草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

日清ドリームテニス有明2016 若い日本に期待!

2016年11月28日 | スポーツ

今年も増々盛り上がるテニス人気、今年はもう無理か?と思ったが意外にチケット取れた!

秋晴れの一日私にとっては今年最後のテニスイベントです。なぜならITPLってのがどうしても好きになれないので(笑)

日清ドリームテニスは6年前に三陸沖地震の復興支援の目的でスタートしました。

1回目の「ボルグ」につられて申し込んだけどなんと腹痛で来日できず!のショックからですが(笑)神和住選手が登場してかなりテンション上がりました。

錦織選手の活躍もあって世界的に有名は選手が毎年来日しています。今年はアンディロディック選手。チケットは完売、聞くところによると30分で完売した?

    

おなじみのカップラーメン配布は10時半には終了してしまいました。

今年も席はテレビカメラと同じアングルでした。たしかに見やすい場所です。いつものように今年の活躍に対してテニス協会から表彰がありました。

    

錦織選手の他に、大活躍した大坂ナオミ選手、ダニエル太郎選手、新人では綿貫選手が表彰されました。車いすの国枝選手リオパラリンピックで銅メダルの斎田選手とともに、上地選手は今年も他の大会に出場で欠席でした。

第一試合は錦織選手vsロディック選手、あのサービスは往時のままです。練習の時から会場は「うぉー、」という声が聞こえていました。

特に2ゲーム目、サービス4本であっさり1ゲーム取って、そのまま退場しようとする始末(笑)

錦織選手がATPファイナル終わったばかりなので無理してほしくはないけど、どうかな?と気になってみていましたが、翌日BSフジでのテレビ画面でニコニコしながらプレーしていたのが確認できて良かったと思いました。

        

さすがに28列からは表情がよめないし、予算の関係か?モニターもないので(-_-;)勝負は負けてしまったけど楽しそうで良かった。

第2試合はマイケルチャンコーチVSダニエル太郎選手。

マイケルは真面目そうだけどさすがに場数を踏んでいるのでエキシビのコツを心得ており、素晴らしい(*^^)v太郎ちゃんも学ぶところあっていい経験ですね。

黄色のジャンパーに金髪は「瀬川瑛子」さんだそうです。修造さんがわざわざ紹介していました。解説の杉山愛さんだけでなくフジテレビのアナウンサーも修造さんのペースに振り回されておりましたが、さすがプロ、、上手に対応しておられました。

  

第3試合はチーム圭にチャンコーチと日比野なお選手、ロディックチームに大坂選手+太郎ちゃんで、女子S→ミックス→男子Wを6ゲームずつの合計のスコアで対戦です。

なおみちゃんは修造さんにいろいろ言われてもマイペース(笑)

  

とにかくダブルスは全員技があるので本当に観ていて楽しかったです。

結局太郎ちゃんの気遣いで引き分けました。

東北のテニス協会の方に収益の一部を贈呈したり引き続き復興支援を続けていくようです。本当に錦織選手の活躍なしにはあり得ないイベントだと思います。

そして昨年よりもまとまった感じで観る方もほっといたしました(笑)圭君本当にお疲れさまでした。

コメント

ミャンマー移住計画?

2016年11月28日 | 美味しい!

シンガポールでお肉の卸の仕事をしていたはずのミート君がなんでも1月開店のミャンマーのホテル内の日本料理店のマネージャーになったらしく(笑)

人集めしたり、シンガポール人のボスが東京に来る度にミシュラン並みの料理店に案内したり、酒蔵に連れて行ったり、築地に通ったりし出していた。

シンガポールとカンボジアやタイ、ミャンマーを往ったり来たりして何だか落ち着かない(笑)

そのうちにヨモちゃんに「お店の女将になる?」とオファーがあって、「えーーっ!ミャンマーってどこ?」だったのだけど

どうやら本格的に行く方向になってきた(-_-;)英語と日本語が喋れる若い娘。という条件ならクリアできそう。

えーっ?私も女将さんのお世話係で連れてってよ、(笑)と思いつつも当面ミート君と一緒に住めるらしいし、なんか面白そうで良いかもって。

接客英語、着付け、メイク、色々研究し始めているみたいですけど、本当に大丈夫なんでしょうか?「蚊帳」持っていく?とかLINEで相談してる(笑)

最悪、「ダメそうなら何とかするから、とりあえずオープンからちょっといてくれればいいし」らしいので、今のバイト先は席を残して一寸お休みする魂胆らしいです。

この流れで私も一回だけ銀座の高級和食にご招待いただいてしまった(@_@)

