美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

夏こそ野菜作りが面白い!

2006年06月12日 | 家庭菜園・野菜づくり(夏・6~8月)
気温が上がるにつれて野菜も旺盛に生育し、菜園もいきいきとしてきます。
我が家の菜園は、少数多品種の栽培なので、70品種を越えてきました。
これから夏の終りまでは、次々作業をこなし、丈夫に成長させることがテーマに。
下旬には梅雨が始まり、雑草も伸びだすので、これからは戦いです(^.^)
また、なすやじゃがいも、きゅうり等の収穫が始まります!

「もう少し野菜の栄養を詳しく知りたい
「レシピをしっかり知りたい
「野菜の選び方教えて」とのご要望がありました。
今月からは内容を少し変更しレシピと栄養&選び方を
隔月に載せていきたいと思います。

今回のおすすめ料理は、どんな豆でも調理できますが、
折角ですから旬のグリンピース、ソラマメ、さやいんげん等を
ぜひ入れてください。

今月の旬:
グリンピース、ソラマメ、さやいんげん、シソ、ごぼうetc

今月号のレシピは<我が家のレシピ♪>のカテゴリーへ
コメント   トラックバック (2)

夏老化を起こさないために【06'6 5号】

2006年06月01日 | つれづれなるままに

 

       <ニュースレター>6月号です^^。

      こちらは季節美容です。

      みゅうみゅうの専門分野です^^☆

      ちょこっとしたコトで、貴方の肌は確実に変わります!

      毎月、それぞれの季節のPointをお知らせしています。

      簡単に取り入れられるコトばかり。

      でも見落としがちなコトも多いものです。。。  

 

 

梅雨の季節となりました。

ジメジメとして蒸し暑い日々に、不快指数は増すばかり。

皮脂や紫外線量増加で、

肌が疲れやすく【夏老化】をおこしやすくなっています。

 

 

夏老化とは…

紫外線、皮脂の酸化、冷房による乾燥といった夏特有の環境刺激で、

肌の老化が進むことをいいます。

 

紫外線量の増加→シミや乾燥・シワ

気温・湿度の上昇→汗や皮脂の増加、食欲不振

冷房による室内の乾燥→冷えや乾燥 そんな外環境にもめげず、

  

肌もこころも体も、サラッと快適に過ごしたいものですね(^-^;

 

①肌をサラッと保つには、夏用の化粧品へ切り替え、 

 洗顔をより丁寧にすること、が大事になってきます。 

 Tゾーンの乳液・クリームを少な目にし、化粧崩れを防ぎましょう。

②むくみがちな足を、足首から上に、ふくらはぎをリンパマッサージ。 

 足をスッキリ引き締める美容液をとりいれても◎

③マッサージやパックなどのケアで、夏老化に負けない肌をつくりましょう! 

 キメをふっくら整えることで、化粧崩れやくすみ、乾燥からさよなら。

④東洋医学の気血水理論に着目した健康食品で、バランスの整った、 

 

 

夏バテしない体づくりへ!

コメント