なぽちゃん部屋☆うふ

ゴスペルディレクター、ボイストレーナー、シンガーソングライター
齋藤直江☆なぽりんです。


CD紹介

いずれのCDもOFFICIAL HPにて試聴&購入が可能です。  2014年8月リリース1st Album 「LET THERE BE LIGHT!」                           最新アルバムはこちら2016年8月リリース2nd Album「RADIANT」                                                    

次のステップへ

次のステップへ  2nd Album Version 作詞、作曲、歌:齋藤直江、 ギター:井草聖二、 イラスト:樽野淳子、 動画編集:中島克彰、 <是非是非たくさんの人に観て欲しいので、拡散くださいますようよろしくお願いいたします。>

準備

2019-03-15 01:21:40 | GOSPEL
3月に入り暖かくなり気温的には過ごしやすくなりましたが、数年前から反応し出した花粉アレルギーが、今年はひどい
常に目も鼻もかゆいし、今年は喉もかゆくなってる。
ニュースでは、かなり飛んではいるものの、まだ全体の20%くらいしか飛んでないとのこと。
この状況がまだまだ続くのか…

ただ、諸々かゆいんだけど、歌うことには支障なくて助かってます。



火曜は蒲田のプレプレのリハーサルと総会。
9月28日(土曜)に開催する大ホールでのコンサートの話しや、運営状況の報告と、それに伴い初めての試みで資金集めの為のバザーがありました。
わたしも洋服を提供。
売上金も予想を上回る金額だったようです
すごい団結力で、一人一人がこのクワイアを愛して大事にしてくれていることが分かる素晴らしいクワイアです。


夜は若者のユニットへの指導。
みんな忠実で、いい子たち。
最初と比べてどんどん上達していっているのが見えるとこちらも嬉しい😆
男性2人、女性2人の4人ユニット。
なかなかいいんですよー



水曜日は、キッズクラス。
ガチャガチャしていて、なかなか音を取るのも難しかった1年生チームたち。
1年経って、かなり音を取れるようになりました。
高学年チームは、少人数ながら高度なことを求めると、ちゃんとそれに応えられるようになってる。
でも、ここのキッズクラスは3月いっぱいで辞めます。
子供達の事を考えると残念ですが、著しい成長を見られて、得たものは大きかった!!



今日は日本橋クワイア。
ここも人数少なめですが、主催者が"少なくても来てくれた人たちを大事にしたいと"おっしゃり、募集もオープンにはしていません。
でも、それなりに難しい曲も歌えるようになってるし、毎回メッセージが充実している。なによりランチが楽しみ
楽しく行かせてもらってます。
来月マル4年になります。
早いーーーーー



明日は小岩で活動しているGTCのリハーサル。
先週は夜リハをトライアルでやりました。
夜は夜で独特の空気感で、濃度が高くてよかった。ここは昼も夜もクオリティを上げて行きたいクワイアの一つ。

来月の夜部は、4/19です。







実は、来年自主で3rdアルバムの制作を検討中。
曲も少しづつ作り溜めてます。

合宿ワークショップ②

2019-03-06 13:40:10 | GOSPEL
翌朝、7:00起床!
お天気にも恵まれ、朝から朝日を浴びながら温泉入って、みんなで朝食。
朝から笑いが絶えない。


お部屋からは那珂川町が臨めます。





サクッと準備して、8:30に宿を出発。
9:00〜ワークショップスタート。(早っ)
午前の部 9:00〜11:30
ランチタイム &お掃除 11:30〜13:00
午後の部 13:00〜15:00

朝リハは慣れてますが、9:00スタートはなかなかないです。みなさんのやる気を感じます 笑

ワークショップ会場



ストーブの上のヤカン。
懐かしいーーー



ワークショップスタート!
自分の脳がまだ起きていない事もあり、まずはセルフマッサージ〜ストレッチを入念に。
リンパも流しつつね。
発声も念入りにシェアします。
呼吸の仕組み、具体的な身体の使い方、口の開け方、舌の位置確認、口輪筋トレーニング…等々。
手鏡片手に自分と向き合ってもらいました。


photo by, Eiji

ゴスペル写真家Eijiさんが来てくださって、いい写真たくさん撮ってくださいました。

photo by, Eiji


曲シェアスタート。
今回は、午前中1曲、午後1曲。
午後の曲は難曲です。
最後までできるかな〜

photo by, Eiji


と、思ったらば、スムーズ。
皆、集中力はんぱない。
目がどんどん輝きを増していく。
このプロセスがうれしくてやめられない!

