ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ステーキマックス 新宿店」(新宿)

2020-02-19 14:31:00 | 新宿区
【ステーキ漂流記】第6章
49軒目449軒目「ステーキマックス 新宿店」(新宿)


今日は新宿で映画。
ならば最近新宿に出来たという「ステーキマックス」だね。





店舗は前に「フランス亭」があったと思える場所。看板の出し方は「すためし」みたいなインパクトがある出し方だ。

店内に入る。








昼時なので客が沢山。
主に20~30代のリーマンかカップル中心。
元々「フランス亭」とあって店内の作りは似てるがハワイアンソングを流したりなぜかハワイアン推しな雰囲気。


ランチメニューはこんな感じ。





プライムステーキが異様に安い。プライムビーフとはアメリカ農水省(USDA)で一番格上の牛肉を言う。本当にそのプライムビーフが250g1350円なのか?
これとグラスの赤ワインを頼む。


まずは
赤ワインとセットのスープが配膳。




しばらくして、ステーキが配膳。




コンロ付きホットプレートで出るのが特徴。

一口。
!!!!!!!!!!!!!!!!!
紛れもないプライムビーフの濃厚な味!




それと塩・胡椒の下拵えもいい。
二口目も同様。
タレなしなのに濃厚な味わい。

三口目はタレをつけて。
これまた爆発的に美味い!!!!!!!!!!!!!!!!!
ガーリックのタレ。



肉にぴったり過ぎる。

以降、タレをつけたりつけなかったり味を微妙に変えて肉を楽しむ。

それと付け合わせの鶏のからあげも美味い!!




こちらもタレをつけたりつけなかったり。

デザートがないので、白ワインで〆。





むむ、ちょっとスパークリング気味だがいいね。

いやーーーーーーーーーーーーー、
ステーキマックス、超絶優良店やぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!




総合:★★★★★
素材:★★★★
グリル:★★★★★
タレ:★★★★★
下拵え:★★★★★
付け合わせ:★★★★★
メニューの豊富さ:★★
雰囲気: ★★★★
接客:★★★★★
リーズナブル:★★★★★

コメント

「放心亭」(神保町)

2020-02-15 13:45:42 | 千代田区


【ステーキ漂流記】第6章48軒目448軒目「放心亭」(神保町)


11日ぶりの【ステーキ漂流記】にして再訪店にしようとしたが、偶然にも老舗洋食屋風の新店を発見。

「放心亭」。











あれ、こんな名前だったっけ?
とりあえず、中に入る。





入り口前にアイスヴァインの写真、全体的な雰囲気もドイツ居酒屋に近い。

メニューを見る。
一部2000円超えのメニューもあるが、全般的には1500円以下で収まるお手頃価格。
ドイツ居酒屋らしくソーセージメニューが目につくが、かにクリームコロッケセットやロールキャベツなど洋食屋っぽくもある。
ドイツ居酒屋:洋食屋の七三分けみたいな店。

ステーキメニューはステーキランチとサーロインステーキ、フィレサイコロステーキがある。




そこでサーロインステーキを頼もうとしたが、女性店員曰くステーキランチのステーキとサーロインステーキは同じ、と言うので1650円のステーキランチを頼む。


まずは赤ワインが配膳。




しばらくしてステーキランチが配膳。





見た感じではミディアムかな。





まずは一口。
うん、普通かな?

二口目。
むむっ?
意外にも肉汁がある?


タレをつけて三口。
これは相性ばっちり。
いや、タレなしでもいける。
よく見ると焼きがいい。





おそらく輸入牛ではあるが、グリルの程よさでステーキが生きている。

星4つか3つで迷う。

ついでにデザートとしてライチシャーベットを頼む。





これは美味い

ベテラン店員っぽい方に色々話を訊くと、店自体は40年近くやっているが、1999年か2000年に店名が今の「放心亭」になった、と。だから妙に老舗っぽい雰囲気があったのか。

また行きたいね。


総合:★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
タレ:★★★★
付け合わせ:★★★
ライチシャーベット:★★★★
リーズナブル:★★★★

コメント

「神田グリル 西新井アリオ店」(西新井)

2020-02-02 18:02:11 | ハンバーグステーキ篇

【ステーキ漂流記】ハンバーグ篇 13軒目「神田グリル 西新井アリオ店」(西新井)


たまにはハンバーグ篇。

というか、久しぶりに「神田グリル」に入ったら、



サーロインステーキがメニューからなくなっていて、代わりにガーリックステーキピラフというメニューがあった。




それなら素直にハンバーグでいいよ。


とりあえず、300円高い国産牛100%の方を選んだが、




ハンバーグって松阪牛だろうが飛騨牛だろうが微妙にわからないんだよね。
だったら普通のハンバーグでいい気もするが、それだとぶっちゃけ謎肉なんだよね。


映画の前なのでなんとなくジンジャーエールに。





しばらくして、ハンバーグ配膳。





ハンバーグらしく鉄板プレートでジュージュー音をたててる。


一口。
うーーーん、普通。

不味くはないけど、
国産牛を使ったというスペシャル感が感じにくい。

何口食べようが同じ。
まぁ、考えてみたら、この普通さがある意味神田グリルらしい。
「サイゼリヤ」や「ガスト」と比べてもそんなに変わらないが、雰囲気がちょっといい所で食べられるハンバーグ、っていう感じかな。



総合:★★★
素材:★★★★
グリル:★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
雰囲気:★★★★
リーズナブル:★★

コメント

「洋風Dining 美食」(吉川)

2020-01-29 22:02:15 | 吉川市

【ステーキ漂流記】第6章
47軒目(新規447軒目)「洋風Dining 美食」(吉川)

またまたまたまたまた、
ボクの地元吉川で安くて美味い、凄い洋食屋に巡りあった!!



