Action is my middle name ~かいなってぃーのMorrisseyブログ

かいなってぃーのMorrissey・The Smithsに関するよしなしごと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そもそもなんでSupremeがモリッシーを選んだのか考えてみた

2016-02-26 22:59:13 | Morrissey misc.

いろいろSupreme騒ぎについては書きたいこと満載なのですが、

SupremeファンさんたちのコメントをTwitterなどで見ると


「なんでシュプ、あんな誰だかわかんない人選んだの!!」

「ニ―ル・ヤングの方が、あんな爺さんよりよかった!

(※ニ―ル・ヤングさんの方が14歳も爺さんです…)

「この人なに?俳優?なんで選ばれたの」

「モリッシーTシャツゲット!でもこの人の腕毛が

剛毛過ぎて着れないのでお譲りします!!」

↑これは関係ない(笑)


…のようなものが多々あり、

 

日本だけではなく、ニューヨークでSupremeの新商品販売を待つ

若者まで、取材でのやりとりで


「なんで並んでるの?」

「モリッシーのTシャツのためだよ」

「モリッシーが好きなの?」

「誰だかも知んね」

 

Here's What Happened at Supreme's First Drop of the Spring/Summer 2016 Season

 

…と答えており(泣)

 

どうしてSupremeがモリッシーを

今回のフォトTシャツの

アイコンに選んだのか

 

改めて、考えたりもしていました。

 

勝手なイメージではSupremeはめっちゃNY!!という先入観が

あったので、

 

過去にもピーター・サヴィルコラボとか


※Twitterで流れてきたこっちの

「全部間違ってるディヴィジョン」Tシャツの

方が欲しいw


今回も、モリッシーの陰に隠れていますが何気に

イレイジャーの1989年の“Wild!”をモチーフにしてたり



BOW WOW WOWの1982年の

ジャングルボーイのあれの歌詞を

使ってたり。


なんだSupreme、相当こっちより、

80年代好き中年寄りじゃないか…

と思ったわけです(こいこってぃーも言ってたよね)。


このチョイスが、単なるUKなんでもあり感でもなく、

リアルな80年代文化を通ってきた人のにおいがする…。


で、Supreme創設者のJames Jebbia

について、急遽調べてみました。。


そしたら意外な事実が…(ってふつーに有名なのかもしれないけど!)

なんだ、この人、アメリカで生まれたものの、1歳から19歳まで

イギリス、ロンドンから40分の郊外クローリーで過ごしたんだそうです。


1964年生まれらしいからティーン時代、1970年代後半~1980年代の

イギリス文化は思いっきり「現場の人」なわけです。

なんだ!テイスト的に、かなり「仲間」じゃないの!!

 

i-Dのインタビューによると、1983年にニューヨークに1980年にイギリスで

創刊されたTHE FACEやi-Dを読みまくり、ファッションや音楽のベンチマーク

にしてたらしいです。i-Dにいたっては、16歳から今の今まで、35年以上

も読んでいるとのこと。


 

そして、クローリーって、あなたあのひとと同じ街にいたということですか!

 

「はい、クローリー出身の1959年生まれ、ロバート・スミスですがなにか…」


James Jebbiaがまだクローリーにいた頃、1981年のスミスさん。

 

…で、何が言いたいかというと、人格・趣味・価値観形成期に、

James Jebbiaは、

「イギリスの80年代文化どまんなか」

だったわけですね。

かなりうらやましい!!


下手したら、1983年にロンドンでスミスは18回くらい、

ニューヨークでも1回やっているので観ている可能性も

あるかも。

 

そして、びっくりすることにJames Jebbiaは、イギリスで

子役をやっており、キッズに人気のBBCの学園ものドラマ

“Grange Hill” に出ていたのです。


当時のJames Jebbia↓

 

1978年なので、14歳の時ですね。モリッシーは極度のテレビっ子

であり、ドラママニア、ちょうど当時19歳でぶらぶら~ぶらぶら~

していた時なので見ていたかも?

もちろん“Grange Hill”大好き※だったと思われます。

 

※というのも、1981年から83年にこのドラマに出ていたMark Savage

に、1995年リリース“Deganham Dave”PV出演を依頼。


PVの中でモリッシーが逆ストーカー?しているあの男の子です。

 

1994年にニューヨーク、マンハッタンの商業地区に開いた小さなスケートショップから

始まったSupreme。地元のアンダーグラウンドシーンと密接にリンクさせたり

アーティストや企業とのコラボレーションでブランドの名前を飛躍的に世界に広めたり…。

そのJames Jabieの斬新なアイディアやセンスの原点が私たちも大好き

「80年代のUKカルチャー」にあり、もしかしてその時代の象徴的アーティストでも

あるモリッシーをリスペクト♪していての、今回の起用だとしたら胸アツ…という

考察にいたりました。


なんか、彼の経歴を見てきたら、すっごくこのブランドに興味がわいたのでした。

 

…しかし、まさかのこんな展開↓

 

「あの写真嫌い!!

こっちにして!!」

 

…になるとは、さすがのJames Jabieですら思わなかったでしょう!!

 

「Supremeのプロダクトを一気にまとめて見ると、長い年月が経っているのに、

そこにはかなりの一貫性がある。その時代に必ずしも合ったものを作ってきた

わけではないにもかかわらず。つまり、自分にとって本当にベストだと思うことを

忠実にやってきたことが、Supremeがここまで長くやってこれた大きな理由じゃ

ないかって思うんだ。」

by James Jabie

 


ちょっと待った~~~~~~~~!!!!

自分にとって本当にベストだと思うこと!?

それはこっちも追求し続けるわ!!

この戦い、まだ終わったとは思って

ませんから!!


…という声も聞こえてきそうですが、とりあえず終わりw


絶賛勃発中!モリッシーVS Supreme 仁義なき戦い

2016-02-15 16:48:37 | Morrissey News

さて、そもそもなんで東京が、ニューヨークが、ロンドンが、モリッシーだらけ

なのかというと、オサレなストリートウエアブランドSupremeが、

毎年リリースする「セレブリティフォトTシャツ」にモリッシーを

起用したからなのです。その一環でのSupreme恒例の

都市同時多発路上ジャック?的なゲリラキャンペーンなのです。

 

昨年は、ニ―ル・ヤングなんかも起用されていて

話題になってましたね。

 

 

この噂はSupremeファンによって事前にリークされ、

モリッシーファンにとっても、お若いSupremeファンに

とっても「はぁ!?」みたいな感じで。

 

でもモリッシー、けっこう若いオサレなストリートブランド

は好きなんですよね。こんなの着たり。

 (ナイキラボとアンダーカバーのコラボ

「GYAKUSOU」のTシャツをナニゲに着ている

のを発見)

 

しかしこの話を最初に聞いた時から

「そうは問屋が卸しても、モリッシーは卸さなそう…」

と、悪い予感もしておりました。

そしてその予感はあたり、Supremeが毎年新シーズンコレクションを

発表するかしないかのこのタイミングにSupremeがFacebookで

こんなことを…

 

今回のTシャツとポスターのキャンペーンは2015年7月にSupreme

からモリッシーにアプローチして始めた。写真の用途や写真家の詳細は

その時に提示され、双方合意の上で進行。写真家のTerry Richardson

とモリッシーも以前仕事をしたことがあり、Supremeの過去のキャンペーン

の写真資料も参考として提出、どんな写真に仕上がるのかだいたい

予想できたはずだった。そして撮影時のポーズもモリッシーの意思に

任せられており、出演料もモリッシーの要求通り払い、2時間に渡る

撮影費用もすべてSupremeが負担し、既に全額を支払った。

そしてこの契約では、正当な理由なくモリッシーが今回の写真の使用を

差し止めることはできないと取り決めていた。

 

しかし撮影後、Supremeが使用候補の写真をモリッシーに提出し、その中から

選ぶように頼んだところ、理由を明らかにしないまま、全ての写真の使用を拒否。

代わりにキャンペーン用にSupremeが提供したボックスロゴのTシャツを着用し、

自ら撮影した写真の使用を希望した。この写真はその後、彼の甥の

インスタグラムから公開されているが、この写真は使用できないと判断した

Supremeは、モリッシーに代替案を提案。

 

1: Supremeが撮影費用を負担し、撮り直しをする

2: Terry Richardsonが今回撮影した写真の中から

モリッシーが使いたいものを選びなおす

3: モリッシーに支払ったギャラをSupremeに返却する

 

…しかしどれも納得がいかなったのか、モリッシーは全ての提案を無視しまくったという。


過去にモリッシーがTerry Richardsonに撮らせたといえば…

これとか…。気に入ってないんかな?

(てか、こっちの方が今回の写真より「病人」度高しw)

 

そして甥っ子のSam Esty Raynerが撮った

これ、

使いたいとか、ワガママ過ぎる…

 

この甥っ子を最近使いたがりがち。

そしてこの甥っ子、このポーズとらせたがりがち。

↑甥っ子がディレクションした“Kiss me a lot” のお色気

PVより

 

 

う~~~ん、なんか肉とかTerry Richardsonとか

病人フォトとか言い訳で、甥っ子が

「おじちゃ~~~ん!!ボクの写真でTシャツ出したかった

よぉぉ」とか言ったんじゃないかという気もする。。。

みんなに怖いのに、モリッシー、甥っ子にだけは甘すぎ。

 

で、Supreme側に「言われっぱ」なわけがないのが

モリッシー。


True to youにて反論を発表

 

「今週Supremeより公開された私の病人のような写真

について猛烈に謝りたい。

写真は2015年10月に撮影された。

この写真がお似合いなのは医療用の百科事典くらいだと思って、

私はSupremeに、お願いだから使用しないでくれと頼んでいた。

そしてこの写真を撮ったのは、Supremeが過去に、

White Castleという肉バーガークソ御殿に金を出してもらって

たということを知る前だった。

この私の写真を使用しないようにという注意と、こちらからギャラの

払い戻しを申し出ていたのに、明らかにSupremeは私の

弁護士を無視しているようだ。法の道においても安全なんて

何もないのか。はぁーまったく。

今回の提携に関して、あり余るほどの申し訳なさを感じている。

まさに“Shame is the name”だ。」

 

きたよ、「肉がらみ」ギレ。モリッシーは、一緒にお仕事する団体が

「肉がらみ」企業じゃないかどうか、まず確認した方がいいと思います!

 

こんな「いまさらジロー」な言い訳をして…

 (てか、知ってただろ!??)

 

 

ちなみにモリッシーがキレた、

Supremeが過去にファストフードチェーン

White CastleとコラボしたTシャツとか。

 

ならいいですよ!もうっ!と、Supremeはこの話し自体を

キャンセルする為、再度モリッシーに支払ったギャラの払い戻し

を求めて話しをつけうようとしたのに今のところ和解が実現せず、

Supremeは当初の契約に沿う形でモリッシーキャンペーンを

強行突破。

 

それで街中、

 

…こうなったわけです。

接近して見てきましたが、

別に「病人」じゃなかったけどな…


なんとも釈然としませんな!

モリッシーファンにとってもSupremeファンに

とってもうれしくないよね!と思ったけれど、

Supremeファンさんたちの反応をツイッター

の投票で見たら

「モリッシーってそもそも誰やねん」


想像を超える破壊的な反応が多くて気が抜け

ましたwww


そもそもSupremeさん、こんなハイリスクおじさんではなく

購買層のテイストに合ったアーティストとコラボした方が

よかったんではないかと思います。。。

 

もうSupremeの2016年春夏コレクションの発表は

秒読み状態なようです(2015年度は2月15日に発表)。

果たして、無事に、というかむしろ不穏に、

モリッシーフォトTシャツは発売されるのでしょうか!?

まだまだ目が離せません~~~!


…………(追記)…………

その後・・・2月15日午後8時半ちょい、

Supreme 2016年春夏コレクションプレビューが公開されて

いました。

果たして、モリッシーフォトTはあるのか!?



あった。。。(・・;)



とり急ぎ、東京中がモリッシーだらけ

2016-02-15 14:54:13 | Morrissey News

おひさしぶりです!

いろいろありまして更新しておりませんでした。

モリッシーには、もっといろいろありまして、

(以下の話の詳しい経緯はこちら!)

 

とりあえず今東京にモリッシーが氾濫

しています。

 

こんな日が来るとは、夢にも思いませんでした。

音楽によって、なわけでもなく、またあまり本人

にとっては「いい形」ではないので複雑ですが、

とりあえずモリッシーファンで東京にいらっしゃる

皆さんは見てきてはどうでしょうか?

 

目の当たりにした衝撃が大きすぎて・・・

 

写真で見るのとは訳が違う。日常や、モリッシーの

「モ」の字も人生に関係ないひとたちが行きかう中

で見るモリッシーは、トラウマ・・・じゃなかった、一生の

記憶になりそうですよ!!


In my life. 

Why do I give valuable time.

To people who don't care if I

live or die~~~!!


1  青山 骨董通り


表参道、骨董通り入ってすぐ左手にあります。

工事現場の壁一面。

 

骨董通り入るなり、

いつも考えている人の特大ポスターがですよ、

日本のふつーの街並みにだだ~~~~~っと

並んでいるのは本当に息を飲む光景でした。


普通に都バスの停留所と並ぶモリッシー・・・

 

し、しかし、人々の無視度ハンパなかったです。

 

…まあ世間様にとってはこんなものか、

ということで次。

 

2 渋谷PARCO裏

 

裏手過ぎて人がいない。。。

宅配便の配達のお兄さんたちの車止め場みたくなって

いました。

 

でも、はがされた跡もあったりして。


インスタなどでアップされている画像を見ると、

けっこうはがされているのに、マメに補充されて

いるようです。


3 代官山 鎗ヶ崎交差点


駅からすぐのここ↓

 

看板の下に・・・まるで選挙ポスターのような眺め!

 

朝はこんなだった↓ らしいので、やはりマメに貼り直して

いるのでしょうね。

 

ん!? この窓のシールは…

 

セコム…!?

 

 

 

…と連想しつつ、次。


4 原宿 サンクス神宮前二丁目店横など


時間ぎれで写真とれなかったので、インスタで

流れてきたのお借りしております、すみません。

 

あと、こんなところも。

なんだかとっても「東京」ぽいw

裏原あたり?

まだ特定できてないので皆さん見つけてみて

ください。

 

そして

原宿キャットストリート(追加で行ってまいりました)。


パタゴニアの隣あたり。初日の12モリ。


今日私が行った時は7モリ…


ポスター貼り付けの「屋外広告物許可済シール」

によると、渋谷区長により3月14日まで掲示

許可をもらっているようです。

でもガンガン減っていっているところもあるので

行かれる方はおはやめにどうぞ。

(初日に行かれたYさんがキャットストリートで

見かけた民家モリはすべていなくなっていました…)

 

あと、東京以外の情報はわからないですが、

突然現れるかも?

そしてそもそも、な~んでこんなことになっている

のかは、こちらの記事にて…(続く)