そう!
才能で片付けられたら、才能無かったら諦めるしかないの?
違うと思う!人の体は無限に広がっていく。
神様がそのように造られているから。
もちろん能力や骨格、筋肉のつき方、使い方のクセはそれぞれ違うし、人によって出来ること出来ないことはあるけれど、使い方を知れば出来なかった事ができるようになる事もたくさんあるのです。
"知らなかった"から"できなかった"という事も当然ながらある。
だから、体の使い方、歌い方、ハーモニーの作り方をほんの少しだけアイデアを供給するだけで、とたんに、見事によくなるの。
そして、明らかによくなった自分たちの声やハーモニーを目の当たりにすると、可能性が広がり受講者の目がどんどん輝いていく


わたし自身、才能があるわけではなく、発声もいろんな先生に習いながら、親友とシェアし合いながら、またたくさんの生徒さん達の声を聞き続けて、研究して勉強して、試行錯誤しながら、山を越えて来ました。
だから出来ない気持ちがよく分かるし、分からないから出来ない事も理解できるんだと思います。
そういう意味では、才能が無かったことが、指導の道を広げる最高のギフトだったんでしょうね。

思わず熱が入るw

photo by, Eiji

予定していた2曲をバッチリ歌えるようになり、しかもおりおりゴスペルクワイアからの歌のプレゼント。
芸達者で、みんな最高!!





撮影隊も力が入ります。



わたしも1曲弾き語りで歌わせてもらい。
お開きとなりました。

集合写真の掛け声は『メェ〜〜』



ランチはタコライス弁当。
お茶菓子もたくさんいただきました。




小学校の廊下。かわいいです。




そんなわけで、二日間とっても充実した中身の濃い時間を過ごしました。
おりおりゴスペルクワイアの皆さん、参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました😊

合宿ワークショップ①

2019-03-05 23:12:44 | GOSPEL
3月、まだ5日ですが、盛りだくさん。

3月1日〜2日 栃木県那珂川町で活動している(今年15周年)おりおりゴスペルクワイアさん主催の合宿ワークショップ。
講師として招いていただきました。




この日は午前中に小岩のクワイアGTCのリハーサルがあり、それを終えてから東京駅に向かい、行きは新幹線で宇都宮まで。
そこから宇都宮線で氏家駅へ。

氏家駅にお迎えに来てもらい、まずは主催者のお家、藤田製陶所さんでろくろ体験を。
四種類ほど、作らしてもらいました。
焼き上がりが楽しみです

土曜日のワークショップ会場の馬頭西小学校を下見。ここは、4月で廃校になってしまった小学校。でも地域の方が保存会を立ち上げて、小学校をコミュニティ施設として残す事になったんだそう。
ここは、地域力がすごいなーと毎回来るたび思うのです。

小学校の外観



ワークショップ会場の音楽室



そこから、お泊まりする宿、那珂川苑さんへ。
こちらは、3月18日を持って県の営業が終わってしまうとのこと。今後は買い手が見つかったそうですが、どうなるかはまだ未定。
そんな貴重な宿でのお泊り。






行ったらすぐ、夕ご飯。
盛りだくさん。美味しくお腹いっぱい。



そこから、すぐ第一回のワークショップ。
食べたばっかりだから、セルフマッサージを入念にしてから、ストレッチ、ミニマラカスを持ってのリズムトレーニング、歌うためのフォーム確認、発声トレーニング。
で、ようやく賛美のお時間。
アカペラ2曲をシェアし、驚くほどテンションMAXになって、最後なぜか走り回ってお終い。笑

そこからお茶タイム。
部屋をお借りしている時間が過ぎて、締めなきゃ…からまたもやおしゃべりが始まり30分。
永遠に終わらないねとお開きに。笑
とにかく笑いが絶えないクワイアでした。

みんなで温泉に浸かって、リフレッシュして床につきました。


二日目に続く〜

夜クワイア始動!

2019-01-17 14:14:50 | GOSPEL
今まで昼間しかやってませんでしたが、この度夜クワイア始めます。お試しワークショップやります。よかったら来てね。


Grow Together Choir 夜の部
2019年3月8日(金) 18:30〜20:30




奇跡

2019-01-15 21:05:25 | GOSPEL
2019年初のプレシャス プレイズ(蒲田のゴスペルクワイア)のリハーサル。
大田区のスタジオでバンドを入れてのレッスン。

日頃、コンテンポラリーゴスペルが大好きであまりトラディショナルをやらないんだけど、年初めだし初心に戻ってトラディショナルやるかーー!
と、その昔RonnieさんのクワイアBright Lights Choirでシェアしてもらって、その後女性ボーカルグループVesselでもレパートリーにして歌っていた、Highway to Heavenを選曲。
この曲はゴスペルの父と呼ばれる、Thomas A. Dorseyが作った曲。
新しい曲をシェアする時は、ドラムのミカが発音のレクチャーをしてくれるんだけど、今日はブラックヒストリーの話しも少ししてくれた。

1968年、暗殺される直前のマーティン・ルーサー・キングが、トーマス・A・ドーシーの最もよく知られた曲「Take My Hand, Precious Lord」の演奏を依頼し、その後この曲はアメリカ黒人運動の象徴的な曲になったという。 1月15日はキング牧師の誕生日でアメリカでは1月の第3月曜が国民の祝日となっているという。

そして!なんと!
今日はキング牧師の誕生日にあたる1月15日だったのだ。

何の気なしに選んだ曲。
まさか神様に導かれていた曲とは!
新年早々神様からプレゼントをもらったような幸せな気分
バンドのかっこいい演奏にサポートしてもらい、新曲2曲を楽しく熱唱
今年もいい曲とたくさん出会えますように!




Highway to Heaven 動画

クリスマス連休

2018-12-25 18:59:29 | GOSPEL
Merry Christmas!!
クリスマスおめでとうございます。

今年もクリスマスをたくさんの人たちとお祝いできました事、心から御礼申し上げます。


今年はさほど大変じゃないと、お気楽に臨んだ12月。
コンサート自体は少なかったものの、指導するグループが増えてレッスン(リハーサル)が当たり前にあってのコンサート。楽ではなかった


山はクリスマス3連休。
土曜日に小岩栄光キリスト教会でのジョイントクリスマスコンサート。
小岩教会で活動している二つのクワイアと賛美チームの初の3団体コラボ。たくさんの方が来てくださり、感動的な証しもあり、大いに盛り上がりました。

日曜日は、利根キリスト教会でのクリスマス礼拝〜クリスマスパーティー。
今年は礼拝から会堂がいっぱい。パーティーは人が溢れて、酸素が薄かった。嬉しい悲鳴ですが。

月曜日は、深谷福音キリスト教会に招いていただき、ソロでのクリスマスコンサートをさせて頂き、夜は利根キリスト教会でのイヴ礼拝。
とにかく移動距離が尋常じゃなかった。

朝8:50に出発し、深谷駅に到着したのが11:13。
グーグルマップで見てみたら、92km。
コンサートが終わり、みなさんと軽食を食べながら分かち合い。賛美を通して福音を伝える事も自分の働きだけど、賛美の喜びを知ってもらう事も自分の働きの一つなんだと、しみじみ感じたひと時でした。
そして、深谷から茨城県利根町へ。その距離は101km。座れたのでひたすら寝ました
利根教会でのクリスマスイヴ礼拝。
ギリギリ到着で、駆けつけハンドベル。
TCGC(利根キリストゴスペルクワイア)も賛美しましたし、教会全員合唱も。盛りだくさん。
こちらもたくさんの方がいらっしゃいました。
22:00頃教会を出発し、24:00前に帰宅。
利根ー自宅は、70km。
昨日の移動距離はトータル263km。
やりきった感ある。


