ステーキ漂流記

365日毎日が肉フェスなステーキ食レポブログ!

「肉の大山 上野店」(【肉の日サービス】

2019-10-29 14:00:33 | 台東区

【ステーキ漂流記】第6章
22軒目(再訪)「肉の大山 上野店」(【肉の日サービス】)


29日なので、
久しぶりに上野の「肉の大山」へ。




10時50分ぐらいに整理券を引く。

87番。




まあ、お昼丁度に食べられるかな。

すると店員が、
「1番でお待ちの22名さまー」
と言うではないか(笑)。

一気に22人も取るなよ(笑)。
実質110番、いや、それ以上か。


………
1時間40分待った。
仕方ない。
平日の昼間とは言え大人気。


席に着き、
早速、
大山ステーキ
大山ハンバーグ
大山カレー
グラス赤ワイン
全て頼む。

これで1160円は安い。

まずは赤ワインと、




ハンバーグが来る。




ハンバーグが前菜?
まあいいか(笑)。

ハンバーグを一口。
まあ、普通。


ちょっとしてステーキとカレーが配膳。




あれ、全部揃った。
ちょっと圧巻。

切り替えて、
ステーキを一口。

ちょっと硬いがまあまあ。

二口。
ちょっと硬い。顎をちょっと使う。


三口目。
……明らかに硬い。

まあしゃあない。

正直ステーキだけだったらちょっとキツかったかも。

続いてハンバーグ。
まあまあ。
まあまあなんだよね。

〆にカレー。
普通の当たり口に後から辛さがじんわり来る。これはいい。
けど、そこらの学食・社食よりかはちょっといいぐらいで、
ぶっちゃけCoCo壱の方が美味い。


3品とも一つ一つは弱いが3つ一辺に食べて「お腹いっぱい」という満足感がある。

全部頼むがまさか正解だったとは。
他のメニューも気になる。
来月半ばぐらいから通ってみようかな。


評価:★★★★(注:ステーキ、ハンバーグ、カレー全部頼んでの点数)
グリル:★★★
タレ:★★
付け合わせ:★★★
ハンバーグ:★★★
カレー:★★★
リーズナブル:★★★★★

コメント

「PRONTO」(【期間限定】)

2019-10-27 21:17:42 | 越谷市

【ステーキ漂流記】第6章
21軒目(新規426軒目)「PRONTO」(【期間限定】)


まさかまさかの衝撃的な結果に……


昼は喫茶店、夜はちょい飲みが出来る「PRONTO」。


その「PRONTO」のバータイムになんとステーキメニューが!!






しかもブラックアンガス牛!

これは期待していいのかな?

1000円だし。


とりあえず中に入り、
ステーキとグラスの赤ワインと北欧チーズを頼む。


まずは赤ワインと、



北欧チーズが、



あ、なんだろ?
開けると、



本当にキャラメルみたいだ。

北欧チーズを肴に赤ワインをちびちび。


しばらくしてステーキ配膳。




まあ、予想通りかな。

食べれば分かるさ。


ということで一口。


カッチカチじゃないかー!!!!!

中まで焼いてる。





うわーーー、不味い、不味い。

二口目も……。


なんだこれはー!
久しぶりに不味いステーキを食べた!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

あ、タレをつけるか。

?????
確かにわさびの味がほんのりするけど何これ?
タレもダメじゃん。


もう泣けてくる。
量が少ないことがせめてもの救い。200gもあったら罰ゲームだよ、これ。


あ!
付け合わせの玉葱がまあまあ美味いよ(笑)。
明らかにステーキ<玉葱じゃん。


なんだこれはー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ふざけんな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

赤ワインを流し込み店を出る。


店を出る時に店員に
「ステーキがめちゃんこ不味い!!!」
と言った。そのくらい言わなきゃ。


期間限定で良かった。
てか、この期間に被害者が結構出るんだろうね。


総合:★
素材:★
グリル:★
タレ:★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★★★

コメント

「肉の村山 丸井草加店 」(草加)

2019-10-26 16:56:10 | 草加

【ステーキ漂流記】第6章
20軒目(新規425軒目)「肉の村山 丸井草加店 」(草加)

「ステーキ漂流記」を5年もやってると食べたけど書き忘れた、書かなかった店がいくつもある。

その一つが「肉の村山 丸井草加店」である。もう既に2、3回はリピートしている。そりゃあ、地元に近い草加に「肉の村山」があるなら行きたくなる。





そう、「丸井草加店」とあるように草加駅西口にある丸井





8階に





レストラン街があり、





そこの一角に「肉の村山 丸井草加店」がある。





中に入りメニューを頼もうとすると、水がジョッキで来る。





ちょっと嬉しい。ステーキ以外にこの日は赤ワインではなくイタリアンハイボールのリモンチェッロを頼む。





ちょっとしてリモンチェッロが配膳。





結構な量があり頼んだ甲斐あり。


そしてステーキ配膳。





あれ、200gにしたせいでちょっと変な盛り付け。





気を取り直して一口。
うん、なかなか。

三口目でニンニクを乗せる。
美味い。

「肉の村山」は「Mr.デンジャー」に似てるけど微妙に違う。ステーキハウスとしては「いきなり!ステーキ」や「ビリー・ザ・キッド」とは違う安くて美味い店である。


評価:★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★★★★

コメント

「ヒーローズ 武蔵浦和店」(武蔵浦和)

2019-10-23 14:09:23 | さいたま市

【ステーキ漂流記】第6章
19軒目(新規424軒目)「ヒーローズ 武蔵浦和店」(武蔵浦和)


「ステーキ漂流記」を復活させ本調子になってきた。そうすると、ここ最近で出来た店に行ってみたくなる。その一つが「ヒーローズ武蔵浦和店」だ。


あの秋葉原の「ヒーローズ」が埼玉県に! しかもそんなに遠くない武蔵浦和だ。これは是非とも行きたい。


ということで、まさしく飛んで埼玉の如く、武蔵浦和へ。

改札を出て東口をあるくと……ほう、「ヒーローズ」はこの建物のB館にあるのか。






この建物に入り、ちょっとするとレストランフロアに。そこに、
あった!
「ヒーローズ武蔵浦和店」だ!





ほう、流石は「ヒーローズ」。客が多いがすんなり入れた!
秋葉原の「ヒーローズ」はお昼時は基本的に待つ店のはず。「レストラン カタヤマ」もそうだが、これは支店ならではのあるあるだね。


席に着き、リブロースステーキを1ポンドとランチワイン赤を頼む。


ちょっと待ってワインと前菜が配膳。これで時間を潰す。






しばらくして、ステーキ配膳。





どどどどどどどどーーーーーーーん、と1ポンド!!!!!!!!
やはり迫力がある、


そして一口。
うん、ヒーローズのリブロースの味! うまし!




前に秋葉原店に行った時に食べ比べてリブロースが一番美味いことをその時しったのでリブロースで1ポンド頼んだ。大正解。肉そのものが美味い。タレなしでも十分美味かったが、三口目からクリーミーガーリックソースをつける。

美味い!

埼玉県にも「いきなり!ステーキ」でもファミレスタイプのステーキレストランでもなく、本格的なステーキハウスのステーキ!!


今日は1ポンドで存分に味わった!!!!!!!!


評価:★★★★★
素材:★★★
グリル:★★★★★
タレ:★★★★
付け合わせ:★★★
リーズナブル:★★★


コメント

「VALON TOKYO」(錦糸町)

2019-10-21 19:17:38 | 墨田区


【ステーキ漂流記】第6章
18軒目(新規423軒目)「VALON TOKYO」(錦糸町)


店は容赦なく次々と出来る。
以前、錦糸町のロッテ会館1階にあったレストランは別の階に移転し、そこに最近イタリアンレストランが入った。

店名は「VALON TOKYO」。



昼はランチメニューでパスタ系しかないが、夜はステーキがあるかなー、って思ったら……

厳選牛フィレ肉のソテー ペリグーソース



というメニューがある。
牛フィレ肉のソテー、ってことはステーキでいいのかな?

早速、スマホで検索するとWikipediaに「ソテー=ステーキ」ということもある、というような感じのことが書いてあった。ソテーというと普通はポークソテーなんだけど、牛肉のソテーってあんまり聞かないよね。

まあ、とりあえず「ソテー=ステーキ」ということで中に入った。

すると、店員さん曰く、ほとんどの席が予約で埋まっていると言うではないか。
ん、ほとんどってことは席はなくはないのかな?
え? カウンター席1席だけ空いているって?
じゃあ、そこでいいよ。

ということで席に着き、あらかじめ決めた厳選牛フィレ肉のソテー ペリグーソースとグラス赤ワインを頼む。

それにしても久しぶりにオシャレな店に来た。



「ステーキ漂流記」をやってなかったらほぼ縁がない店だ。いままでにもそういうのはいっぱいあったから特別凄いわけじゃないが、6年前のボクならまず避けそうなオシャレさ。
だから、25人の予約とかがあるんだよ。おそらく、ランチで入って雰囲気がいいから予約したな。

まずはワインが配膳。
パンもついてきた。



しばらくはこの文章を書いていて時間を潰す。時折、25人予約の先発隊が3、4人来たりする。アラフォーから50以上のいわゆるおじさん&おばさんのちょっとオシャレな飲み会といった様子か。

そしてステーキ、いやソテーが配膳。



オシャレなイタリアンらしい盛り付けだ。

早速一口。


…………
うーん、不味くはないが旨味はない。時折感じる肉の味は昼間食べたオーストラリア産の牧草牛とほぼ同じ。いや、牧草牛だ。
二口目も同じ。

ペリグーソースをよりつけて三口目。

まあ、そこそこ。薄いなあ。

オシャレな雰囲気と盛り付けの割には地味な普通の輸入牛ステーキだ。1980円も納得。
これね、2000円プラスしてでも最低限和牛にすべし。

うーん、外装の割には可もなく不可もなく。
いや、外装の雰囲気や盛り付けその他演出で心から掴もうとしたが、
ボクの舌は騙せません。
これなら真ん前にある「シラツユ」に行った方がいいかな。

まあ、雰囲気の店なんだね。

PARCOのフードコートの「レストラン カタヤマ」は雰囲気もへったくれもないが、味は毎回楽しめる。真逆なんだね。



評価:★★★
素材:★★★
グリル:★★★
タレ(ペリグーソース):★★★
付け合わせ:★★★
雰囲気:★★★★
リーズナブル:★★★




コメント