パッキーの多言語日記(ヒッポファミリークラブ板橋)

ヒッポファミリークラブの仲間や色々な国の人と出会って体験する面白い話を紹介。外国人専用ゲストハウスもやってます。

ワンルームで女子会・・いや・・オバ会

2017年03月14日 | 今日の小ネタ

前回書いた、ワンルームマンションをいよいよ引き上げることになり、

それを聞いて、よくこのブログに登場するジョイナーと

何かと介護相談で頼っているAちゃんと3人で女子会というか・・・「オバ会」を

狭い部屋でやることになりました。

 

なんたって椅子は一個しかないし、3人どうやって座るか

二人が来る前に配置を試行錯誤したものの いかんせんこのスペースでは

まさかの立ち飲みか?しかも部屋なのに 

 

と考えていたところにAちゃん到着

私の想定したレイアウトだと、一人が椅子で、一人がベットの上に座り

ならんで、机に向かって二人で座るって・・・なんかこの配置、若い子ではあるまいし

無駄にドキドキしそうな 変な位置 

 

ところが、さすが関西人の(関西の人すみません)Aちゃん 

「だめだめこれじゃ3人座れないし、床でしょ、床」ということで、3段のミニ箪笥をなんと

横にしそれをテーブル代わりにして、まあ、立ち飲みよりはいいけど。

即興の宴席が出来上がりました。(管理会社の人、すみません

 

そして3人がぐっと顔突き合わせて座ってみると、なんだか若かりし頃を思いだし

くすっと笑ってしまいそうな・・・・微妙な学生気分

 

とは言えど、さすが皆 主婦 その辺のお菓子やスナックではなくて、

揚げたり、煮たり、和えたり、焼いたりと手の込んだ料理が並び豪華な宴会となりました。

 

それにしても、初侵入のワンルームに 二人とも狭いね――と言いながらも

 

「あっつ、醤油はどこ」

「冷蔵庫だよ」 立たずにドア開け

1秒後には醤油お出まし。

「ビールおかわりちょうだい」

「はい」立たずにドア開け

1秒後にはビールお出まし。

というわけで、意外に便利なこの生活を皆、満喫し、夜も更け解散となったみたいです。

みたいです・・・そう、帰る必要のない私は、いつもの持病でその場で寝てしまったらしい。

 

そして、翌朝、撤収直前なのでできるだけ物を置かないようにしていた冷蔵庫。

開けてみると、本当に食べる物がほんのわずか、喉も渇き・・・

なのに、持ってきてくれたビールや酎ハイだけはゴロゴロしており

しょうがないから、朝から酎ハイ・・・いああ、ヤバイ ヤバイ、やめておこう。

こうしてパッキーのワクワク、ドキドキ、せませまの楽しかったワンルーム体験が終わりましたとさ。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パッキー放浪記

2017年03月13日 | 今日の小ネタ

色々あった一週間、いや一ヶ月 

その中でも最大のイベントは引っ越し。

自宅マンションを全面リフォームするので、仮住まいすることになりましたが、

介護も抱えており板橋から離れられず、自宅近所で人生初のワンルーム一人暮らしを

始めました。

 

あっつ、その前に

<注意:今回のブログはあまり想像せずに、読み流してください。>

 

マンスリーワンルームマンションなるもの、言葉は知っていましたがこの歳で自分が体験するとは。

パッキーハウスのように箸、皿、コップ、トイレットペーパーから家電品、すべてそろい

自分は衣類と食材を持参すればすぐに生きていけるんです。

 

ですが、そのコンパクトさに慣れるまでは・・・・

玄関入ると左手にトイレとシャワーがユニットで、一歩進むと洗濯機と流しでそこから

一歩進むとベットで反対側に冷蔵庫と机にテレビ。  以上。

 

初めは、「一人暮らしで、風呂場で転倒したら」とか、想像してたけど

転倒するにも、10cm傾くと壁に当たるので、その心配はなく。

 

そして、最大の難関はシャワーの時の着替え。

脱いだものを置くところが無いので、洗濯機に入れようとしたら

洗濯機の上には食器籠が置いてあり

その食器籠には洗った食器が置いてあり

それをしまうには拭いてからでないとしまえず

と言うわけで、具体的に想像してほしくはないのですが

結局、風呂入る直前状態のかっこで、食器拭いてーー みたいな状況になり

 

で、ここから学んだことは、

ひと仕事ひと片付け 

兎に角 物を置く余分なスペースが無いということは

一つ作業をしたらそれを片付けないと次の動作に移れない

そして、他に置くところがないから、物は必ず元の位置に戻るしかない

 

んーー深いわ  「ワンルームに学ぶ人生の動線」 本屋大賞狙えるか?

 

と、そんな話を周囲の仲間にしていたら、それもぶっ飛ぶ 

究極の答えが・・・・

「だったら、パ〇ツで食器拭いたら 

 

というわけで、こんな風に楽しくすごして一ヶ月。

やっと慣れて来たところで、今度は父と同居することになり、

寅さんの如く、最小化した身の回りの物を持参して

放浪をしているパッキーでありました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多言語紙コップ

2017年03月04日 | ヒッポファミリークラブ

グーテンモルゲン パッキーです

歯医者さんの話だから・・・ドイツ語の挨拶です。

 

さて、このブログでもよく登場するママ友のジョイナーは

元ヒッポ仲間で、現役飲み仲間で、現役トライアスロン選手で

ちなみに、歯医者、もやっています。

そして、結構繁盛してるらしい。

 

先日歯が痛くなり、急に行ったのですが、

取りあえず診察台に座って、

いや、そこで寝て 世間話をしてから

診療に入るという、超アットホームな(私だけかも・・・)歯医者です。

 

で、その時 すごい物を発見。

「では、口をゆすいで下さい」という

あれ・・・・

椅子を起すと、自動的に脇から

テーブルが出てきて、水が出るのですが、

それを受けるコップが

何気なく見てたら、なんと 多言語紙コップでした。

 

夢、花、心、笑顔、平和などなどが

日本語、英語、スペイン語、ドイツ語、韓国語 中国語などなどで

書かれていて、すごーい!ツボにはまった私に 

 

そんなに気に行ったなら持っていけばと

全種類もらいました。 

 

わーーい これヒッポに持って行こ  と思っていた矢先

見抜いたかのごとく

「皆に見せる前に、ビール入れて使わないようにね!」

とポイント付いたアドバイス頂きました。ハイ

そして、ジョイナーと妄想している将来の計画は

昼は多言語デンタルカフェ  夜は多言語デンタル居酒屋

 

昼はゆっくり診察台でくつろぎ 

夜は「口をゆすいで下さい」の

あの蛇口から、ビールが出てこの紙コップで飲む 

って、斬新すぎる

 

あーあ 余りに色々忙し過ぎて、こんなことでも言って笑ってないと

やっていられない私達でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペルー留学

2017年03月04日 | ヒッポファミリークラブ

ボンジアー トドべん  パッキーです 

ヒッポ仲間のMG-チャンの娘のマリナ・・・大学生ですが

留学で、なんと ペルーに旅だちました。

ペルー ペルー ペルー なんだーー

 

これはまた、遠いところへの留学ですが、

原住民の生活に興味があるとのこと。

これから、1年どんな生活が待ち受けているか、本人自身がブログを開設したとのことで

早速読んでみると、なんか臨場感あって、引き込まれる文章。

 

是非、読んで、応援してね。

ちなみに写真は早速、観光で出かけたボリビアのウユニ塩湖の写真です。

綺麗ですが、大変なこともあったようで・・・・

続きは ブログで!

 マリナのブログ

http://panconpan.hatenablog.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界ほめほめ広場

2017年03月02日 | ヒッポファミリークラブ

チャオ  パッキーです 

ヒッポでは春、夏のお休みに青少年たちが、海を渡りホームステイにでかけます。

私の主催しているところからも、アメリカ、韓国と3名が旅立つ予定で今準備を進めています。

 

そして、その準備にあたり、交流手帳なるものが配布され、

出発までに100個の冒険をしよう!というページがあります。

 

冒険と言っても、大きなことではなくて、日常でなかなかできないことを一歩踏み出してやってみよう!

と呼びかけているのですが、

たとえば、相手の目を見て話すとか、

相手を誉める とか

でもでも、とかくこれらの事が苦手なワタシタチ。

そこで、発案したのが

ゲームでトライ 「世界ほめほめ広場」

って名前は勝手につけました

 

以前「世界街角挨拶」というのがあり

集まった仲間たちが、会場内をそれぞれ歩き

出会った人と挨拶して、ハグをして別れる

というものでした。今回はそのほめほめバージョンで

「Bonjor 元気?」と挨拶を交わしその後

相手をほめるという簡単な流れ、

でも、これが意外に難しくて、

急に出会った瞬間に何をほめていいのか?

大人も、子供もすぐには出てこない!

 

ネックレスなどしていると言いやすいのですが 

ほっぺが赤くてかわいい! とか

シャツの色がステキ! とか

私は小学生から

いつもヒッポの場をまとめてエライ!とか言われて

 

でも、でも 大人も子供も褒められると意外に嬉しいことが発覚

面白いから、是非やってみてね。

 

そして、やってみた検証結果は

どうしても、褒められることに慣れないワタシタチ

すてきーー

って言われると、「そんなことないのよ、安物でーー」とかとか、言ってしまいがち。

でも、ここは一つ

そおーー  ありがとう  って思いっきり喜ぼう。

これも練習ですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お笑い係

2017年02月26日 | 今日の小ネタ

今日はほっこりするヒッポメンバーの男の子の話です。

小学1年のA君はお姉ちゃんたちに囲まれてお話がとっても上手 そしてひょうきんで

皆をいつも笑わせヒッポでも場を和ませてくれます。

そんな彼のある日のエピソードがとっても心にしみたので、アップします。

 

ある日小学校で、係り決めがあり それぞれが

黒板ふき係り、エサやり係りなど、小学校らしい係りに皆が立候補

ところが、A君はなんと 「お笑い係」を作り立候補したとのこと。

「お笑い係」って? 皆を笑わせ係りらしいです!

 

しばらくたって、皆はそれぞれの役割をちゃんと進めている頃

A君がその役がなかなかできなかったので、先生が

「そろそろ、何かやらない?」と聞いてきました。

立候補したもののA君。

皆を笑わせるのはなかなか勇気がいること、

ずっとできずに、悩んで、ある日とうとう先生に係りを変えてもらうことを

意を決して申し出ました。

 

すると、その先生、ここがすごいと思いますが、

「せっかくだから、一回だけでもお笑いやってよ」とやめることをすぐに

OKせずに、再度トライすることを進めたそうでうす。

そこで、A君は自宅で家族を前にして、夜、何度もお笑いの練習。

そして、とうとう、学校で皆の前で、ネタを披露したそうです。

 

するとなんと、皆がゲラゲラ笑ってくれて 大好評。

しかも、それを見ていた子供たちが8人も

お笑い係りに立候補。 

 

私たちはテレビのお笑い番組を見て、ゲラゲラ笑ったりしますが、

考えてみると、人を笑わせるって結構勇気がいることですよね

 

今回 A君は 先生のグッドアドバイスのもと、頑張ってみて

きっと自信になったのではないでしょうか。

ヒッポの場では多言語も話しますが、こんなかわいいエピソードも

聞くことができます。

何語が話せます というのも大事ですが、

自分の気持ちを皆の間で話して、

そして、それを皆が暖かく受けとめてくれる仲間がいる、そんな環境があることが

幸せな事だと思います。

この環境がもっと広がるといいなーーー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すっかり立派になりました。

2017年02月20日 | ヒッポファミリークラブ

アパカアール パッキーです

先日、荻窪のとある劇場に「劇団だるま座」の公演を見に行きました。

全くその筋については疎いのですが、

以前にもこのブログで紹介した、1歳ぐらいの時に板橋でヒッポメンバーとなり

その後、九州に引っ越して、今はモデルと女優さんを目指しているという

「葵 夏穂」ちゃんが出演するというので、応援に行きました。

 

地下の会場は階段を降りると、もう満席で、席と出演者の距離が近い近い、

そんな中で、夏穂ちゃんが出るのを待っていたのですが、熱気むんむん。

 

当初、半分は応援だったのですが、その内容にゲラゲラと笑いはまりだし、

年配の出演者も円熟の魅力で、かなり演技が上手く、迫力のお芝居でした。

 

そして、いよいよ夏穂ちゃんの登場。

写真のごとく、あでやかな衣装で、劇団の華のような役柄でした。

すっかり、美しくなり、終了後話をしたのですが、

板橋でのヒッポのことはほとんど覚えていないとのことでした。

でも、これから語学も色々やりたいとのこと。

歌って、踊れる多言語女優さん。 

頑張ってね アニモアニモ。

 

で、最後に写真撮らせて――と言ったら、すぐにステキなポーズをしてくれて

素人のワタクシが撮っても、なんか、ブロマイド(古いか)見たいな写真になり、

さすが、プロのポージングでした

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きれい!についての解説

2017年02月19日 | ヒッポファミリークラブ

サワディーカー  チャンチュー パッキー カー

 

先日、ヒッポの後にタイ料理に行きました。

私の活動拠点の板橋区O山はほんと、沢山の色々な国の料理店があり

気分により、インド、ネパール、イタリアン、タイ、はなの舞 と選び放題。

 

そしてこの日は多言語料理大好きのSとタイ料理に行きました。

その店は、40代ぐらいの奥さんが一人でやっていますが、

私たちがタイ語を大放出していたら、色々話しかけてきてくれて

超フレンドリー 料理を作りながらも、

「最近はね、タイの人も <きれい> にやっと慣れてきましたよ」って

早速、私たちが好きそうな話をしてくれました。

 

これをタイ語若葉マークの人に話すには、まず前説が必要ですが

私たちは 「そうなんですねー」ってすぐにわかりました。

 

説明すると、タイでは「綺麗」って言うとすごく失礼だから言わないほうがいいって、

都市伝説的にヒッポではよく聞いていたのですが、日本人はどうしても

綺麗なものを見るとつい言ってしまい

特に、女性がきれいだと 反射的に きれい と言いがちですが

タイでは・・・・

 

で、タイでは日本語的なニュアンスだと「きれい」はどれぐらい失礼なのか聞いたら

「ブス」にちかいですよとの解説 

その上、きれい の音に近い キデエイー?みたいな言葉が

なんと 「雑巾」らしく

きれい、きれい と 重ねて言った日には


ぎゃあ”---私にはこれ以上書けませんが。



というわけで、濃厚スープのトムヤンクンをアロイマーと

頂いている最中もずっと、

色々苦労話を厨房から発信していたタイの奥さん。


その後、どんどん人が入って来て、一人で調理、配膳全部やっているので

慌ただしくなり、

私たちは早々に退出したのですが、

「ランチ750円」を 

タイ語で言いたい私に、超忙しいのに、いやな顔一つせず付き合ってくれました。

コップンカー



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です!

2017年02月19日 | ヒッポファミリークラブ

たけほー  パッキーです 

本当 長い時間空いてしまったこのブログ

 

その間、色んな人に読んでますよって、言ってもらったりして(強縮です)(恐縮です)

その間、人との出会い、書きたかったことも色々あったし ことばの発見も色々あったり

その間、人生最大のイベント!引っ越し(リフォームのための一時的)というのもあり

    気が付いたら、衣類一式の段ボールが違う場所に運ばれて、着の身着のままで

    クロックス履きで、閉店間際のYカドーに衣類や靴、歯ブラシ、石鹸を買いにいく

    羽目になり・・・・確か飛行機でも一泊分の着替えなどはスーツケースがどっかいったり

    しても大丈夫なように、手荷物に入れるってあったよなーーと後で思い出し。

 

ベテラン引っ越し先輩に聞いたところ、

そりゃーー段ボールは 箱の上と側面4か所に行先を書かないとーーって

後から聞きました。

そして引っ越してやっと一週間。なんとか、何とか生きてます。

心機一転 また、楽しんで書きます。ヨロブン チャイプタケー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はポンポン肌で!

2017年01月08日 | ヒッポファミリークラブ

アンニョンハセヨ

大分、ご無沙汰のブログでしたが、書き溜めた記事があり

発掘してきました。

これは1月の話ですが、   蔵出しブログ

 

 

新年早々、長らく交流している韓国は群山から高校生の団体35名がやってきました。

2時間だけの交流会を企画し、池袋地域で100名近い参加があり

若者熱気ムンムンの楽しい会となりました。

 

で、それとは別にいつも先生との宴席が持たれるのですが、

 

先生たちは毎回沢山のお土産を持ってきてくれます。

 

ご当地焼酎の チョンチョロン 

これがほんと美味しくて、今回もいただきました。

水が良い地域とのことで、焼酎も美味しい!群山です。

 

そして、日本酒に合いそうな、韓国的塩辛やカツオの酒盗的なものなども多々あり

あー幸せ。

 

そしてそれらを見ていたら、ワタクシのまあ、はしたない、

おばちゃん根性がムクムクと湧き 

次回のお土産は何がいいかな――って妄想してしまいまして、

 

そうだ

実はえごま (シソの葉のような感じですが)それをコチジャンや醤油などに付け込んだ

缶詰があり、それがすっごく美味しくて もうアツアツごはんにサイコー!

 

って、妄想していたら、ついついリアルな状態になり

「あの、次回のお土産は えごまのしょうゆ漬けの缶詰でーー」と

リクエストしてしまった・・・

 

そんな私を見ていたヒッポ仲間のMちゃんが、

 

「それはちょっとパッキー ポンポンハダ じゃない」

 

「えっつ、ポンポン?

 

それを聞いた 先生たちが

「ネー ポンポンハダ」と大笑いしていましたが、

「でも、そうやって具体的に言ってくれたほうがいいですよ

とのこと。

ポンポンハダってなんか、お肌ピチピチって音の感じだけど

察するに、この意味は  みたい

 

でも、何でも言ってくれた方がお土産は悩まなくていいですと

好感を持ってくれたんで、良しとして、

 

この ポンポン肌 意外に いけそうじゃない。

ということで、今年はポンポン肌で行こうと決めた1月でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年快楽

2017年01月03日 | 今日の小ネタ

スノービンゴーダム  新年快楽

あけましておめでとうございます。 年々気力、体力、衰えるも、体重衰えずですが、

今年もなんとか 頑張ります。

 

で、新年といえば、駅伝。

恒例の ママ友というにはあまりにも古い表現ですが

ジョイナーと箱根駅伝を、With アルコホールで テレビ観戦しました。

 

なんたって、ジョイナーの最近はトライアスロンランナーとして

そのジャンル(シニアの部?)ではすっかり有名らしく、世界各地で開かれる大会にも

ご招待とのこと。そんな名ランナーとの観戦は解説はもとより

走る場所をどこにとるかの位置取り説明から、選手の体感まで説明が入り

まるで、平面のテレビが3Dのよう。

 

そうそう、その位置なら風がよけられるから、しばらくそのままで 

団体についってったほうが楽だから

などなど、監督が乗る運営管理車かって感じですが、

ど素人の私でも、臨場感が増します。

 

その合間に、ビールやらマッコリやらでこれはもう

最高のアリーナ席って感じですが・・・・

 

 「おっと、タスキを渡して選手が倒れ込みました、これはどうしたんでしょうか」とテレビが言うより早く

 

「あたたたーー あーーこれは足がつってる、つってる、痛い痛い これは痛いよーー」と

テレビを見ている私たち全員が足をさすってしまうようなナマナマしい解説付き。

 

その後、テレビの解説者が

「これは、足でもつったんでしょうかねーー?」と今更の説明。

 

などなど、楽しくも真剣勝負の箱根駅伝観戦。三が日の二日間を

6時間つづとられてしまうのは、結構な贅沢ですが、

こうして今年もまた、無事に新年を迎えられたことに感謝です。

今年もよろしくご愛読を!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリアから

2016年12月25日 | ヒッポファミリークラブ

キッデイ?

ご無沙汰のブログですが、先日のヒッポの集まりにオーストラリアから

ゲストが来ました。

「キッディ?」の挨拶は以前会ったオーストラリアの人に

行き成り言われたでよく覚えています。

会って行き成り 「綺麗?」と言われたので 

えっと?思いましたが、これがオーストラリアの挨拶

「Good day?」 だったんです。

 

で、今回のオーストラリアの彼 もともとはフィリピンにいて

その前は韓国にいて、その前は池袋に住んでいて、その前は

うちの近所の板橋区だったんで、まあ、長い付き合いの今は高校1年生。

 

お父さんが、日本人、お母さんが韓国、そして中学で語学留学で

フィリピンに住み、その後高校はオーストラリアに留学という経歴で

こうなると、よく言うアイデンティティーもなにも気にせず

日本語、英語、韓国語をどれもネイティブ並みにのびのびと話していました。

 

現在は、長――い2か月の夏休み?で一時帰国しておりますが、まだ頭は英語モードなのかな

なので、日本語の話の端々に英語が入ってきます。

そこだけ、すごい英語の発音になるので、

 

「あっつ、ごめんなさい、日本語で話すと・・・と言いながら

その英語を日本語の英語にしてくれます・・・・って

ややっこしいけど 

 

まあ、ゆうたら、こんな感じ

たとえば、マックの話であれば

マクダーナル (日本語で表記できませんが)

とつい言ってしまうところ

あ、ごめん、日本語で言うと マ ク ド ナ ル ドーー

みたいな、使い分け。

 

面白かったのは、すでに、オーストラリアに一年住んでいるので

英語が、前のフィリピンにいた時とは違った英語になっていたんです。

本人が言うには、オーストラリアに行ってみて、今まで話していた自分の背景にある

韓国語、日本語、フィリピンの英語からオーストラリア英語を含み

新しい自分の英語ができていいる感じがするとのこと。

 

ことばとは机の上だけでやるわけではないので、こうして周りの環境の中で人と人との間で

育っていくんだなとその現象を目の前で見せてもらって、つくづく感じました。

 

そして、私的に一番受けたのが、超マニアックですが、

 

日本語を勉強した韓国人の日本語の真似を韓国と日本のハーフの彼がやってくれた瞬間。

私的最高瞬間視聴率100%  

 

、か、ら、これはねーー  (うーーん文字に音がでないのがじゃんねん

ですが、これがそっくり、あるあるの言い方なんで

つぼにはまりました。

 

というわけで、そんな環境の中で育ってきた彼、大学では言語学と物理を

専攻したいと張り切っていました。

わーー また 今度は冬休み(日本では夏だわ)に会えるのが楽しみです。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パリの思い出

2016年12月04日 | ヒッポファミリークラブ

ボンジュー  このブログ タイトルはステキですが、中身は私が書くんですから

結局は毎度の小ネタです。

 

先日のヒッポの集まりで、アパレル関係の仕事で、服の販売をしているとう

Mの話を聞きました。

都会のど真ん中に位置しているので、海外からのお客さんも多く、

特に中国からの人が爆買い!とのこと。

日本人も韓国も中国も外見は変わらないけど、なんとなくその雰囲気から中国の人かなって

わかる・・らしい。

 

この話を聞いて、思い出したのが、かれこれ15年ぐらい前ですか、

ヒッポの家族交流でフランスの片田舎に行った時のこと。

 

帰りにパリで観光をしたのですが、その時、現地で有名なギャラリーラファイエットとう

デパートに行きました。 写真はHPから持ってきたものですが、まあ立派でしたわ。

 

そして 何気なくお土産コーナーを歩いていたら店員さんに声をかけられました。

 

 「いらっしゃいませ」

 

 えっつ、なんで、私が日本人ってわかったの? くやしーー

 

そこで、さすがヒッポ人の私

「ニーハオ」 と 切り返しました。

すると、店員さん、

おっと、読み間違えたかと思い

「歓迎光臨 ファンエンコンリン」

と中国語で対抗してきたので、

それならこちらは

「アンニョンハセヨ」 と また 変身すると

 

えっつ、それなら

「オッソンシプシオ」 と  韓国語で対抗

 

 おぬし なかなかやるなーーと 私が感心していたら、

店員さんもさすがに

 結局どこの国の方ですかと 聞いてきました。

 

そこで、多言語活動の話などして、大盛り上がり!

