草もち姫 徒然なるままに

日暮し、PCにむかひて心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。

関西親子旅その2 比叡山リベンジ完了

2018年11月29日 | 旅行

「琵琶湖大橋」が見えます。走っていたら見えないのは重々承知でしたが、湖東を走って比叡山に行くのは時間が読めないので往復しました。

    

比叡山ハイウェイを走り出したら絶品の紅葉(^^)🍁世界文化遺産でもあるこの場所は「天台宗 比叡山延暦寺」です。

賑わっているので駐車してみました。無料のガラガラや「厄除け大根」の振る舞いがあって暖かくて美味しかった。無料の駐車場が完備しているようです。

横川(よかわ)地域には横川中堂という赤く美しい建物と元三大師堂(四季講堂)などがあります。

帰りにはお餅苦手のミート君と好きだけど少ししか食べれない私で「みたらし団子」一本(笑)ここのは普通に甘いです。

「峰道バス停」のある場所でレストランに入りました。展望台からは琵琶湖が良く見えます。

「平和丼セット」をオーダー、ヨモギ源氏が泣いて喜びそうな湯葉+高野豆腐+そば。優しい味付けでとても美味しかったです。

次は西塔(さいとう)です。「釈迦堂」ではちょうど講和中でした。誰でも聞けるようです。最近はお寺さんも物品販売にも力が入っております(笑)

東塔(とうとう)がメインで「根本中堂」という総本堂がありますが、今回は工事中ですがその様子もしっかり見られます。たしかに屋根の上は今しか見れない。

途中出会った方が言っていたけど「車椅子になったら来れないわね」って。昨年台風で断念した比叡山、倍になってリベンジできました(^^)

何しろこれから京都駅近くによって今日中に家に帰るという強行軍なので本当にさらっと見ただけですが、ほぼ満足、更にミート君が気を利かせてくれて、私だけ坂本ケーブルカーで降りることに。自力できたらケーブルやシャトルバスを利用して回る事になっておりそれはそれで楽しみでもありました。この日は遠足の子供たちが沢山いて乗れないかも?でしたが毎時2本の他にこんな日は臨時便も出ていて、年季の入ったケーブルカーと京都弁のおじさんの解説、味わいがありました。

時間があれば京都で見たかったのは「東福寺の紅葉」と「京都駅階段のプロジェクションマッピング」でした。

とりあえず京都駅に車を止めて。結果的に間に合わないと想った東福寺の紅葉が意外な形で見れた(^^)けど、余裕で臨んだプロジェクションマッピングが急遽中止だったというドタバタ(^_^;)

まぁ滋賀県や京都に興味の無かったミート君が少しでも関わってくれたから良しとしますか。
午後18時半出発で、途中3回休憩で23時15分に帰着、休日割引で京都南→横浜町田の高速料金が6,990円は、最後のサプライズでした。

コメント

関西親子旅 その1 琵琶湖周辺

2018年11月28日 | 旅行

11/17

朝目覚めたらまだ日の出までに時間があって、昨日見られなかった窓からの景色を観ようとカーテンを開けたら素晴らしいビーチと松林の向こうに竹生島と琵琶湖が見えてビックリ。早速着替えて外に出てみました。部屋からの景色は琵琶湖に竹生島がバッチリ見えたけど、松の木が邪魔(笑)

プライベートビーチに出てみました。今朝の日の出は6:33らしいので少し移動して待ったら美しい朝焼けと朝日がみられました(^^)

 

朝一のメタセコイア並木は色づき始めでまだまだの状態。おまけにパラパラと雨まで振り出す始末。つくづく車で正解(^o^)

ホテルにもあったので「メタセコイアチョコレート」購入(笑)

  

割とすぐに雨も止んだので「白髭神社」→道の駅「藤樹」(中江藤樹さんが活躍した場所)の盛況ぶりにびっくりしました。可愛く大根とネギ買いました。

「浮御堂」→琵琶湖大橋有料道路を往復して比叡山に向かいます。白洲正子さんの本などかじったけど観音様を追いかけるほどの気持ちはなくて、ミート君が全くこのあたり初心者なので観光に徹しようかと思った矢先、意外と浮御堂で十一面観音菩薩様に遭遇したりして(笑)

コメント

クラブツーリズムツアー「越後紅葉5景!日本最長5,481m!ドラゴンドラ日本一の瞬間地上高230m!田代ロープウェイ&二居湖」

2018年11月10日 | 旅行

クラブツーリズムツアー5回目はこんなに長いタイトル(笑)日帰りで9,900円です。(11/2)

目的は「ドラゴンドラ」という苗場にある日本一長いロープウェイです。以前利用したツアーの添乗員さんからもお勧めされたので是非行ってみたかったです。

ついでに紅葉もみれたら良しとします。他は色々ついていたけどよく見ないで申し込みました。

今回は早朝7時出発という事でしたが、町田のバスターミナルの駐輪場にToday君を預けて(一日150円)鍵開けのバイトの後で出発、よほど遅れなければ鍵閉めも十分間に合うのに気が付いた時には「やったー!!」と思いました。この日は圭君のパリの大会2回戦先日決勝で負けたケビンとの試合が始まったころ出発。頑張れ!

    

バスターミナルに直結しているので最高です。ツアーは2台で出発、1号車1組間に合わず41名で出発だそうです。お1人さまは私だけみたいです。テーブルもない狭い感じのバスですが、注意事項はモニターで説明がありました。

    

朝食はお気に入りのトースト+バター+苺ジャムを塗った物です。+ 紅茶花伝。

圏央道も関越道も渋滞があるようで狭山で早めの休憩。抹茶ソフト、、食べたいけどお腹いっぱいで断念(-_-;)トイレが満員で仮設も出来ていました。

    

先日のツアーと同じ道です。群馬県ではまだまだ見られなかった紅葉ですが、関越トンネル11キロを出たらすっかり紅葉です。

「関越トンネル」、以前は日本一長かったのに(^_^;)現在の長さ1番はなんと都心の山手トンネルだそうです(笑)飛んだ伏兵にやられた感じですね(-_-;)

「レストハウス湯沢」の錦鯉を堪能\(^o^)/錦っぷりが半端ない(笑)ここでお弁当をもらって早めの昼食です。

    

    

ニ居(ふたい)湖という人造ダム湖畔で写真撮影。「奥清津発電所」(おくきよつ)は通称OKKY(オッキー)なんだそうですがどれも初耳。コンクリートじゃなくて石を積んであるダムは初めて見たかな?

    

    

少し戻って「田代ロープウェイ→苗場ドラゴンドラ」を連続で乗って空中散歩という事です。テレビでも紹介されていたようですが、もう紅葉も後半なのでそんなに混んでおらずほっとしました。ロープウェイは91人乗りだそうです。先ほどのダム湖を見下ろしながら昇っていきます。

                

山頂駅から20分くらい歩いて、ドラゴンドラの乗り場まで行き其々乗って下さい。ってことで、ドラゴンドラは25分もかかるので最低でも集合時間の30分前には乗ってください!下りたら「駐車場」という方に行くと苗場プリンスの駐車場なので右に曲がってバス捜してください!

とのことです。田代湖を見ながらすすきを見ながら少し青空が出てきたのでほっとしながら散策です。    

        

途中反対側から歩いてくる方もいたけど田代ロープウェイ→ドラゴンドラの方が移動が下り坂だから楽だと思いました。ゴルフ場のようなカートも貸し出されていてそれを利用するのもありです。自撮りでなくタイマーで撮ってみました。 

              

「ドラゴンドラ」は上ったり下ったりするのがドラゴンの背中の様、ということでユーミンが名付けたそうです。25分間で5㌔強のゴンドラ、作った方に敬意を表しますm(__)m

                        

山頂は紅葉も終わりかけでしたが、下るにつれて見事な紅葉が見られます。川が流れていたり、紅葉もやはりお日様の光があると断然違って見えます。

                                        

最後の方のカラ松も林もこれから見ごろになりそうです。苗場プリンスは泊ったことが無いけど一度くらい泊まってスキーってのしてみようかな。

                

