ワンセグ以外で初めて放送します。

 大河ドラマ「龍馬伝」のダイジェスト番組。日曜日に放送された大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじと次回の予告を5分でお届けします。
見逃しちゃったという人も、次の放送が気になるという人も、これを見れば「龍馬伝」を楽しめること間違いなし!

【総合テレビ】
第01回~第13回 11月14日(日)/午前3:00~4:05
第14回~第23回 11月15日(月)/午前3:00~3:50
第24回~第28回 11月16日(火)/午前3:30~3:55
第29回~第38回 11月20日(土)/午前3:20~4:10
第39回~第46回 11月21日(日)/午前3:30~4:10

よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第45回「龍馬の休日」 (11月7日放送)

2010-11-07 00:01:00 | 龍馬伝
あらすじ

 容堂(近藤正臣)に大政奉還の建白書を書かせるために、弥太郎(香川照之)が仕入れた一千丁の銃を携え長崎から土佐に向かった龍馬(福山雅治)は、途中、お龍(真木よう子)のいる下関に立ち寄る。土佐の坂本家では龍馬から、土佐に戻ることと、お龍と結婚したという報告の手紙が届き、大騒ぎになる。

 一方、弥太郎はイカルス号事件の責任を取らされて土佐商会の主任の座を追われ、自らの力で商売をしていくことを決心。薩長と幕府との戦争が始まり銃の値段が暴騰すると考え、銃を大量に仕入れる。龍馬は下関に着き、木戸(谷原章介)に会うと、薩摩の大久保利通(及川光博)が来ていた。二人は大政奉還で徳川家を残さず根絶やしにするべきだと主張。龍馬は己の道の厳しさを感じる。お龍は龍馬との久しぶりの再会に喜ぶが、三吉(筧利夫)や奇兵隊たちと飲みに出かけた龍馬は朝帰りしてしまい、お龍は激怒する。

■ 放送時間(毎週 日曜日)【NHK総合】 午後8:00 【デジタル衛星ハイビジョン】 午後6:00 【衛星第2】 午後10:00
■ 再放送(毎週 土曜日)【NHK総合】 午後1:05 ※放送日時や内容などが変更になる場合があります。


よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

福山龍馬をSION、中村達也が襲撃!「龍馬伝」追加キャスト

2010-10-31 17:00:00 | 龍馬伝
 NHK総合で現在放送中の大河ドラマ「龍馬伝」にSIONと中村達也が出演することが明らかになった。

福山雅治が、幕末の風雲児・坂本龍馬を演じることで話題を集めた「龍馬伝」。SIONと中村達也は、ドラマ最終回の肝となる龍馬暗殺犯役に抜擢された。

SIONが扮するのは京都生まれの剣客・渡辺篤で、中村達也が演じるのは会津藩士・佐々木源八の三男、佐々木只三郎。ともに幕末期に結成された京都治安維持組織「京都見廻組」に属しており、慶応3年(1867年)の「近江屋事件」で坂本龍馬らを暗殺した実行犯と言われている。

なお、今回SIONが起用されたのは、以前より福山雅治と深い交友関係にあることがきっかけ。もともと福山は大のSIONファンとして知られ、過去にはSIONの名曲「SORRY BABY」のカバーを発表。また先日10月20日に発売されたSIONのデビュー25周年記念アルバム「燦燦と」には、福山とのコラボレーション楽曲が収録されている。

SION、中村達也とも、NHKドラマへの出演はこれが初。福山のほかピエール瀧、前田敦子(AKB48)、トータス松本、及川光博といったアーティストが多数参加した大河ドラマの最終回は、音楽ファンにとっても見逃せないものとなりそうだ。オンエアは11月28日(日)20:00より。



よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする