くてくてのフォト日和

-カメラのおかげ-

待ってました

2018-11-15 18:51:23 | 浦和
昨年もいまごろ来てくれた、ジョウビタキのメス。


シジュウカラと思う。

鳥たちが遊びに来る季節になってきました。
コメント

浦和代山郵便局の丸型ポスト

2018-11-13 18:47:34 | 浦和
さいたま市緑区代山にある浦和代山郵便局 (うらわだいやまゆうびんきょく)には丸型ポストがあります。


まだまだ現役です。丸型ポストは川崎などで見てきましたが、さいたま市に越してきてみたのは初めてです。
コメント

ながーい

2018-11-11 11:24:18 | 浦和
さいたま市緑区上野田にある、「深井家長屋門(ふかいけながやもん )」
1844(弘化元)年に建立。茅葺寄棟造りで、桁行(屋根の棟に平行な方向)が21.200メートルとながーい門です。


個人宅なのでここまで。


深井家長屋門近くのながーい道の先には


照光寺。


そこから少し離れた場所のながーい道の先には


総持院。大きな山門(鐘楼門)です。

緑区には長屋門や寺が多いです。
コメント (2)

見沼自然公園のカモたち

2018-11-10 00:50:19 | 浦和
見沼田んぼに点在する公園、見沼自然公園。修景池にはオオバン。首が太い。


石の色と同じで見づらい、ハクセキレイが2羽。


カモは芝生でもぐもぐタイム。


みんな仲良くもぐもぐタイム。


子供たちにびっくりして池に一目散。


芝生広場にあるのは「井澤弥惣兵衛為永(いざわやそべえためなが)」の銅像。
八代将軍徳川吉宗に江戸に召し出された為永は、1727(享保12)年に見沼を干拓し見沼代用水路を開削しました。


公園の正面には龍のモニュメント。広々とした公園です。

コメント

秋の見沼代用水東縁

2018-11-09 10:06:52 | 浦和
立冬過ぎたけれど気分は秋。さいたま市緑区の見沼代用水東縁を散策。
メタセコイヤの並木が色づき始めました。



アシで制作した「龍神・マルコ」。毎年作り替えられていて、今年3月に開眼された3代目は長さ16メートル。
2017年5月にエスペラント語の湿地を意味する「マルコ」と命名されました。


まだまだ緑です。


見沼自然公園すぐ近くに案山子がたくさん。


「新宿調理師専門学校」と書いてあります。
どうやらこの学校の農業体験で、ここで田植えをし、案山子も作成してコンテストをやったようです。
新宿から来たらびっくりの風景だろうなぁ。おいしいお米がとれたかな?
コメント