漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

四氣調神大論篇 第二 七節 訳 2-2

2009-12-31 09:12:55 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著鍼灸医学大系黄帝内経素問 四氣調神大論篇 第二 2-2

第七節

 夫四時陰陽者萬物之根本也。所以聖人春夏養陽、秋冬養陰、以從其根。故與萬物沈浮於生長之門。逆其根則伐其本、壊其眞矣。故陰陽四時者萬物之終始也。死生之本也。逆之則災害生、從之則苛疾不起。是謂得道。道者聖人行之、愚者佩之。從陰陽則生、逆之則死。從之則治、逆之則亂。反順爲逆。是謂内格。

四時=春夏秋冬

陰陽=春を少陽、夏を太陽、秋を太陰、冬を少陰とする。

門=ものごとの入り口。規律。

沈浮=浮き沈み。

伐=バツ。きる。たつ。 割ってこわす。

真=生体中に充実している精気。

終始=陰陽の気の起始と終止。始めと終わり。

災害=天災

苛疾=ひどい病気。重病。

行=志す方へ進む。

愚者=ゴツゴツとした堅い石頭の持ち主で融通のきなぬ者。

佩=おびる。愚者は之を佩ぶ・馬鹿の一つおぼえ。

内格=人体内部の陰陽が交わらず、表裏が通じず、内で格拒(こばむ)すること。

(明解漢和辞典・漢方用語大字典・漢字ソフト・鍼灸医学大系)

 これは春夏秋冬の陰陽の変化は万物の生・長・収・蔵の根本であるということがいえます。

聖人はよく春と夏に於て陽を養い、秋と冬に於ては陰を養って、陰陽の根本に従うのです。

こうして聖人は万物の生・長・収・蔵の規律とよく一致するように生活している。

ところが春夏秋冬の陰陽の法則に逆らい、その養生法を誤るときは、その根本が壊れて真気は潰えてしまいます。

そこで陰陽四時の変化というものは万物生長の終始であり、生老病死の根本であります。

これに反すると災害を生じ、物事が順調に進捗しない、よくこれに従えばさしさわりや摩擦も起らず順調であります。

このように養生法を守ることが道を得るということであります。

養生法について、聖人は正しい道を行っていて、その道にかなっていますが、愚者は道に背いてしまうような結果を招きます。

 陰陽の法則に従えば生存できますが、陰陽の法則に逆らえば死を招くようになります。

これに従う時は物事は治まり、これに逆らうと乱れてしまいます。

陰陽の法則に従順に従わず反するような行動を内格といいます。(東洋学術出版社素問・鍼灸医学大系を参考)

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

四氣調神大論篇 第二 第七節 原文 読み 1-2

2009-12-30 09:30:32 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著鍼灸医学大系黄帝内経素問 四氣調神大論篇 第二 1-2

第七節

 夫四時陰陽者萬物之根本也。所以聖人春夏養陽、秋冬養陰、以從其根。故與萬物沈浮於生長之門。逆其根則伐其本、壊其眞矣。故陰陽四時者萬物之終始也。死生之本也。逆之則災害生、從之則苛疾不起。是謂得道。道者聖人行之、愚者佩之。從陰陽則生、逆之則死。從之則治、逆之則亂。反順爲逆。是謂内格。

夫れ四時陰陽は萬物の根本なり。

聖人は春夏に陽を養い、秋冬に陰を養い、以て其の根に從う所以なり。

故に萬物と生長の門に沈浮(チンフ)す。

其の根に逆うときは則ち本を伐()ちて、其の眞を壊(やぶ)る。

故に陰陽四時は萬物の終始なり。

死生の本なり。

之に逆(さかろ)うときは則ち災害生じ、之に順()うときは則ち苛疾(かしつ)起らず。

之を道を得たりと謂う。

道は聖人は之を(コウ)し、愚者は之を佩()ぶ。

陰陽に從うときは則ち生き、之に逆うときは則ち死す。

之に逆うときは則ち治(おさ)まり(?之に從えば則ち治まり、之に逆うときは則ち亂(みだ)る。

(ジュン)に反(そむ)いて逆(ギャク)を爲()す。

是を内格(ナイカク)という。

 

東洋学術出版社素問 四気調神大論篇 第二

 夫四時陰陽者、万物之根本也。所以聖人春夏養陽、秋冬養陰、以従其根。故与万物沈浮於生長之門。逆其根、則伐其本、壊其真矣。故陰陽四時者、万物之終始也、死生之本也。逆之則災害生、従之則苛疾不起、是謂得道。道者、聖人行之、愚者佩之。従陰陽則生、逆之則死。従之則治、逆之則乱。反順為逆、是謂内格。

夫れ四時陰陽なる者は、万物の根本なり。

聖人の春夏に陽を養い、秋冬に陰を養う所以(ゆえん)は、其の根に従うを以てなり。

故に万物とともに生長の門に沈浮す。

其の根に逆らえば、則ち其の本を伐ち、其の真を壊すなり。

故に陰陽四時なる者は、万物の終始なり、死生の本なり。

これに逆らえば則ち災害生じ、之に従えば則ち苛疾起こらず、是れを道を得ると謂うなり。

道なる者は、聖人はこれを行い、愚者はこれに佩(そむ)く。

陰陽に従えば則ち生き、これに逆えば則ち死す。

これに従えば則ち治まり、これに逆らえば則ち乱る。

順に反するを逆となし。

是れを内格と謂う。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

 

コメント

四氣調神大論篇 第二 第六節 訳

2009-12-29 09:48:03 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著鍼灸医学大系黄帝内経素問 四氣調神大論篇

第六節

 逆春氣則少陽不生、肝氣内變。逆夏氣則太陽不長、心氣内洞。逆秋氣則太陰不収、肺氣焦滿。逆冬氣則少陰不藏、腎氣獨沈。

 注 原文には「腎気獨沈」とあるも、それは「腎気濁沈」の誤であろうと思われるので、そのように訂正して記述する。

 春氣に逆(さかろ)うときは則ち少陽生ぜず、肝氣内に變ず。夏氣に逆うときは則ち太陽長ぜず、心氣内に洞(ドウ)となる。

秋氣に逆うときは則太陰収(シュウ)せず、肺氣焦滿(ショウマン)す。

冬氣に逆うときは則ち少陰藏せず、腎気濁(にご)り沈(しづ)む。

 

東洋学術出版社素問
 逆春気則少陽不生、肝気内変。逆夏気則太陽不長、心気内洞。逆秋気則太陰不収、肺気焦満。逆冬気則少陰不蔵、腎氣独沈。
東洋学術出版社素問・腎気独沈。独り沈む――『甲乙経』では「濁り沈む」とする。滑伯仁の説「沈痼して病むのである」。

 春気に逆えば則ち少陽生ぜず、肝気内に変ず。

夏気に逆えば則ち太陽長ぜず、心気内に洞(うつろ)なり。

秋気に逆えば則ち太陰収せず、肺気焦(やつ)れ満つ。

冬気に逆らえば則ち少陰蔵せず、腎気独り沈む。

逆=さからう
少陽=①陽気の少ないこと。少陽の陽気は、太陽、陽明の陽気の多いのに及ばないので、また嫩(どん)陽ともいい、やっと明るくなった天の太陽のようであり、東方に発する昇起の一般である。陽気中の初生陽気であり、少壮活発の気象である。
太陽=②陽気のきわめて盛んなもの。
長=生長する。大きくなる。
洞=中が空の穴。中空。
太陰=経脈の名称の一つ、脾肺両経の代名詞であり、陰気旺盛の意味がある。三陰経の最も表層にあるので、「太陰を開と為す」ともいわれる。
収=収斂。ひきしまる。収穫
焦=①人の胴体を三分し、心窩より上を上焦(剣状突起の下端より上)、心窩より臍までを中焦、臍より下を下焦という。②焦とは消化のことで、この部において、食物を消化するのである。
満=みつる

少陰=経脈の名称の一つ。心腎両経の代名詞。その位置は太陰と厥陰の中間にある。陰気の初生のものである。
藏=収める、しまっておく、たくわえる

独=ひとり。
濁=にごる
沈=沈む
(明解漢和辞典・漢方医学大辞典)


 春の「生」という養生法にそむくと、陽気中の初生(うまれたばかりの)陽気であり、少壮(若くて元気の盛ん)活発の気象である少陽が発生できず、肝気(肝は春に該当され、のびやかになるの)が内にこもると、(気鬱し怒り易くなったりして、食欲が無くなる)病を生ずる。

夏の「長」という養生法にそむくと、太陽(陽気が極めて盛んであること)が生長できないで、心気(心は夏に該当され、血脈や神明(精神の働き))を内に虚(心の病は舌や汗に出てくる)させてしまう。

秋の「収」という養生法にそむくと、肺(肺は秋に該当され、陰気が旺盛になる)の代名詞である太陰がしきしめることができず、肺の気(呼吸)は上焦を脹満(咳・喘息)させてしまう。

冬の「蔵」という養生法にそむくと、腎(腎は冬に該当され、陰気の初生)である少陰の気がたくわえることができないで、腎気(耳・上古天真論参照)が濁って沈み衰弱してしまうのである。(漢方医学大字典・東洋学術出版社素問・鍼灸医学大系を参考)

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

四氣調神大論篇 第二 第五節 訳 2-2

2009-12-28 09:51:38 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 四氣調神大論篇 第五節 22 
天氣清浄光明者也。藏徳不止。故不下也。天明則日月不明。邪害空竅。陽気者閉塞、地氣者冒明。雲霧不
精則上應白露不下。交通不表、萬物命故不施。不施則名木多死。惡氣不發、風雨不節、白露不下、則菀藁不榮。賊風數至、暴()數起、天地四時不相保。與道相失則未央絶滅。唯聖人從之。故身無奇病、萬物不失、生氣不竭。

清浄=にごりやけがれがない。きよらか
光明=光りかがやく。明らかに光る。〔仏〕慈悲・博愛その他、すべて世上の煩悩・罪悪・暗愚など、暗黒面を照らして信仰・道徳・知識を与えるものの称。仏の徳のひかり。
徳=修養によって身についた善行・道義など、人間のよい行いのもととなるもの。道徳。(徳の意味は孔子の説く徳であり、徳とはまっすぐな行為とある。一脈相通ずる行為であることにはかわりはない。鍼灸医学大系)
空竅=孔竅のこと、体表の内側に陥没した空洞の部位をさす。人体の各竅が空虚になっているところ。九竅(眼・耳・鼻・口・肛門・尿道の九つの穴)
地気=陰気に同じ・湿・素問脈解篇第四十九・水は陰気なり
冒=おおう明=視力。見る働き

雲霧=陰陽応象大論に
 故清陽爲天、濁陰爲地。地氣上爲雲、天氣下爲雨。雨出地氣、雲出天氣。故清陽出上竅。濁陰出下竅。清陽發腠理、濁陰走五藏。清陽實四支、濁陰歸六府。故に清陽は天となり、濁陰は地となる。
 地氣は上って雲となり、天氣は下って雨となる。雨は地氣より出で、雲は天氣より出づ(二気交合して雨露となる)故に清陽は上竅に出で、濁陰は下竅に出づ。清陽は腠理に發し、濁陰は五藏に走る。清陽は四支に實ち、濁陰は六府に歸す。赤字の下線部は記載なし(鍼灸医学大系)
精=人体の構成と生命活動を維持する基本物質である。その中で、人体を構成する部分を生殖の精(先天の精=親から受け継いだ精)、生命活動を維持するものを水穀の精(後天の精=飲食物から得られるもの)という。
白露=月光に照らされて、白露がおりたように見えるもや。夜降るつゆ。
下=露が降りる
名木=名高い木、すぐれた香木
悪気=病邪、または病気の悪化に伴う気分の悪化
菀=しげる、草木が繁茂する。ウツ、欝。
藁=ヨモギ。つかれる。心配する。枯れる。

賊風=自然を害する風央=まんなか。なかば。半分。
聖人=上古天真論第十一節、古代の修養の道理を深く理解した人
奇病=素問繆刺論(びゅうしろん)篇に、外邪が經脈に入り、五臓に達し陰陽倶にショックを受けて、そのために内蔵に障害を受けて起った病気が「あたりまえの病気」。この順番が狂って起る病気。(鍼灸医学大系)(明解漢和辞典・漢方用語大辞典)


