ぼやきのキョロ兵衛・私的日ハム道

北海道日本ハムファイターズを中心とした日々の思った事をつぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

稲田、金子洋が昇格し、菊地、佐藤がファーム落ち!!

2008年04月28日 22時00分29秒 | 1軍
日刊スポーツの記事によると、なかなか調子の出ないチームの起爆剤として、故障がが癒えた稲田直人選手と、打率.247と安定感は欠けるものの現在本塁打王(6本)の金子洋平選手を29日から昇格する事を決めたようです。

さて、その稲田選手ですが、27日のイースタンリーグの内容を見る限り、怪我自体は直ったようですが、調子を考えればまだまだ本調子から程遠いなあという印象でした。
バッティングでは土日の2試合で8打数ノーヒットで力無い内野ゴロが多かったですし、守備でもランナーが三塁に居て、前進守備で投手が計算どおりの内野ゴロを打たせたのにホームを送球を一塁側へそらせてしまってホームで刺せない等・・・。
あぁ~当分はファームだなと思っていた所での1軍昇格ですからね。
正直ビックリしました。
まあ、稲田選手の場合は、ムードメーカーとして試合に出ていなくてもチームを盛り上げてくれる存在ですから、ベンチの雰囲気作りに期待したい所です。

金子洋平選手ですが、土日を観た印象はまだまだバッティングが粗いなという印象でした。
確かに、日曜日のホームランはライトスタンドへの流してのホームランは凄いと思いましたが、まだまだ確実性を考えると低いかな?
ジョーンズ選手と比べれば金子洋平選手の方が戦力になるとは思いますが・・・。
博打の要素が高いですが、当ればでかいかも。
良い方向へ流れて言って欲しいと思います。

代わりに先日登板したばかりの菊地投手、鮮烈な初安打初ホームランでお立ち台に立って鮮烈なデビューを果たした佐藤選手がファームに戻る事になりました。
期待していた菊地投手。
ただ、テレビで観た感想が使うにはちょっと怖いなと思っていたのですが首脳陣もそう判断したのでしょうか?
そうそうにファーム落ちになってしまいました。
まあ1から出直しですね。

佐藤選手も結局はホームラン1本だけでしたね。
折角のチャンスでしたが、ヒットでもあと1本出ていれば違ったのかな?
やはり1軍と2軍では投手のレベルが違うと言う事を改めて実感しました。
佐藤選手は本人も言っていましたが後が無い状態だと思います。
ファームで頑張って今シーズン中に戦力としての可能性を見せて再び1軍という状況にならないと厳しいと思います。

いつも下のクリックにご協力頂きありがとうございます。
  人気blogランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 金森投手は調整順調!!内山... | トップ | 打撃好調の鵜久森、村田は揃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

1軍」カテゴリの最新記事