息子が様子が分かっているので全部私の分はちょっとずつにしてもらっており、それでも多いのは息子に食べてもらった。

              

おまけに残ったタイの炊き込みご飯は自宅用にお持ち帰りにしてもらい、オーナーのアイディアでその上に「マナガツオ」を載せてくださった。

オーナーさんご家族、とお友達2名ですが、さすがに子供さんのお世話にメイドさんが一緒に来てる(笑)

奥様も若いけどとても落ち着いて魅力的な方で嬉しい。

なんでも持っている人種なのでちょっと考えたけど「ITOYA」で来年の干支の「酉」の手ぬぐいと「お年玉用のポチ袋」を持参してみた。

何だかよくわからないけど、よろしくお願いいたします

ヨモギ源氏も来年度もう一年仕事の契約が伸びたとはいえ、何ならそのあとミャンマーで仕事もらえると嬉しいかも。

私もにょろさえ一緒に行ければ行っちゃうかも?半分本気な?草もち一家です。

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その8 「今年2度目のコスプレ」

2016年11月28日 | 旅行

那覇に向かいます。「観光振興会」のビルに駐車できました。ドン・キホーテなどで買い物をすると補助券がもらえそうです。

    

おなじみのVELTRAさんで「国際通り」にある「ちゅら美人」での「琉球衣装を着て撮影(ちゅらコース)」に申し込んでありました。

「国際通り」の大通りから「牧志公設市場」とか「やちむん通り」などの方に抜ける路地に「ちゅら美人」を確認。

まず「雪塩」のソフトクリームです(笑)ワンちゃんの洋服が沢山で衝撃でした。沖縄らしい「ミリタリーショップ」も。

    

少しだけぶらぶらして「焼き物」が有名な「やちむん通り」ではせっかくなので一番小さな「楊枝入れ」を記念に買いました。

    

 いよいよ今年5月の「熊野古道」でのコスプレに続き2度目の体験です(笑)着付けもヘアも超手際よく、衣装選びに迷うと「意外と自分では着ない色がいいよ」とのアドバイスに従って絶対に着ない「赤」にしました。姉さんは同じ理由で「黄色」

私のスマホでガンガン撮ってくれます。レフ版まで使ってもらってすっかり調子に乗ります(笑)三味線・扇・傘・シーサーからSnoopy・ヘビのぬいぐるみまでたくさんの小物で自分たちで撮る時間も、もらえます。楽しすぎです。これで一人1620円って、コスパ良すぎです。これからも観光地で、、くせになりそう。

あー楽しかった!スーパームーンの中最終便で羽田に向かいました。ありがとうピノちゃん、姉さん、お留守番のヨモちゃんとにょろ。お土産楽しみに!

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その7 海中道路→斎場御嶽(せーふぁうたき)→ニライ・カナイ橋→カフェくるくま

2016年11月28日 | 旅行

最終日は予定では「首里城」→「斎場御嶽」→「カフェ」→「国際通り」→コスプレ?の予定でした。

しかし首里城は時間をかけてみたかったので今回はパス。何とか天気にも恵まれたので気になった「海中道路」を走ることにしました。

本当は満潮時間が一番スリリングだと思うのですが、今回は干潮時間帯でちょっと残念(-_-;)でも古宇利大橋よりも長い時間、海を渡れます。更に別の島にも行けるので楽しい!

    

うるま市は「エイサーの故郷」らしいです。海の駅「あやはし館」にはうるま市出身の「HY」というグループの特設コーナーがありました。

私は知らなかったけど(-_-;)紅白にも出ているとか?

    

このままずっと行くと「伊計島」まで行けるようですが、「浜比嘉大橋」を渡って「浜比嘉島」に行って戻ってきました。あんころ姉さんが運転してくれたので思いっきり写真も撮り、肉眼レフでも堪能できました。

           

「斎場御嶽」は「せふぁうたき」と読むらしいですが、琉球開びゃく伝説にもあらわれる、琉球王国最高の聖地で最近人気のスポットらしいです。チケット売っている「南城市地域物産館」の駐車場は満杯、月曜なのにたくさんの観光客がいてビックリしました。

2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」が世界遺産に登録されていた内の一か所という事です。

駐車場から歩いて7分くらいで入口につきます。最初にビデオを見て「聖地」なのでそれなりの態度で回るようにと勧告があります。

思ったよりも足元が悪い場所もあって妊婦さん心配でしたが、祈りの場所らしい静かな景色の中をゆっくり散策できました。

海の見えるカフェというのも流行っているようで沖縄人のお勧め「カフェくるくま」がすぐ近くのようだったのでお昼を取ります。

想像していたよりもずっと大きな施設で「中善」という会社のプロデュースらしく、ハーブ食材を使ったという事でタイ政府から認定されているようです。

    

店内でもいいし海に面したテーブルでも食べられます。空の青、白い雲、濃い緑、海の青、麻痺して?当たり前になってきてしまう(笑)

    

一番人気の「くるくまスペシャル」と「紅芋タルト」をシェアしましたが、3種類のカレーは「甘口チキン」「中辛ポーク」「激辛ビーフ」で当然私は甘口のみ(;´・ω・)

一緒に出てきたチキンがローズマリー風味でカリカリに焼けているし、サラダは採れたての分かる新鮮さと各種ハーブで五感を刺激されました。

ここから那覇に向かうのですが「ニライ・カナイ橋」がどう考えても国道86→331に降りていくほうが良さそうだったので再度走ってみました。最高!最高!

「ニライカナイ」とは「遥か遠い東の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界」と言われているそうです。

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その6 備瀬の福木小径、美ら海水族館、夕陽

2016年11月27日 | 旅行

「備瀬(びせ)の福木(ふくぎ)の小径」は「福を呼ぶ木」とも言われるフクギ。沖縄では古くから防風林として用いられてきたそうで、ネーミングもよかったんでしょうけど、実際に歩くとすごく癒される場所でした。

貸自転車で回っている人もいましたが、てきとーに歩きだしてしまったので結局結構な時間歩いてしまったけど、気持ちよかったです。

美ら海水族館」はここから車で5分くらい。土曜日だから覚悟していたけど午後でも結構混んでおりましたがそれ以上の広さの水族館、全然問題なかったです。

チケットはファミリーマートで割引券を売っているので事前に買っておきました。JAF割引は無しです。駐車場はなんと、、無料です(*^^)v

     

丁度「大水槽の餌付け」に間に合ったので大迫力のお食事シーンを鑑賞しました。「オキちゃん劇場」(オキゴンドウイルカのショー)もよかったです。

「沖縄そば」を求めて何とか「きしもと食堂」に寄ったけど「じゅうしぃ」(沖縄焼き飯)は売り切れでした。残念、、ソバより肉だけ食べたい姫でございます。

    

デザートは別腹、と夕陽が見られるかも?と超分かりにくいけど看板が沢山出ているので大丈夫な「アイスクリンカフェアーク」に寄りました。夕日が沈む10分前到着。

久しぶりに素晴らしい夕陽の沈むのを堪能できました。っていうか、こんなにちゃんと見たことあったかな?

明日はスーパームーンという事でほぼスーパームーン見ながら帰りました。楽しい一日でした。晴れ女最高(笑)

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その5 万座毛→古宇利大橋→ハート岩

2016年11月27日 | 旅行

13日(土)はドライブしました。事前に考えていたのは、以前から行ってみたかった「古宇利大橋」、姉さんは沖縄出身の方に「福木(ふくぎ)の小径」と海の見えるカフェを推奨されていたので、それに「美ら海水族館」を加えて。

向かう途中にある「万座毛」にも立ち寄りましたが、ここでまさか昨日ご一緒だったピノちゃんのご実家御一行様とばったり!おかげでツーショット撮っていただきました。

昔の写真にも写っていたけど当時は柵がなかったみたい(笑)

  

  

  

「道の駅許田(きょだ)」が良さげで寄ってみました。果物は断念しますが地元の黒糖、黒糖+ピーナッツ早速お買い上げ!沖縄の柄のティッシュカバーを買い、雪塩味のソフトクリームも食べました。

            

観光案内所のお兄さんのアドバイスで「ハート岩」が今日の昼までが最高!と聞き行き先に加えました。なんでも絶好の干潮らしく、もう一つのハートもみられるとか?「ハート岩って何?」状態の親子ですが、、

まずは古宇利大橋、数年前娘たちと本州最西端の「角島」の橋を走ってテンション上がったので、、その再来(*^^)v

    

うーん写真では今一伝わらないかもしれないけど、、海の色、空の色、風を感じると「幸福走行中」実感です。

  

ところですでに「絶滅」と言われる「ハブとマングース」ってまだあるようですね(笑)こんな山道を抜けてハート岩に向かいます。

「ハート岩」ってのはJALのCMで嵐が広めたようです。で撮影現場、、がすでに観光地(笑)

「300円かかるけど一番奥の駐車場まで行くと楽ですよ」とのアドバイスに従って行ってみました。他は1日100円とかなんですけど、、

    

私有地に売店、食堂があってここからだと最短で海岸に降りられるってことです。有料だからちゃんときれいな水洗トイレもあるし、手足を洗う水のタンクもあります。

    

で海岸はこういう感じです。ハートに見えなくもないし、干潮なので下の部分もハートに見えなくもないけど、私たちはとにかく海のきれいさと潮だまりにいる魚に感動!!

ジャスミンのママ転ばないようにね(-_-;)と言いつつ結構長時間遊びました。

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その4 「リザンシーパークホテル北谷ベイ」

2016年11月27日 | 旅行

今回のホテルは最初「残波岬ロイヤル」で考えていたが何だか成り行きで「リザンシーパークホテル北谷ベイ」になった。

ビーチで泳げる時期ではないが、マリンアクティビティーもありそうだったし、結婚式会場にも車で10分くらいというので「テキトー」に決めたのだけど、結果は最高でした。

海に面しているのでドアからそのままビーチです。今は泳げないけど結構海に入っている人もいましたし、マリンスポーツは出来るようです。

    

今回はオーシャンフロントでなかったけど朝日が昇るのがみえました。朝は散歩も楽しみました。

    

    

とにかく一番感動したのは毎晩見られる「エイサー」

ホテルスタッフによる、、とのことでそこまで期待していなかったのだけど、いやあー素晴らしい!私は2夜連続見てしまいました。

    

    

とにかくカッコイイ!最初は上品に登場、だんだん活発になり、コミカルになり、最後は観客も一緒に踊る(*^^)v楽しすぎです。

館内のゲームコーナーで使えるコインが10枚もらえたのでやってみましたが、、一瞬で消えました(笑)

  

朝食のバイキングは「和洋食」と「和食」の会場があって選べます。和小食の会場はビーチに面した一階でテラスでも食べられました。

            

もちろん沖縄料理も沢山登場して、本当に胃がないのは悔しい(-_-;)

通常バイキングだと席を取るときに、洋服やバッグを置いたりしますが、ここは「利用中」というカードをもらえるのでそれを置いてお料理を取りに行けます。

  

終わったらシーサーの口の中に戻します。いいアイディアだと思いました。

もう一つ、部屋の掃除をしてもらわないと特典があります。「清掃不要」というカードをドアにつる下げておけばいいのですが、

  

本当に全く何もしてもらわない(タオルもそのまま)だと1,000円/1泊/1部屋、ごみだけ捨ててもら場合は、700円分の「館内利用券」がもらえます。

タオルは替えてもらった方がいいけど、普通お掃除が入ると一応気にして、化粧品とか、小物は結局ちゃんと片づけるタイプなので、凄く気が楽で出しっぱなしでおきました。

女性2名では散らかりようもありません。タオルは一寸だけ気にして、部屋にいるときにはベランダに出したりしました。

戴いた金券は使える範囲はあるようですが、大体お土産を買うのでホテル側としてもいいシステム?

さすがに車社会の沖縄なので駐車場が中々近くが空いてなかったりしますが、駐車券は滞在中一枚で出入りできて便利です。(駐車場は有料で500円/日ですが)

屋内プールもほぼ貸し切りで利用してみました。カップル向きではないかもしれないけど家族連れには最高でしょう。

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その3 「今年3回目のウェディング」

2016年11月25日 | お友達

ピノちゃんはあんころ姉さんの大学からの親友で、部活などは違ったようですが、特に社会人になってから韓国やチェコ、オランダなどに旅行したり、青春18きっぷで四国のピノちゃんのご実家にお世話になったりしていたようです。

ハワイの結婚式にもお母さまと一緒に参列してくださっていたので「私も沖縄の結婚式行きます!」と勝手に参加表明しておりました。

我が家の場合と違って親戚もお友達も多かったようですが、何とか「妊婦の保護者枠」で参加できました(笑)

良いですね、めでたいことは、今年3回目、おまけに連日のウェディングです。

実は私はホテルに勤めていた時に「介添」をしていました。勿論専任の方が3名いて、それでも回らないときのピンチヒッターではありましたが、20組くらいはお勤めしたと思います。

なのでちょっと結婚式というもの、にうんざり(笑)していたのもあったのですがやはり身内や知り合いは別格でした。

チームごとのデザインと色の違う「かりゆし」を用意していただきました。私は青学親友チームにおまけで入れていただき、平均年齢をぐっと上げてきました。

キーちゃんもよもちゃんもご主人になる方と一緒に何回かあっていて、話は聞いていたのですけど、本当にその通りの方でした(*^^)v

    

草野球チームのメンバーが関西人で二人の幸せの鐘を鳴らす場面ではまるで球場のヤジ状態(笑)

この後新郎新婦と一緒にクルージング!だったのですが午前中の船酔いを引きずっており、何かあるとご迷惑が掛かりそうなので遠慮してホテルに戻りました。

 

おめでとうピノちゃん(*^^)v

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その2 「青の洞窟」潜ったど~!