19時20分頃地元吉川へ。



うーん、前から気になっていた洋食屋に凸ってみますかね。


駅から歩いて10分……


の来来亭の通りからさらに5分歩いて、ようやくそれらしき灯りが見えた。


周りは住宅街。

ここだ!





洋風Dining美食。
自宅と駅のちょうど中間地点にある。出来て2年のお店だが、なかなか足が向かなかった。


入り口から入る。



洋食屋というより、明らかに一軒家風。


さらに中はこんな感じ。






完全自宅改装風で、その身近さが良い。

そしてこれがメニュー。




えええ、安い!!
ほとんどが1品1000円以下ではないか!!
サーロインステーキが780円!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ボクがその安さのあまり、カウンターにいたマスターらしき人に言うと、
「80gですから」
と。
それは分かりますが、
それだとしても780円はなかなか出せない。

ということで、
オードブル3点盛りと
マグロのタタキを前菜にし、
これにサーロインステーキとグラスの赤ワインを頼む。

店内にはもう一組50代のカップルがいた。
スタッフはマスター1人なのでこのぐらいがいいかな。

まずはグラスの赤ワインと



マグロのタタキが配膳。



そして、少しあとに来たオードブル。



まさにザ・前菜として魚と小品を楽しめる。
そういえば、先週行った吉川駅近くの「ビストロ酒場39居酒屋 フェスタ」も390円メニューを中心に500~800円ぐらいのメニューを展開していた。
まさかこの超リーズナブル路線が今の吉川の流行りなのか?

ちなみに、「美食」はアルコールメニューが330円、390円か480円で、
食べ物が550円から各パスタメニューがだいたい800円台と非常にリーズナブル。
そこに普通ならステーキが1500円から4000円で提供するが、そのステーキも100g以下とは言え1000円以下で提供する。
この発想が都内のイタリアンやフレンチにはなく、ごく普通のステーキを出していた。
安ければいいというわけではないが、それを断行するかどうかである。

しばらくして、ステーキ配膳。



80gとは言え見映えがちゃんとしてる。

一口。
焼きはミディアム気味だが肉汁がちゃんとある。美味い。

二口目はタレがかかってる部分を。
美味い!
タレがぴったり!!
柔らかさもある。
おそらく輸入牛だろうが弱点をちゃんと補っている。

安くても一つ一つがしっかりしている。これならいろんなメニューを頼みたくなる!


それで、デザート…もしくは〆の一品を頼もうとしたがメニュー表にデザートがない。
そこで、マスターにデザートを訊いてみると……
なんとなんと、ティラミスアイスを出して頂いた!!




サービスも良い!!

気がつくと奥の座敷席にスーツを着た地元議員風の一団が来たり、電話での来店の連絡があったりと、平日にもかかわらず賑わっている。

2500円のコースもあるが2名様からだったり、月曜日休みだったり、あとランチもやってたり、また来るのに色々覚えておこう。
必ずリピートしたくなる洋食屋。
吉川には多いね。


自宅のような雰囲気の洋食屋だが、これは近いうちに必ず再訪したい!!!!


総合:★★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★★
タレ:★★★★★
付け合わせ:★★★
オードブル:★★★
マグロのタタキ:★★★★
ティラミスアイス:★★★★
メニューの豊富さ:★★★★★
雰囲気:★★★★★
サービス:★★★★★
リーズナブル:★★★★★
アクセス:★★(唯一の弱点。仕方ない)



コメント (1)

「Agora」(流山おおたかの森)

2020-01-27 14:25:47 | 流山市

【ステーキ漂流記】第6章
46軒目(新規446軒目)「Agora」(流山おおたかの森)


なぜ、流山おおたかの森に行く率が高くなったかというと、
まずTOHOシネマズ流山おおたかの森があり、
さらに意外にもステーキを出している店が少なくない。
これは意外だった。

その中の一つが流山おおたかの森SC2階にあるフランス料理店「Agora」。


アゴーラと読むらしい。ここのランチコースにしっかりと牛ロースステーキがある。しかも2000円で。これは入らなきゃだ。

店に入り、カウンター席へ。



すかさずランチコースでメインを牛ロースステーキで指定し、ランチ赤ワインも頼む。

まもなく赤ワインとオードブルが来る。この辺りがフレンチらしい。




続いて、今日の魚料理。



ニベっていうの?
女性店員さん曰く、イシモチの仲間とか。
まあまあ。

しばらくしてステーキ配膳。





一口。
うーんまあまあ?

二口目。
輸入牛だが肉汁がある。
焼きミディアムでしっかりしている。





三口目はカラシをつけて。
これがいまいち。
これなら何もつけなくても十分。
あと、付け合わせのフライドポテトが異様に多い。

デザートは抹茶アイスとプチロールケーキ。





全体的にはまあまあで、
これで3000円いかないならたまにはいいかな、ってぐらい。


総合:★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
タレ(カラシ):★★
付け合わせ:★★
オードブル:★★★
魚料理:★★★
デザート:★★★
リーズナブル:★★★★

コメント