金曜日くらいから、なんだか変な咳が出ていて、困ったなぁ…と思っていて。
軽い咳でなく、気管支が響くようなイヤな感じ。この咳が出た末路は裏声が出なくなる
ぎょぎょぎょーーーー
とにかく24日まで持つよう祈るのみ。

なんだけど、不思議と心は平安で。
絶対大丈夫だという確信がずっとあった。
今までも、コンサートの朝突然声が出なくなって、焦って祈りまくったら、リハーサルとコンサートの間だけちゃんと声が出た経験も何度かあるし。
むしろ、自分の力でやりきろうとする高慢な考えが崩されて、神様に委ねて期待する謙虚な思いに至るプロセスなんだと思える。
これは、クリスチャン特有の思考ですね。
そんなわけで、24日のコンサートもそれなりに声が出て乗り切れました
ハレルヤ〜


クリスマスの今日、耳鼻科に行ったらば、声帯腫れてて1週間声出し禁止令が出た。
久しぶりに鼻からカメラ入れて声帯見ました。
鼻の粘膜も腫れてるし、声帯も腫れてて、当然ながら声はほとんど出ません。
しゃべっちゃダメなのが一番辛い…おしゃべりモンスターです

年末ゆっくり休みま〜す。



慰問コンサート

2018-12-18 21:10:18 | GOSPEL
今朝は、今年最後のプレシャス プレイズ(蒲田クワイア)のリハーサル。
午後は、メンバーがお勤めするデイサービスで慰問コンサート。
午前中のリハーサルでは、カラオケで午後のコンサートのプログラムを2巡して、確認。
ゴスペルの英語の曲ばかりだと飽きちゃうだろうから、合間にみなさんで歌えるように、きよしこの夜や、お得意の演歌"川の流れのように" "ここに幸あり"を挟みながら。

メンバーでリンパビクスインストラクターのあねごちゃんに、踊ってもらったり、手話をみんなでやったり、プレプレメンバー20名の賛美をたのしんでもらえたようです。

予定していた曲では足りず、もっとやってくれとお願いされ、施設にあるカラオケをガシガシ入れられて、更に歌うという、面白い経験もし。急遽、発声練習したり

スタッフさん達もノリがよくて、みんなでとても楽しい時を過ごしました。



写真は、リハーサルの時もの。













キッズゴスペルコンサート

2018-12-17 20:19:41 | GOSPEL
鶴見市場駅近くにある民間学童NextStageで小学生にゴスペルを教えるようになって2年目。
土曜日に開催したクリスマスコンサートは2回目。
今年の春から1年生がドバッと増えて、2クラスになり、それはそれは大騒ぎで思うようにレッスンも進まず、大きい子クラスと小さい子クラスの差は広がるばかり。どうしたもんかと思っていたけれど、クリスマスコンサートの日程が決まり、曲が決まり、振り付けや衣装が決まって行くにつれ、いつもガチャガチャしていた小さい子クラスが1時間集中できるようになっていった。
やっぱり大人も子供も明確な目標があるとがんばれるんだなぁ。

去年の第一回目は、学童の中で開催されたが、2回目の今回は小学校の音楽室をお借りして開催。
参加者18名。
蓋を開けてみたら、みごとに全員参加。
音楽室いっぱいのお客さん(親御さん達)を前に緊張感いっぱい
特にはじめて参加する小さい子クラスは、借りてきた猫状態。緊張をほぐすため、途中冗談を言ったりして、親御さんも笑ってるのに、なかなか本領発揮しない。笑
それはそれでかわいかったけど。
小さい子クラスで12人中3人にソロを歌ってもらう事になっていて、一人の子はダントツ歌える子でなんの心配もなかった。もう二人は最後のリハーサルでも少し不安が残る状態。
でも、本番は驚く奇跡!
バッチリ大きな声で、はずすこともなく歌う事ができた!!
これには、さすがのわたしも感動

大きい子クラスは、短いフレーズではあったけど、2声でハモり、Oh Happy DayやJoe PaceのJoy to the worldと、難曲に取り組んだ。
このクラスは、全員がソロを担当。


全員で3曲、小さい子クラスだけで6曲、大きい子だけで6曲。
歌詞を見る事なく、振り付けも覚え、よくがんばりました!!


