漢方相談 昌栄薬品

漢方薬・自然薬が体に効きます、自然の生薬で病気に負けない体を作る
漢方相談 ご来店お待ちしています

「塩の摂り過ぎ」ってあるの!? 1-3 塩を摂り過ぎたら、のどが渇く!

2014-07-31 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

うみのせい 2014 秋 海の精クラブ 減塩ってどうなんだろう?!

「塩の摂り過ぎ」ってあるの!? 1-3

 

塩を摂り過ぎたら、のどが渇く!

 これまで「減塩」について考えてきましたが、実際に「塩の摂り過ぎ」はあるのでしょうか?

 塩分の高いものを食べると、自然とのどが渇いて水分を摂りたくなります。

これはヒトの体液の塩分濃度は決まっていて、これを超えるとその濃度を薄めようとするからです。

健康なら、高塩分のものを食べても、自然な体の欲求で水を飲み、体内の塩分濃度は正常な状態に保たれます。

そして、腎臓は余分な塩分を水分といっしょに、尿として排泄します。

 この意味では、体が正常に働いていれば、「塩の摂り過ぎ」はないと言えます。

 

つづく

 

塩が足りれば甘いものは欲しくなくなる!

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

風邪薬で夏にあまり使わない葛根湯(かっこんとう)、夏のカゼに藿香正気散(かっこうしょうきさん)

2014-07-30 10:32:56 | 日記

昌栄薬品の宮原 規美雄です

風邪薬で夏にあまり使わない葛根湯(かっこんとう)、夏のカゼに藿香正気散(かっこうしょうきさん)

葛根湯は次の生薬で構成されています、g数は省きます:葛根;麻黄;大棗;桂皮;芍薬;甘草;生姜

 

傷寒論という経験則の本に

太陽之爲病、脈浮、頭項強痛而惡寒。

太陽(たいよう)の病(やまい)たる脈浮(みゃくふ)、頭項(ずこう)強痛(きょうつう)し而(しか)して悪寒(おかん)す。

太陽病は皮膚表面の蒸泄が障害され体表の熱を生じた病症で脈浮(脈を軽く押さえて感じる脈)、頭痛し項(うなじ)が凝り其れに加えて悪寒(さむけ)がある。頭項は太陽位の中でも陽中陽の位置である

 

辨太陽病脈證并治中(弁ずるたいようびょうみゃくしょうならびにちちゅう) 第六

第一条 1 三一

太陽病、項背強几几、無汗、惡風、葛根湯主之。

太陽病項背強(たいようびょうこうはいこわ)ばること几几(しゅしゅ)、汗無(あせな)く悪風(おふう)するは葛根湯之れを主どる。

太陽病で首筋が凝って強ばりうごかしにくいようで、汗はでていない、そして寒気があるのが条件です。

悪風=外気や風に当たって寒気を感じること。

悪寒(おかん)=風にあたらなくてもぞくぞくした寒気があること。

 

傷寒という外感発熱病の総称、または太陽病(外感病の初期の段階)、寒邪にやぶられること。葛根湯を服用する条件は悪風または悪寒(クーラーでの悪風・悪寒もある)があることです、そして肩こりや頭痛等があるものに適応します。

処方解説
●「クラシエ薬品葛根湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書『傷寒論[ショウカンロン]』『金匱要略[キンキヨウリャク]』に収載されている薬方です。かぜや肩こり、頭痛などに効果があります。
●かぜのひきはじめで、発熱して体がゾクゾクし、寒気がとれないような症状に効果があります。
成分
成人1日の服用量3包(1包2.0g)中
クラシエ薬品葛根湯エキス・・・5,200mg
〔カッコン8.0g、マオウ・タイソウ各4.0g、ケイヒ・シャクヤク各3.0g、カンゾウ2.0g、ショウキョウ1.0gより抽出。〕
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコールを含有する。

効能
体力中等度以上のものの次の諸症:感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛み

 

葛根湯の症状で汗が出ている又は葛根湯を服用後発汗しまだ症状が残っている場合は三和生薬桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)になります。

 

夏のカゼには藿香正気散(かっこうしょうきさん)が使われます。

藿香正気散(かっこうしょうきさん):白朮;茯苓;陳皮;白芷;藿香(かっこう);大棗;甘草;半夏;厚朴;桔梗;蘇葉;大腹皮;生姜

処方解説
●「クラシエ薬品藿香正気散[カッコウショウキサン]」は、中国宋時代の漢方書『和剤局方[ワザイキョクホウ]』に収載されている薬方です。
●胃腸がもともと弱い体質で、冷房等により体調がくるい発熱したりする、いわゆる夏かぜ、また暑いさかりに清涼飲料水・果物・生ものの摂取により、胃腸が冷やされ、その機能が一層低下しておこる下痢・食欲不振などの胃腸疾患や全身倦怠に効果があります。暖房の効いた部屋で冷たいものを飲食して起きた胃腸疾患にも効果があります、つまり通年的に使用することが出来る胃腸薬です。
成分

成人1日の服用量3包(1包1.5g )中
クラシエ薬品藿香正気散料(かっこうしょうきさんりょう)エキス粉末・・・1,750mg
〔ビャクジュツ・ハンゲ・ブクリョウ各1.5g、コウボク・チンピ各1.0g、キキョウ・ビャクシ各0.75g、ソヨウ・カッコウ・ダイフクヒ・タイソウ・ショウキョウ・カンゾウ各0.5gより抽出。〕
添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖、ケイ酸Alを含有する。

効能
体力中等度以下のものの次の諸症:感冒、暑さによる食欲不振、急性胃腸炎、下痢、全身倦怠

※藿香正気散(かっこうしょうきさん)は医療用漢方に無い処方ですので漢方を取り扱う医師でも知らないのです。

 http://www.t-net.ne.jp/~shouei.co/newpage13.html←クラシエ薬品90包漢方処方

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

疲れにくい体質づくりに『活寿内服液』その疲れ、無かったことに!徳島の阿波おどりは四日間 猛暑のお盆

2014-07-30 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

疲れにくい体質づくりに『活寿®内服液』

その疲れ、無かったことに!

徳島の阿波おどりは四日間 猛暑のお盆だそうです

 

華やかに見えても体力もスケジュールもハード

 

でも大丈夫! 踊る前に飲む!『活寿内服液』

 

四日間楽しく 踊る阿呆になれました♪  まだまだ踊れるじょ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外回り デスクワーク 家事 介護 運転

いずれも敬震丹を加えると違いを感じることができるでしょう。

活寿1本  525円
 2本 1000円
 6本 2500円
 13本5000円

 犬伏製薬 活寿
3類医薬品
ゴオウ、ニンジン、各種ビタミン配合
効能
○滋養強壮○虚弱体質○肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・産前産後などの場合の栄養補給

「気」を回らせ、体調をととのえるくすり『敬震丹・けいしんたん』

「敬震丹」の犬伏製薬 現社長の息子 
私の服用例
(犬伏壮一郎さんの熱中症体験談です)

敬震丹・けいしんたんの価格変更のお知らせ

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

コメント

木克(剋)土=もくこくど。木は土を克すとも読む

2014-07-29 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

木克(剋)土=もくこくど。木は土を克すとも読む。

五行中の五種の相剋関係の一つ。

肝は木に属し、脾胃は土に属す。

病というものの多くは影響を互いに及ぼし合いながら波及していくもので、例えば呼吸器疾患などで肺金が虚している人の多くは、肝木が実し、その為に脾土が虚している。

これは肺金の制圧が弱ったために、肝木が狂気し実となり、怒りっぽくなり、頭痛とか不眠をおこし、さらにこの実が、脾土を圧して虚させる。

そのため、いわゆる胃腸障害をおこすことになる。<経絡治療講話>参照。

 漢方用語大辞典

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

  

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント

黄帝内経素問 腹中論篇 第四十 第五節 訳

2014-07-28 07:00:00 | 日記

おはようございます昌栄薬品の宮原 規美雄です

黄帝内経素問 腹中論篇 第四十

第五節

 帝曰。夫子數言。熱中消中不可服高梁芳草石藥。石藥發癲、芳草發狂。夫熱中消中者皆富貴人。今禁高梁、是不合其心。禁芳草石藥、是病不愈。願聞其説。

 岐伯曰。夫芳草之氣美、石藥之氣悍。二者其氣急疾堅勁。故非緩心和人、不可以服此二者。

 帝曰。不可以服此二者何以然。

 岐伯曰。夫熱氣慓悍。藥氣亦然。二者相遇、恐内傷脾。脾者土也。而惡木。服此藥者、至甲乙日更論。

 

黄帝が申されました

(夫子)先生は度々、熱中や消中を病んでいる者に美食や香りのある薬草や金石の薬は服用してはなりませんと申して居る。金石の薬は癲を発し、芳草は狂を発するとのことである。熱中や消中は皆金があって、身分も高い者であるという。今旨いものを禁じると、この者たちは本意ではないため気分を害すであろう。芳草や石藥を禁じると病が癒えないではなかろうか。経緯を説明してくれんか。

岐伯が申し上げました。

 芳草の薬性は発散になります、石藥の薬性は気があらいのであります、この二つの薬の気という物は、急激で、くだけにくく、強いのであります。それ故に思慮がおだやかな人でないとこの二つの薬を服用することはできません。

 黄帝が申されました

 この二つの薬を服用することができぬとはどういうわけであろうか。

 岐伯が申し上げました

 熱というものは気ばやで、あらあらしいものでございます。薬の作用というものも同様でございます。この二者がぶつかり合うと、恐らく脾が傷つけられるでしょう。脾は土に配当され、木は脾を剋するので脾は木をにくむのでございます。この二つの薬を服用すると、甲乙の日に何等かの変化(木克(剋)土の説明は7月29日)があらわれるのでございます。

 

ゴールド三養茶

ゴールド三養茶は発芽ハトムギを主成分として、特殊製法でエキスを抽出顆粒にした理想的な健康飲料です。

簡単にお湯にとけますので、ご家族の健康食として手軽にお飲みいただけます。
 ハトムギの成分を十五倍に濃縮した、ゴールド三養茶をお好みの濃さに合わせて美味しくお召し上がり下さい。

 

税込価格

250g 8,640円

500g 16,200円

分包品1包1g入り60包3,500 円

1包60円

コメント