ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポ・情報のブログ!ステーキ提供店でのステーキ食べ歩き・レビュー・ランキング!

「神田の肉バル RUMP CAP 新橋店」(新橋)

2018-07-10 14:22:07 | 港区


【ステーキ漂流記】第5章
6軒目(新規399軒目)「神田の肉バル RUMP CAP 新橋店」(新橋)

うっかりブランクが10日も空いてしまった。ここから長い休眠に入りがちだが、そこでなんとか堪える。にしても、暑い。一見、夏は熱々のステーキに向いてない季節に思えるかもしれないが、そうでもない。

で、今回の「神田の肉バル RUMP CAP新橋店」は前に紹介しそびれてた店。この店の神田店は大分前に紹介した。かなり低い評価だった。その後、田町店と今回の新橋店を見つけてどちらも悪くはないのになぜか書けなかった。そういうタイミングもある。

ということで今回は再訪だけど新店扱い。この安心感はいいよね。何百店も書いてても外れた時の不安がつきまとうだけに、安心しながらステーキを食うって再訪店でない限りない。

JR新橋駅から徒歩5分に「RUMP CAP」はある。駅からちょっと歩き、内幸町にも西新橋にも近い。新橋というより、内幸町にあるワーナー・ブラザースに行く途中でなんとなく歩いて見つけた。



大きな店構え。
店内も広い。
サーロインステーキ300gのセットとグラスワイン赤を頼む。

まもなくしてサラダ・スープといった前菜類が来る。



やはりこういう前菜があった方がいい。

スープを飲み終わった後にステーキ配膳。
なかなかな大きさ。



一口。
…………うん、普通かな。
カチカチではない。

二口目はタレをつけて。
…………うん、まあタレ+肉……。

悪くはない。
が、「いいね!」という部分ももう一つない。強いて言うなら「無難だね」。

神田本店が酷かったのに比べれば全然いいが、かと言って感動はない。まあ、ステーキを提供する店があるよね、ってぐらい。

なるほどね。
だから、「ステーキ漂流記」でうっかり書きそびれたか。でも今回はちゃんと書いたよ。
で、次で400軒になる。


総合:★★★
素材:★★★
グリル:★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★★★
コメント

「丸の内 DINGDON 青山店」(青山一丁目)

2018-06-25 15:29:19 | 港区


【ステーキ漂流記】第5章
3軒目(新規396軒目)「丸の内 DINGDON 青山店」(青山一丁目)


有楽町や日比谷ばかりに集中するのもなんだかな、って思って意図的に午後イチに外苑前での試写をセッティング。ただ、青山とか外苑前ってもうある程度行ってしまったよな。って思いながら地下鉄青山一丁目駅の地下街を歩いていたら、ありましたよ、ステーキがある店。

青山なのに「丸の内DINGDON」。



ん? この名前の店に行ったことある。「ステーキ漂流記」の千代田区のカテゴリーに、あったあった。

https://blog.goo.ne.jp/joeyogawa1975/e/0557e62d48720aef8328dfc2d9345e56/?cid=c34322a1dc441737f0f165b7da79230b&st=0

2015年3月に行ってるのか、有楽町店に。あ、評価が低い店じゃん。けど他にないからここにするか。
席に着き、サーロインステーキと赤のグラスワインを頼む。

間もなくワインが来る。



で、かなり長く待たされると考えて「ステーキ漂流記」の原稿を作りながら待っていたら、意外と早く来た。



うーん、見るからにカチカチそうなオーストラリア牛っぽい。


一口。
硬っ。
予想通りの硬さ。
ザ・輸入牛ステーキですよ。

二口目。
カチカチステーキと腹を括ると悪くないようにも思える。タレは薄目につけ、油をあらかじめ塗った感じで、そこにバターがかかる。これならカチカチなステーキもちょっとはしっとりしてるようにしている。
ただ、付け合わせがへんな乾麺とコーン。有楽町店みたいにパスタとかマッシュポテトはなく、ちょっとやる気がダウン。

全体的に並のランチステーキ。有楽町店とかわらない。これなら同じ地下街にある「銀座ライオン」の方がいいかな。


総合:★★
素材:★★
グリル:★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★
雰囲気:★★★
リーズナブル:★★★

コメント

「いきなり!ステーキ 神谷町店」(神谷町)

2017-09-27 11:42:03 | 港区


【ステーキ漂流記】第4章
16軒目(新規364軒目)「 いきなり!ステーキ 神谷町店」(神谷町)


この日は時間がない中でのステーキ。
こういう時の「いきなり!ステーキ」は助かる。



場所は神谷町なら駅近くに「いきなり!ステーキ」がある。ここはまだ行ったことがないから新規としてもカウントされる。


店内に入り、乱切りステーキを300g頼む。
を、売り切れじゃなくて頼めた。


しばらくしてステーキ配膳。



レアというよりはミディアムかな。


全編可もなく不可もなく。
ある意味安定だよね。

ただ、乱切りにしてはちょっと硬かったかな。
店舗としては並かな。


総合:★★★
素材:★★★
グリル:★★★
タレ:★★★
コメント

「肉の万世 新橋店」(新橋)

2017-09-21 21:28:10 | 港区


【ステーキ漂流記】第4章
13軒目(新規361軒目)「 肉の万世 新橋店」(新橋)


今日は午後一から新橋で試写。
新橋は行ってそうで行ってない店が結構ある。「いきなり!ステーキ」、「肉の万世」なんかね。どうしても後回しになっちゃう。

ということで、今日はそういう店に行くチャンスなので、駅から近い「肉の万世」をチョイス。

ニュー新橋ビルの3階に「肉の万世 新橋店」がある。



お昼時なので混んでいたが、どうにかギリギリ入れた。
席につき黒毛和牛の霜降り牛ステーキ150gとグラスの赤ワインを頼む。


新橋ということもあって周りはリーマンとOLばかり。チラ見するとみんなハンバーグばかり頼んでいる。


サラダ、スープが配膳してから少しして、



ステーキ配膳。



ぼちぼちな感じ。
どこ産の牛か訊くとしばらくして北海道産という答えが返ってくる。


まずは一口。
まあ、うっすら黒毛和牛らしい味はする。
二口。
だいたい同じ。
強烈な旨味はないんだよね。


タレをつけて三口目。
タレもまあまあ。悪くはないが強いインパクトまではいかない。

そうなると、150gで4000円は高く感じる。なるほどね。悪くはないけど大したことはない。これが「肉の万世」にあまり行かない理由かな。


総合:★★★
素材:★★★★
グリル:★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
雰囲気:★★★
アクセス:★★★★
リーズナブル:★★
コメント

「銀座ライオン 青山一丁目店」

2017-04-20 18:02:54 | 港区



【ステーキ漂流記season3】
今季20軒目(新規350軒目)「銀座ライオン 青山一丁目店」(青山一丁目)


またまた中途半端な時間にステーキ。
外苑前にて試写がこれからあるが、その前に、だ。となると、青山一丁目がいいか。たしか、地下に「銀座ライオン」があった。うん、ここにしよう。



メニューを見ると「角切りステーキ」を売りにしていたが、



角切りやサイコロは成形肉の使用が多いのでステーキガーリックピラフにする。

しばらくマストドンで時間を潰していると、ステーキガーリックピラフ配膳。





一口。
おおっ。
意外にも悪くない。
オーストラリア産なのに。

ガーリックピラフを食べつつ二口目。
やはりそこそこ美味い。
分かった。
ガーリックベースのスパイシーなタレが良い。
その証拠にタレがかかっていない部分を食べるとちょっと地味。
タレがかかっている部分を食べるとイケている。

これで赤ワイン込みで2116円。
居酒屋メニューとしてはちょうどいいかな。


総合:★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
タレ:★★★★
ピラフ:★★★★
雰囲気:★★★
サービス:★★★
リーズナブル:★★★★

コメント