漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

「塩不足による不調~前篇~」3‐3 免疫力のためにも塩は必要!

2015-04-30 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

「海の精」季刊誌 うみのせい 2015 夏 海の精クラブ の

減塩ではなく適塩に! 2 を掲載します。

「塩と健康」についての連載、後半は「適塩」について考えてみます。

「塩不足による不調~前篇~」3‐3

前回は塩化ナトリウムを中心とした「塩の働き」についてお伝えしましたが、今回は体内で塩分が不足するとどのような不調が起こるのか、体の働きを中心にお伝えします。

 

免疫力のためにも塩は必要!

 塩分は体内のPHを調整しているので、不足すると、体液が酸性側に傾いてしまいます。

すると体内の酵素や白血球の働きが悪くなります。

そのため免疫力が落ちて風邪を引きやすくなったり、けがが治りにくくなったりします。

また糖尿病やガンの方は、酸性体質になっていると言われています。

 酸性体質は、血液をにごらす酸性食品のとりすぎが原因と考えられてきました。

それはアルコール、白砂糖などの精製糖、動物性食品です。

さらにこれだけでなく、むりな減塩も体液を酸性に傾けて、免疫力を落とします。

免疫力を保つにも、塩は欠かせないのです。

つづく(平成27年8月中旬)

参考文献 村上譲顕著『日本人には塩が足りない』(東洋経済新報社)

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

小さな親切、大きなお世話 作家 曽野綾子 当事者でない者の謝罪

2015-04-29 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

産經新聞 平成27年4月26日

小さな親切、大きなお世話 作家 曽野綾子さんの記事です

当事者でない者の謝罪

戦後、70年の節目の年に当って、総理はこの夏「談話」を発表されるという。

 それを聞いたとき私は、何とまあ大変な仕事をなさらなければならないのだろう、と感じたものであった。

 私は文章を書くことだけは60年以上やってきたので、少しは自由に表現できると思っているが、それでも一国の立場を代表する談話などというものを書ける人がいるとはおもわれない。

いや総理の近辺には、東大法学部出の秀才がいて、世の中にできないことはないと思っているのだろうから、その方が下書きもなさるのだろうが、文章の怖さは決して万人には受け入れられないという運命を持つことだと知悉(ちしつ)した上でやるのだろうか。

 あらゆる人が納得するようなことだけを書けば、こんな八方美人風の可もなく不可もない文章など、通用すると思うのか、とそっぽを向く人が出る。

総理個人の思いが強力に打ち出されていれば、それに同感する人もいるだろうが、必ずそれを種に攻撃する人も出る。

 中国や韓国は、先の戦争のことを謝り続けろ、と言うらしい。

日本人は謝るというと、言葉で表現し、頭を下げたり土下座したりして、相手に優越感を味わってもらえば済むことのように思っている面があるが、通常、謝罪するということは深い罪の自覚とともにお金か領土で弁償することだから、簡単に謝っておいて済むことではない。

 それに、とこのごろ私はよく考える。

謝罪ということは、直接の被害を受けた人と、与えた人とが、現在そこに当事者としている場合にしか、なし得ないことではないだろうか。

 仮に私個人に、70年も前に起きたことを今でも言い立てる人がいたら、そういう性格の人とは付き合いたくないと思うに違いない。

70年前、顔を見たこともない私の曽祖父が犯した悪事を、今普通の市民として生きている私に責められても、私としては謝りようながい。

 そもそも過去の認識という行為は、すばらしいように見えるが、あくまで後ろ向きの姿勢なのだ。

それより現在現実にその人が、どれだけ誠実な市民として暮らし周囲の人にも貢献しているかが問題であろうし、過去の認識へのそれが答えなのだ。

 戦後の日本人は、国中焦土になった中から復興し、誠実に働いて優良な製品を作り、人道にもとる行為もせずに生きてきた。

それが過去の戦争に対する反省であり、償いでもあろう。

 ユダヤ人は、謝罪という点では私たちよりもっとはっきりした認識をしているという。

 謝罪は、直接の加害者と被害者の間でしか成立しない。

あるドイツ人が、一人のユダヤ人に「戦争中ナチスに加わった同胞の罪を赦(ゆる)してください」と言った。

するとユダヤ人は答えた。

「私はあなたを裁くことも赦すこともできません」

 という話を昔読んだことがある。

もし当事者でない者が謝ることができるなら、私たちは仮に殺人を犯しても、容易に代理人を立てて、謝罪をさせておけば済むようにならからであろう。(その あやこ)

※ ※ ※ ※ ※

戦後70年談話に関する、北岡伸一座長代理は安倍首相に『日本は侵略した』といわせたい、危ない有識者。

大東亜戦争当時、東アジアの独立国は日本、中国、タイだけであった。

慰安婦問題 現在の日本ほど人道主義、民主主義、平和主義に徹した国は全世界でも珍しい。

高山正之著アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!を読んだ

育鵬社 日本はなぜアジアの国々から愛されるのか 
日本が戦ってくれて感謝しています アジアが称賛する日本とあの戦争 井上和彦
中東が見つめる日本人の心 日本人の精神力が、中東の人たちの心をとらえて離さない

アメリカニズムの首枷が外れる日 評論家 西部 邁(にしべ・すすむ)

 

吉野山 吉水神社

http://www.yoshimizu-shrine.com/

宮司のblog(ブログ)を公開中...

「シュバイツアー」の名言

http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/63913344.html

 

オランダに350年支配されてたインドネシアを、日本軍が9日間で解放

http://www.youtube.com/watch?v=OCy4xlS1EBY

オランダには宣戦布告をしていなかったこと、終戦後インドネシアと旧日本兵がインドネシア独立の為戦ったこと、白人による、人種差別と植民地主義に対抗した日本人は誇りが持てる。その後のオランダの狡賢が!

大東亜戦争は義戦であったことを証明している。

 

●100年前の朝鮮写真
http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html

 

日本がハングルを学校で教えた

 慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官談話が、いかにいいかげんで政治的な代物だったかを浮彫にした

村山富市元首相の卑劣な行動、だまし討ち

常識通じぬ中国と村山元首相 中国の思う壺

靖国神社には戦犯は祀られていない。

日本が決めたこと。

見る者の位置や方向で変わることがある。

東西南北の東は左で、西は右。

上を北、下を南にすると、自分の歯の左は東。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

慢性腎炎・ネフローゼ症候群-4 ・・・処方のお話・・・

2015-04-28 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

慢性腎炎・ネフローゼ症候群-4

・・・処方のお話・・・

小柴胡湯合療方調流

【組成】

柴胡・半夏・生姜・黄芩・大棗・人参・甘草・沢瀉・猪苓・茯苓・白朮・桂皮

【方意】

慢性腎炎などでのむくみ或いは水様性下痢などの水滞を呈する場合に用いると良いでしょう。人参・白朮・茯苓・甘草・大棗と気を補い脾胃の機能を正常化します。

 

薬性として水剤が50%配合され、寒熱度は温剤(温める作用のある生薬)が34.5%、寒剤(冷やす作用のある生薬)が37.9%配合されています。

寒剤のうち水剤の沢瀉(たくしゃ)が口渇を止めるため配合され寒剤の度合いが幾分多くなります。

参考日中医薬研究会会員制作レーダーグラフ

 

【効能又は効果】一般用漢方処方の手引きより

吐き気、食慾不振、のどのかわき、排尿が少ないなどの次の諸症:水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ

慢性腎炎で時々嘔きけがおこり、肩がこって時々腰背部が痛む患者で腹部は全体の緊張がややゆるく右の季肋下に抵抗がある。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

新局面開く首相のバンドン演説 正論 東洋学園大学教授 櫻田淳先生の記事です

2015-04-27 20:00:00 | 日記

昌栄薬品の宮原 規美雄です

産經新聞 オピニオン 平成27年4月27日 

正論 東洋学園大学教授 櫻田淳先生の記事です

新局面開く首相のバンドン演説

 アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議での安倍晋三首相の演説(以下安倍演説と略)は、高い関心を寄せられるべき演説であった。

 第二次世界大戦後70年の節目に日本の「大義」や「信条」を表明する機会としては、此度の安倍演説や米国連邦議会上下両院合同会議での演説は、今夏に発出されると伝えられる「安倍談話」よりもはるかに重大な意義を持つ。

この2つの演説に対する反響や評価は、先々の日本の国際社会における対外「説得性」に直接に関わってくる。

 

東南アジア諸国に示された配慮

 

 然るに、安倍演説の注目点として語られたのは、「植民地支配と侵略に対する謝罪と反省」に絡む認識が、どのように扱われるかということであった。

 特に満州事変以後の対中進出や第二次世界大戦勃発前後の対東南アジア進出は、客観的には「侵略」と表する他はないのであるとすれば、それに対する反省を忘れないでおくのは、特に東南アジア諸国との「縁」を紡いでいく上での前提である。

 安倍演説中、「先の大戦の深い反省」という言葉が示されたのは、東南アジア諸国には必要な配慮であった。

この配慮の上でこそ、「侵略または侵略の脅威、武力行使によって、他国の領土保全や政治的独立を侵さない」という原則を守る趣旨の日本の制約は、その「説得性」が担保されるのである。

 もっとも、安倍演説に対する評価に関して、中国や韓国、そして東南アジア諸国でニュアンスの違いが見られたのは、留意に値しよう。

たとえば、安倍演説の後、洪磊中国外務省報道官は、「国際社会は日本が侵略の歴史を直視し、近隣諸国との和解だけでなく国際社会からの信頼を獲得するために、それ(歴史)を注意深く見直すことを期待している。

われわれは日本が国際社会からの正義を求める声に真剣に耳を傾けてくれることを願う」と語っている。

 また、習近平中国国家主席は、5カ月ぶりに行われた日中首脳会談の席では、「歴史問題は日中関係の政治的基礎に関わる重大原則問題だ。

日本側は真剣にアジアの隣国の懸念に対応し、歴史を直視する積極的なシグナルを対外的に発出してほしい」と語った。

 

 「最厳冬期」が過ぎた日中関係

 

 習主席以下、中国政府の反応は、「前の戦争に対する反省が示されれば、今後、特段の謝罪の言葉を要しない」という線で落ち着きつつあることを示している。

それは、日中関係における「最厳冬期」が既に過ぎている事情を反映しているのであろう。

 しかも、『朝日新聞』(ウェブ版、4月23日配信)記事が伝えた東南アジア諸国の反応が暗に示すように、事有る度に日本に謝罪を迫るという姿勢は、国際社会全体の「常識」に照らし合わせて異形なものになっている。

 東南アジア諸国要人の反応を列挙すれば、たとえば、

「(お詫(わ)びがなかったことに)大きな意味は見いだしていない」(マレーシア通信マルチメディア相)、

「特にわれわれが言うべきことはない」(ミャンマー外相)、

「(お詫びなどの言及は)安倍首相が判断すること」(カンボジア外相)、

「演説で触れられていない言葉についてコメントはない」(インドネシア外務次官)

といったあんばいである。

 記事が伝えるように、東南アジア諸国においては「主な関心は日本によるアジア・アフリカ地域への積極的な経済関与だ」ということである。

そして安倍演説で強調されたものこそ、こうした関与における「従来の実績」と「今後の意志」であったのではないか。

 

 韓国に災厄もたらす「硬直」

 

 事実、此度のバンドン会議記念会議の成果として確認されたのは、貧困や格差の解消に向けた協調、さらには途上国の相互協力を通じた経済発展であった。

これが、会議に集まったアジア・アフリカ諸国の最大公約数的な「要請」である。

 他方、韓国政府からは、「深い遺憾の意」が漏れている。

安倍演説中、「植民地支配と侵略に対する謝罪と反省」という表現が消えたことを指してのことである。

 今月初頭、韓国外務省高官の発言として報じられた「日本は100回でも詫びるべきだ」という発言に重ねるとき、韓国政府の姿勢に「硬直」の二文字をみるしかないのは、もはや致し方ないことかもしれない。

 そして、安倍演説に対する中国や東南アジア諸国の反応に照らし合わせるとき、この「硬直」は、韓国にとっては先々の災厄になるであろう。

 そうであるとすれば、安倍演説で示された「反省したとしても謝罪はしない」という方針は、歴史認識案件での日本政府の姿勢の新たな「デフォルト(既定値)」になるのであろう。

その意味では、この演説は、日本の対外政策における一つの局面を開いたものとなろう。

次はワシントンでの演説が「鍵」となる。(さくらだ じゅん)

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

「安倍談話」に重き置き過ぎるな 正論 東洋学園大学教授 櫻田 淳先生の記事です

2015-04-27 17:40:59 | 日記

昌栄薬品の宮原 規美雄です

産經新聞 平成27年3月30日 オピニオン

正論 東洋学園大学教授 櫻田 淳先生の記事です

 

「安倍談話」に重き置き過ぎるな

 

 「安倍談話」発出に向けた有識者会議の議論が始まった。

有識者会議に集まった人々の顔触れをみる限りは、そこでの議論の成果が適正に反映されるならば、「安倍談話」が常識的にして穏当な中身のものになるという予測は、十分に立つ。

 

片言隻句の議論は無意味

 

 ところで、戦後日本の歩みの「原点」にある大義を振り返る上で忘れてならないのは、終戦翌年元旦に昭和天皇によって渙発され、今では「人間宣言」と通称される「新日本建設ニ関スル詔書」の意義であろう。

 この詔書では、明治初年に渙発された「五箇条御誓文」の意義が確認された上で、「須(すべか)ラク此ノ御趣旨ニ則(のっと)リ、舊來(きゅうらい)ノ陋習(ろうしゅう)ヲ去リ、民意ヲ暢達(ちょうたつ)シ、官民擧ゲテ平和主義ニ徹シ、(教)養豐カニ文化ヲ築キ、以テ民生ノ向上ヲ圖(はか)リ、新日本ヲ建設スベシ」と記されている。

 また、この詔書には、「我國民ガ現在ノ試煉(しれん)ニ直面シ、且(かつ)徹頭徹尾文明ヲ平和ニ求ムルノ決意固ク、克(よ)ク其ノ結束ヲ全(まっと)ウセバ、獨リ我國ノミナラズ全人類ノ爲ニ、輝カシキ前途ノ展開セラルルコトヲ疑ハズ。

…今ヤ實ニ此ノ心ヲ擴充(かくじゅう)シ、人類愛ノ完成ニ向ヒ、獻身的努力ヲ效(いた)スベキノ秋(とき)ナリ」という文言もある。

 要するに、「戦後」という一つの時代の始まりに際して掲げられたのは、「旧来の陋習の除去」「民意の暢達」「平和主義の貫徹」「豊かな教養と文化の構築」そして「民生の向上」という「方針」であり、それを通じて「人類愛の完成」に向かって貢献するという「理念」であった。

 故に、「安倍談話」の発出の機だけではなく、「戦後70年」を含む折々に検証されるべきは、結局のところは、こうした「方針」や「理念」がどの程度まで貫徹され、実現されているかということでしかないのであろう。

 そうであるとすれば、「安倍談話」に関して、「村山談話」の片言隻句にとらわれた議論は、率直に無意味なものとみるべきであろう。

しかも、こうした戦後日本の「方針」や「理念」のありようを特に海外に説く機会は「安倍談話」だけではない。

 

歴史的機会となる米国議会演説

 

 たとえば、安倍晋三首相は4月を含む向こう2、3カ月に限っても、インドネシアで開催される「アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議」に出席する他に、ワシントンに飛んで米国連邦議会で演説を行うと報じられている。

19世紀以降、日本も関与した植民地主義に絡む「総括」と「和解」を演出する意味でいえば、「アジア・アフリカ会議記念会議」で行う演説の意義は特筆すべきであろう。

 中韓両国だけではなくアジア・アフリカ全域に広がる多くの旧植民地諸国を前にして、西洋植民地主義列強の一つに連なった日本は、「侵略と植民地支配」の事実を踏まえた上で、どれだけの「和解」と「友誼(ゆうぎ)」を深めてきたのか。

今、その実績こそが、何よりも語るに値しよう。

 また、米国連邦議会での演説は、上下両院合同会議という場でのものであるので、それは日本の宰相として最初の事例になる。

それは「戦後70年」ではなく「日米関係160年」を射程に入れた上で、日米両国の「友誼」を確認する歴史的な機会になるであろう。

 日米関係を語る際、「昨日の敵、今日の友」という言葉が使われるけれども、幕末以降、160年を刻んだ日米関係の実相は「一昨日の友、昨日の敵、今日の友」と表現するにふさわしい。

 

折々の言葉の積み重ねが重要

 

 半世紀近く前、永井陽之助(政治学者)は、対米戦争に関して、「(日米両国が)心から手を握るために、支払わなければならなかった巨大な代償」と評したのであるけれども、「一昨日の友にして昨日の敵」であればこそ築き上げることができた「友誼」というものはある。

安倍首相には、ラグビーでいうところの「ノーサイドの笛」が鳴った後の日米関係における70年の「友誼」をうたい上げてもらいたいものである。

「アジア・アフリカ会議記念会議演説」や「米国連邦議会演説」は、戦後日本の「方針」や「理念」を説く機会としては、「安倍談話」に比べてもはるかに重要な意味合いを持つものになるであろう。

 筆者は、率直にいえば、「安倍談話」で何が語られるかよりも、こうした節目節目の演説で何が語られるかに強い関心を抱いている。

付け加えれば、安倍首相が年内に再度、英蘭両国に飛んで、米国と同様に「一昨日の友、昨日の敵、今日の友」である両国との「友誼」を深めるというのも、一考であろう。

 故に「安倍談話」発出それ自体は、内外の注目を集めているとはいえ、それに過剰な重きを置くのは、対外政策全般に照らし合わせて賢明であるとはいえない。

日本の対外「説得性」を担保するのは、政治家が折々に発する言葉の「積み重ね」に他ならない。(さくらだ じゅん)

 ※ ※ ※ ※ ※

村山富市元首相の卑劣な行動、だまし討ち

河野談話は日本人の名誉を汚した犯罪行為だと言おう

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント