漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九 第十三節 語句の意味

2012-08-31 09:14:23 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九

第十三節

 黄帝曰。見眞藏曰死、何也。

 岐伯曰。五藏者皆稟氣於胃。胃者五藏之本也。藏氣者不能自致於手太陰。必因於胃氣乃至於手太陰也。故五藏各以其時、自爲而至於手太陰也。故邪氣勝者精氣衰也。故病甚者、胃氣不能與之倶至於手太陰。故眞藏之氣獨見。獨見者病勝藏也。故曰死。

 帝曰。善。

 

語句の意味

稟=禀は俗字。ヒン。ウける。命をうける。天命を受けて生まれる。うまれつき。申す。リン。ふち米。知行。米ぐら。

 

気=氣は旧字。キ。ケ。ガス。水蒸気。気体。空気。呼吸。気候、一年を二十四分した一期間、約十五日。人間の精神の外にあらわれたもの、勇気など。心もち。性質。においをかぐ。風雨・寒暑などの自然現象。万物のもと。

気=①体内を流れている栄養に富んだ精微物質で、たとえば水穀の気などをさす。

②臓腑の活動能力で、たとえば五臓の気・六腑の気・経脈の気などをさす。

③臨床上では臓腑機能の失調によっておきた病状、たとえば胃気不降、肝気犯胃などと用いる。

④温病弁証の部位あるいは段階。気分ともいう。

 

胃=①六腑の一つ。胃は水穀を受納し腐熟(飲食の消化)する。

水穀の海、五穀の腑、太倉ともいう。

陰陽五行説で胃と脾は土にあたる。

胃と脾は表裏関係にあり、胃は受納、飲食の消化作用、脾は飲食の精微の運化作用がある。

胃の働きの原動力となるものを、胃気という。胃はまず消化した飲食を小腸に送る。

胃気は下降するのが正常であり、胃気が下降しなければ胃の働きに影響が及び種々の病を生じる。

胃の内腔は胃脘、胃腔の中部は中脘、胃の上口は上脘、胃の下口は下脘という。

<霊枢平人絶穀篇>「胃の大きさ一尺五寸、径は五寸、長さ二尺六寸、横屈し水穀三斗五升を受け、その中、穀を二斗、水を一斗五升留めて満つ。上焦は気を泄しその精微を出し、慓悍にして滑疾、下焦は諸腸に下漑す。」

<霊枢経水篇>「足の陽明、外は海水に合し、内は胃に属す。」

<霊枢五味篇>「胃は五蔵六府の海なり。水穀皆胃に入り、五蔵六府皆胃に気を稟く、五味各々その喜ぶ所に走る。」

②推拿部位の名。拇指の近く指骨の腹面に位置し、嘔吐、泄瀉などの証を治す。

 

五藏=心・肝・脾・肺・腎の五個の臓器の総称。臓は胸腹腔内にあって、その内部は多くの組織に充たされ、精気の貯蔵・分泌・製造をおこなっている。

今日の臓象学説によれば、五臓は人体の生命活動の中心であり、精神意識活動を五臓に配当し、更に五臓に六腑を割りあて、これにより人体表裏の組織器官を関連づけて人体を完全なる一個の統一体としている。

<素問五蔵別論>「所謂五臓は、精気を蔵して瀉せざるなり。」

<霊枢本蔵>「五臓は、精神血気魂魄を蔵するゆえんの者也。」

 

藏氣=五臓の気のこと、または五藏の機能活動をさす。

 

致=チ。イタす。物を他人へ送る。招く。返す。全力を尽くす。推しきわめる。目的へ到達する。なしとげる。するの敬語。ようす。態度。すじみち。

 

手太陰=手の太陰肺経の脈のこと。

<素問蔵気法時論>「肺は秋を主る、手の太陰、陽明を主治す。」

<素問三部九候論>「中部の天は手の太陰なり。」

<霊枢経水篇>「手の太陰、外は河水に合し、内は肺に属す。」

 

鍼灸医学大系参考

平人之常氣稟於胃。胃者平人之常氣也。人無胃氣曰逆。逆者死。

平人の常の気は胃より稟く。・・・・・

黄帝内経素問 平人氣象論篇 第十八 第一節 訳

 

漢方用語大辞典、明解漢和辞典、新・東洋医学辞書

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九 第十三節

2012-08-30 09:31:03 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

柴崎保三著・鍼灸医学大系 ④ 黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九

第十三節

原文

 黄帝曰。見眞藏曰死、何也。

 岐伯曰。五藏者皆稟氣於胃。胃者五藏之本也。藏氣者不能自致於手太陰。必因於胃氣乃至於手太陰也。故五藏各以其時、自爲而至於手太陰也。故邪氣勝者精氣衰也。故病甚者、胃氣不能與之倶至於手太陰。故眞藏之氣獨見。獨見者病勝藏也。故曰死。

 帝曰。善。

訓読

黄帝曰く「眞藏見(あら)わるれば死すと曰うは何ぞや」と。

 岐伯曰く「五藏は皆氣を胃に稟(う)く。胃は五藏の本なり。藏の氣は自からは手太陰に致ること能わず。必ず胃氣に因って乃ち手の太陰に至るなり。故に五藏は各々其の時を以て、自から爲して手の太陰に至るなり。故に邪氣勝つ者は精氣衰うるなり。故に病甚だしき者は、胃氣之と倶に手の太陰に至ること能わざるなり。故に眞藏の氣獨り見わる。獨り見われる者は病藏に勝つなり。故に死すと曰う」と。

 帝曰く「善し」と。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九 第十二節 訳

2012-08-29 08:59:37 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九

第十二節

急虚身中卒至、五藏絶閉、脈道不通、氣不往來。譬於墮溺、不可爲期。其脈絶不來、若人一息五六至、其形肉不脱、眞藏雖不見、猶死也。

 眞肝脈至中外急、如循刃、責責然如按琴瑟弦、色青白不澤、毛折乃死。

眞心脈至堅而搏、如循薏苡子、累累然。色赤黒不澤、毛折乃死。

眞肺脈至大而虚、如以毛羽中人膚、色白赤不澤、毛折乃死。

眞腎脈至搏而絶、如指彈石、辟辟然。色黒黄不澤、毛折乃死。

眞脾脈至弱而乍數乍疎、色黄青不澤、毛折乃死。

諸眞藏脈見者、皆死不治也。

 

病勢が急で人体がにわかに虚すようになれば、五臓の相生相剋は途絶え、脈道は通じる事はなく、気の往来もなくなる。崖から落ちたり、溺れたりしてその死期を悟ることは不可能である。その脈が絶えて再び来ることがなかったり、若しくは一呼に五乃至六回の脈であったりすると、身体が痩せ衰えて肌肉が脱落したようでなくとも、また真臓脈が現われないというような場合でも死は免れない。

 肝だけの気がいっぱいに詰まっている脈を擦して見ると、浮かしてみても沈めて見ても、ともに皆急(はやい)で、刀の刃を撫でたときのように危険を感じ、後から後からとおしよせて上へ上へと積み重なって来るようで琴や瑟(おおごと)の弦を抑えるようである。顔色は青白く艶がなく、毛が折れるようになるのは死ぬ。

心だけの気がいっぱいに詰まっている脈を擦して見ると、堅く搏つようで、ヨクイニンハトムギ - Wikipediaの実がなっている部分を触るように累累としている。顔色は赤黒く艶がなく、毛が折れるようになるのは死ぬ。

肺だけの気がいっぱいに詰まっている脈を擦して見ると、大、力のない大脈は疲労しやすく体力が衰えたもので虚であり、羽毛が人の皮膚に当るように感じるように弱く感ずる。顔色は白く赤みを帯び艶はない。毛が折れるようになるのは死ぬ。

腎だけの気がいっぱいに詰まっている脈を擦して見ると、搏ことが途絶え、石を指で弾くように感じ、表面は硬いようであるがうすっぺらで深みなく底のないようなものである。顔色は黒く黄色味を帯び艶がない。毛が折れるようになるのは死ぬ。

 脾だけの気がいっぱいに詰まっている脈を擦して見ると、弱く速くなったり遅くなったりする黄帝内経素問 平人氣象論篇 第十八 第八節 語句の意味 2-2、顔色は黄色で青く艶がない。毛が折れるようになるのは死ぬ。

 五臓、肝心脾肺腎の真臓脈が現われるようになれば、皆死に、治るものではない。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九 第十二節 語句の意味 2-2

2012-08-28 10:02:06 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 玉機真藏論篇 第十九

第十二節

急虚身中卒至、五藏絶閉、脈道不通、氣不往來。譬於墮溺、不可爲期。其脈絶不來、若人一息五六至、其形肉不脱、眞藏雖不見、猶死也。

 眞肝脈至中外急、如循刀刃、責責然如按琴瑟弦、色青白不澤、毛折乃死。

眞心脈至堅而搏、如循薏苡子、累累然。色赤黒不澤、毛折乃死。

眞肺脈至大而虚、如以毛羽中人膚、色白赤不澤、毛折乃死。

眞腎脈至搏而絶、如指彈石、辟辟然。色黒黄不澤、毛折乃死。

眞脾脈至弱而乍數乍疎、色黄青不澤、毛折乃死。

諸眞藏脈見者、皆死不治也。

 

語句の意味 2-2

中外=ちゅうがい・表裏のこと。<素問至真要大論>「証に中外あり。」「中外相及ばざれば主病を治す。」

中外急=中外急にして・脈を擦して見るに、浮かしてみても沈めて見ても、ともに皆急であるということ。鍼灸医学大系

 

循=ジュン。シタガう。よる。服従する。めぐる。まわる。巡行する。なでる。さする。慰安する。

刀刃=刀のは。はもの。

 

責=セキ。セめる。とがめる。責任を求める。苦しめる。うながす。そしる。問う。セめ。せめること。責任。

責責然として=後から後からとおしよせて上へ上へと積み重なって来るような状態をいう。鍼灸医学大系

 

琴瑟=キンシツ。琴(こと)と瑟(おおごと)と、ともに楽器の名、瑟も琴の一種。夫婦の仲。

 

澤=沢。①光沢があること。②潤の意味。<素問六元正紀大論>「燥極まりて沢う。」③液、汗の意味。<素問経絡論>「熱多ければ淖澤す。」<黄帝内経素問王冰注>「沢は潤液なり。」

 

搏=①侵害・搏撃・損傷の意味。

<素問宣明五気篇>「陽を搏つときは則ち巓疾を為す。」

<温病条弁>「肺は燥気の搏つ所と為す。水道通調する能わず、故に寒飲して咳するなり。」

②交合・結合の意味

<霊枢決気>「両神相搏り合して形を成す。」

③留滞・附着の意味。

<儒門事親>「諸風寒の邪、結して皮膚の肝に搏く。」

④脈搏の弾力をさす。

<脈経>「胃の脈、搏つこと堅にして長。」

 

薏苡子=薏苡仁

 

累累=物が重なる形容。たくさんあるさま。ごろごろ。多くつながっているさま。

 

辟=ヘキ。キミ→君。天子。諸侯。メす。召し出す。ツミ。かたよる。法則。除き去る。外見はりっぱで、誠実の心を欠くこと。サける。よける。

辟辟然=表面は硬いようであるがうすっぺらで深みなく底のないさまを形容するものであろう。鍼灸医学大系

 

數=数脈。脈象の一つ。脈の到来が急速なもので、一般には一呼吸に五回以上脈搏のあるもの。また浮数は表熱で沈数は裏熱である。<経脈>「数脈の来去は促急なり。」

 

乍=サ。タチマチ。にわかに。・・・ではあるが。一方で・・・しつつ他方で・・・、の意。・・・のとおり。ともに。

 

疎=疏は正字。①とおる。通ずる。②あらい。大きい。③わかつ。④まばら。⑤おさめる。

 

漢方用語大辞典、明解漢和辞典、新・東洋医学辞書

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

250g 8,400円

500g 15,750円

コメント

水分の摂り過ぎで体調不良に

2012-08-27 10:14:33 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

今朝、お客様より電話がありました。

今朝調子が悪く起きるのが難儀したとのこと、空腹を感じたので少し食べた、今現在何をやるのでも億劫で動けない、7時~8時ごろの間に7~8回の排尿があり量も普通にあった。

23日24日肩こりで葛根湯(この方にとって、この暑さで発汗はよくない)を2回服用、20日ごろ異常なくらい喉が渇き多量ではないが水分を摂った(果物も食べた)。

先日、長野へのバス旅行で乗り物酔い。

手足の冷えでは、足の全指の付け根が冷え、両膝の存在感があり、たまに全身に動悸がするように感じる(茯苓の証のようです)。

感應丸を主役に、腎に作用する牛車腎気丸と脾胃に作用する藿香正気散等を処方。

水分、果物は控え目にするようにお伝えしました。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

本体価格

250g 8,000円

500g 15,000円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント