草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

早くも食欲の秋

2006年08月31日 | 日記
夕ご飯は末っ子の希望で。 以前カッパ橋道具街で買ってあったパエリアパンで1合だけ作ってみたが以外に好評。 パエリア3合用のスープに300CCの水と殻つきのえび・たらの切り身・ハマグリ・イカ・トマト・を入れて軽く煮ておいて パエリアパンに移して1合の米を加えて煮る。 火加減は分らないので弱めで途中でふたなどしてみた。 これが結構上手くいって好評だった。 もう2合分あるから随時炊き立てということで楽しめそう。 魚介類の濃いスープが炊き込まれて、ぱりぱりというよりリゾット風でよかったかも?
コメント

夏休み最後にデカパフェ

2006年08月31日 | 日記
昨日に引き続き食べ物ネタです。

夏休みの最終日。最後まで残った宿題を片付けるべく
オークシティーの「グルメドール」に6杯分というビッグパフェを食べに行く

末っ子と二人ではとても無理そうなので強力なお姉さまの居るときを狙って。

昨日千葉ロッテマリンスタジアムまでバイクでお出かけで、里ちゃんのでまちをして帰って着たお疲れねえさんですが??快く参加。

2種類のパフェのうちチョコレート系を選んだものの、あまり注文する人がいないせいか結構待たされた。

私はパフェの中のコーンフレークが邪道だと思っているのでこれならコーヒーゼリーと半々でいけそう。

底まで届く長ーいスプーンと、普通のスプーン・フォーク・にコーン取り皿がwセットで出てきた。

1年に一回でいいかな?という感想。1890円也

私はソフトクリームが大好き。(アイスもクリーム・しかもバニラ派)心から自宅用ソフトクリームメーカーがほしい。

酒飲みが自宅にビールの生樽がほしいと思うのと一緒かどうかはしらないが

本当は子供たちが小さいときにほしかったがその時はこんなことは考え付かなかった。

まぁ健康と美容のためにやめたほうがいいな。

コメント (2)

北海道の白いカレーは、、白くない?

2006年08月29日 | 日記
最近テレビCMでよく見る「北海道の白いカレー」を作ってみた。

材料はオーソドックスに、ジャガイモ・玉ねぎ・にんじん・と鶏肉

箱からルーを出す時に「あれー?白くないじゃん」と叫んでしまった。

もちろん誰もいないところではなくて、白いカレーを楽しみにしてカレーの箱出来上がり写真にあわせて「ターメリックライス」にしようと楽しみにしている末っ子に向けてですのでご安心ください。

出来上がりもやはり「白」とは言いがたい。

カレー色ではないが100歩譲っても(薄めの山吹色)かな?

せめてもと最後に牛乳なぞを入れてみたが急に真っ白になるわけはない。

お味はけっこうスパイスが効いていているが全体的にはマイルド?
とわけの分からぬ感想。

テレビCMに乗せられてついつい親子で喜んで買ってしまったがまんまと乗せられたかな?

私は午後3時近くに食べたスパゲッティーが占領していて食べられなかったが

ターメリックライスはきれいで良かったかな?

ということでもし残っていたら明朝食します。(かなり望み薄)

コメント (3)

我が家の不可能姉妹

2006年08月27日 | 日記
我が家の長女(大学4年)と末っ子(高校2年)は顔もスタイルもまったく非なるものではあるがあの有名な叶姉妹と似たところがあって面白い

愛嬌も要領もいいが妹にはマイペースで接する姉とシスコン(お姉ちゃん大好き)妹は強引な恭子さんと何でもやらされる美嘉さんのイメージで私は不可能姉妹と呼んでいる。

海に一緒に行ったがやっとの思いで冷たい水になれてボードの上でぷかぷか浮かんでいた妹をゆすって落としてしまう姉。

一緒にいるのは「石井ちゃん」という名前の我が家のペットです。
コメント

もう一回みたい。絶対楽しい納涼歌舞伎1部

2006年08月24日 | 歌舞伎
1部は3本立て「慶安太平記」は丸橋忠弥を橋之助さんが魅せてくれる。

立ち回りと言ってもチャンバラだけではない。戸板を使って屋根に駆け上がり、・縄の上に飛び降りる・ものすごい運動量だ。

役者馬鹿とききしに勝る橋之助さんの鍛錬の賜物か?

