漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二 第十四節 訳

2013-02-28 09:34:44 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二

第十四節

 肝色青。宜食甘。粳米・牛肉・棗・葵皆甘。

 心色赤。宜食酸。小豆・犬肉・李・韮皆酸。

 肺色白。宜食苦。麥。羊肉・杏・薤皆苦。

 脾色黄。宜食鹹。大豆・豕肉・栗・藿皆鹹。

 腎色黒。宜食辛。黄黍・雞肉・桃・蔥皆辛。

 辛散、酸收、甘緩、苦堅、鹹耎。毒藥攻邪、五穀爲養、五果爲助、五畜爲、五菜爲充。氣味合而服之、以補精氣。

 此五者有辛酸甘苦鹹。各有所利。或散、或収。或緩、或急、或堅、或耎。四時五藏病隨五味所宜也。

 

肝は五行で申しますと色の配当は青であります。肝は急を苦しみますので甘味を食して緩にするのです。それは粳米・牛肉・棗・葵であり皆甘いものです。

心は五行で申しますと色の配当は赤であります。心は緩を苦しみますので酸味を食して収します。それは犬肉・李でこれらは酸味のものです。韮は辛温、小豆は甘平の薬味薬性があり現在ではどのように考えましょうか。

 肺は五行で申しますと色の配当は白であります。肺は気の上逆を苦しみますので苦味を食して泄します。それは大麦のみが苦味のものです。小麦は甘涼、羊肉は甘温、杏は酸温、薤は辛温の薬味薬性があり現在ではどのように考えましょうか。

 脾は五行で申しますと色の配当は黄色であります。脾は湿を苦しむので、苦味で燥にすべきですが、腎を補う鹹味で湿を除き脾の働きの負担を軽くします。それは栗のみが鹹味のものです。大豆は甘平、豕肉=豚肉は甘微寒、藿=かく・くさかんむりに霍は不明

藿香(かっこう・かくこう・しそ科植物パチョリの全草)は辛微温の薬味薬性があり現在ではどのように考えましょうか。藿(かく)と藿(かく・かっ)香は違う物のようです。

 

東洋学術出版社素問

藿=かく・くさかんむりに霍・まめのは

<広雅>釈草に「豆角を莢といい、その葉を藿(くさかんむりに霍)という」とある。

漢方医学大辞典薬物篇に藿(くさかんむりに霍)の記載無し。

 

鍼灸医学大系の脾の訳

脾は土に属し中央に配せられる藏器でありますから、其の色は黄に属します。脾には宜しく鹹味を食することが必要であります。大豆、豕肉、栗、藿などは凡て鹹味に属するものであります。

 

 腎は五行で申しますと色の配当は黒です。腎は燥を苦しみますので辛味を食してこれを潤します。それは蔥のみが辛味のものです。黄米=秫米(じゅつべい)・あわは甘微寒、雞肉=鶏肉は甘微温、桃は甘寒の薬味薬性があり現在ではどのように考えましょうか。

 辛味は散じ、酸味は收し、甘味は緩し、苦味は堅し、鹹味は耎らかくします。毒薬は邪をなおし、五穀は滋養があり、五果は助け、五畜は体のためになり、五菜は栄養を充たします。

 五味の酸苦甘辛鹹と五気の寒・熱・平・微寒・温を合わせ之を服し、精を補い、気を益します。

 この五つの食品は酸苦甘辛鹹の味があり、体に栄養を与え、発散し、収し、緩め、急にし、堅くし、耎らかくします。春夏秋冬に肝心脾肺腎を配当し病を酸苦甘辛鹹の五つの味を用い治療するのです。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

アレルギー性鼻炎 サンワロンM顆粒(麻黄附子細辛湯)の効能変更のお知らせ

2013-02-27 09:29:27 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

クラシエ薬品のサンワロンM顆粒(麻黄附子細辛湯)の効能変更のお知らせ

成分 成人一日の服用量6包(1包0.75g)中

サンワロンM水製エキス・・・・・1.5g

〔マオウ6.0g、サイシン4.5gより抽出〕

ブシ末・・・・・・・・・・・・・1.5g

添加物として、トウモロコシデンプン、乳糖、ステアリン酸Caを含有する。

効能

体力虚弱で、手足に冷えがあり、ときに悪寒があるものの次の諸症:

感冒、アレルギー性鼻炎、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛

用法・用量

一日三回食前又は食間に服用。

成人(15才以上)1回1~2包 15才未満は服用しないこと。

価格

30日分 90包 5,670円
15日分 45包 2,835円
14日分 42包 2,650円
10日分 30包 1,895円
 7日分 21包 1,420円
     1包  85円

 

アレルギー性鼻炎の水のような薄い鼻水に小青竜湯を合方します。

小青竜湯の効能

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

価格
30日分 90包 7,935円
15日分 45包 3,970円
14日分 42包 3,710円
10日分 30包 2,650円
 7日分 21包 1,985円
     1包  105円

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

野外で学ぶ「幼稚園」 国分寺の企業運営30年 「コロロこども探検隊」

2013-02-26 17:19:38 | 日記

読売新聞平成25年2月26日東京多摩:地域版の記事です

我が三男はこの「コロロこども探検隊」の卒園生で現在「瑞学園」入所中です。

  http://www.kololo.jp/

 http://www.t-net.ne.jp/~shouei.co/newpage17.html

 

野外で学ぶ「幼稚園」 国分寺の企業運営30年

 園舎がなく、毎日が遠足――。そんなユニークな幼児教育を、国分寺市の「ころろ子ども探検隊」が実践している。子どもの感性を育むため、野外での活動に特化した教育を始めて今年で30年。取り組みを紹介する写真展が26~28日、同市内で開催される。(蔵本早織) (2月26日)[全文へ]

コメント

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二 第十四節 語句の意味2の毒薬五穀その他-2

2013-02-26 09:19:30 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二

第十四節

 肝色青。宜食甘。粳米・牛肉・棗・葵皆甘。

 心色赤。宜食酸。小豆・犬肉・李・韮皆酸。

 肺色白。宜食苦。麥。羊肉・杏・薤皆苦。

 脾色黄。宜食鹹。大豆・豕肉・栗・藿皆鹹。

 腎色黒。宜食辛。黄黍・雞肉・桃・蔥皆辛。

 辛散、酸收、甘緩、苦堅、鹹耎。毒藥攻邪、五穀爲養、五果爲助、五畜爲、五菜爲充。氣味合而服之、以補精氣。

 此五者有辛酸甘苦鹹。各有所利。或散、或収。或緩、或急、或堅、或耎。四時五藏病隨五味所宜也。

 

語句の意味2の毒薬五穀その他-2

毒藥=「薬草などをグダグダになるまでせんじつめたもの」の意なのである。つまりなまのままのものからしぼり取ったものが必斉で、煮てグダグダにせんじたものが毒薬ということである。鍼灸医学大系

必斉=必斉とは草や木の葉などからしぼりとった汁の意である。鍼灸医学大系

黄帝内経素問 湯液醪醴論篇 第十四 第二節 語句の意味1-2

黄帝内経素問 玉版論要篇 第十五 第一節 訳

 

攻=コウ。セめる。うつ。敵をうつ。せまる。おかす。とがめる。なじる。あばく。ほじくり出す。苦しめる。オサめる→修。学ぶ。みがく。ととのえる。なおす。作る。かたい=堅。

邪=①1)邪気ともいう。広く各種の病因と、その病理の障害をさし、人体の正気と相対する表現である。

<素問評熱病論>「邪の湊まる所、其の気必ず虚す。」

2)風・寒・暑・湿・燥・火の六淫や、疫癘の気など、病気の原因となるもの。これらは外より人体に侵入するので外邪ともいう。

②斜の意味。<霊枢經脈篇>「足心に邪に走る。」

 

疫癘=大流行を引き起こす強力な伝染性をもつ疾病で時病、温熱病に類する。戻気ともいう。新・東洋医学辞書

疫癘=強烈な伝染性をもち、大流行をひきおこすある種の疾病をさす。

<病源>疫癘病候「其の病、時気、温熱などの病と相類す、皆一歳の内、節気和せず、寒暑候に乖き、或いは暴風疾雨、霧露散ぜざること有るに由り、則ち民多く疫を疾み、病に長少無く、卒皆相似たり。」

 

五穀=粳米、小豆、麦、大豆、黄黍。新・東洋医学辞書

五穀=五穀の解釈は多く、

<素問蔵気法時論>の王冰注によれば粳米・小豆・麦・大豆・黄黍(黄黍は黄米のことで、小豆は種類が多い)。

また<甲乙経>では麻・麦・米・黍・大豆。

また稲・麦・粟・稗・豆をいうものもある。

 

養=ヨウ。ヤシナう。そだてる。生活させる。飼う。たべさせる。他人の子どもをそだてる。まかなう。養生する。保養。ヤシナい。養うこと。こやし。滋養分。養分。下のものが目上のものにつくすこと。しもべ。まかない役。

 

五果=五臓を養う果実で、肝に棗、心に李、肺に杏、脾に栗、腎に桃。新・東洋医学辞書

五果=<霊枢五味篇>「五果は棗甘、李酸、栗鹹、杏苦、桃辛。」

<素問蔵気法時論>「五果は助と為す。」

 

助=ジョ。タスける。力を貸す。手だすけする。利益を与える。貧乏人を救う。危難から救い出す。労力がはぶける。タスけ。力をかすこと。手だすけ。救い。めぐみ。スケ。加勢。てつだい。殷代の租税法の称。

助=本文の「五果は助を為し」とは、五穀だけでは人体の栄養として不充分だから、その上に五果を重ねて行くべきことを示すものである。鍼灸医学大系

 

五畜=牛・犬・猪・羊・鶏の五種の家畜。新・東洋医学辞書

五畜=<霊枢五味篇>「五畜は牛甘く、犬酸、猪鹹・羊苦・鶏辛なり。」

 

=益・は旧字。エキ。ヤク。マす→増。多くなる。多くする。ふやす。ためになる。利益。マスマス。いよいよ。四川省成都付近の地方。

=本文の「五畜は益を為し」とは「五畜は栄養を更にゆたかにし、いっぱいにするものである」ことを意味するものである。鍼灸医学大系

 

五菜=五味を代表する蔬菜で、葵(甘)・韮(酸)・蕾(?藿・くさかんむりに霍)(鹹)・薤(苦)・葱(辛)のこと。新・東洋医学辞書

五菜=五菜は葵の甘、韮の酸、藿(くさかんむりに霍)の鹹、薤の苦、葱の辛をいう。<霊枢五味篇>

参照。

 

充=ジュウ。アてる。ふさぐ。備える。ミちる→満。いっぱいになる。ミたす。肥やす。

充=本文の「五菜は充を為す」とは「五菜というものは人の成長に大いに役立つ」という意に用いたものか。

或は「前記の食物に五菜を加えて其の栄養を愈々充実させる」という意に用いたものか。

明確ではないが、いずれの意に解しても其の意味は通ずるであろう。鍼灸医学大系

 

服=着物。ツける。着物を着る。馬を車につなぐ。おびる。喪服。飲む。従う。心から従う。心服。おそれ入る。つとめ。ならう。なれる。=鵩(服へんに鳥)・みみずく。鳥の名。縁起が悪い鳥という。

服=そこで服とは「ぴったりひっつく」という意を含むもので、体にぴったりひっついて離さない「衣服」、それも「服」と称する。之を動詞としたのが本文の「服し」という語であるが、いろいろなものを飲んだり食ったりしただけではだめで、それをぴったり身につけてこそ栄養となるのであり、栄養となってはじめて精気を補益することができるのである。鍼灸医学大系

 

気味=薬物の性質、作用をいうことばで、寒熱温涼を気といい、酸苦甘辛鹹を味という。薬気と薬味の両方を合わせて気味という。<素問陰陽応象大論>参照

 

漢方用語大辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二 第十四節 語句の意味2の苦(辛、酸、甘、苦、鹹)-2

2013-02-25 09:05:23 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 蔵気法時論篇 第二十二

第十四節

 肝色青。宜食甘。粳米・牛肉・棗・葵皆甘。

 心色赤。宜食酸。小豆・犬肉・李・韮皆酸。

 肺色白。宜食苦。麥。羊肉・杏・薤皆苦。

 脾色黄。宜食鹹。大豆・豕肉・栗・藿皆鹹。

 腎色黒。宜食辛。黄黍・雞肉・桃・蔥皆辛。

 辛散、酸收、甘緩、苦堅、鹹耎。毒藥攻邪、五穀爲養、五果爲助、五畜爲、五菜爲充。氣味合而服之、以補精氣。

 此五者有辛酸甘苦鹹。各有所利。或散、或収。或緩、或急、或堅、或耎。四時五藏病隨五味所宜也。

 

語句の意味2の苦(辛、酸、甘、苦、鹹)-2

苦=く・①患う、困しむ、忍び難いの意味。

<素問蔵気法時論>「肝は急を苦しむ」とは、肝が怒によって傷られ、肝気が太過となり、病気になることをいう意味。

②疾病をさす。

<素問血気形志篇>「其の苦しむ所を去る」とは、その疾病を除去するということ。

③苦痛。

<霊枢師伝篇>「これを開くに其の苦しむ所を以てす」とは、その苦痛のある所を指摘するという意味。

④五味の一つ。⇒五味。

<素問蔵気法時論>「肺の色は白し。宜しく苦を食すべし。麥、羊肉、杏(あんず)、薤(らっきょう)は皆苦なり。苦味は堅す。」

<素問生気通天論>「味苦に過ぐれば、脾氣濡(うるお)わず、胃氣乃ち厚し」

<霊枢五味篇>「苦は骨に走り、多く之を食せば人をして変じて嘔せしむ。」

<霊枢五味篇>「苦胃に入れば、五穀の気皆苦に勝つことあたわず。苦下脘に入れば、三焦の道皆閉じて通ぜず、故に変じて嘔す。歯は骨の終る所也。故に苦入りて骨に走る故に入りてまた出づ、其の骨に走るを知る也。」

苦能泄、能燥、能堅=くはよくせっし、よくそうし、よくけんす・苦味薬中には泄降・燥湿・堅腎作用があることをさす。たとえば、黄連・黄柏は湿をかわかし火を瀉し、大黄は実熱を瀉して大便を通じ、蒼朮は燥湿健脾する。

 

 苦味の薬能 軟らかいものを引き締め、湿りを乾かす薬能があり、固を主り、主作用は心・小腸の機能を補い、その目標は赤色である。

同時に脾・胃の機能を生む働きがあり、肝・胆の機能を助け、腎・膀胱には有益に働くが、肺・大腸だけには剋の働きがある。

苦味には肺・大腸を護るため辛味を添え、脾・胃を補う甘味を配する。薬学博士渡邊武著『平成薬証論』

 

漢方用語大辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント