Action is my middle name ~かいなってぃーのMorrisseyブログ

かいなってぃーのMorrissey・The Smithsに関するよしなしごと。

絶賛勃発中!モリッシーVS Supreme 仁義なき戦い

2016-02-15 16:48:37 | Morrissey News

さて、そもそもなんで東京が、ニューヨークが、ロンドンが、モリッシーだらけ

なのかというと、オサレなストリートウエアブランドSupremeが、

毎年リリースする「セレブリティフォトTシャツ」にモリッシーを

起用したからなのです。その一環でのSupreme恒例の

都市同時多発路上ジャック?的なゲリラキャンペーンなのです。

 

昨年は、ニ―ル・ヤングなんかも起用されていて

話題になってましたね。

 

 

この噂はSupremeファンによって事前にリークされ、

モリッシーファンにとっても、お若いSupremeファンに

とっても「はぁ!?」みたいな感じで。

 

でもモリッシー、けっこう若いオサレなストリートブランド

は好きなんですよね。こんなの着たり。

 (ナイキラボとアンダーカバーのコラボ

「GYAKUSOU」のTシャツをナニゲに着ている

のを発見)

 

しかしこの話を最初に聞いた時から

「そうは問屋が卸しても、モリッシーは卸さなそう…」

と、悪い予感もしておりました。

そしてその予感はあたり、Supremeが毎年新シーズンコレクションを

発表するかしないかのこのタイミングにSupremeがFacebookで

こんなことを…

 

今回のTシャツとポスターのキャンペーンは2015年7月にSupreme

からモリッシーにアプローチして始めた。写真の用途や写真家の詳細は

その時に提示され、双方合意の上で進行。写真家のTerry Richardson

とモリッシーも以前仕事をしたことがあり、Supremeの過去のキャンペーン

の写真資料も参考として提出、どんな写真に仕上がるのかだいたい

予想できたはずだった。そして撮影時のポーズもモリッシーの意思に

任せられており、出演料もモリッシーの要求通り払い、2時間に渡る

撮影費用もすべてSupremeが負担し、既に全額を支払った。

そしてこの契約では、正当な理由なくモリッシーが今回の写真の使用を

差し止めることはできないと取り決めていた。

 

しかし撮影後、Supremeが使用候補の写真をモリッシーに提出し、その中から

選ぶように頼んだところ、理由を明らかにしないまま、全ての写真の使用を拒否。

代わりにキャンペーン用にSupremeが提供したボックスロゴのTシャツを着用し、

自ら撮影した写真の使用を希望した。この写真はその後、彼の甥の

インスタグラムから公開されているが、この写真は使用できないと判断した

Supremeは、モリッシーに代替案を提案。

 

1: Supremeが撮影費用を負担し、撮り直しをする

2: Terry Richardsonが今回撮影した写真の中から

モリッシーが使いたいものを選びなおす

3: モリッシーに支払ったギャラをSupremeに返却する

 

…しかしどれも納得がいかなったのか、モリッシーは全ての提案を無視しまくったという。


過去にモリッシーがTerry Richardsonに撮らせたといえば…

これとか…。気に入ってないんかな?

(てか、こっちの方が今回の写真より「病人」度高しw)

 

そして甥っ子のSam Esty Raynerが撮った

これ、

使いたいとか、ワガママ過ぎる…

 

この甥っ子を最近使いたがりがち。

そしてこの甥っ子、このポーズとらせたがりがち。

↑甥っ子がディレクションした“Kiss me a lot” のお色気

PVより

 

 

う~~~ん、なんか肉とかTerry Richardsonとか

病人フォトとか言い訳で、甥っ子が

「おじちゃ~~~ん!!ボクの写真でTシャツ出したかった

よぉぉ」とか言ったんじゃないかという気もする。。。

みんなに怖いのに、モリッシー、甥っ子にだけは甘すぎ。

 

で、Supreme側に「言われっぱ」なわけがないのが

モリッシー。


True to youにて反論を発表

 

「今週Supremeより公開された私の病人のような写真

について猛烈に謝りたい。

写真は2015年10月に撮影された。

この写真がお似合いなのは医療用の百科事典くらいだと思って、

私はSupremeに、お願いだから使用しないでくれと頼んでいた。

そしてこの写真を撮ったのは、Supremeが過去に、

White Castleという肉バーガークソ御殿に金を出してもらって

たということを知る前だった。

この私の写真を使用しないようにという注意と、こちらからギャラの

払い戻しを申し出ていたのに、明らかにSupremeは私の

弁護士を無視しているようだ。法の道においても安全なんて

何もないのか。はぁーまったく。

今回の提携に関して、あり余るほどの申し訳なさを感じている。

まさに“Shame is the name”だ。」

 

きたよ、「肉がらみ」ギレ。モリッシーは、一緒にお仕事する団体が

「肉がらみ」企業じゃないかどうか、まず確認した方がいいと思います!

 

こんな「いまさらジロー」な言い訳をして…

 (てか、知ってただろ!??)

 

 

ちなみにモリッシーがキレた、

Supremeが過去にファストフードチェーン

White CastleとコラボしたTシャツとか。

 

ならいいですよ!もうっ!と、Supremeはこの話し自体を

キャンセルする為、再度モリッシーに支払ったギャラの払い戻し

を求めて話しをつけうようとしたのに今のところ和解が実現せず、

Supremeは当初の契約に沿う形でモリッシーキャンペーンを

強行突破。

 

それで街中、

 

…こうなったわけです。

接近して見てきましたが、

別に「病人」じゃなかったけどな…


なんとも釈然としませんな!

モリッシーファンにとってもSupremeファンに

とってもうれしくないよね!と思ったけれど、

Supremeファンさんたちの反応をツイッター

の投票で見たら

「モリッシーってそもそも誰やねん」


想像を超える破壊的な反応が多くて気が抜け

ましたwww


そもそもSupremeさん、こんなハイリスクおじさんではなく

購買層のテイストに合ったアーティストとコラボした方が

よかったんではないかと思います。。。

 

もうSupremeの2016年春夏コレクションの発表は

秒読み状態なようです(2015年度は2月15日に発表)。

果たして、無事に、というかむしろ不穏に、

モリッシーフォトTシャツは発売されるのでしょうか!?

まだまだ目が離せません~~~!


…………(追記)…………

その後・・・2月15日午後8時半ちょい、

Supreme 2016年春夏コレクションプレビューが公開されて

いました。

果たして、モリッシーフォトTはあるのか!?



あった。。。(・・;)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« とり急ぎ、東京中がモリッシ... | トップ | そもそもなんでSupremeがモリ... »
最近の画像もっと見る

Morrissey News」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事