比企の丘

彩の国・・・比企の丘・・・鳩山の村びと
拙ブログの記事のリンク、写真の転用はご自由に。

信濃の国・・・更科・・・姨捨の棚田・・・雪景色

2017-02-28 | 信濃の国は

信州更級・・・「田毎の月」で有名な「姨捨の棚田」の雪景色。
信州上田の・・・六文銭の写真帳・・・
※ブログ「比企の丘から」のギャラリー公開。
今回は「上田六文銭」さんの画像提供です。
姨捨の 棚田の郷の 雪だんだん


※信濃の国・・・古代「古事記」では科野国、8世紀初頭あたりから信野国、信濃国と表記されるようになった。野も濃も助詞「の」の当て字であり、「信」を「しな」と読ませるのも無理がありいい加減です。地名の由来は諸説あるが①「科の木」が多いからとか、②「しな」は「階」・・・階段状の山の繋がりが多い国からとか・・・この風景を見ていると②の説をとりたい。①の科の木は信州ではあまり見かけない木だ。ちなみに「更級」は「山々が更に(much more)続く」という意味・・・だと思う。

冠着山(1252m)・・・姨捨山、冠山、更級山、坊城、小初瀬山と古くから呼びはいろいろ。


姨捨から善光寺平を見る・・・青く光るのは千曲川、手前は千曲市稲荷山、その奥に篠ノ井、川中島、長野市街。
奥の中央の山は飯縄山(1917m)、左に見えるのは高妻山(2353m)かなあ。
※撮影日は2月1日、Panasonic LUMIX DMC-FZ100。
善光寺平(ぜんこうじだいら)・・・地理学的には長野盆地というらしい・・・。長野市街を中心に千曲川、更級川、犀川、裾花川、松川などのつくった沖積平地をいう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩の国・・・吉見町・・・久しぶりの八丁湖・・・の散歩

2017-02-27 | 比企の丘から

吉見町八丁湖・・・一周1.8㎞の散歩コース。
山の上の小鳥さんにも逢いに行ってきました。メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ、ジョウビタキ君たちに逢う。

八丁湖の人気者・・・猫ちゃん(ひとの放置猫です)・・・寒い冬をよく凌いだね・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017冬・・・北本自然観察公園・・・樹の幹を敲く音で・・・コゲラさんに逢いました

2017-02-27 | 生き物大好き


2月、久しぶりの北本自然観察公園です。

埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園(管理・埼玉県生態系保護協会)は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年7月にオープン、32.9ha。(北本自然観察公園のHPより)

大勢のかたが自然に親しめるように作られた開かれた公園です。
湿潤な道はこのように木道が設けられています。

今日はこの公園に冬に訪れる小鳥さんに逢いに来ました。

樹の幹を敲く微かな音・・・コゲラのドラミングで姿を見つけました。
※撮影は2月14日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
※コゲラ・・・キツツキ目キツツキ科、14~15㎝前後、基本的には留鳥、寒暖に合わせて標高移動、緯度移動をする。食性は雑食だが主に樹の幹の中の昆虫類。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒタヒタと 春の足音 梅五分に咲き

2017-02-27 | 比企の丘から

蜜蜂の 翅音微かに 梅の春

※撮影は2月24日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS14~140mm。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩の国・・・母なる川・・・荒川の畔・・・今年も・・・コミミズク君?に逢いました

2017-02-26 | 比企の丘から

北の国から越冬に訪れたコミミズクちゃん・・・に逢いました。2年ぶりかなあ・・・
バックヤードの緑が春を感じさせます。

※撮影は2月26日16:20 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
今年も日本に来てくれてありがとう。姿を見ただけで嬉しくなりました。
菜の花の散るころまで・・・ユックリしていってね・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017冬・・・北本自然観察公園・・・アオジさんに逢いました

2017-02-26 | 生き物大好き

2月、久しぶりの北本自然観察公園です。

埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園(管理・埼玉県生態系保護協会)は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年7月にオープン、32.9ha。(北本自然観察公園のHPより)

大勢のかたが自然に親しめるように作られた開かれた公園です。

今日はこの公園に冬に訪れる小鳥さんに逢いに来ました。



黄色いけれど・・・アオジさんです。
※撮影は2月14日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
※アオジ・・・スズメ目ホオジロ科、15~16㎝前後、北海道や本州中部以北で繁殖し、冬期に南に移動して越冬する。関東では冬にしか見かけない。植物の種子、小昆虫を食べる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の足音・・・日本ズイセンが・・・今ごろ満開です

2017-02-26 | 趣味の園芸

いつもなら師走に咲く日本ズイセン・・・なぜか・・・今ごろ満開です。
※撮影は2月24日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS14~140mm。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017冬・・・北本自然観察公園・・・シメさんに逢いました

2017-02-25 | 生き物大好き

2月、久しぶりの北本自然観察公園です。

埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園(管理・埼玉県生態系保護協会)は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年7月にオープン、32.9ha。(北本自然観察公園のHPより)

