草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

秀山祭9月大歌舞伎気が付けば楽日玉三郎さんはスーパー芸術家

2007年09月26日 | 日記
今年の残暑は念が入ってもう9月の楽日だというのに迷わず半袖だ!
檀浦兜軍記は源平合戦絡みのものだが、ストーリーというよりも、遊女阿古屋が拷問という事で琴・三味線に胡弓の演奏を披露するもので、玉三郎さんが実際にすべて見事に演奏されるのには感激した。あ~ただ綺麗なだけじゃないんだなって。ところどころには詠いも入る。阿古屋オンステージです。
しかも遊女の最高の正装をしてだから髪の毛にも色々飾りはついているし、太く豪華な帯は前で結んでいる次第。
しかも毎日、そして昼の部でもあれだけ活躍しているのだから。
頭が下がります。
もうひとつの見所は悪役代官の岩永左衛門が人形仕立てになっていること。歌舞伎は文楽や人形浄瑠璃から来たものも多く以前に二ー三回人形仕立てをみたがたしか玉三郎さんや福助さんのお姫様だったと思う。
赤ら顔の代官が本当に人形に見えるように眉毛まで動かす仕掛けは楽しい。良いもの見ちゃった!って感じ。

二話目はお馴染み「身替座禅」多分数ある歌舞伎の演目の中でも取っ付き易さと分かり易さは群を抜いている。団十郎さんの山陰右京は初めてだが、朝帰りの酔っ払いの声がクレヨンしんちゃんみたいで可笑しい。左団次さんの奥方は顔の怖さではずば抜けている。
大河ドラマで活躍中だが、怖い顔に似合わず大変お茶目な方らしい。
染五郎さんの太郎冠者ははまり役(笑)

最後の二条城の清正は知らない事も多く面白かった。加藤清正といったら虎退治としか知らなくて、虎の絵を追い出すとかなんとかの一休さんと混同している有り様だが(^_^;)実は豊臣秀吉に可愛がられ、その子どもの秀頼に使えたんだそうな。
中村吉右衛門さんのおじいさん初代吉右衛門は清正役者と言われる程得意にしていたらしいが、俳人としても一流だったようで歌舞伎座の二階に関連した展示が特設されていた。わかりやすい優しい句が印象的だ。「雪の日に雪のせりふをくちずさむ」とか。 イァフォンガイドでは現吉右衛門さんが初代が亡くなった時の様子を書いた物を紹介していてタイムリーで良かった。
何時もながら今晩も急行には乗ったが座れず、こんなに長いブログが書けました。やれやれ(苦笑い)
コメント (2)

ETCの領収書

2007年09月24日 | 日記
幕張メッセに「HEYHEYHEYスペシャル」を観覧に行ったヨモーギン娘を迎えに幕張まで行った帰りに、トイレに寄るためにPAに寄ったらETCの領収書がプリント出来ます。とあったので面白そう!と早速やってみました。
カードを差し込み印刷したい物を選びと書いてあったがメガネを車に置いて来たので何だかよく分からなかったがとりあえず一枚出てきた。進というボタンを押しても同じものが出てきた。今日は夜遅かったけど、今度ちゃんとじっくりやってみたい。これだけ普及したからには当然ですよね。

コメント

目標年内!

2007年09月21日 | 日記
子供たちが小さい時からとりためたVHSテープを劣化するまえにDVDにダビングしようと、しなくちゃいけないともう何年も前から思ってたがやっと重い腰を上げた。手近なところにあった五本ほど無事に出来たので、二階に封印(笑)していた紙袋を恐る恐る開けたら、ざっと数えて40本以上ある。
記憶によればだいたいはその時どきに編集済みのはず、だが。この連休中にと思ったが10月いや年内目標に頑張ります。それにしても画面に映る我が子やお友達は可愛い!(親バカ)そして時々超爆笑画面も!残して良かった良かった。テープの端っこはかなり劣化しているからとにかく早くやらねば。

コメント (2)

ピクトさんの本

2007年09月19日 | 読書
ピクトさん、漢字で書くと「被苦人さん」

つまりいつも苦しめられている人?

ピクトグラムという物を研究している人の本で、実は大学の研究室の学生さんにお借りしている。

もとはと言えば、研究室の元の秘書さんのmixiから流れてきた。

学会の発表を控えての辛い毎日をこのピクトさんが救ったとか??

工事現場とか、道路とかにある注意を人間のかたちで現した、看板の絵を「ピクトグラム」というらしい。

この本が面白いのはただ紹介するのではなく、コメントがとてもシュールで、かなりつぼにはまるのがある。

ヨモーギン娘は以前「浪漫飛行禁止」のピクトグラムを学校で描いたことがあるらしい。

ふーん、世の中には知らないことがいくらもあるもんだ。

自ら日本ピクトさん学会を名乗る、内海慶一さんという方の本で、BNN新社というところから出ているので探してみて。

WEB上にもありますよ。

でも本のコメントが最高ですから。
コメント

ムットーニ シアター@松屋銀座

2007年09月19日 | 日記
歌舞伎座にいる間に幼なじみの作家の安東氏からメールが入った。安東家の次女が亡くなったモデルの山口小夜子さんの告別式に築地の本願寺に来ていて、長女は松屋銀座のムットーニとかいう人形展に来ていて、明日は安東夫人も来るとか。

彼の家族は皆さんなかなか芸術肌で玉三郎さんや及川ミッチーや美輪明宏さんがすきなんだとか。

チャチャ姫にはすぐに帰ると言ったものの、わざわざ静岡から親子揃って見に来るような物ならと松屋に寄ってみた。

入場料1000円払って入ってみた。前売りなら700円だけどね。ちょっと残念。

「ムットーニ」というのは外国人ではなくて、武藤政彦さんという私と同じ歳位の男性で、元々油絵を描いていたのだが、

 ある時描いたキャラクター達を立体にすることを思いつき、立体のキャラクターをターンテーブルの上で回したらアイデアや創作意欲が湧いて、

 光と音を見事に駆使してカラクリ人形劇場のような大掛かりな物になったということ。

 50の作品というが、ひとつひとつが数分の仕掛けで、タイムテーブルに沿って動かす様になっているから、全部みようと思ったら半日がかりか(;_;)

 1日に何回あるか知らないがたまたま四時から武藤氏ご本人の解説で見られるショータイムにぶつかったので3つ程聞いたが結構な数のギャラリーで、前の方にいると座ったり中腰になって見なくちゃいけない。

 作ったご本人の解説だから最高だが、インタビューのビデオ上映では「見る人一人一人のドラマがあって良い」って事。

 音楽はほとんどがちょっと前のアメリカのスタンダードやジャズで、天使が出て来るのもあれば宇宙遊泳もあり、基本はゆっくり回転したり、のぼったり、それに光の表情が多彩でちょっとした驚きや癒しもあり、ゆっくり見てみたかったな。
 
 ちなみに画集も販売してますがDVDは只今品切れで次の入荷は20日だそうです。

 全く知らない世界だが、1000円払って見る価値あります。銀座に行く方は3時間位使えればお勧めです。

 ムットーニ氏のライブは毎日数回らしいが詳細はホームページで確認して下さい。http://www.muttoni.net/
コメント (2)

秀山祭9月大歌舞伎

2007年09月19日 | 歌舞伎
「竜馬がゆく立志篇」染五郎さんが坂本竜馬を熱演、司馬良太郎のベストセラーだが読んだ事はないので土佐はんのどんな体制に嫌気がさして脱班したとか良くわかって楽しかった。ところで司馬良太郎も相当変わり者でモンゴルに住むつもりでモンゴル語を勉強したのに、よーく考えるとでやめて新聞社に勤めたらしい
桂小五郎の歌昇さんははまり役だと思う。貫禄とちゃめっけが素敵(笑)

昼ごはんのあとの古典的な様式美系は眠くなってちょっとやばい。熊谷陣屋は何回かみているが、動きも少なめで重い。
吉右衛門さんの余裕ある演技は定評があるが、福助さんや富十郎さんの周りも堅くて、古典の典型かな?

自分の子供が身代りに、、って歌舞伎ではよくある設定だが、最近んはよく自分の子供に殺されたり、、今の方が相当物騒かな。

村松二人汐汲は玉三郎さんと福助さんの女方2TOP(私的に)の共演で、、素直にうれしい。

現実は2人のおじさんが踊っているのだけど(笑)、、どこから見ても美女二人。

女性以上に目や手が女らしい。

今日も幸せな気分で帰りまーす。

急きょのお誘いでも付き合ってくれたチャチャ姫様ありがとう!2回目となると結構なれて、休憩時間はソファーにダッシュ!!とかすっかり私のペースにお付き合いくださり、、恐縮です。竜馬おもしろかったですよね。

それから、子供が同じ年代だから、昔のVHSをCDにダビングしなきゃとか、、反省会も、ブルーレイディスクとかやらが出るようですが、やはりテープが摩耗して来ているので、、とにかく、ダビングですね。私5枚終了です。頑張りましょう!
コメント (4)   トラックバック (1)

コメントの管理が、、おかしかったので、、、

2007年09月14日 | 日記
最近コメントがないなぁ、、なんて思っていて

以前はメールが来たのでわかったんですけど、

さっき、ふと思い立ってコメント管理を開けたら、いっぱい届いていて(私的にはね)ちょっとびっくり!

と同時にせっかくコメントしてくださった方々にごめんなさいデス。

まずはお詫びだけでも、、

設定を触った覚えはないんですけどねぇ。

やっぱりコメントもらうと嬉しいですね(^_^)v

懲りずにまたお願い致します。m(__)m
コメント

ラグ・フェアーLIVERally2007ファイナル@渋谷AX

2007年09月12日 | 日記
追加公演を初日前に行なった(笑)横浜でのライブから新潟札幌広島名古屋など日本をラリーしてきて今日がファイナル公演。

渋谷の公共駐車場はホームページが非常に充実していて、明日学校や仕事がある場合は(それでなくても利用しますが)帰りの満員電車を考えると有り難い、感謝感謝です。

おまけに渋谷AXで1時間600円が300円で売られていて、3時間分買って2時間半で1500円が900円になって嬉しかった。

全く関係ないけど安倍さん辞めちゃったなぁ。矢張周りがなめていたんだろうかな?

もう小泉さんしかいないでしょう。
今日はファイナルとテレビ放映合唱あるのでメンバーも乗りが抜群!構成は横浜とほとんどかわらないが、ライブをこなして来た自信に溢れていたし、やりきった感もあった。 スターズオンという彼らのオリジナルの沢山入ったメドレーは本当に才能と努力を感じて恐れ入ります。

クリスマスディナーショーもちょっと高いけど頑張って是非行きたい。躍動ライブも良いけど、しっとりライブにも大いに期待しています。
コメント

映画「戦争と人間」みっちり鑑賞

2007年09月12日 | 映画
中学校の頃にどうしてこんなややこしい映画が好きだったのかはわからないけど

とにかく大好きで、、多分子役の頃の吉田次昭さんや山本圭さんや栗原小巻さんが好きだったんだと思うけど、電車に乗って1時間かけて浜松まで行ってみていた。

3部に分かれているが今考えても当時の映画俳優総出演という感じで、1人でも十分主役クラスがあいうえお順で紹介されるくらいすごかったんだ。

だいぶ前にTUTAYAで調べたけどそんなDVDはないようだった
(今はあるようです)

それをWOWOWで一挙に放映してくれて本当に嬉しかった。

日本のもっとも恥ずべき歴史の事実に基づいているのではっきりいってうんざりする面もあるけれど、私たちが知っておかなきゃいけないことだろうな。

吉永小百合さんが抜群にきれいで、佐久間良子さんが抜群に色っぽくて、北大路欣也さんが抜群に2枚目で、山本圭さんが抜群にはかない。

戦闘シーンや殺戮場面は見たくないけど、家事をしたりネットで調べ物をしたりメールを書いたりしながら3本見てしまった。

ついでにイギリスのアンブーリンを描いた「1000日のアン」を探してみたらTUTAYAにはなかったけど、AMAZONですごく高い値段になっている。

この女優さんがジュヌビエーブビジョルドという名前だったと思うが、やはり中学校の頃に覚えたことは忘れないんだね。彼女が本当に気高くて好きだった。

コメント

ケーキ好き好き

2007年09月09日 | 日記
一切400円ちょっとのケーキって?

可愛いでしょ?

でも私は食べられないなぁ

メタボだから?

じゃない

これはワンちゃん用なんです!

グランベリーモールのペット専門店JOKERです。

ごめんねニョロ買えなくて(^_^;)

コメント