 

その店員さんも、外見はアジア系でしたが、

中国の方ですが、出身地域では韓国語も話しているとのことで

中国語と韓国語と、フランスに長くいるので、フランス語に

英語ができて、日本語は勉強したとのこと。

 

というわけで、高級デパートでは何も買わずに帰りましたが、

楽しい時間を買うことができました。

メルシーボック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パワーポイント

2016年11月23日 | 今日の小ネタ

久々、電車の中の小ネタです 

ついつい電車の中で「何語を話しているのかな?」って

聞いてしまう、癖、サガ、がある私

 

今回は究極な日本語バージョン

なので、全部わかり、その話が意外に面白くって・・・

 

先日電車に乗っていたら、込み合う電車の中で、高校生らしき二人の学生が話している会話が

耳に飛び込んできました。

 

ふと見ると、二人が乗った駅のそばには全国有数の進学校があり

そこの学生だということがすぐわかったので、どんな話してんのかなーーって

思ってしまい。聞くともなしに。

 

どうも会話の内容は、受験のことらしく、

こんな時日本語だとほんとすべてわかるから、すごいわーー、さすが日本語

 

その中高一貫の学校に、一人の子は高校から入ったようで、

その話によると、英語の試験のレベルがスっごく高くて

準1級ぐらいありそうとのこと。(これを中3で受けるわけですから難関だわーー)

 

で、さすがというか、その問題の解き方を話していたのですが、

英語は全部読まなくても、ポイントを押さえてれば、4択ぐらいさっとできるとのこと。

しかも、その問題の内容が小学校のころ習った、「てこの原理」の話で、

図も書いてあったので、英語よりも、内容としてすぐに理解できた・・・らしい。

すると その中に出て来た、単語で 

power point というのがあり

意味がわからず、

一瞬 パワポ?と思ったとのこと。

 

そうだよねーー私もそう思う(と私が エアー会話で参入)

確かに、これだけ世の中にパワーポイントが普及していると

もはや、それしか想像できないでしょ。

 

だが、会話は続き、

その図から意味はすぐにわかったらしいけど、

考えたら

 

power と言えば、 力

point   と言えば   

 

ということで、 力点

すごい、こんな直訳でいいんだって思いましたが、

無事に彼が入学しているところを見ると当たっていたんでしょう。

気になって思わず、帰宅後 ググってしまいましたが、

難しい言い方もあるみたいだけど、パワポでもいいらしい。

ということは、あのプレゼンの時に使うパワポって

どんな意味合で付けたのかなって逆に気になる

 

 

というあたりで、私は下車駅となったのですが、考えたら英語と言っても

物事や感情を表現をする手段にすぎないのですから

英語だけやるより、むしろ中身のある人間になれってことですかねーー

世の中、一生、学びですね。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9年目突入

2016年11月23日 | パッキーハウス/PakkyHouse

タケホー  台湾の挨拶です。

 

今年10月でゲストハウスの

パッキーハウスは9年目を迎えました。

思い起こせばリーマンショックの年にスタートという

逆境からのスタートでした。

 

その後、徐々に軌道に乗り、管理会社のサクラハウスから

保有物件の中でも、有数の好感度物件とお墨付きを頂いたことも。

しかし、2011年 

東日本大震災では日本は原発で危ないという世界からの視線も浴びて、

二人の住人を残し、あとは強制帰国やら、日本脱出、

中には、スーツケースなど置きっぱなしで、あわてて帰国と言う人もいました。

 

そして、時が経つにつれてぼちぼちと帰りだし、

TOKYOオリンピック開催決定、インバウンド景気なども重なり

順調な動きで今に至ります。

 

そんな中でも嬉しかったことは

以前住んでいた人が、再度また住んでくれたという イギリスからのリピーターがいたり

 

会社の同僚が日本に行くと決まり、自分が以前住んでいたパッキーハウスを推薦してくれた

ドイツの人がいたり、

 

そして、今回は今住んでいる人が、日本に来る友達に、紹介してくれて

入居が即決まったりと 有難い繋がりがあります。

 

長く続けたいパッキーハウス。

今後も世界の方々お待ちしています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加