2016年11月25日 | スポーツ

ジャスミンのママ(女の子100%らしいのでジョンソン→ジャスミン)は午後からの結婚式に備えて休養しますが、私はこれが目的!とおなじみのVELTRAさんで「青の洞窟体験ダイビング」というのを申し込んでいました。

ホテルから車で5分くらいなので運転していきました。「良かったですね!3日ぶりに潜れます」ええっ?最近荒天でここ数日ダイビングできなかったのだそうです。

まぁもはや確信「晴れ女」には当たり前ですけど(笑)まずは準備できて一枚、さてダイビングの後は?

船で5分くらいでポイントにつきます。「バックロールで」ドボン、、何とかなったか?浮力は折り紙付きですからね。

ダイビングの最初の関門は「耳抜き」ちょっと時間かけました。緊張してるらしく唾が出てこない(-_-;)

「シュノーケリングでもいいや」と思ったけど、やはり海の中で長時間息できるって最高(*^^)v

  

「青の洞窟」はピークには「人しか見えない」くらい混むそうですが、今回は余裕。洞窟に向かって行き、振り返った時の美しさ!!

  

ここで一旦上に出て写真を撮ってもらえます。「どや顔」です。

ところが、、この後ボートに戻るだけになって突然「吐き気」が襲ってきた、、

あれっ?胃がんの手術前にサイパンで潜った時の吐き気はてっきりがんが理由だと思い込んでいたのだけど「ちゃうんかい(-_-;)」

海に浮かんで曳航してもらいました。あーーごめんなさい

実は調子よかったら明日もやろう!!なんて目論んでいたけど、今回は断念。せっかく沖縄ダイビングいいなぁって思ったけどやはりビーチエントリーが無難かもしれない。

でも2年ぶりに一回潜れたのは嬉しいこと。ありがとうございました冒険島の皆様。

コメント

祝ピノちゃん沖縄ツアー その1 30年ぶりに「ハイサイ沖縄」

2016年11月25日 | 旅行

我が家が九州に滞在したのは1991年の9月から93年の9月迄の2年弱。こんなに短いと思わなかったので「遠い方から順番に行こう!」しかもよもちゃんがまだ2歳以下で航空運賃がかからない(笑)ってことで最初に選んだのが沖縄旅行。

写真が残っているのでなんとなく覚えているけど、夏休みのちょっと前、当時上の3人は小学5.3.2年生で、餅之助兄さんは「絶対に学校を休まない!春町公園でテントに寝る!」と反抗したけど(-_-;)結局行きました(笑)観光バスで廻ったようです。写真を見るともれなく名所行っているし、美しいビーチでした。「万座毛」は雨だったんですね。

   

  

 

今回は往復航空券とホテルをANAの「旅作」で選んでいつものように+が付かないフライト、ホテルをチョイス@33,800×2=68,600円。レンタカーつけて+4,800合計72,400円。

「ANAコイン」12,000円分を利用して支払額は60,400円ですみました。

姪っ子の結婚報告パーティ会場からノアちゃんで羽田に向かいます。金曜日は込んでいるとは聞いていたけど6回しか空いてない駐車場。今回一番の贅沢はここ(笑)

前回成田の外の駐車場7日停めて6,400だったのにタッタ3泊で6,000円覚悟です。

羽田でびっくりしたのは荷物に自分でタグをつけて預けるシステム(@_@)「人件費カット」と姉さんにあっさり言われたけど、ヨーロッパの空港ではあるようですが日本では多分初のようでした。楽しいからやってみました。

数日前から寒くなった東京ネットで調べて「沖縄23度」とかいうのが信じられない、でも本当でした(笑)

空港からニッポンレンタカーの営業所に行き、ホテルに向かいます。

夕食を「A&W」という日本には沖縄にしかないというアメリカのハンバーガーショップで食べることにしました。

ホテルは「リザンシーパークホテル」3日間お世話になります。

 

コメント