草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

超楽しい。セコムのコマーシャル

2007年08月31日 | 日記
昨日位から放送されている男性がジョンになっている??SECOMのTVCMのおじさんは演技賞物だ。
ネタばれになるからとにかく見て下さい(笑)
世界陸上は確かSECOM協賛のはず、、前回の回りがストップしてしまうのもインパクトが強かったがちょっと悲しい、、
それに比べてコレはシュールでツボにはまった。
コメント (1)

CoCo壱番 デビュー親子

2007年08月31日 | 日記
いつも見るTBSのがっちりマンデーで創業や経営の事を知って一度行ってみたかったカレー専門店が最近町田街道沿いに出来たので夏休み最終日にヨモーギン娘と行ってみました。
カレーは好きですが、辛いのがダメなので、最近の辛い~を競うなんて論外(笑)
先日も矢場トンでカツカレーを見つけて大いにそそられたが、万が一辛いと困るので諦めていた。
ココ1はその点辛さも量もトッピングもチョイスが沢山というのが来た理由。
ナス大好きヨモーギン娘はナスカレーにチーズとニンニクフライをトッピング。私はカツカレーを頼んで分けてみた。
失敗はご飯の量を普通にしてしまった事。
甘口を頼めたんだからそんなにご飯はいらなかったのに。次は少なめ200gでいいな。 店舗は新しいがよくあるプレハブのような小屋だがトイレがバリアフリーでちょっとびっくり! 駐車場も広くていいな。
がっちりマンデーでやっていた、全部目を通すというアンケート葉書に記入してきたが、これも確か店でなくても出せる様に料金後納〒というのは本当だった。

コメント

食洗機リニューアル

2007年08月31日 | 日記
1998年からよーく働いてくれた食洗機がお疲れになり本体から水が漏れるようになり買い替えました。

「小さくなった!」と一時宣伝をしていたが、まぁ実は奥行が短くなったが幅は広がっているのでそんなに省スペースという訳じゃない。

ミスト機能とかが売りだが私はとにかく食洗機自体が大好き!!

よく「綺麗になるの?」とか聞かれるけど、何もしないで全部やってもらおうなんて甘い(笑)
まぁ紙で油をふき取るか、水でさっと軽く洗ってから使うつもりがいい。

「それじゃダメじゃん!」ではなくて(笑)

食洗機の醍醐味は乾燥でしょう。しゃもじもお玉も巻簾も食洗機からだしたら引き出しにポイとしまえて清潔。

何より手が荒れない。食後の家事は入れてスイッチONだけ。

主人もやってくれるが私に言わせると「食器の並べ方が甘い!」

まぁやって下さるだけましなので黙認していますが、よほどヘバってない限りは「やるからいいよ~!」となんちゃって良妻ぶる(笑)

次は洗濯機か冷蔵庫の番だか矢張新しいものって良いね!

メーカーはNationalさん。最近ごめんなさい(>_<)ばかりのナショナルだけど
考えようによっては「最低でも誤ってくれるからいいか、、」




コメント

風間杜夫さんの婦系図@三越劇場

2007年08月29日 | 日記
一度見たかった三越劇場でのお芝居。
松竹のWebサイトで何度もチェックしたが、6500円という値段に、その割に端っことかしか空いていなくて踏ん切りがつかなくて、矢張無理かな?

と思っていたが、先週チェックしたら前から5列目の真ん中のブロックがあった!

5秒悩んだがクリックして予約してしまった。
もう一つ悩んだのは新派のお芝居だという事。
看板女優で勘三郎さんの姉さんの浪野久里子さんだし間違いないとは思いますが、イメージが大袈裟で、まぁ歌舞伎以上に大袈裟なのは無いわけだからいいか(笑)

楽でお声に若干疲れは見えるが深川芸者ははまり役、粋で気っ風がよくて可愛いお蔦さんにはつい肩入れしちゃった。

もちろん大好きな風間さんの早野主税も非運な色男で風間さんのするべき役だと、納得しながら見入ってしまった。

ふーんこれが新派の芝居か。

ところで客席は矢張年配の女性が多い。

何かのご招待らしき一団も、お弁当付きで芝居をみて土産付きか、
隣の女性二人は関西弁で本命はタカラヅカみたいな話っぷりだ!