 天の気は清浄で光明である。

これは天が偉大なる働きをかくしおさめていながら、その勤めを休まず、自らはその光明をあらわにしないためであり、だからこそ永遠に存在して下ることがないのである。

もし、天が徳を蔵さずに光明をあらわにしたなら、日月は輝きを失ってしまう(昼間でも星は出ている、それは太陽の光が強いため見ることができない、これと同じようになること。)

人体の九竅に邪気の侵襲を受けると、天の気(陽気)はそのために閉塞し、地気はそのために暗くする(害を受け目が見えないようになる)

雲霧がすみきっていなければ、白露も下降できず、上下が互いに交通しないので、陰陽は調和しないのである。

万物の生命が発展しない、大きな名の有る木さえも、枯れるのをまぬがれることはできない。

害ある気が発せられず停滞し、それが風雨に含まれ調節されないと、下るべき露がおりない、そうなると草木は枯れ、葉が繁り花が咲くということがなくなってしまう。

季節はずれの風、はげしい雨が、つぎつぎと発生すると、天地春夏秋冬の秩序はたもてず、万物の生長の法則は破壊され、万物の生命の成長がなかば、若々しい状態に至らずして消えてなくなる。

ただ聖人は陰陽の変化に充分適応でき、修養に注意するので、身体に気病などにかかることなく、万物のすべてが養生の道を失わなければ、生命の気も竭きることはないのである。(東洋学術出版社素問・鍼灸医学大系を参考) 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

四氣調神大論篇 第二 第五節 原文 読み 1-2

2009-12-27 09:37:01 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著鍼灸医学大系黄帝内経素問 四氣調神大論篇 第二

第五節 12 原文 読み

 天氣清浄光明者也。藏徳不止。故不下也。天明則日月不明。邪害空竅。陽気者閉塞、地氣者冒明。雲霧不精則上應白露不下。交通不表、萬物命故不施。不施則名木多死。惡氣不發、風雨不節、白露不下、則菀稾不榮。賊風數至、暴()數起、天地四時不相保。與道相失則未央絶滅。唯聖人從之。故身無奇病、萬物不失、生氣不竭。

正誤表(417ページ)により

因って賊風數至、暴雨數起とするのが正しい。

 天氣は清浄(セイジョウ)光明なるものなり。徳を藏して止まらず。

故に下らざるなり。

天明らかなれば則ち日月明らかならず、邪空竅(クウキョウ)を害せん。

陽氣は閉塞(ヘイソク)し、地氣は明を(おお)わん。

雲霧精ならざれば則ち上に應(こた)えて白露下らず、交通表われず、萬物の命、故に施()びず。

施びざれば則ち名木多く死す。

悪氣發せず、風雨節ならず、白露下らざれば則ち菀藁(エンコウ)して榮(しげ)らず。

賊風數々(しばしば)至り、暴數々起り(賊風數々至り、暴數々起り、天地四時相保せず。

道と相失う時は、則ち未央(ミオウ)絶滅(ゼツメツ)す。

唯聖人のみ之に從う。

故に身に奇病なく萬物失わず、生気竭()きず。

 

東洋学術出版社素問 四気調神大論篇 第二

 天気清浄光明者也。蔵徳不止。故不下也。天明則日月不明、邪害空竅、陽気者閉塞、地気者冒明。雲霧不精、則上応白露不下、交通不表、万物命故不施。不施則名木多死。悪気不発、風雨不節、白露不下、則菀藁不栄。賊風数至、暴数起、天地四時不相保、与道相失、則未央絶滅。唯聖人従之、故身無奇病、万物不失、生気不竭。

 天気は清浄光明なる者なり。

徳を藏して止まず。

故に下らざるなり。

天 明なれば則ち日月明ならず、邪 空竅を害(そこ)ない、陽気なる者閉塞し、地気なる者冒明す

雲霧精ならざれば、則ち上 応じて白露下らず、交通表われず、万物の命故に施されず。

施されざれば則ち名木多く死()る。

悪気発せず、風雨節ならず、白露下らざれば、則ち菀藁 栄せず。

賊風 数しば至り、暴雨数しば起こり、天地四時相い保たず、道とともに相い失すれば、則ち未だ央(なか)ばならずして絶滅す。

唯だ聖人のみこれに従う。

故に身に奇病なく、万物失せず、生気竭きざるなり。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント