クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

「尾張円空仏を彫る会」の作品展が始まりました

2020年10月20日 12時56分53秒 | 円空さん
「尾張円空仏を彫る会」の作品展が、今日から一宮市尾西歴史民俗資料館で始まりました。
会場には、会員の方の円空彫り作品がずらっと並んでいます。
私も、円空仏写真を15枚(四切ワイド)展示してもらっています。
ご近所の方、どうぞご来場、ご高覧ください。

尾張円空仏を彫る会作品展
 場所:一宮市尾西歴史民俗資料館
     一宮市起字下町211番地
 期間:10月20日(火)~25日(日)
     9時~17時
 (初日は10時から、最終日は15時まで)

ところで15枚の写真は、並び順だけ決めて会場に持込みました。
3つの壁面の割り振りは会場で決め、南面(開始)9枚、西面3枚、東面(終了)3枚とし、決めてた順にワイヤーフックに掛け展示、とここで、知り合いの木彫作家さんのM.Hさんが来場。
私の写真の並びを見て『写真って円空さんの制作年代順なの?』と訊いてきます。「いいえ、絵柄のリズムで決めただけですよ。」『言いにくいこと、言っていいかしら?』「どうぞどうぞ、なんでも言ってちょうだい。」ってなやりとりの後、彼女はいい指摘をしてくれました。
『人が入って来て、一番目につく西面の写真、強いタッチの像に替えた方がいいんじゃない。』
なるほど、なるほど、尤もです、私の準備が手抜きでした。
彼女の意見に納得した私は、写真を入替ましたが、彼女が入替を勧める写真を全てではなく、2枚については我を通すところが、可愛くないですね。

トップの写真は、水谷範美さんの地蔵菩薩像。


大山博さんの薬師如来像

三輪盈夫さんの薬師如来像

コメント

オンブイナゴが羨ましい

2020年10月19日 20時13分45秒 | 雑草
オンブバッタならぬオンブイナゴ。
昨日、田んぼの際で雑草の写真を撮っていたら、見つけました。
しかし、まぁ、仲良しさんですね。おんぶしているのが雌で、おんぶされているのが雄のようですが、ラクチンラクチン、羨ましい。
体の大きさは雌の方が2回りほど大きく、逞しいですね。

が、なぜか触覚というんでしょうか、顔から出た2本のヒゲは圧倒的に雄の方が長く、前脚の上半分も、心なしか雄の方が太いようです。
コメント

柴山達也さんの折り目の角度が表す質感

2020年10月18日 21時16分29秒 | 美術展
立体切折紙art展、作者は柴山達也さんです。
神様、ハイヒール、らせんローズ、動物園、フェアリー、クワガタムシ、恐竜、大怪獣の6つのテーマで合計24作品が並んでいます。
基本的には1枚の紙から1つの作品を作られているようで、山折り、谷折りになった紙が美しいカーブを描き、いろいろな形を表し出しています。
折り目の角度が様々な質感を醸し出していて、全体に柔らかな雰囲気が素敵です。

立体切折紙art展は、一宮市尾西歴史民俗資料館で、今日(10月18日)まで開催されました。

トップの写真は、「ハイヒール(実物大)」。


「神様(金竜)」

「神様(観世音菩薩立像)」

コメント

ホトケノザが咲いてる

2020年10月18日 20時38分12秒 | 雑草
今日の午後からの散歩で、ホトケノザが咲いてるのを発見。
ホトケノザって、春咲く花だとばかり思ってたのが、秋にも咲いててびっくり。

コメント

襟が立ち、プリーツが立ち

2020年10月17日 10時40分56秒 | ボケまくり
『あんた、わざとやってるの?』とかみさんが訊いてきます。
私のシャツの襟が立っていたのです。
わざとでは、ありません。
着る時に確認がもれていたのです。

とまぁ、随分間抜けた格好をしていたのですが、もう1つありました。
プリーツ型のマスクでプリーツがきれいに広がっていなく、上のプリーツが山型ではなく左側が平地のまま前へ突き出していました。
人との対面でまともに見える位置に有り、私の顔を見た人全てに、間抜けの2乗の印象を与えていたでしょうね。
コメント