お土産は「ブルボン製菓」のサラダホープ4種類パックとお徳用の揚げ塩せんべいです。やはり新潟は米→おせんべいです。

ここから「三国峠」を抜けて戻ります。ガイドさんが「田中元首相がこの三国峠をぶっ壊してその土を日本海に埋めて佐渡島を地続きにする。更に峠が無くなれなれば寒い風が吹き抜けるので雪も少なくなる」という構想をしていたというのが面白かったです。残念ながら佐渡はつながらず、三国峠は沢山のトラックが利用するのでいるも工事中だそうです。

          

帰りは思ったよりも渋滞もなく、「赤城ファーム」で1回目休憩、「陽光」という大きめのリンゴを買いました。

    

圏央道の最後で狭山で休憩してくれたので「抹茶ソフトクリーム」食べました(*^^)v

    

丁度夕陽が沈むのを見ながら圏央道の相模原相川から町田に向かいました。運転手さんご苦労様、この後予定通り、「ANTIQUE」でチョコリングとチーズパンを買ってバイクで帰宅。少し早かったし、リンゴなどしょっていたのでいったん自宅に帰って鍵締当番完了。

月の前半でも遊びに行ける(笑)そこかい(-_-;) 

コメント (2)

オリオン座流星群、星空音楽会ツアーbyクラブツーリズム 寒かった(-_-;)

2018年10月25日 | 旅行

星空音楽会とオリオン座流星群を標高2,000Mの白根山頂でみるというロマンチックな雰囲気に誘われて申し込んでみました。9,900円です。(10/21)

とにかく晴れたら50点と思っていたので日本全国滅多にない快晴という天気で安心しました。

今後の事も考えて町田集合にバイクを利用することにしました。特に今回は昼出発で帰着が23時過ぎという事なので、直行バスは無いし、横浜線→田園都市線で帰れるがバイクなら15分くらいで帰れる!もちろん大雨の場合は断念だけど。このために先週駐輪場の見学に来ました(笑)

150円で24時間利用出来るのが最高です。町田でも来週「時代まつり」があるようです。

    

日本生命ビル前には沢山の方が待っていました。2台どちらも満員なので46人も乗っております。前回の13人とは随分違います(笑)

    

相川から首都圏中央連絡道→関越道で伊香保に向かいます。高坂SAで休憩。

  

「伊香保」はスケートの発祥の地だそうです。来たことあったかな?365段の階段を上まで登ると「伊香保神社」があるそうですが、階段沿いの昭和レトロな雰囲気にゃ足湯を楽しんでください。とのことでした。タオルはいつも持参しているので足湯に入りました。大変そうなら途中でやめるつもりでしたが、365段なんてことなかった。が、なんと伊香保神社思いっきり工事中(笑)並んでお参りの方もいたけど。

    

                

                        

お昼は名物の「水沢うどん天婦羅定食」を「万葉亭」で戴きますがツアーだけで満席のようです。

          

天婦羅のなかには「こんにゃく」があってビックリ。うどんはかなり腰のある太麺でした、周りは「うどん街道」のようでした。

もちろん天婦羅だけは完食して炊き込みご飯と残りのうどんはしっかりテイクアウトして来ました(笑)マイドギーバッグセットを必ず持参している胃無し族です。

「白根山ロープウェイ」は一度乗りたいと思っていました。13分も乗るので着いたら標高2,000M、気温は5度でした。

既に他のツアーの方が座っていてバイオリンとピアノの方は最後の方を待つのにアンコールという事で「ライオンハート」だけ聴けました。

もちろん辺りは真っ暗で、この後真っ暗にして星空博士の解説を聞きながら星を見るようです。

ヒートテック+セーター+ウルトラダウンに、スカーフ+大判スカーフ+ニット帽+オーバーズボン正解でした(笑)カイロまでは使わなかったけど気温5度は寒かった。

最初に北極星、カシオペア座、夏の大三角形を教えてもらいました。「はくちょう座α星 デネブ · わし座α星 アルタイル · こと座α星 ベガ」 の3つの星を結んで描かれる、三角形ですが、ベガとアルタイルは「おりひめとひこぼし」で星座はその逸話があって更に楽しいんだと思います。

オリオン座はまだ見えない時刻で流星群は最盛期が夜中の2時くらいがピークということで、それでもこういうツアーなんだから見えるだろう、と思ったが実際一回だけ流れた!私はたまたま見ていた方角でしっかり「肉眼レフ」に収めたがこの後結局一回も流れず(-_-;)

火星も見えましたが、今日は月が明る過ぎた(^_^;)皆さん満足してないよね(笑)

ガイドさん曰く、昨年は台風で中止、昨日も雨で残念、私達が着く30分前は雲がかかっていたそうですから良しとしますか。自然が相手は難しい。

おまけで戴いた「星座早見表」をもって今年は星でも見ようかな?

帰り路、やっぱり町田では見える星が少なかったけどオリオン座がずーっと道案内をしてくれる様に走って帰ってこれたのが面白かった。

これを書いた10/25は良い満月でした(*^^)v

コメント (2)

和(なごみ)で行く「秋の高山祭」じっくり見学2日間 その4「からくり奉納」

2018年10月21日 | 旅行

高山祭のもう一つの名物が「からくり奉納」と呼ばれるイベントです。「布袋(ほてい)台」は秋の高山祭の屋台11台の中で唯一からくりがある。2体の唐子が5本の棒を飛び移って布袋様の肩に乗り、最後に布袋様が軍配を振るとのぼりが現れる。当日は9人の綾方が36本の絹糸を操る。と岐阜のニュースでも紹介されている。

ホテルのブッフェにもかぼちゃが登場してすっかり10月です。暖かいアトマトのスープが美味しい朝食でした。

    

思ったよりも渋滞もなく早めについたのがラッキーでした。途中寄ったひるぜん高原は女子会の時にも寄った場所です。

    

午後から雨の予報が出ていたのですが、「からくり奉納」は午前午後の二回予定が、なんと午後の部は中止だそうです。バスからまっすぐ会場の神社に向かいました。

どこかの舞台でやるのかと思っていましたがまさしく境内にある屋台でした。

スタート前には日本語と英語で解説があり、「奉納」という意味を込めて昨今の色々な災害での被災者の復興を祈ってというコメントは素晴らしい。

「布袋様」の顔が微妙に動いているのが凄い!「上手にできても出来なくても、大きな拍手をお願いします」とはじめは謙遜の常とう句か?と思ったけど本当に一瞬トラブルもあり、本当に微妙な仕掛けのようです。

          

みられてよかった、境内そばの「からくり館」に行けばもっと詳細がみられるようですが、ライブはまた格別という事かな。

    

一旦神社に参って屋台を見ながら「みたらし団子」80円を食べました、小さめのお団子が5つ、甘くなくて美味しいです。

                  

今日も「飛騨牛串」と「飛騨牛握り」を食べました。柔らかくて美味しい、しかも昨日よりも安い!寿司は味付けが独特でこちらも美味でした。

  

昨日から気になっていたおせんべいやさんだけど牛串もどきのぬれせんべい串を食べてみました。

まぁビジュアルはちょっと惹かれます。が甘い!私はやっぱり揚げ餅が好きかな。

    

大通りの反対側昔の街並みには朝顔が素晴らしくきれいに咲いていました。スーパーで「ほうば寿司」を買ってみました。帰りの夕食になるかな?ほうば味噌もお土産屋さんとスーパーでひとつづつ、飛騨牛カレーも買ってみました。これでショッピング終了。

    

  

本来ならこちらも2回あるはずの「御神行」(ごしんこう)大名行列のような物も午後は中止になったようです。放送も無いのでお土産屋さんのお姉さんも知らなかったくらいですが、動く陽明門、、濡らすわけには行かないのでさっさと各屋台のお家にしまっていました。

      

行列はやるのかと思って裃姿の男性に声を掛けたら「中止で私も今から帰ります」だって!折角なのでお写真撮らせてもらいました。なんとお衣裳が絹なので濡らすわけにはいかないんだそうです。観光客というよりは地元民のお祭りかな?高山別院の裏の川沿いは秋の花が咲いて風情があります。

        

結構疲れたので予定よりも1時間半も前にバスに戻りました。高山は堪能した(笑)帰りも運転手さん任せで楽ちん。予報は当たり随分雨が降ってきました。

一旦「風穴」で休憩して上田駅まで戻ります。

  

本当はレンジでチンするとよりほうばの香りがするようですが、山椒の葉っぱも効いていました。新幹線ご一緒↓マダムはクラブツーリズムの「名城100選」を継続中でもう85位行ったと思たら「続100選」が出てる(笑)そうです。団体なので「山手線内」の切符をもらえたので渋谷経由で帰宅しました。

  

コメント

和(なごみ)で行く「秋の高山祭」じっくり見学2日間 その3「宵祭り」

2018年10月20日 | 旅行

午後6時から出発の宵祭りを待ちます。露天も沢山出て賑やかで地元の学生さんたちなのか修学旅行生なのか結構若い方も多いです。

    

                    

屋台(山車)は全部で11基で「動く陽明門」とも呼ばれ国の重要有形民俗文化財だそうです。たしかに私の田舎の屋台とかよりも飾りが多く繊細。

自分がコスプレしていて不思議なお兄さんが一番インパクト強い(笑)その次が唐草模様のお洋服のワンチャン。

    

    

  

先頭を獅子舞が飾るようです。大人も子供もいろんな獅子がかなり長い間舞っております。

    

押され押されてちょうど出発地点に来たのでもう大変な人だかり、とにかく外人が多いので皆さん背が高く(-_-;)前の女性の腰は私の顔くらいの位置です(笑)

中国系もいますがヨーロッパ系が多い気がします。いよいよ出発です。

                

狭い道を進むので角度を変えるのが難しいようで、ある意味ここが腕の見せ所って感じらしいですが、あまりに優雅で疲れちゃった(笑)

夕食は自由なのでお目当ての飛騨牛串、五平餅、コロッケを食べました。

集合時間のかなり前にバスに戻りました。修学旅行で東京にも何度も行っておられる運転手さんの話も面白いです。元横綱輪島さんが亡くなったようです。

岐阜の駅近のホテル、、えっ?ここは高山だからざっくり135キロ(笑)2時間弱かかりました。

自分で運転するんじゃないので良いですけど、他のツアーは富山とかそうか、高山市内のホテルを取るのが難しいんですね。もう寝るだけですけど部屋がめっちゃ広くて嬉しかったです。ベッドもシモンズのセミダブルでゆっくり就寝いたしました。

    

コメント

和(なごみ)で行く「秋の高山祭」じっくり見学2日間 その2「松本観光→高山」

2018年10月20日 | 旅行

 

長野のアルピコバスで移動と観光です。こんな大きなバスで13人しか乗ってない(笑)

松本城に入る方は+610円ですが、私は以前に来たので「時計博物館」を目指しましたが、休館日で残念(-_-;)

                街中の

湧き水みながらまちを歩きました。若返りの水、一応飲んでみました。

          

2の町田のライバル松本FCの様子を偵察、なかなか盛り上がっておるな!

    

もちろん松本城にも行ってみました。本当に美しく力強いお城です。晴れていたのでお掘りに映る城がまた最高です。

                

 

    

    

ここからは高山目指してバス旅です。上高地にに行くルートは自分でも走ったのでバスだと楽ちん(笑)を実感。定番の休憩所は「平湯」です。 

    

          

高山の街に入ってもお祭り?を疑うような閑散さで微妙です(-_-;)無事に目指す高山別院の駐車場に停められてここからは自由行動です。

    

娘たちやテニス部の女子会でも歩いた高山の町は今日よりも人が多かった気がしますが、「宵祭り」に備えて皆様準備中という事のようです。

    

コメント

千畳敷カールに行ってみたかった(*^^)v

2018年08月01日 | 旅行

7/25(木)

近ツリで予約していた『駒ケ岳ロープウェイで行く 高山植物の宝庫・千畳敷カール 標高約2600メートルの別天地へ!』の日です。

お天気は何とか大丈夫そうですが、本当に涼しいのか?ちょっと不安(-_-;)

町田のバスセンター7時40分集合は深川に朝一で行くよりもずっと余裕(笑)にょろの散歩もしてバスで一本(約20分)です。

    

近ツリのツアーは3年前に「尾瀬」を利用しました。

駒ケ岳のロープウェイは、東工大時代に学生さんと諏訪の共同研究をしていた先生のところに伺った際に私はすることが無いので半日その辺をウロウロしたのですが(笑)その際に「駒ケ岳ロープウェイ」というのが印象に残っていて、更に「千畳敷カール」ってのがかっこよくてぜひ行ってみたいと思っていました。

北上姫様に聞いたら歩くところは初心者でもへーきとのことでしたので気楽な気持ち申し込みました。

お1人様だったのでもう一人のお1人様と並び席になりました。この方近ツリツアーの上得意様!!富士山の裾野を回る17回シリーズにも参加中らしいです。

先週も駒ケ岳に来ていて(ロープウェイの綱の交換時でしらび平から菅野台までのウォーキングをされたそうです)その他にもご自分の愛犬の写真やびっくりするようなお仕事についておられたのでその話などとても楽しかったです。

薬師池までほとんど毎日のように2時間くらい早朝散歩されておられるようで、毎朝3時起床ですと!!うーーーん真似できない(-_-;)

当初談合坂の予定でしたが、お客様のリクエストに応えて少し早めに「藤野SA」でトイレ休憩。次は「諏訪湖SA」とにかく日本のトイレは最高!!!

    

この景色、電車ではよく見ますがあとは自分で運転しているので余裕なく(笑)改めて見て嬉しい!昼食は「峠の釜めし」で有名は「おぎのや」さんのお弁当。私はこれでも多くて半分おにぎりにしたけど皆様これで足りるのかな?って位にお上品。

  

菅野平の「駒ケ岳ロープウェイ駅」の乗り場は25℃!連日東京は30度越えで久しぶりの20度台!

    

先日交換したばかりのロープで安心(笑)標高2612まで7分で一気に登ります。

    

イエーイ!山頂は19度です!これ以上寒かったり風が強かったら持参したUNIQLOのダウンを着ようかと思ったけど本当にちょうどいい気温!雲も切れて晴れ間も!

    

「集合は2時40分ですよ」というのは添乗員の大崎さんはかなりのベテランらしく、とても話も面白く、たくさん旅の情報を教えていただいて本当に楽しかった!

どちらからでもいいけどとりあえず神社から右回りに歩き出します。誰でも歩ける?とはいえ私には結構大変な道に思えました。ツアーの中に杖を利用している方もいたけど本当に歩けたんでしょうか?私は大げさと思ったけど山ガール仕様で良かったです。靴ももちろんSALOMONのシューズです。

    

    

    

 

池の辺りで残りのご飯のおにぎりを食べて凍らせて持ってきたアクエリアスがいい具合に溶けたので水分補給、

    

この辺りはちょっと砂地だけどほとんどこんなところは無い、最後の登りも結構きつい!

    

高山植物の知識が全くないのだけどあまりにも小さくてまさかの老眼鏡かけてみるなんて(笑)そして「チングルマ」という花がフワフワの毛が出るのもビックリでした。

    

混むときにはロープウェイもバスも1時間2時間待つこともあるようですがこの日はスムーズで良かったです。

      

「黒百合」の球根がありましたが、とても我が家で育つとは思えず断念(-_-;)

    

帰りも一回お土産センターによって、談合坂に寄って帰宅です。中央道も首都圏中央連絡自動車道も比較的スムーズで予定通り帰着。

        

桃と大崎さん一押しの「信玄餅ビスキュイ」を買ってみました。

たしかに運転しなくていいし、ガイドさんもいるし楽でいいな!問題は天気だけど最近の自分の晴れ女信じてまたどこかに行ってみようかな。

コメント (2)

憧れのクロアチアスロベニア8日間ツアー その6 国境超えてドブロヴニクへ

2018年07月09日 | 旅行

ここからはこのツアーで一番の長いバス旅450km/7時間です。日本でいえば自宅から新東名で大阪に行くくらい!!もう笑うしかないです。

思わず一覧表にしてみた。座席ゆっくりのバスだったし、結構頻繁にトイレ休憩は取ってくれるけど、バス内のトイレが使えないのはちょっと変かも?