Silent Night
1コーラス目はyukaちゃんのソロ。
ソロの間、他の子は眠ってる程。
2コーラス目から全員で歌います。







子供の能力は無限です。
それぞれ能力は違うし、発揮するタイミングも違う。
だから、他の子と比べ嘆いてお尻を叩いてその能力を潰してしまわず、それぞれの子のわずかな成長を喜び、能力を引き出す術を祈り求めてサポートする事が賢明なんだと、改めて感じ入る時となりました。

指導…奥が深い。

ありがとう第二弾

2018-12-17 14:28:29 | GOSPEL
誕生日当日。今年は聖日でした。
クリスマス1週間前の誕生日。
毎年慌ただしいです。
メッセージ頂いている方、すみません。少しずつ返していきますので、気長にお待ちください(^^;;


いつも通り教会で礼拝を守り、家族、教会の方から"おめでとう㊗️"言ってもらいました。
礼拝終わりすぐ、TCGC(利根キリストゴスペルクワイア)のクリスマス発表前最終リハーサル。鏡を見ながらの練習!
リハーサル後、部屋が突然暗くなり、バースデーソングが流れ、ロウソク5本のチョコレートケーキって、まだ50歳じゃないけどね
ポインセチア、嬉しかったです!




お弁当食べながら、奏楽チームのミーティング。
ミーティングからの、ハンドベル最終練習。
思いのほか時間がかかりまして、渋滞の中、家に戻り、着替えをしてオメカシして、自由が丘にあるフレンチレストランKOSTへ。
実に6年ぶり。
シェフのご主人とパティシエールの奥様が創り出す、フレンドリーな雰囲気の隠れ家的なお店。
決して敷居が高くなく、でもクオリティが高いお料理たち

前菜からデザートに至るまで、出されるパンも手作りで、美味しい!!

8種類の前菜



エスカルゴ
添えてあるガーリックバターソースが、これまた素晴らしい



和牛ステーキ
とろけましたー




なによりこれが食べたくて来ました!!
渋皮栗のパイ。
温かいパイの上にバニラアイスとマロンクリーム



誕生日の終わりに家族に祝ってもらい、心温まる一日を振り返りました

夫からは大判のストールを、子供たちからはマッサージグッズとラッシュのボディソープとクリームとメッセージカード。
今年は受験の事で相当付きっ切りだったから、奮発してくれたらしい。これからもお世話されます。とのこと。笑





ありがとう

2018-12-15 21:56:17 | GOSPEL
昨日のGTCのリハーサル、今年最後でクリスマスコンサート直前。
いつも以上に熱が入る。

結成12年。
人が入れ替わってもいつも元気なGTC。

そんなGTCも転換期。
初期メンバーが少しずつ去り、新たなメンバーが加わって…というのが日本のゴスペルクワイアの当たり前。
一緒に歌って来た人が、さまざまな事情で離れてしまうのは、そりゃわたしも寂しい。
ガッカリする。
でも、"来るもの拒まず、去る者追わず"の世界。

来る人は意味あって来られるのと同じように、去る人もまた意味があってのこと。

また、新たな人との出会いを期待して続けていけたらと祈ります。
今までもそうして来ました。


来週土曜日は、GTCが出演するクリスマスコンサートがあります。

同じ教会で活動しているLRGとのジョイントで入場無料です。
是非お越しください。





少し早めに誕生日を祝ってもらいました。
毎年ありがとう



PV紹介

2ndアルバム収録曲より 『愛、さくら by 齋藤直江』 『Radiant by 齋藤直江』 『Go My Own Way by 齋藤直江』

ALPHATRAX TV

ALPHATRAX TVにゲスト出演しましたーー{/face_hohoemi/} ALPHATRAX TV Vol6

Light of the world PV

Light of the World / 齋藤直江

なんとテレビに出ました☆

2010年12月OAの「ハケンOLは見た!」のゴスペル講師として出演しました^m^

2010年9月JapanGospelChoirsFellowship7

1曲目『光あれ』はわたしが人生初作詞作曲した曲です。 2曲目ではセンターで踊っています^m^