大勢のかたが自然に親しめるように作られた開かれた公園です。
湿潤な道はこのように木道が設けられています。

今日はこの公園に冬に訪れる小鳥さんに逢いに来ました。

シメさんが湿地の中のブッシュに留まっていました。
※撮影は2月14日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
※シメ・・・スズメ目アトリ科、18cm前後、本州中部以北、北海道で夏に繁殖、冬に南に移動。関東では冬鳥。太いクチバシで木の実、草の実の種子を割って食べる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の足音・・・いつのまにか・・・洋ランの女王・・・カトレアの花が咲いてました

2017-02-25 | 趣味の園芸

いつのまにか洋ランの女王カトレアが咲いていました。
※撮影は2月24日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。

カトレア・・・中南米原産のラン、カトレアの名前はヨーロッパで梱包の緩衝材から最初に花を咲かせたWilliam Cattley(英)にちなんで。熱帯雨林の中の着生植物で、密生した樹林の中で匍匐根が樹皮に絡み付いて生きている。空気中の湿気を吸収しているのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017冬・・・北本自然観察公園・・・モズのお嬢さんに逢いました

2017-02-24 | 生き物大好き


2月、久しぶりの北本自然観察公園です。

埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園(管理・埼玉県生態系保護協会)は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年7月にオープン、32.9ha。(北本自然観察公園のHPより)
大勢のかたが自然に親しめるように作られた開かれた公園です。

今日はこの公園に冬に訪れる小鳥さんに逢いに来ました。

百舌鳥さんです・・・眼過線が黒くないことからお嬢さんです。
※撮影は2月14日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
※モズ・・・スズメ目モズ科、19~20㎝前後、基本的には周年生息(留鳥)、季節により標高移動。食性は動物食で、昆虫  節足動物、甲殻類、両生類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類など。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春の庭・・・菜の花の蕾が・・・今日は芥子醤油で

2017-02-24 | 比企の丘から

菜の花の蕾が見えています・・・もう食べられます。

菜の花のオシタシ・・・芥子醤油和えです。醤油、胡麻油、ひねり胡麻で和えるとナムルになります。

※撮影は2月23日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS14~140mm。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017北本自然観察公園・・・冬の小鳥さんに逢いに来ました・・・ジョウビタキのお嬢さんです

2017-02-23 | 生き物大好き

2月、久しぶりの北本自然観察公園です。

埼玉県自然学習センター・北本自然観察公園(管理・埼玉県生態系保護協会)は、埼玉県の「里地里山」の自然環境を残しながら、野生の生きものがくらしやすいよう、また来園される方が自然に親しめるように整えられた公園です。1992年7月にオープン、32.9ha。(北本自然観察公園のHPより)

大勢のかたが自然に親しめるように作られた開かれた公園です。
自然そのものの里山、木や草や生きものを見ながらゆっくりと散歩するのがイイですね。
わたしの鳥見の入門・・・鳥さんのことなど知らなかったころ家内と散歩して鳥さんに興味を持ったのがこの公園でした。
誰でも最初は初心者です。

今日はこの公園に冬に訪れる小鳥さんに逢いに来ました。

ジョウビタキのお嬢さん・・・工事用の看板に留まっていました。



アラっ~・・・
※撮影は2月14日 Panasonic LUMIX DMC-G7 H-PS100~300mm。
※ジョウビタキ・・・スズメ目ヒタキ科、14~15㎝前後、夏にユーラシア大陸北部で繁殖、冬に移動してくる。食性は木の実、昆虫など。

※ただいまクヌギ林を伐採しています。クヌギは関東では里山の主、薪炭を提供をする里山の主役でした。20~30年周期で伐採・萌芽を繰り返していました。いまは薪炭の時代ではないので放置され自然倒木が進んでいるいるのを多く見ます。里山再生はどうなるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩の国・・・比企の丘・鳩山の里の・・・春の便り・・・蕗の薹

2017-02-23 | 比企の丘から


庭の隅にフキノトウが5粒ばかり顔を出しています。
蕗味噌炒めもイイが・・・天麩羅でたべたいなあ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016ネパール紀行・終章・・・カトマンドウ・・・ヒンドゥ教の聖地・・・パシュパティナート寺院

2017-02-22 | 道を行く 海外

2016年ネパール紀行・・・の最終章、ネパールの首都。世界文化遺産・・・カトマンドゥに戻ってきました。
旅の最後はネパール最大のヒンドゥ教の聖地・・・「パシュバティナート」。
パシュパティ」・・・はヒンドゥ教の三大神のひとりシヴァの神の化身「金の角を持つ鹿」、「ナート」はご主人、神。

・・・彩風人の写真帳・・・
わたしの撮った写真ではありません。
比企の丘からブログのギャラリー開放です。

聖なる河「ガンジス」の支流、聖なる河「バクマティ川」の畔に立つパシュパティ寺院はネパール最大のヒンドゥ教の寺院であり巡礼の訪れる聖地、インド亜大陸にある世界の四大シヴァ寺院の一つ。
聖なる川に沿って6台の火葬場(アルエガート)があり、ここで火葬された輪廻転生を信じる死者の遺灰は聖なる河「バクマティ」に流される。その傍らには沐浴場があり、洗濯場があり、お供物を食べる猿がいる・・・聖地であり信仰の場ですのでリアルな写真は割愛しました。





※撮影は2016年12月。
※いつのまにか長々と彩風人の旅した「ネパールの旅」を38回にわたりブログネタにしてしまいました。
何故・・・山国信州生まれのわたしにとって雪に抱かれたヒマラヤの山々に対する憧憬・・・そのもの・・・かな?。


写真提供の彩風人さんは写真は素人、デジイチのカメラは最近買ったもの(FUJIFIRM X-T10)、それとポケットコンデジ(Canon PowerShot G7X)の2本立て、1000枚を超えるカットを提供してもらいました。写真説明文は数冊の本、ネット情報を参考に私が書き込みました。間違いがあるかもしれません。表記はカトマンズ→カトマンドゥ、ヒンズー―→ヒンドゥ、フェワ湖→セワ湖などに統一しています。山の名前、高さはできるだけ記しました。

《参考にした本》
地球の歩き方ネパールとヒマラヤトレッキング」(ダイヤモンド社2016年刊)
萩野矢慶記写真集ネパール微笑みの風」(東方出版2000年刊)
石井博編「アジア読本ネパール」(河出書房新社1997年刊


ここでネパールとは・・・地理、歴史、公民について

ネパールは東西8850㎞、南北145~245㎞、日本本島の半分くらい。標高は20m~8845m、北緯25度前後、日本でいえば小笠原列島、亜熱帯、猛獣のいるジャングルから永久凍土のヒマラヤまで。何百万年も前にインド亜大陸とユーラシア大陸は離れていたのがガチャンとくっついたといわれます。ヒマラヤの高峰やチベット高原は海の底だったのがもり上がって・・・よくワカリマセン。お釈迦様の生れた紀元前、諸王国が群拠、13世紀にようやくマッラ王朝(ネワール族)が台頭してカトマンドゥ盆地を支配。ネパールの語源です。18世紀にゴルカ王朝シャワ王(山地ヒンドゥ教族)が全土的に支配、1841年イギリス東インド会社軍とのグルカ戦争・・・敗戦、領土一部割譲、英国駐在官の駐在、半植民地に。1846年王宮虐殺事件、ラナ一族による専制政治開始。1951年第二次世界大戦終了とともに半植民地から脱却、王政復古、鎖国解除。1955年国連加盟、1990年新憲法制定、立憲君主制に、2006年国教のヒンドゥ教を廃止して世俗国家に、2008年王制廃止、連邦民主共和国に。
ネパールは「36のジャードの花が咲く」といわれるが・・・どうしてもワカラナイ、言語的には大きく分けてインド・アーリア語系、ビルマ・チベット語系、細かく分けると20数言語。人種的にもコーカサス系、モンゴロイド系と複雑。そしてほとんがカーストではなく農業で生計を立てている。カースト最高位のバラモンでも街頭で占いをしている人も。異カースト間の結婚もまれにあるらしい。ジャードの構成比はバルパティ・ヒンドゥ(山地ヒンドゥ教族)が50%弱、その言語がネパール語として公用語になっている(80%普及)。宗教はヒンドゥ教が80.9%、仏教が10.8%、イスラム教4.3%、土着宗教、先祖崇拝、アニミズム、シャーマニズムも生活習慣から重複、ヒンドゥ教と仏教を使い分けていることも。人種、民族、カースト、宗教が混沌の国ネパール。
いまから200年ばかり前に一部族が興した中央政権が王族を世襲、数十年前に近代国家に様変わりして、数年前に民主共和国になった国。近代化、民主化への流れの中にマオイストと呼ばれる集団の果たした動きが大きい。1996年統一戦線が突き付けた要求は・・・王政の廃止、新憲法の制定、軍の文民統制、ヒンドゥ国教の廃止、カーストによる差別廃止・・・などアタリマエの近代化への要求だった。アタリマエの要求を民衆が支持し世襲王族は崩壊した。
民主国家としてこれからどう変化していくのだろう。

『ネパール紀行』・・・長々とご愛読ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016ネパール紀行・・・カトマンドウ盆地の南・・・中世マッラ王国の古都・・・パタン

2017-02-21 | 道を行く 海外

2016年ネパール紀行・・・の最終章、ネパールの首都。世界文化遺産・・・カトマンドゥに戻ってきました。
カトマンドゥと・・・聖なる河「パグワティ」を挟んで南・・・古都「パタン」・・・正式行政名はラ離トプル市。
パタンはサンスクリット語で「ラリプトル」、ネワール語でイェラ・・・と呼ばれ「美の都」の意味。
・・・彩風人の写真帳・・・
わたしの撮った写真ではありません。
比企の丘からブログのギャラリー開放です。

パタン」は西暦300年ごろ築かれた都といわれ、中世のカトマンドゥ盆地を支配したマッラ王朝が発展させマッラ王朝が三王国に分かれたときの都のひとつ。

2015年4月25日、ネパール大地震、震源カトマンドゥの北西77㎞、M7.8・・・の修復工事・・・








※撮影は2016年12月。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加