ドブロヴニクまでの間に、9kmだけボスニアヘルツェゴビナの領土の海岸線(赤の丸内)を通るとかで、いちいち出国⇔入国手続きがあるようです。

ボスニア・ヘルツェゴビナの通貨は“兌換(だかん)マルク”。KMと省略され「マラカ」と発音します。クロアチアなどからの日帰り旅行程度であれば、マルクへの両替を一切せずに、ユーロとクレジットカードで行けるらしい。ここにきて3つ目の通貨は面倒で勘弁願いたい(-_-;)もちろんクーナも使えました。

唯一ボスニアヘルツェゴビナ内のトイレ休憩するスーパーマーケットでクロアチアで有名なチョコレートなどを安い税金で買えるという事でちょっとした期待を持たせてくださいます。バスを降りるとVG姫が人数分のチョコを確保して試食、うーかなり甘いな。

    

クロアチアのチョコレートの老舗KRAS社のバヤデラへーゼルナッツチョコレート。クロアチア土産のおそらく定番。個包装されていて3個入から24個入まで。

成城石井でも買えないというので価値はあるかな?確かに食べたことのない味。でも小さなのを数個だけ買いました。

ホテルでも無料の水は無く、バスの中で冷えたペットボトルの水を買えるのがとても便利でしたが、7クーナ、1€で。

このスーパーで5クーナちょっとだったので2本買ってみました。ラベンダーの製品、モドリッチユニフォームなども売っていましたが、とりあえず見るだけ。

左にボスニアヘルツェゴビナの山を、右にアドリア海を見ながら南下します。果物がたくさんとれる様で道路沿いにスイカや各種果物を露店で売っています。

ドゥブロブニクに近づくと海岸リゾート感がどんどん増してきます。

    

吊り橋を渡るとすぐで今日のホテル「PALACE」は5つ星で、フロントが1階で部屋が下にあるようです。

  

部屋のベランダからの景色、南国リゾート気分です。

    

やっと部屋にコーヒー紅茶がある部屋に、荷物広げる前に写真撮り忘れ(-_-;)部屋にティッシュがあるのも初めて(笑)日本のビジネスホテル優秀過ぎです。

    

夕食は豪華すぎて、悔しすぎて(笑)そういえばホテルで夕食を食べるという旅はあまり記憶がありません。むしろ初めてかも?

デザートの種類が半端ない!皆さまが手を付ける前に完璧状態で撮影完了(笑)

で、私が戴いたのがこれだけ(-_-;)トマトを煮るという料理に初めて出会った中学3年の大阪万博のフランス館のレストランの事思いだしたりして。

敢えて逆光なので載せましたが、この頃になるとツアー内でも他のグループや一人旅の方たちとも話をするようになってきて結構盛り上がります。

    

まだまだ楽しい宴は続くのですが、私は気になっていたビーチと屋外プール。屋内プール探検に行くことにしました。

折角水着を持ってきたけど多分このホテルと最終日のホテルくらいかな?プールがあるのは。

1階から庭に出るとプールでその向こうがなんとアドリア海でした。泳がないまでもせめて水につかろうとちょっと冷たかったけど手すりに沿って入ってみました。

いぇーい!ちょうど夕日が沈む時間で自撮り、、実はこのちょっと前に手が滑って浅瀬にスマホが(-_-;)辛うじて拾えて、もはやここまでか(;^_^Aと思ったけど何とかセーフ!この旅一番の大ピンチでしたが、悪運はまだ見捨てなかったようです。

7階の室内プーも高級感たっぷりで3人しかいない(笑)一応2往復位泳いで、ジャグジーに浸かってきました。極楽、、

今日はクロアチア対デンマーク戦、辛うじてPKでクロアチアの勝ち!明日どこかで新聞手に入れよう!持ってきたけど今まで使わなかったパソコン出して昨日までの写メを保存しました。毎日移動だとこれも面倒で。ホテルの無料Wi-Fiはどこも完備なので快適でした。

    

コメント

憧れのクロアチアスロベニア8日間ツアー その3 ブレッド湖→ポストイナ鍾乳洞

2018年07月07日 | 旅行

ザグレブから国境を越えてスロベニアにはいってブレッド湖に向かいます。

「手漕ぎボートに乗って」とありましたがこれは水を守るためにガソリンのボートは禁止で手漕ぎのボートか電気ボートだけが許されていて、それもいくつかの家族が歴代ボートを所有して家業として引き継いでいるらしいです。

イメージとしては日本の中禅寺湖かな?昔貴族が気に入ってこの辺りに別荘を建てて、湖の真ん中の島に教会があります。

船着き場から99段の石段を登った上に教会があって、結婚式にはお嫁さんを抱っこして登るとか?

    

なんと、ちょうど結婚式が行われていてぼちぼち終わるらしいという事で待っていたら出てきました(*^^)vフラワーシャワーに普通に参加(笑)

    

??本当にこのお嫁さん抱っこして登ったのか?

名物のジェラートがあるというので3人で1カップ「NONINA KREMA」(GRADMA'S CREAM)甘い!

    

この教会も修復中で、でも幸せの鐘!引っ張って幸福を祈ります。元気だったので鐘楼に上ってみました。

    

    

帰りのボートのお兄ちゃんが中々のイケメンで気分爽快でした(*^^)v

少しバスで移動していかにも湖畔の観光地的な一角のレストランで「マスのグリル」ランチです。マッシュルームスープでスタート、パンも美味しいです。

    

  

加賀姫様が猫ちゃんもビックリな美しいナイフとフォーク使いで綺麗に骨だけ残して完食!見ていて気持ちがいいです。温野菜の味付けが優しい。

デザートのクリームケーキは思ったよりも甘くなくて美味しく戴きました。

周りの家が何気なく花であふれていて、蜂のマークはハチミツ農家かな?

ここからバスで1時間半(105km)走って「ポストイナの鍾乳洞」に向かいました。ヨーロッパで最大級とのこと。トロッコに2キロ乗って、中を1キロほど歩き、またトロッコで戻るという事です。売店で石を使ったアクセサリーやイギリスも真っ青なあひる隊長各種も(-_-;)

    

「トリュフ塩」と「トリュフとバジルのペースト」を買ってみました。

鍾乳洞は、もう想像を絶しました(-_-;)これは百聞に如かずなので是非お出かけください(笑)構内は通年10度に保たれているという事でこの旅一番の厚着をしました。

靴は広重ごっこでも大活躍した物を持参して正解でした。思ったよりは滑らない足元でしたが、やはり坂あり水ありで。

写真はうまく撮れなかったので日本語もある公式サイトをぜひご覧ください。

ちょっと前に江ノ島の洞窟に行ったけど、、むなしくなるなぁ(-_-;)岩手の龍泉洞に行きたいと思っているのだけどここにきて失敗だったか?

今晩のホテルは鍾乳洞の入り口にある「JAMA」実は売店のあった建物、すぐにチェックイン出来て嬉しい。しかもデザイナーホテルの様におしゃれ。

木目の床が美しいです。

  

この日の夕食はセットメニューでチーズトマトサラダでスタート、チキンソテーと、ロールケーキのデザートでした。

    

食事ごとに飲み物の注文をして支払いをします。私は水ですら容量になってしまうので全く必要が無いのですが皆様ワインやビールやでお食事が進むんでしょう。

それをVG姫が毎回アシスト、うーん大変だ(-_-;)午後八時半にやっと夕陽が沈みます。

      

コメント