漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

足のむくみ 降圧剤が原因のことも 健康café 下島和弥先生

2016-10-26 10:16:17 | 日記

昌栄薬品です

産經新聞 平成28年(2016年)10月25日 火曜日 生活面の記事です

健康café 下島和弥先生

54 足のむくみ

 降圧剤が原因のことも

 70代の女性が両足のむくみを訴えて受診されました。

半年ほど前からといい、「一向に良くならないのは、何か重大な病気が隠れているのでしょうか」と心配していました。

女性は高血圧の治療を受けていますが、むくみ以外の症状はないようです。

 むくみは、血液中の水分が血管やリンパ管の外にしみ出して、手足や顔などの皮膚の下にたまった状態です。

本来は血管の中と組織の細胞の内外で取れていた水分のバランスが崩れることで起こります。

その要因として、血液の流れが悪くなることや血管の中に十分な水分を保てなくなることなどがあげられます。

 むくみの原因はいろいろで、心不全や腎不全、静脈の閉塞(へいそく)、甲状腺の病気など何らかの病気が関係する他、低栄養でなることもあります。

 また、高齢になると、朝は大丈夫でも、一日中座って過ごした夕方に足がむくむことがしばしば見られます。

 冒頭の患者さんを検査したところ、心不全などの病気の兆候はありませんでした。

 高血圧治療について尋ねると、むくみが出る少し前に血圧の薬を「カルシウム拮抗(きっこう)薬」と呼ばれるタイプに変更していました。

動脈を広げることで血圧を下げる薬で、降圧効果が高い一方、副作用としてむくみが出ることが知られています。

薬の量にもよりますが、飲んだ人の1~2割にむくみが出るとされ、中にはそのために薬が続けられない人もいます。

 これまでのさまざまな研究から、このタイプの薬を1種類だけたくさん使って治療するより、他のタイプの薬と併用する方が、血圧が下がりやすく、むくみなどの副作用も少なくなることがわかっています。

 女性はこの薬で血圧のコントロールがよくできていたのですが、むくみをとても不快に感じていたので、他のタイプの薬と併用するようにし、薬の量を調整しました。

やはり薬が原因だったようで、薬の変更後むくみがなくなりました。

血圧も良好に保たれています。

薬の副作用としてのむくみは、痛み止めの連用でも起こります。

 一般的なむくみの対処法には、塩分や飲酒量を減らす▽座りっぱなしの生活をせずこまめに動く▽休息中は足を上げておく―などがあります。

 また、むくみの他に、息切れがする▽急激に体重が増えた▽体に痛みがある―といった症状がある場合は、別の病気の可能性もあるので、医療機関で相談することが勧められます。

(北原ライフサポートクリニック内科医 下島和弥先生)

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

10月23日は霜降(そうこう)「海の精」カレンダー二十四節気・五節句・雑節と食より

2016-10-23 07:00:00 | 日記

昌栄薬品です

10月23日は霜降(そうこう)

「海の精」カレンダー

二十四節気・五節句・雑節と食より

朝晩の冷え込みがさらに増し、草木の露が霜になり、地面にも霜がおり始めるころ。

かつては漬物の仕込みや薪積みなど人間も冬支度に忙しい時期でした。

動物は冬ごもりを始め、夏鳥は南へ旅立って行きます。

 

広辞苑より

二十四節気の一。

太陽の横径が二百十度の時、秋季の末で、陰暦で九月中、陽暦で十月二十三、四日頃の称。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

知っておきたい 暮らしの作法 小笠原敬承斎先生 見送りの配慮

2016-10-21 07:00:00 | 日記

昌栄薬品です

産經新聞 平成28年10月18日生活面の記事です

知っておきたい 暮らしの作法

小笠原敬承斎先生

見送りの配慮

 来客の際、もてなす側は、お客さまを見送るときまで相手に対する配慮を忘れずに応対したいものです。

 こちらの用件で訪問する場合は、どの程度の時間を頂戴したいのか、訪問日時を決める際にお伝えすることが望ましいです。

しかし、相手との関係などにより、お暇する時間をあらかじめ決められないこともあるでしょう。

 話が盛り上がると時間の経過を忘れてしまうことがあります。

特にもてなす側が目上の場合、その後の予定に影響がでないように「お時間に支障はないですか」など、こちらから尋ねるこころ遣いも大切です。

 これから寒くなるとお客さまのコート類を玄関で預かりますが、お帰りのときには「外は寒いのでコートをお召ください」とお伝えして、お渡しします。

また、靴はお客さまが帰られる前に、あらかじめ玄関の履きやすい位置にセットしておきます。

その際、左右の靴の間に少々隙間をつくっておきます。

そのほうが靴が履きやすいからです。

 ひも靴やブーツ類は立ったままの状態では履きにくいので、腰掛けるスペースがある場合は「よろしければ座ってお履きください」とお伝えしてもよいと思います。

 見送りは門の外において行います。

マンションの場合はエレベーターの乗り口、またはマンションの正面玄関でお客さまの姿が見えなくなるまで見送ることが基本です。

しかしながら、もてなす側の立場のほうが高い場合などはお客さまが恐縮なさることもあるので、マンションの正面玄関ではなく自宅の玄関前で見送ることも考えられます。

 最後まで慎みのこころを忘れずに見送りをいたしましょう。

 ※ ※ ※ ※ ※

自分がしてもらったことが嬉しいことを行える?

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

阿比留瑠比の 極言御免 慰安婦性奴隷説否定した韓国学者 ※ 無料の売春婦など居なかった

2016-10-20 12:00:38 | 日記

昌栄薬品です

産經新聞 平成28年(2016年)10月20日 総合

阿比留瑠比の

極言御免

慰安婦性奴隷説否定した韓国学者

韓国・ソウル大の李栄薫(イヨンフン)教授が、慰安婦性奴隷説を明快に否定したインターネットテレビでの連続講義「李栄薫教授の幻想の国」が話題を呼んでいる。

ネットで視聴可能だが、筆者は韓国語がちんぷんかんなため、韓国事情に詳しい東京基督教大の西岡力教授に解説してもらった。

統計資料用い実証

 「ものすごく実証的な内容です。学問的良心に従っていて、韓国でこれが語られたことは衝撃的だ」

 西岡氏はこう感想を述べる。講義は8月22日と23日に3回(?)に分けて公開された「慰安所の女性たち」で、計2時間10分余に及ぶ。

 李氏は講義で歴史的経緯を重視し、韓国軍にも慰安婦制度があったことや、米軍のための韓国人慰安婦が1990年代までいたことを統計資料などから示す。

 また、ソウル大保健大学院が64年、全羅北道・群山市で保健所に登録されている韓国人相手の慰安婦188人と米軍相手の慰安婦132人を聴取した結果(月収、貯蓄、労働回数など)をひもとき、慰安婦制度が日本だけの特殊なものではなかったことを強調する。

 その上で、韓国の伝統的な特権階級「両班(ヤンバン)」と奴婢の関係や、19世紀まで親が娘を売ることは珍しくなかったこと、日本統治時代の新聞がたびたび、父母に売られそうになった娘が警察に駆け込んだ話などを取り上げていたことを説き、こう訴えている。

 「慰安婦問題は日本軍慰安婦だけでなく、わが国の現実の中に存在してきた大変現在的な歴史だ」

 李氏は、日本軍相手の慰安婦に関しても当時、法的に確立されていた公娼制度の下で親に前貸し金を渡すなどの人身売買の形で運用されていたことを指摘し、論を進める。

 「日本軍が道ばたで女性を襲ってトラックに積んでいったという話も、いわゆる奴隷狩りのような女性の略取も事実ではない」

 興味深いのは、李氏が「こんな話をでっち上げて作ったのは日本人だ」と述べ、朝鮮半島で慰安婦狩りを行ったと虚偽証言をした吉田清治氏に言及したことである。

李氏は「吉田氏のベストセラーが韓国にも伝わり、韓国人は女性がそのように連れて行かれたと思い始めた」と語る。

 さらに、現在も「慰安婦性奴隷説」を主張し続けている吉見義明・中央大教授の意見についても、「吉見氏の本は根拠が不十分だ」とあっさり退ける。

社会に変化の兆し

 朝鮮王朝時代の奴隷制度の専門家でもある李氏は理由として、日本では翻訳本が出版されていない『日本軍慰安所管理人の日記』などを引用し、次のような事実を挙げる。

慰安婦が高賃金で廃業の自由があったことや、乱暴を働いた日本軍兵士を逆に刺し殺した慰安婦の証言が採用され、正当防衛と認められて無罪になったこと-などである。

 李氏は朝鮮人慰安婦の数に関しても、荒唐無稽な20万人説を明確に否定し、多くて5千人と見積もった。

話がころころと変わる元慰安婦女性の証言に対しては、「資料として使うのは大いに慎重にならないといけない」と戒める。

 西岡氏はこうした李氏の主張について「かなり覚悟を決めて言っている」と語り、背景をこう分析する。

 「昨年末の慰安婦に関する日韓合意により、韓国政府と慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が対立し、二分された。そのため挺対協の力は落ち、本当のことを言いやすい社会になっている」

 韓国社会の変化の兆しを歓迎したい。(論説委員兼政治部編集委員) 

※ ※ ※ ※ ※

当時日本人売春婦も朝鮮人と同数いたとされています、20万人、合計40万人もいるわけがない。

売春婦の料金は無料の者は居なかった

月刊誌「正論」2014 12月号 より

勝又正彦(ハイラル第八国境守備隊司令部付曹長、静岡県在住)

・・・・「内地で言う女郎だよ。金を目的に朝鮮の親分が集めてくるので、各地の女性が金を目当てに集まって来ているのだ」とのことでした。

ハイラルでは、半島出身の女性は一時間一円十銭、現地(満州)の女性は一回五十銭、ロシア人女性は一円十銭、日本人女性は一円五十銭と聞いております。

とのことです。

 

慰安所利用規定(略)も、物凄い規則守らなければならぬのだ。とこのと。

日本軍の規律は厳しかった。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

10月20日は土用の入り 土用は一年に4回あります

2016-10-20 07:00:00 | 日記

昌栄薬品です

10月20日は土用の入り

土用は一年に4回あります。

 

「海の精」カレンダーより

立春・立夏・立秋・立冬前のそれぞれ18~19日間で、各季節の終わりの時期。

※ ※ ※ ※ ※

柴崎保三著 鍼灸医学体系 

黄帝内経素問(こうていだいけいそもん) 太陰陽明論篇(たいいんようめいろんへん)第二十九 第三節に

(原文)

 帝曰。脾不主時何也。

 岐伯曰。脾者土也。治中央。常以四時長四藏。各十八日寄治。不得獨主於時也。脾藏者常著胃、土之精也。土者生萬物而法天地。故上下至頭足、不得主時也。

(訓読)

 帝曰く「脾は時を主らざるは何ぞや」。

 岐伯曰く「脾は土なり。

中央を治む。

常に四時を以て四藏を長ず。

各々十八日寄(キ)治(チ)す。

獨り時を主ることを得ざるなり。

脾藏は常に胃に著く、土の精なり。

土は萬物を生じ天地に法る。

故に上下して頭足に至り、時を主るを得ざるなり」と。

 参考 

酸は春

苦は夏

辛は秋

鹹(かん・意味はしょっぱい、塩辛い)は冬

甘は土用

(通解)

黄帝が申されるには、

「肝・心・肺・腎の四藏は夫々之に対応する春夏秋冬という時があるのに、脾藏だけはその主るべき時のないというのは、どういうわけか」と。

 岐伯がお答え申し上げるには、

「脾は五行的には土に属し其の位は中央に居して居ります。

そして春夏秋冬何れの時に於ても四藏の長養に任じて居ります。

これがため立夏の前十八日、立秋の前十八日、立冬の前十八日、立春の前十八日というように、四時の各季に於て夫々一定の日によせて(かたより集め)旺し、それによって全般を調整しているのであります。

そういうわけでありますから、四時の中にある時だけを主るということはできないのであります。

又脾藏は常に其の作用を胃に集中して、そこに定着している土の精であります。

土は万物を生じ天地に法るものでありますから或は上に或は下にし頭に至ったり又足に至りして一定の時を主るということはできないのであります」と。

 

*各々十八日寄治す

 四時の中、土気(脾胃の生理的機能あるいは胃腸を主とする消化吸収機能)の王(旺盛)する時を土用という。

立夏の前十八日を春の土用、立秋の前十八日を夏の土用、立冬の前十八日を秋の土用、立春の前十八日を冬の土用といい、一年に四度、計18×4=72日ある。

その始めの日を土用の入りという。

現在は一般に夏の土用だけを土用といっている。

※ ※ ※ ※ ※

東洋学術出版社 黄帝内経素問 太陰陽明論篇より

黄帝がいう。

「脾が一つに季節を主ることができないのはなぜか」。

岐伯がいう。

「脾は五行の中に土に属し、中央に位置しています。

四季に応じてその他の四蔵〔の長として〕主り、各季節の終わりの十八日間に寄生する形で旺盛となりますが、単独で一つの季節を主ることはできません。

脾の働きは常に胃土の水穀の精華を転輸することです。

土というものの意味は、万物を生じ養うことにあり、天地が一切の生物を養うのと同様に、その働きがなくなるときはありません。

そこで脾は上から下まで、頭から足まで、水穀の精気を全身に輸送するのであり、一つの季節だけに旺盛というわけにはいかないのです」。

※ ※ ※ ※ ※

脾胃というものは土用になると旺盛に働くということです、しかし、人によっては土用に脾胃の不調を訴える方もいることも事実です。

その様な方にお勧めなのが

『養養』・ゴマ、ハチミツ、ハトムギは釈迦の教えによる~

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント