川崎 和菓子 吉田屋

毎朝お餅を搗き搗き営業中
手作り和菓子とおにぎりのお店

「梅」元気

2013年05月31日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋、吉田屋の梨紗です。

今日は湿度も低く、さわやかな天気となりましたね。
日差しが強いので、紫外線対策は念入りに。

暑くなってくると、サッパリしたもの・塩分・酸味・涼を
身体が欲しますよね。

6月~7月を旬とする「梅」
梅は、冷えの改善・疲労回復・整腸作用・・・に効果的とされています。
働いている方は冷房による冷え、
特に女性はお悩みの方が多いのではないでしょうか。

こんな時期は「梅のしずく」がおすすめ!
お湯割りにすると、身体が温まりますよ♪

本日、追加製造致しましたので、ご自宅用はもちろん、
お中元にもお使い下さい。
「梅上用まんじゅう」も作りました。
白あんに、梅の甘露漬けが一粒入っています。
見た目もピンクで可愛らしい一品となっております。

梅のお菓子・ドリンク等で、元気な身体のお手伝い致します!!


※6月の連休
10日(月)・11日(火)となります。

御菓子司 吉田屋
川崎市幸区小向町2-1
TEL:044-511-3859
FAX:044-511-3226
吉田屋ホームページ
http://wa-yoshiday.com/
営業時間:6時~18時
定休日:月曜日(第3火曜日)   
※祝日・祭日の場合は営業いたします
コメント

紅白薯蕷饅頭

2013年05月30日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋、吉田屋の三代目 陽介です。

今日は、近隣の幼稚園様からのご注文で
紅白の薯蕷饅頭を作っています。

当店でお受けしている紅白饅頭のご注文は、
小麦粉でお作りする場合が多いのですが
こちらの幼稚園様から年に1度、薯蕷生地で紅白饅頭の
ご注文をいただいています。

小麦饅頭が、小麦粉と膨張剤でふくらませるのに対し
薯蕷饅頭は、すり芋(当店ではつくね芋)と薯蕷粉という
きめの細かい米粉でふくらませます。

ということで、見た目は同じようでも、
生地に使う材料が全く異なります。

そのため、口当たり風味も異なり、お芋で作った饅頭
ということがわかるかと思います。

僕は、この芋の香りがなんとも好きで、
自分も早く上手に作れるようになりたい菓子の1つでもあります。


※6月の連休
10日(月)・11日(火)となります。

御菓子司 吉田屋
川崎市幸区小向町2-1
TEL:044-511-3859
FAX:044-511-3226
吉田屋ホームページ
http://wa-yoshiday.com/
営業時間:6時~18時
定休日:月曜日(第3火曜日)   
※祝日・祭日の場合は営業いたします
コメント

葉っぱがお好き?

2013年05月29日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋、吉田屋の梨紗です。

曇りのち雨の天気予報。
降るかな~と思ったら、日が出たり・・・
不安定な天気が続きそうですね。

先日から、
柏餅・草餅⇒くず桜・水ようかん・あじさい・水大福
と、ショーケースが涼菓に変わっています。
見た目も涼しげです。
いちご大福も、あんず大福に変わりました。

幼稚園帰りのお客様も多く、
子ども達が自分で好きな和菓子を選んでいきます。
「いちご大福~!!柏餅!」と入ってくる子が半数。
販売終了を知り、見た目も可愛い「あじさい」にいくのか・・・
と思いきや「水ようかん!」と言う子が多いんです。
お母さん達も「渋いね~」と笑っています♪

子どもって「桜餅」「柏餅」「水ようかん」と、
葉に包まれているものが好きなのか?
そんな小さな疑問をもった今日この頃。



コメント

水大福~つぶし餡~

2013年05月28日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋、吉田屋の梨紗です。

すっきりとしない天気が続きますね。
西日本では梅雨入りしました。
関東にも梅雨が近付いている・・・

「水大福~つぶし餡~」本日製造いたしました!
よもぎ生地になっております。

ぷにゅっと、つるっと、ひんやり「水大福」
蒸し暑いこの時期にオススメの一品♪

※6月の連休
10日(月)・11日(火)となります。

御菓子司 吉田屋
川崎市幸区小向町2-1
TEL:044-511-3859
FAX:044-511-3226
吉田屋ホームページ
http://wa-yoshidaya.com/
営業時間:6時~18時
定休日:月曜日(第3火曜日)   
※祝日・祭日の場合は営業いたします

コメント

鮎(ゆず求肥)

2013年05月26日 | 和菓子
こんにちは!
川崎市幸区の和菓子屋、吉田屋の三代目 陽介です。

先週より販売を始めました「鮎」ですが
本日より、ゆず求肥入りバージョンの販売も始めました。


※平鍋で生地を焼き、ゆず求肥を包むところ


焼き印で鮎の顔、尻尾を焼き、完成!


求肥にすりおろしたゆず皮を入れた、ほんのりと柚子の香りさわやかな
「鮎(ゆず求肥)」を是非どうぞー!

御菓子司 吉田屋
川崎市幸区小向町2-1
TEL:044-511-3859
FAX:044-511-3226
吉田屋ホームページ
http://wa-yoshidaya.com/
営業時間:6時~18時
定休日:月曜日(第3火曜日)   
※祝日・祭日の場合は営業いたします
コメント