ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

)「ベーカリーレストラン BAQET 東京都アルカキット錦糸町店」(錦糸町)

2018-10-31 14:33:16 | 墨田区


【ステーキ漂流記】第5章
14軒目(新規405軒目)「ベーカリーレストラン BAQET 東京都アルカキット錦糸町店」(錦糸町)


この間、「こてがえし」で行ったビルの同じフロアに行ったことがない店があるので行ってみることにした。

ベーカリーレストランBAQET。



そう、あのサンマルクグループのレストランである。
前に流山おおたかの森の店舗に行ったことがあり、そこはわりと良かった。ならば、錦糸町店もいいんじゃないかな?

ということで中に入る。
キッズルーム完備のためか、子連れの客が多い。それと女性客。

リブロースステーキと赤グラスワインにパン食べ放題もつけた。BAQETに来たらやりたくなる。





このパンがなかなか旨い。
前菜にはちょうど良い。
食べ過ぎないように気を付ける。

パンを食べてまっていたらステーキ配膳。



ん、焼きすぎじゃないかな?


ともかく、一口。

お、意外にもいいんじゃない?

二口目。
うん、塩・胡椒がしっかり効いていて、一見焼きすぎているように見えて、中は程よい焼き。

三口目はニンニク醤油をつけて。
うん、美味い。

というか、塩・胡椒の下拵えとグリルがしっかりしているので、タレなしの方が美味かったりする。

あちゃー、140gにしたのは失敗だったか?
200g以上でも良かった。

一見パン食べ放題が売りの店のようだったが、いやいやメインもしっかりしている。本末転倒にはならない。同じフロアにハンバーグ屋やお好み焼き屋、焼き肉屋、ケーキ屋、イタリアンでもステーキがあるが、このアルカキット内ではどの店のステーキより意外にも美味かった。

パン屋のステーキがまさかこんなに美味いとは。
新し目の店舗だったためか、流山おおたかの森の店舗よりも気合いが感じられた。また行きたい。


総合:★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
下拵え:★★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
パン食べ放題:★★★★
リーズナブル:★★★
コメント

(再訪)「いきなり!ステーキ日比谷店」(日比谷)

2018-10-28 13:47:18 | 千代田区


【ステーキ漂流記】第5章
13軒目(再訪)「いきなり!ステーキ日比谷店」(日比谷)


「いきなり!ステーキ」にも久しぶりの再訪。久しぶりならたまには「いきなり!ステーキ」もありかな、と。

[user_image 22/8b/f90bb9d5f37f79ca84dc553d73d037e7.jpg

あれ、ここ立ち食い店だっけ? まえ座れた気がしたが。
ま、いいか。


国産リブロースステーキ200gを頼む。


客入りはお昼時なので入れ替わり立ち替わり10人前後はいた。来月9日から公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ』とのタイアップも見られた。



まもなく赤グラスワインが来て、



しばらくして国産リブロースステーキ……いや、それはワイルドステーキだよ。アジア系の店員が隣の人のオーダーと間違えた。
ちょっとして国産リブロースステーキが配膳。
焼きはレアで頼んだ。



一口。
程よい脂と肉を食べている感覚。


三口でタレをかける。
まあまあ。


まあ、「いきなり!ステーキ」は変なステーキを出さない安心感はある。それ以上ではないが、それ以下もない。きっちりとした仕事である。


総合:★★★
素材:★★★
グリル:★★★
旨味:★★★
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★★★
コメント

「こてがえし 錦糸町店」(錦糸町)

2018-10-26 20:09:32 | 墨田区


【ステーキ漂流記】第5章
12軒目(新規404軒目)「こてがえし 錦糸町店」(錦糸町店)


久しぶりに「ステーキ漂流記」においてダメなステーキに出くわした!!!



順を追って書く。


実はこのブランクの期間中に新規の店は何軒か見つけている。その一つが「こてがえし」だ。



いわゆるお好み焼き・鉄板焼屋さん。
ステーキメニューもあり、その中に北海道士幌黒牛リブロースステーキというブランド牛のメニューがある。300gで3600円。



1000~1200円のお好み焼きがメインのお店で3600円のメニューは高い気もするが、ブランド牛で150g3000円とかはよく目にするが、300gで3600円というのは実はお得な気もする。

ということで中に入って頼んでみることにする。


席に着き、北海道士幌黒牛リブロースステーキと赤グラスワインを頼む。

ディナータイムで客入りは8割。まあまあ人気はある。鉄板焼・お好み焼き屋なのでソースやマヨネーズの匂いが凄い。

先に赤グラスワインが来て、



しばらくして北海道士幌黒牛リブロースステーキが配膳。




300gとなるとなかなかな量。



まずは一口。

……脂っこい。
ミディアムか焼き加減でちょっと硬いがパサパサではない。が、それが旨味ではなく脂なんだよね。まあ、パサパサよりはいいか。

二口目。
明らかに脂っこい。
うーーーーん……

三口目はガーリック醤油をつける。
まあまあ。

とにかく、脂っこさが強い。ステーキ=脂っこい食べ物の代表例のようなダメなステーキだ。

たしかに脂っこさも少しは魅力の一つに成るかもしれないが、ここまで脂っこいステーキも珍しい。おそらく、士幌黒牛の特性かもしれない。明らかに脂が強い。ならばその対策を練らなければならない。
例えば、大根おろしとレタス巻きにしてポン酢につけて食べることを徹底させるなりね。
この店にはこの士幌黒牛の脂に対する配慮がたりない。
「これがステーキですから」
とでも言うのか?

いやいやいやいや、ステーキはもっともっと美味しい食べ物です。それを脂とブランドで乗りきろうとは、世間は許すかもしれないが、「ステーキ漂流記」は許しません!

これでワインと併せて4230円。3800円で脂を食わされた。大変にいい勉強になった。


評価:★
素材:★★★★
グリル:★
旨味:★
脂:❌❌❌❌❌❌❌❌❌❌
タレ:★★★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★
コメント (2)

(再訪)「柿安ミート&ミート」(越谷レイクタウン)

2018-10-23 12:02:14 | 越谷市


【ステーキ漂流記】第5章
11軒目(再訪店)「柿安 ミート&ミート」(越谷レイクタウン)


またブランクが空いた。
とにかく今年の夏は暑すぎたし、新しい店を探すのもキツい。ないわけじゃない。
ならば、再訪という形で手を打つしかない。

それで今日は3ヶ月に1回の病院の日なので地元近くの越谷レイクタウン近くのショッピングモール「イオンレイクタウン」内の「カキヤス」を再訪することに。

「イオンレイクタウン」内のMORIエリアの「カキヤス」に行ってみると……
あ、店名がいつの間にかに変わった!



「柿安ミート&ミート」か。

けど、外観はあまり変わってない。とりあえず中に入り、席につく。


相変わらず客が少ない。
それとメニューも変わらない。
黒毛和牛ステーキも健在だったのでそれを頼む。


それにしても本当に店名が変わっただけで内装も変わらない。
あ、少し客が増えたかな。

しばらくして黒毛和牛ステーキ配膳。



牛は岩手県産。
まあまあかな。

まずは一口。
うん、黒毛和牛としては十分な美味さ。強烈ではないが、ミディアム気味の焼きでも肉に確かな旨味。
しっかりとした黒毛和牛の美味さだ。

三口目からタレを使う。
甘だれながら肉の旨味を殺してない。これが大事。
タレがいいと言うよりはタレと肉の相性が良い。

ブランクが空いてからの1軒目としてはちょうど良い。


総合:★★★★★
素材:★★★★
旨味:★★★★
グリル:★★★★
タレ:★★★★★
付け合わせ:★★★★
リーズナブル:★★★★
コメント