クロスバイクで元気

念願叶った定年退職の身は、先立つ物は細く時間は太くの狭間。
歩いて、自転車に乗って感じたことを、気ままに書き続けます。

タバコ屋の看板娘

2010年06月23日 19時39分36秒 | 日記
私の会社の近くの円頓寺本町商店街のタバコ屋さん。
毎日看板娘のおばあちゃんとお話をしてマイルド7を買うのが楽しみ。
先週水と木曜はシャッターが閉まっていてお休み。
昨日は空いててお店に入ると、おばあちゃんの娘さんかなぁ、年のころ50くらいの若奥様。
「おばあちゃんはどうしたのぉ?」って聞く私に、若奥様。
『うん、ちょっと、できものができちゃって。でももう店には出てるよ』
ぅっふ、今日ものぞいたら、ちゃんと看板娘はいました。
帯状疱疹ができちゃって、痛かったとのこと。
でも、もう治ったって。
よかったねぇ、看板娘のおばあちゃん。
コメント

琴光喜関

2010年06月15日 20時37分16秒 | 相撲
なんといったらいいのか、愛知出身の大関琴光喜関が野球賭博をしていたとして本人申告があり、今マスコミの集中砲火を浴びています。
彼のしたことは悪く、誰も許すことはできないのですが、残念ながら周りの環境のもとに、善悪の判断が正しくできなかったようです。
周りの環境と、本人の善悪の感覚。
難しい問題ですね。
本人さえしっかりしていればとの思いが強いのですが、人みな人との関係において、自分の心があり、理想があり、意思があり。
そんな中でも、嘘をついていたことは許されません。
それはみな誰でも、生まれた時から教えられてきたことだから。
教える人、教えられて育つ人。
みなみな人のしたことの非難は簡単ですが、今自分を振り返ると、心と思いと気持ちがいつも一緒にはなりません。
一枚の岩がはがれて落ちて、一枚の岩の向かう向こうには、いつも光を求めて、歩んでいきたいものです。
コメント

愛知県吹奏楽連盟50周年記念演奏会

2010年06月14日 20時53分29秒 | 日記
二日前の土曜日、ナゴヤドームで愛知県吹奏楽連盟50周年記念演奏会が行われました。
愛知県吹奏楽連盟の各支部が次から次へと趣向を凝らした演奏。
私は町内会の都合で最後まで聴けれなかったのですが、私が住む西尾張支部の演奏は、力の入ったものでした。
1,400人が力と心を合わせた、『アフリカン・シンフォニー』。
いやぁ、涙々の中で聴いてました。
音楽は人の心を鼓舞し、人の心を和らげ、今日も明日も、みんなの心に響き渡ります。
コメント

はやぶさ帰還

2010年06月13日 23時00分59秒 | 日記
さきほど、はやぶさ帰還の和歌山大のライブ見ました。
確かにアークツゥルスより明るいマイナス5等が画面に輝きました。
はやぶささん、本当にごくろうさまでした。
イトカワの構成物、無事に持ち帰ったのかな。
月よりも遠い星からの初めての帰還、おめでとぉ。
和歌山大のみなさんも、本当にごくろうさまでした。
コメント

直葬

2010年06月06日 19時14分26秒 | 日記
2週前の姉の姑の1周忌に、法要後の講話でご住職が言うには、今、東京では1割が『直葬』とか。
始めて聞くその言葉に、私の身の周りには今までなかったこと。
亡くなった後で、お通夜も葬儀もせずに、そのまま火葬場に行くということ。
その理由としては、遠くの親類が早く帰れるためにも、できるだけ時間を短くするということ。
ぅぅ~~ん、亡くなった人には自分の死後のことで分からないことだから、どっちでもいいことかもしれませんが、送る身にとっては、あまりにも味気ないことだと思います。
なにかのご縁でこの世に生まれ、いつかは死ぬとはいえども、残った者たちが、一緒になって厳かな儀式の中で、時間を共有することが、逝く人にとっても、心おきなく死後の世界に渡れるのではと思います。
コメント