それにしても三越劇場は古いが豪華、彫刻が施された梁や天井にはステンドグラスの装飾も。座席もゆったりでくつろげる。

劇場の売店には1000円のお弁当や400円位の飲み物が売られ、脇にこじんまりしたレストランもある。といっても今日は飲まず食わずだけど。

半蔵門線一本だが1時間以上の道のり、珍しく眠くならなかったので、ヨモーギン娘の買った漫才の千原兄弟のJr.の書いた「14歳」という本を読み終えた。帰りはblog書いてます。

コメント

新装の銀座矢場トンの味噌たれ

2007年08月27日 | 日記
一年ぶりに矢場トンの味噌カツ食べに来ました。








お店が新装されてきれいでした。


留守番のヨモーギン娘のために味噌たれ買って来ました。





315円賞味期限は冷蔵庫で一週間らしいけど、キャベツにかけても食べちゃいます。

コメント   トラックバック (1)

八月納涼歌舞伎三部勘三郎さん大車輪

2007年08月27日 | 歌舞伎
夏休みも大詰め?学生じゃないからとっくに夏休みは終わってますが、納涼歌舞伎もこれで最後です。

「裏表先代萩」の通し狂言という事で有名な「先代萩」に世話物を加えた物で珍しいらしい。

勘三郎さんが三役初役で務めるが、一昨晩BSHVで平成中村座2007の「ニューヨーク公演」を見たが、あれから数週間で新しい役で大歌舞伎を務めるんだから恐れ入ります。

裏は町医者「大場道益宅の場」で殺人事件やその判決を描いた「門注所小助対決の場」を、表は有名な「足利家御殿」や「床下の場」、大詰めは「控所仁木刀傷の場」と今回もご一緒願ったさくらんぼ姫には、本格的な歌舞伎を楽しんでもらえたかも?

前回はあまり無かった大向こうからの掛け声も最後の日曜日という事もあり満員の観客から飛ぶ飛ぶ!

早めに入って館内の絵を一通り見て、25分の休憩はサクランボ姫は単独で探検、今回は絵葉書を購入してきたらしい。

歌舞伎座の建物をあちこちからカメラに収めている。終演後反対側の歩道にわたって夜の歌舞伎座を撮っていたので私もついでにパチリ。

確かに白の壁に、かわら屋根、金色の装飾に、赤い提灯や垂れ幕はそそられる。

小助という小悪党、政岡という女役最難役の乳母、仁木弾正という威厳のある役と3役に大車輪の勘三郎さんだが、小悪党が一番らしい、、(笑)

政岡はやはり先日見た菊五郎さんが一前上かな?ちょっと声がお疲れのようで、

仁木はとても迫力があって引っ込みは震えた。

最初に花水橋の場で、七之助さんが足利頼兼公をやったが気品がありすぎて?優雅さとしてはちょっと、、まだ固い気がした。

福助さんや仁左衛門さんがやるとなんかもっと男の色気があるんですけど、七之助さんだと、透明感がありすぎて、、もっと泥臭くなってくだはい(笑)

昔は歌舞伎役者は暑いからお休み!だったものを、せっかく働きに出ていて年に数回のお休みに歌舞伎がないのは、、そして、安い料金設定でと始められた納涼歌舞伎、近年になっても、若手が始めた、、という若手がみな大御所になっていても同じように熱心に面白いものを提供しているのが歌舞伎の魅力だと思う。
すごいなって、、






コメント

ラグ・フェアーLIVE Rally 2007 スタートなのに追加公演?@横浜BLITZ

2007年08月25日 | 音楽
ファンクラブで9月12日の渋谷AXのチケットを取ってあったが追加公演が決まって、それが(?_?)か渋谷より前?


先日の逗子のライブでそんな話題も出たが、ファンクラブの申し込みはとっくに終了。

だいだい同じ公演に二回以上いくのはよほど贅沢だと思うしね。

とかいいながらピアのプレオーダーにどうせ無理かな?と申し込みしたら取れてしまったので矢張行くことに。
タイトルのラリーに因んでファンとの掛け合いや世界を歌で巡るなどかなり楽しめるライブだ!

ここからはネタばれになるからこれから楽しみの方はスルーして下さい(笑)


レオのメキシコでラ・バンバ⇒健一のイタリアがオォソレミオ⇒加藤さんが中国でシナの夜⇒加納さんがロシアでロシア民謡⇒オックンはアフリカでタイコのリズム⇒最後は洋輔さんがイギリスのベッカム!!いやビートルズでといった具合。ロシアの途中に加藤さんのヨーデルも入ったり(笑)

健一ちゃんのイタリアは笑いを取る予定だったらしいが「ベルカント」という歌い方までマスターして大喝采を受けた。かねがね私はその張りのある健一ちゃんの声を称賛していますが、今日もお見事でした。

新曲「ライブラリー」もオールスターズもあり、まぁファンは嬉しいがとにかく全部アカペラだからご本人たちは大変な事に違いない。

アンコールの後はお約束のライブTシャツでトークともう一曲の新曲「赤い糸」

洋輔さんが「夏風便り」が大好きでそれの姉妹曲として書き上げたようだ。彼は本当にロマンチスト。

ラグ・フェアーのおばちゃんファンとしては次回は矢張聴かせるライブ=オールシッティングでお願いしたいが

それにしても、リズムもありアレンジ可能なグループはエンターテイメントが素晴らしいと再認識。

お勧めです。
コメント

ネコの休息のポーズでも休息できない姫@ヨガクラス

2007年08月22日 | 日記
ジムのプログラムにヨガがあって、曜日的ににも都合がいいのでヨガに先週から参加してみた。

はじめにインド語で何か唱える、、何だかわからなくても、おーーーーんおーーーーン、とかシャーンティ、シャーンティとか声を出すといい気持になるじゃん。

ところが超超体が硬い私はひときわ目立って、、、硬い(笑)

おまけに、正座から極力避ける人生を送っているのでこれも辛い(笑)

さらに、左の股関節がここ1年ぐらいなんだかおかしいのに加えて、50肩2回のおまけで、肩も超一流な硬さ。両方の肘が体の前でつかないどころか、その間が裕に15CMはあるんだから恐れ入っちゃう!(自慢?)

でも、とにかくマイペースでやればいいんだから、、いいんです。

いろんなポーズがあるらしく、説明してくださるが、「ネコの休息のポーズ」というのがあって、犬や猫が寝起きにするように、後ろ脚は正座のまま両腕をぐーーっと前にのばして背中を伸ばすというのがあるのだけれど、、どうもくつろぐには至らない。

腹ばいで両手を前で重ねてその上におでこを乗せるのはなんだっけな?

敢えて言うと「死人のポーズ」ならくつろげるか、、これは仰向きに寝て体中の力を抜くので、、一番好き!

足を組んだり、体をひねったりするんだけど、最後に10分くらい明かりを消してねんねする時間があるのが魅力。

でもうっかり本当に寝そうでちょっと心配。

ネコのポーズが楽になる日が来るのかな?先生が目をつむってほとんど生徒を見ていないから、、そこが気にいって、続くかもしれない。
コメント (3)

不可能姉妹パートⅡ@気田川

2007年08月18日 | 日記
海の不可能姉妹から丁度一年
浜松の奥座敷春野の気田川です。
朝五時前に出発、牧の原で一回休憩して掛川インターチェンジを降りて八時には到着しました。
設営完了して私はお昼寝!
遂に我が家のニョロ君川デビューします。
詳しくは次女の「にょろ日記」をご覧ください。

コメント

八月納涼歌舞伎二部は大騒ぎ

2007年08月17日 | 歌舞伎
一幕目は「ゆうれい貸屋」原作は山本周五郎なんで貸家じゃないのかと不思議に思ったが要は幽霊を派遣するということね。
山本周五郎は歴史大作ばかりかと思いきやこういう短編で人情や情けを描くのが得意なようだ。
イヤフォンガイドで知ったが、山本周五郎という作家は直木賞を辞退した唯一の作家でその他読者の反響こそが賞に値すると一切の賞を受けなかった作家だという事。凄い!

それにしてももう久しぶりに生前は粋な深川芸者、死んでは怨みのある人は全部呪い殺しても成仏出来ずにうろついている元気で頭のいい幽霊役の福助さん!本領発揮で超楽しい。
グウタラ亭主が生きる望みを見つけて立ち直るハッピーストーリーだが、これ以上粋な芸者の似合う方はいないなぁー。と惚れ惚れ観てしまった。

二幕目は勘三郎さんのお友達で最後の勘九郎の「今昔桃太郎」も手掛けた女優の渡辺えり子さんの作・演出する新版舌切雀
中村屋ファミリー勢揃いの舞台は人気爆発で前売りは完売、先日一部の帰りには二部目当ての一幕見の長い行列があった。
最初の場面から派手に始まり、適材適所の配役が見事。

竹本清大夫さんまでいじられて、きっとえり子さんが歌舞伎を観るのも好きで観客がどうしたら喜んでくれるかが良くわかっていての演出だと思った。

三津五郎さんと勘三郎さんのさしの踊り。

ドラマチックに自分に酔う福助さんをバッサリ切る勘三郎さん。

こまった親父やお袋に困らされる誠実な息子の勘太郎さんと女房の七之助さん。

またまたぶっとんじゃってる扇雀さん。

舌切り雀というオリジナルがあるにせよ、きっちりテーマを固めて言葉や踊りで盛り上げてまとめるというのは集中力とアイデアの勝負だなーと同じ世代のえり子さんにも勘三郎さんにもエールを贈りたい。

コメント (2)