2話目は福助さんが「近江のお兼」を演じる。

力持ちのお兼が荒馬を手なずけ、チンピラをやっつけ、恋を語り、民謡を踊り、最後には布晒しで華やかに魅せてくれる。

残念だったのは最初の荒馬を手なずけるところが3階からは見えなかった。残念

色っぽく、表情も豊かでなんか余裕のある福助さんはもう貫禄。

3話の「たのきゅう」は「田能久」を元に、人気の脚本家わかぎゑふと言う人がアレンジした舞踊劇。

舞台の中央に大きな木の切り株。その周りにミニチュアの芝居小屋、田舎の家、舞台の楽屋裏、おろちの棲家を配置して、

切り株の上でおろちの染五郎さんとのやり取りがあったり、踊りを見せたりする。

今日の染さんはハイテンション!三津五郎さんが演じるたぬきに「娘に化けて」「坊主に化けて」とリクエストを出して役者なので上手に化けるたびに「萌えー!」とか「ちょっとちょっとちょっと」と合いの手を入れたり。

最後は派手にやられてしまうが、舞台は小判が舞い散り豪華絢爛・にぎやかで楽しい舞台に、大満足。

あちこちから「お上手ね」「すごいわね」と言う声が聞こえる。

1・2・3とも構成もうまくて久しぶりに全部飽きずに楽しめた。

今回は誰か誘えばよかったな。絶対喜んでもらえたと思うから。

もし時間がある方はぜひいってみてね。
コメント

井上マー単独ライブ「夏」@銀座小劇場

2006年08月20日 | 日記
末っ子のお気に入り「井上マー」の単独ライブは初夏に続いて2回目。

前回と同じ銀座小劇場だが今回は完売していない様子。

やはりメディアへ出演がないせいか、NHKの「天才テレビ君」にも出ているらしいが、末っ子でさえもチェックしていない。

だめ男の卒業にあったっての自爆的な手紙で始まった。

おなじみの「プリンス」間に「本当の話」を挟めて

さらに前回同様『井上マー共通一次試験』も入っている。

「ミッションインポッシブル」と「洞窟の魔女」はぶっつけ本番の即興ねただがいまひとつ切れがない。

これならやはりねたを作ったほうがいいと思う。

娘はまるでマー君の母のようにはらはらしながら見ていて先頭きって拍手をしている。

2時以上も一人でやるのは立派だが、そんなにがんばらなくても、、

もう少し力を抜いてやったらいいと思うよ。
コメント

ロッテ里崎選手ホームラン率10割

2006年08月19日 | スポーツ
18日は千葉のロッテマリンスタジアムに行った。

長女がロッテの里崎選手ファンになって今年は異常なペースで通っている。

今週に限れば3日、、ってマリンのそばに住んでいるのではなく、限りなく横浜に近い町田から、東京都を横断してディズニーランドよりも遠い幕張までだから尋常じゃない。

彼女がロッテつながりのmixiというサイトで知り合った人たちとすっかり盛り上がり、なんでも球団広報関係者とちょっとしたつながりが出来たようで(まったく要領のいい娘で)シーズンシートの売れ残り?を安く譲っていただけるということらしい。支払いは母だが、、

オープンした「マリーンズミュージアム」も見てみたいということで、暇そうな末っ子も誘って車で出かけた。

ベイブリッジを渡り高速料金だけでも片道1700円に駐車場が650円也。

前回一人で車で出かけた長女は高速使わずに往復という芸当だったがガソリンが値上がりしているので、、どっちもどっち。

6時試合開始なのになんで早く行くかというと、駐車場確保、海浜幕張駅そばのアウトレットで最後のバーゲン(結局たいした買い物はしていない)

それに入り待ち!!

そういうことか、終電がなくなってもいいように前回車で行った長女の狙いは「出待ち」だったらしい。

ジャニーズなどのファンだったことがない長女には新鮮な?世界だったようだ。

球場につくやなや彼女はその顔の広さを発揮してびっくり

彼女以上に熱心なファンの先輩の皆様に声をかけたりかけられたり、、

選手用の駐車場のあたりには確かに待っている人がいる。

と思ったら「ボビーだ!」バレンタイ監督が自ら運転して球場入り

3名ぐらいの外国人を乗せているが夏休みに遊びに来た親戚の子か?

かなり球場入りは遅いという里崎選手も来た!確かにもう注射スペースがないくらい遅い。

うわさによると昼ドラを見てくるとか?
何でそんなことわかるの?

目の前を通っていく。「里崎選手!」「がんばって!」とか声が飛ぶので、私も「ホームラン打ってねぇ!」と声をかけた。

マリンミュージアムには「胴上げ体験コーナー」「バッターボックス体験」「ベンチ」「ストライクボールアウトの掲示板」など楽しい。
2階には大毎オリオンズのときからの資料が展示されていてこの辺は私のほうがかなり詳しい。

ところでこの日もなんとなく点の入らない試合だったが2-1のロッテリードから7回に里崎選手がホームランと打ったことで球場全体によっっシャー!ムードに包まれた。

ロッテ戦は2回目だが神宮球場でのオールスターを含めると今年見た全部の試合で里ちゃんはホームランを打っていて

娘にとっては「偉大な母」ということになる。

試合は小林雅英選手の200セーブということで最後に大盛り上がり、ロッテファンはご機嫌で帰途に着いた。

ロッテでは一番まし、、と末っ子が言う大塚明選手が球場から出るのを見届けて帰ることにした。

ベニー・堀選手などのあと比較的早めに出てきた大塚選手は素敵な車でお帰りあそばした。

2日前はわざわざフェンスのところに来てサインをしてくれたそうですがこの日は金曜の夜ということでファンも多かったせいかそれはなしでした。

ロッテマリンは毎晩花火が上がるので今年は特に花火大会に行かなくても特等席で花火が見られる次第。

来年の今頃はまだ里ちゃんファンでいるのか?ソフトバンク誰だかになっているのか?娘心はわかりませんがね。

コメント

町田市の上空をヘリコプターがずーっと回っている

2006年08月16日 | 日記
1時半前からヘリコプターがすっと旋回している。
普通1回ぐらいでどこかにいってしまうのに10回以上回っていて、心配で


どうしたらいい?

ネットで町田じょうくうヘリコプターと検索したら市役所の企画調査課のサイトが出たのでそこに電話してみた。

電話は無事つながりこの地区からその旨の電話がたくさん入っているらしい。
神奈川県警ではないかと思われるが現在調査中ですとのこと。

まさかと思ったがこの辺は基地もあるので不安だよ。

お年寄りがいなくなりました。とか結構放送をなが寸町田市役所だから
わかったら放送してよね。
コメント (2)

8月納涼歌舞伎2・3部 福助さん最高!

2006年08月15日 | 歌舞伎
8月の歌舞伎座はいつもより短めの演目で3部構成になっている。

役者さんにとってはいいのか?結局3つもやって演じる時間は変わりないかそれ以上かも?

去年までは中村勘三郎さんが座頭だったが今年は襲名披露地方公演中で坂東三津五郎さんだ。

2部の吉原狐(よしわらぎつね)は
芸者おきち(福助)は、吉原随一と評判だが、超そそっかしいという役で福助さんがはまり役。

同業のおえん(橋之助)との喧嘩では「この御宿かわせみ!!」とか、あちこちにアドリブ?で笑わせてくれる。
橋之助さんの女役も幕があくまで恐れて?いたがなかなかいい女っぷりでちょっと驚いた。

だめ男に惚れちゃうと狐につままれたようになってしぐさまで狐のようになって可愛い!

追われる身となった旗本の貝塚采女(染五郎)に同情しちゃったり、最後の最後まで倒産した若(馬鹿)旦那にも惚れちゃう。

話の主題は三津五郎さん演じる父親との親子の愛情というものだが、扇雀さんの妹役(めっちゃ若作りの町娘)というのも無茶苦茶でおかしい。

3部の「南総里見八犬伝」はおなじみの話だが、これを歌舞伎座でやるというととにかく豪華になる。

芳流閣の場では屋根の上での立ち回りから、歌舞伎得意の屋根がひっくり返るという仕組み。

しかし2日目だったせいかこの準備が大変なのかちょっと間があきすぎでしらけ気味。

福助さん演じる犬坂毛野の衣装のぶっかえりもいまひとつスムーズではなく福助さんもやりにくそうにしていた。

秀調さんのプロンプトもまた聞こえちゃった、、トホホだよ。
読売新聞の舞台のコメントにも1日目のせいかせりふをこなしていない人もいて、、とか書かれていた。厳しいね。

でもお客さんだって居眠りしている人もたくさんいるんだからいいんじゃないの?歌舞伎って楽しいもん。

8月は特に時間が短いせいもあって3B席なら1650円ですよ。


コメント

今年も若返るB'zライブin TOKYO Domeとファンクラブイベント@東京フォーラム

2006年08月10日 | 音楽
今年もこの時期になりました。B'zのライブ今年のタイトルは「MONSTAER'S GARAGE」アルバムですでに予習済みでーす。

これに先立ってファンクラブイベントということで東京フォーラムで展示とフィルムが見られるというおまけ付き。

今までのライブで着用した衣装や小物、オブジェなどが映像とともに展示され、みんななかなか動いてくれない。

物より思い出派の姫としてはあっさり見て回ったが、東京フォーラムのホールAを40分のフィルム上映だけで満員にしてしまうB'zって、、展示は7F部分を使ってそのために全館貸切だ。

事故を恐れてかホールへのエスカレーターをつっていないのにはやや「不満だー」だけど。

最近9年間のお宝映像(PV撮影のNGとかが満載彼らの人柄がよくわかる)のラッシュに時には笑いあり、にんまりあり。

ライブは東京ドームで19:00開演。

雨男のB'zにしては「ここまで暑くなくてもいいんじゃないか(稲葉さん談)」となったこの日。

野球観戦なら最高のバックネット裏の前から2列目とはいえ、ステージは外野にできていて、しかも球も飛んでこないのにネットはそのままで、昨年同様ここだけは「不満だー」
(これに反応したあなたはエンタ好き?)

しかしそこはさすがにお分かりで途中でアリーナの真ん中に作った特設ステージで「HAPPY BIRTHDAY」やトークを入れたり、最後はなんと稲葉さんグランド一周でびっくり!

おー稲葉さんが目の前を駆け抜けていった。

東京オリンピックの年が誕生のはずだから今年42歳なのに走り続けて歌い続けているじゃないですか。

LIVE-GYMというだけに会場は運動会状態・ディスコ状態というのか座席は荷物置き場でオールスタンディング。

私は熟女??らしく聴く曲はあえて立たずに聴き(まぁ座席がよかったせいもありますが)振り付けがあるものは??それなりに。

アルバムでちょっと?と思った曲も本当にライブにくると冴え渡る。B'zの真骨頂だ。

毎回感激するのはCD以上にうまいこと。

「せーのぉ お疲れ!」であっさり散会となってみんな満足して帰っていく。

不思議な魅力にとりつかれたB'zファンは意外にお行儀がいいのもうれしい。





コメント