漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十 第四節 語句の意味 5-5

2011-03-31 09:20:26 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

 

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十

 

第四節

 

 診病之始、五決爲紀。欲知其始、先建其母。所謂五決者五脈也。是以頭痛癲疾、下虚上實、過在足少陰巨陽。甚則入腎。徇蒙招尤、目冥耳聾、下實上虚、過在足少陽厥陰。甚則入肝。腹滿 脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰陽明。欬嗽上氣、厥在胸中。過在手陽明太陰。心煩頭痛、病在鬲中。過在手巨陽少陰。

 

語句の意味 55

 

手太陰=手太陰経脈・手太陰肺経・肺の経脈のこと。≪霊枢経脈篇≫「肺手の太陰の脈は中焦に起り、下りて大腸を絡い、還り胃口を循り膈に上りて肺系に属す。肺より横に腋下に出て下りて臑(じゅ)の内を循り少陰心主の前に行く、肘中に下りて臂の内を循り、骨の下廉に上りて寸口に入り、魚に上りて魚際を循りて大指の端に出づ。其の支なる者は、腕の後より直ちに次指の内廉に出て其の端に出づ。」

 

心煩=心中が煩躁、煩悶して、胸が苦しく感じられること。多くは内熱によってひきおこされる。

 

手巨陽=手太陽・手太陽小腸経・手太陽経脈・小腸の経脈のこと≪霊枢経脈篇≫「小腸手の太陽の脈は小指の端に起り、手の外側を循り腕に上りて踝中に出づ、直に上りて臂骨の下廉を循り、肘の内側両筋の間に出づ、上りて臑外の後廉を循り肩解(けんかい・肩井)に出て肩胛を繞りて、肩上に交わる。欠盆に入りて心を絡い咽を循り膈を下り、胃に抵りて小腸に属す。其の支なる者は欠盆より頸を循りて頬に上り目の鋭眥に至り却て耳中に入る。其の支なる者は頬に別れせつ(出へんに頁・頬骨)に上りて鼻に抵り目の内眥に至り斜めに顴(けん)を絡う。」

 

手少陰=手少陰経脈・手少陰心経・≪霊枢経脈篇≫「心手の少陰の脈は、心中に起り、出て心系に属し膈を下りて小腸を絡う。其の支なる者は、心系より上りて咽を挟み、目系に繫ぐ、其の直なる者は、復た心系より却て肺に上り、下りて腋下に出で、下りて臑内の後廉を循り、掌後の鋭骨の端に抵り、掌内の後廉に入り、小指の内を循りて其の端に出づ。」

 

漢方用語大辞典、新・東洋医学辞書ソフト、中医基本用語辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400

500g 15,750

コメント

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十 第四節 語句の意味 4-5

2011-03-30 09:29:35 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

 

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十

 

第四節

 

 診病之始、五決爲紀。欲知其始、先建其母。所謂五決者五脈也。是以頭痛癲疾、下虚上實、過在足少陰巨陽。甚則入腎。徇蒙招尤、目冥耳聾、下實上虚、過在足少陽厥陰。甚則入肝。腹滿脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰陽明。欬嗽上氣、厥在胸中。過在手陽明太陰。心煩頭痛、病在鬲中。過在手巨陽少陰。

 

語句の意味 45

 

足陽明=足陽明経脈・胃経の脈のこと。≪霊枢経脈篇≫「胃の足の陽明の脈は鼻の交頞(こうあつ)中に起り、旁ら太陽の脈を納る。下りて鼻外を循り、上歯中に入りて環て出て、口を挟み脣を環り、下りて承漿(しょうしょう)に交わる。却て頤(おとがい)の後の下廉を循り、大迎に出づ。頬車を循り、額顱(がくろ)に至る。その支なるものは、大迎の前より人迎に下り、胃に属し、脾を絡う。以下略」

 

欬嗽=咳嗽・宗以前の書では咳も嗽も同じ意味に使用されている。咳嗽・痰と音のある咳。

 

上気=肺気が上逆して、呼気が多く吸気が少なく、気息が急促するものをさす。

 

厥=厥とはつくす、つきるの意味がある。気が上逆して陰陽の失調をおこし、軽ければ四肢寒冷し、重ければ人事不省となる。

 

厥証=略して厥という。一般には、突然に昏倒し、人事不省となるが漸次覚醒する一連の病証をさす。

 

手陽明=手陽明経脈・手陽明大腸経≪霊枢経脈篇≫「大腸手の陽明の脈は大指の次指の端に起り、指の上廉を循りて、合谷の両骨の間に出て、上りて両筋の中に入り、上りて両筋の中に入り(同文が繰り返しありプリントミスか)て臂の上廉を循り、肘の外廉に入り、臑外の前廉に上り、肩に上りて髃骨の前廉に出て、上りて柱骨の会上に出づ。下りて欠盆に入り、肺を絡い膈を下りて大腸に属す。其の支なる者は、欠盆より頸に上りて、頬を貫き下歯の中に入る。還り出て口を挟みて人中に交わり、左は右にゆき、右は左にゆきて上りて鼻孔を挟む。」

 

漢方用語大辞典、新・東洋医学辞書ソフト、中医基本用語辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400

500g 15,750

コメント

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十 第四節 語句の意味 4-5

2011-03-30 09:29:35 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

 

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十

 

第四節

 

 診病之始、五決爲紀。欲知其始、先建其母。所謂五決者五脈也。是以頭痛癲疾、下虚上實、過在足少陰巨陽。甚則入腎。徇蒙招尤、目冥耳聾、下實上虚、過在足少陽厥陰。甚則入肝。腹滿 脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰陽明。欬嗽上氣、厥在胸中。過在手陽明太陰。心煩頭痛、病在鬲中。過在手巨陽少陰。

 

語句の意味 45

 

足陽明=足陽明経脈・胃経の脈のこと。≪霊枢経脈篇≫「胃の足の陽明の脈は鼻の交頞(こうあつ)中に起り、旁ら太陽の脈を納る。下りて鼻外を循り、上歯中に入りて環て出て、口を挟み脣を環り、下りて承漿(しょうしょう)に交わる。却て頤(おとがい)の後の下廉を循り、大迎に出づ。頬車を循り、額顱(がくろ)に至る。その支なるものは、大迎の前より人迎に下り、胃に属し、脾を絡う。以下略」

 

欬嗽=咳嗽・宗以前の書では咳も嗽も同じ意味に使用されている。咳嗽・痰と音のある咳。

 

上気=肺気が上逆して、呼気が多く吸気が少なく、気息が急促するものをさす。

 

厥=厥とはつくす、つきるの意味がある。気が上逆して陰陽の失調をおこし、軽ければ四肢寒冷し、重ければ人事不省となる。

 

厥証=略して厥という。一般には、突然に昏倒し、人事不省となるが漸次覚醒する一連の病証をさす。

 

手陽明=手陽明経脈・手陽明大腸経≪霊枢経脈篇≫「大腸手の陽明の脈は大指の次指の端に起り、指の上廉を循りて、合谷の両骨の間に出て、上りて両筋の中に入り、上りて両筋の中に入り(同文が繰り返しありプリントミスか)て臂の上廉を循り、肘の外廉に入り、臑外の前廉に上り、肩に上りて髃骨の前廉に出て、上りて柱骨の会上に出づ。下りて欠盆に入り、肺を絡い膈を下りて大腸に属す。其の支なる者は、欠盆より頸に上りて、頬を貫き下歯の中に入る。還り出て口を挟みて人中に交わり、左は右にゆき、右は左にゆきて上りて鼻孔を挟む。」

 

漢方用語大辞典、新・東洋医学辞書ソフト、中医基本用語辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400

500g 15,750

コメント

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十 第四節 語句の意味 3-5

2011-03-29 09:37:46 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

 

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十

 

第四節

 

 診病之始、五決爲紀。欲知其始、先建其母。所謂五決者五脈也。是以頭痛癲疾、下虚上實、過在足少陰巨陽。甚則入腎。徇蒙招尤、目冥耳聾、下實上虚、過在足少陽厥陰。甚則入肝。腹滿脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰陽明。欬嗽上氣、厥在胸中。過在手陽明太陰。心煩頭痛、病在鬲中。過在手巨陽少陰。

 

語句の意味 35

 

足厥陰=足厥陰肝経・あしのけついんかんけい・あしのけっちんかんけい・足厥陰経脈・あしのけついんけいみゃく・あしのけっちんけいみゃく・≪霊枢経脈篇≫「肝の足の厥陰の脈は、大指の叢毛(そうもう・太敦の部位、聚毛ともいう)の際に起り、上りて足跗上廉を循り、内踝を去ること一寸、踝八寸に上り、太陰の後に交り出て、膕の内廉に上り、股陰を循り毛中に入る。陰器を過(よぎ)り小腹に抵(いた)り、胃を挟み肝に属し、胆を絡い、上りて膈を貫き脇肋にし、喉嚨(こうろう)の後を循り、上りて頏顙(こうそう)に入り、目系に連なり、上りて額に出て、督脈と巓に合す。その支なるものは、目系より頬裏に下り、唇内を環る。その支なるものは、復た肝より別れて膈を貫き、上りて肺に注ぐ。」

 

腹滿脹=腹がはりふくれる。≪陰陽応象大論第五第二節≫「濁気上にあれば、すなわち 脹を生ず。」平成22324

 

支鬲=支隔・支膈・胸膈部に閉塞感や脹満(膨張)感のあること。

 

胠脇=脇、腋下をさす。

 

下厥上冒=気が下より上逆して、頭部を冒して、頭目昏花・悪心・嘔吐などの症状をあらわすこと。

 

目昏=はっきりと物が見えないこと。

 

目昏花=目が乾いてはっきり物が見えず、甚だしいものは乾渋して痛みをあらわすもの。

 

足太陰=足太陰経脈・脾経の脈のこと。≪霊枢経脈篇≫「脾の足の太陰の脈、大指の端に起り、指の内側白肉際を循り、核骨の後を過ぎ、内踝の前廉に上り、踹(せん・足へんに端のつくり)内に上り、脛骨の後を循り、厥陰の前に交わり出て、膝股内の上廉に上り、腹に入り、脾に属し、胃を絡う。膈に上り、咽を挟み、舌本に連なり、舌下に散ず。その支なるものは、復た胃より分れて膈に上り、心中に注ぐ。」

 

漢方用語大辞典、新・東洋医学辞書ソフト、中医基本用語辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400

500g 15,750

コメント

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十 第四節 語句の意味 2-5

2011-03-28 10:06:32 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

 

黄帝内経素問 五蔵生成篇 第十

 

第四節

 

 診病之始、五決爲紀。欲知其始、先建其母。所謂五決者五脈也。是以頭痛癲疾、下虚上實、過在足少陰巨陽。甚則入腎。徇蒙招尤、目冥耳聾、下實上虚、過在足少陽厥陰。甚則入肝。腹滿脹、支鬲胠脇、下厥上冒、過在足太陰陽明。欬嗽上氣、厥在胸中。過在手陽明太陰。心煩頭痛、病在鬲中。過在手巨陽少陰。

 

語句の意味 25

 

巨陽=こよう・手足の太陽経のこと。ここでは足となっているので太陽膀胱経。

 

太陽膀胱経=足太陽経脈・あしのたいようけいみゃく・≪霊枢経脈篇≫「膀胱の足の太陽の脈は、目の内眥(ないし)に起り、額に上り(てん・山の下に眞に頁)に交わる。その支なるものは、巓(てん)より耳の上角にいたる。其の直なるものは、巓(てん)より入りて脳を絡う。環て出て別れて項に下り、肩髃(ぐう・骨へんに偶のつくり。鍼灸医学大系は肩はく(月へんに専))の内を循り、腎を絡い、膀胱に属す。以下略

 

徇蒙招尤=しゅんもうしょうゆう=漢方用語大辞典・じゅんもうしょうゆう・証名。徇蒙とは、目眩して目がかすみ、はっきり見えないこと。招尤とは、頭がぐらぐらと揺れ動く感じ。さらに徇蒙招尤には常に目瞑、耳襲をともなう。本証は肝胆経の病証である。 訂正 目眩を目弦としてしまいました、訂正します。

 

目瞑=目を閉じてまぶしがって開けようとしないもの。

 

耳聾=聴力障害。証名。耳閉、ともいう。聴力に様々な段階の障害があるものをさす。

 

下實上虚=下は病の邪気が盛んで、上は虚している。

 

足少陽=あしのしょうよう・足少陽胆経・足少陽経脈・≪霊枢経脈篇≫「胆の足の少陽の脈は、目の鋭眥(えいし)に起り、上りて頭角に抵(いた)り、耳後を下り、頸を循り、手の少陽の前に行き、肩上に至り、却って手の少陽の後に交出し欠盆に入る。その支なるものは、耳後より耳中に入り、出でて耳前に走り、目の鋭眥の後に至る。その支なるものは、鋭眥に別れて大迎に下り、手の少陽に合してせつ(出へんに頁・頬骨)に抵る。下りて頬車(きょうしゃ)に加え、頸に下り欠盆に合し以って胸中に下り、膈を貫き、肝を絡い、胆に属す。以下略」

 

漢方用語大辞典、新・東洋医学辞書ソフト、中医基本用語辞典、明解漢和辞典

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400

500g 15,750

コメント