労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

沖縄4日目(最終日)寝坊してから糸満に走ったが、すぐに潮が足りなくなったし、孫2号の保育園行きの見送りにも間に合わなかったし…(´・ω・`)

2018-06-26 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【61 RMD 5.10 Hybrid Quad】昨夜はさすがにくったくたでうちの夫婦も、次女夫婦も、孫2号も、日付が変わる前には(o_ _)ozzz
で、自分は今朝は糸満に走るつもりで、4時半に目覚ましを合わしておいた(沖縄は夜明けが遅いので、那覇の日の出は5時39分、江ノ島は4時29分)。
のに、2度寝してしまって、出発は5時半、しかも慌てて出発したから、道中に気付いたが、防水デジカメとバスタオルを忘れてきた~(´・ω・`)


 しかたがないので、人気が無いところで、Tシャツの裾を引っ張ってSexy生着替え(*^▽^*)
波は腰、しかし潮が足らなくなってきているので、自分と入れ替わりで、皆さん、どんどん脱水中…(;゜ロ゜)
みるみる、乗れる波が無くなっていくねん…。


 太陽の光の入り方が、とってもよくて、快晴やし、もちろん街に近い砂辺より、とっても綺麗な糸満の海。
波待ちしている海の中は、一昨日の砂辺の海や、昨日の離島以上に水族館状態で、めっちゃ綺麗な魚が狂喜乱舞やのに!
コンタクトなもんで海中に潜って目を開けられないんで、防水コンデジに頼っているのに、今日は無いねん(号泣)
そんな綺麗な海を少しでも表現したくて、一応防水になっているスマホを抱えて、ギリギリまで海に浸かって、この写真を撮った。



 二度寝しないで、さっさと糸満に走ってたらもうちょっといい波を楽しめて、そしてさくっと波乗りやって大急ぎで帰ってきたら、保育園に行く孫2号と、仕事に行く次女に会えたのに…(ノД`)
洗濯やら掃除でバタバタしている妻も、さすがにこれ以上は家事することないって得心したので、「帰ろうっか…」。
なんかどっぷりとテンション下がった夫婦は、「サンエー」に寄ってお土産やら、商材などを買い込み、次に「Gate1豊見城店」でタコライスを食って、妻が寄りたいというので最後にあしびなのアウトレットモールへ。
ビラボンのお店に行ったら、沖縄限定のTシャツがあって、なんかいいので、自分と妻と長女の分を買ったり(これはアウトレット価格ではなく、割引対象でもなく、定価3800円也)、自分らの服を他にも買ったり、そして孫1号の服を買い漁ったり…by妻(^0^;)バランスガヒツヨウノヨウダ…
その後、レンタカー屋そばのカフェで時間を潰してから、空港へ、なんせ、とにかくビールを飲みたいし、車じゃまやし!



 昼のタコライスがまだお腹に残っているが、晩ご飯は食べとかなあかんし、って、妻の搭乗時間の1時間前くらいにエンダーGet。
妻が4階に行って見ようと言うので、初めて上がってみたら、めっちゃいいロケーション(≧Д≦)
慶良間諸島と、自衛隊機含めて、いろんな飛行機の発着が一望できる!
伊丹空港に帰る妻の乗った飛行機がプッシングされてる、俺はこの30分後の羽田行き、ほんじゃね~ばいば~いヾ(*´∀`*)ノ

    

コメント

沖縄2日目 朝一砂辺ボウルズでの小波サーフィンと、BEGINの「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納」🎵

2018-06-24 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【60 RMD 5.10 Hybrid Quad】干潮が4時頃、日の出が5時40分頃なので、朝一ならなんとか潮が足りる。


 昨日強く吹いたオン風は収まって、弱いサイドオンの砂辺ボウルズは、弱弱うねりな、かろうじての腿~腰。



 ぺろっと張るところに上手く合わせられたら、Takeoffは可能、そしてそこからはインサイドまでスープの下をゆらゆらスピード稼いで岸まで無理矢理乗り切る感じばっか。


 ただ、レフトは時々しっかり張ったピークから、ボトムがあって、ターン入れながらちゃんと走れるのもなんとかあったって感じ。


 夜明けの太陽が地平線の雲を突き抜けて顔を出してくれたら、海の色が一変、沖縄にしては街の海ながら、綺麗もんな~。
 

 本日のフィンセットは、「FCS MR-TFX」のばったもんである「サーフエクリプス TWIN2/1」を初めて装着。
しかし波が波やから、この板に合っているのかどうかは不明というテストライドとなった。
しかし、潮が引いてしまって足らなくなって、上がりしなに、スープに押されて楽々~って帰ってきていたら、浅いインサイドのリーフにヒットしてしまい、なんと使用初日にもかかわらず、海に落としてしまった!
しかしさすが沖縄の海の透明度、少し戻って海底に目を向けたら、簡単に発見することが出来た、沖縄の海、さすがの透明度!(湘南の海なら一瞬で見失うもんね)



 朝一、砂辺での波乗りの後、エンダーでがっつり朝ご飯、A&WバーガースーパーフライSコンボ、ありゃ朝から1000円になっちゃった(ーー;)
で、午後は娘に会場まで送ってもらって、嘉手納町兼久海浜公園特設会場にての、BEGIN主催のライブイベント「沖縄からうた開き!うたの日コンサート2018 in 嘉手納」🎵
初めて、BEGINを生で聴ける🎶



暑いっ💦いや、暑いっ暑すぎるっ💦💦腕時計の温度計では35.1℃になってる…
ピーカン☀でなくて、少しくらい曇ってくれててもいいのに…☁。
出店ではいろいろ美味しそうなものが売ってるが、暑さで食欲が湧かないねんけど、最後までもつのかっ!
でんぐりっていう、BEGINの比嘉さんが考案したメンコのイベントに、千葉ロッテの里崎選手、稲村亜美、獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)・グルクンマスク(琉球ドラゴンプロレスリング)などが大騒ぎした後、MCのきゃんひとみと与座よしあきが「『うたの日』おめでとう!」って、BEGINの比嘉栄昇(Vo, G)、島袋優(G)、上地等(Key)と嘉手納町のゆるキャラ・いもっちも加わり観客に挨拶。そして當山宏嘉手納町長による「うたの日」開会宣言と島唄「ファムレウタ」の歌唱をもって、イベントは穏やかに幕を開けた!



 1番手を務めたのは沖縄在住の4人組バンド・ヤングオオハラ、2番手は普段は各々がソロで活動している5MC1DJユニット・Asian Turtles。
妻はこの頃はかき氷食ってまったり、俺はスパムおにぎりで栄養補給しながら、暑さと闘う。
3番手は、演歌歌手の三丘翔太、太陽が似合わない(笑)。
そして、強い日差しが降り注ぐ中始まったのは、BEGINによる「エイサー・ステージ」、琉球國祭太鼓らエイサー隊の太鼓の音と共に「海の声」「三線の花」「島人ぬ宝」を歌い上げる♪
その後3人はLIVE DAMのカラオケコンテストで勝ち抜いた一般女性を呼び込み、彼女をボーカルに据えて「笑顔のまんま」を披露、盛り上がる!!
BEGINは続いて「ハワイアン・ステージ」のアクトへ突入、舞台には100名のフラダンサーと120名の演奏隊からなる「うたの日ハワイアン・オーケストラ」が登場し、星をテーマにした選曲でライブを展開していく。
ゲストの高宮城実人による「めぐみのうた」、子供たちの歌声が響いた「キラキラ星」、この日のために比嘉が書き下ろした新曲「私の好きな星」といったナンバーに合わせて、フラダンサーたちは美しいダンスを繰り広げる!
嘉手納町連合青年会・千原郷友会による演舞を経て、ステージにはKiroroが現れる。
「Best Friend」から、つかみは完璧っ、最新アルバム「アイハベル」の収録曲や往年のヒット曲「未来へ」を披露してステージを去るも、アンコールに応えて再び舞台へ、急遽「長い間」までも歌ってくれて、もう、うちの妻は感動で涙ぼろぼろ!
いよいよイベントも佳境、日が暮れ始めるとBEGINによる「マルシャ・ショーラ」のコーナーがスタート。
「マルシャ・ショーラ」はサンバの起源といわれるブラジルの伝統音楽・マルシャと、沖縄の方言「~しましょう」という意味の「ショーラ」を掛けあわせた造語だそうで、BEGINのナンバーはもちろん、昭和の歌謡曲や沖縄民謡などがマルシャのリズムに乗せてメドレー形式で演奏されるステージ。
2ブロックに分かれた合計1時間のステージ、舞台には宮城姉妹やダンサーたちに加えイベント出演者たちが次々と参加、踊りまくった約1時間でぜーぜーになってしまったが、夢にまで見た生で聴く「オジー自慢のオリオンビール」で、再度元気が出てきた!(俺より比嘉さんの方がやっぱり歌うまいわ!)
全22曲にわたるメドレーの最後を飾ったのは、今年誕生10周年を迎える「笑顔のまんま」、5時間ちょいのイベントの幕が閉じた~、汗だくのぼろぼろ、しかし満喫したわ~(@^▽^@)


 うちの夫婦が最も盛り上がったのは、「エイサー・ステージ」。
琉球國祭太鼓の子供たちが、自分らの横の通路で演舞してくれていて、この写真の女の子と、この子の隣のちっちゃい男の子がめちゃくちゃかっこよくて(可愛くて)、初めて聴いたBEGINの生うたと共に、感動やった!!
まさかまさかのもしもで、安室ちゃんも沖縄つながりで、「ラストだからさ~」とか言って、参加してくれたらと、淡い期待を持っていたが、それはなかったな(笑)


 次女が会場まで迎えに来てくれて、シャワー待ちの孫2号と遊びつつ、長い長い1日の余韻に浸ったわ~、むちゃく盛りだくさんの沖縄2日目が暮れていく。

    

コメント

訪沖4日目最終日、孫2号としばしの別れ、んでボウルズでBodySurfing(板は娘のとこに置いてきたし)

2017-12-28 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外


【137 Body Surfing】次女の旦那の職場の人が、米軍基地で働く友人からプレゼントされたというバウンザーを貸してくださっているんやけど(相関図複雑…)、これがとってもアメリカンで機能的でかっこいい。
しかもクルクル回るのが奏でる音楽がめっちゃアメリカ選曲、でも壊れててクルクル回らないからそこは手動。
うちの孫2号、とっても喋るしよく動くし、孫1号の時とはまた違った生き物、おもしろい、あ~、またせっかく掛けてあげたのに蹴り倒した!
本日、生まれてちょうど1ヶ月、次女夫婦と検診に行くのを涙涙で見送ったじいじとの別れ、またね~(´∀`*)ノ、また明後日、大阪の家でね~(笑)


 飛行機まで時間あるので、天気もいいし砂辺で「ほえ~」ってしよう。
板は娘とこのダイニングのオブジェとして置いてきたし、今はまだ潮が足りないからどっちにしても波乗り出来ないし…。(飛行機の時間から逆算すると潮が足りてから波乗りすると、板を娘の部屋に置きに帰れない)


 ビーチのあずまやの下でおじい4人が井戸端会議している、しかしまったく何を喋っているのか理解出来ないものすごい濃いうちなーぐち、じじいの持ってるラジカセから「冬」「北」ってな感じのど演歌が怒濤のように流れているが、この風景にまったくそぐわない。
ってな感じでぼーっと海を眺めていたが、あかん、あまりにも気持ちいいし天気いいし波もset腰で楽しそうやし、ってことで我慢効かなくなって、ウェットに着替えてBodySurfingしちゃった~♪


 めっちゃ乗れる~、リーフでぽこっと掘れる波って、めっちゃBodySurfingに適している、フィンもハンドプレーンも無いのにけっこう走れてしまう、楽し~(o゜∀゜o)♪



 ってかフィンとハンドプレーンがあったらどんだけ乗れるんやろ!!
満潮の時間と、次女の部屋に預けたサーフボードを取りに行ったり預けに行ったりの時間の関係がどうしても発生するから、次回からフィンとハンドプレーンを、スーツケースに入れてこようと思った!



 ってわけでいつものごとく、那覇空港にて、缶ビールとA&Wのバーガーとオニオンリングを買って、待合で1人打ち上げぱーちぃ( ^_^)/□☆ 帰ります。
コメント

訪沖3日目、本日は糸満でyayaと波乗り、今日も寒い沖縄、でも海から上がったら今日もてぃーだサンサン(ノД`)

2017-12-27 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外


【136 RMD 5.10 Hybrid Quad】訪沖3日目、自分も次女夫婦も昨夜飲み過ぎ~( ^_^)/□☆□\(^_^ )アリカンパイ
娘婿、今朝はせっかくのお休みなので、そ~っと外出、前回の訪沖の際、唯一御朱印を頂けなかった識名宮にお詣りしてから糸満へ。


 米須に着いて、勤務明けのyayaの到着を待ちながら、暖かい日差しの元、半袖T シャツ一枚で本を読んでいたら、YES SURFの泰さん登場、ち~っす(^o^)/
12時過ぎ、yaya到着、相変わらずの微妙なのんびり天然ちゃんyayaを楽しみつつ、一緒に入水、スーサイド。


 波はもも~腰、うねりが集まってくる浅いリーフのところでは時々腹。


 サイドオンの風が沖で吹いているようで、面がゆらゆらながら、しっかりしたうねりなら、つなげてロングライド、またはTakeoff後すぐにアクション入れてみるって波、あ、yaya乗り損ね~( ̄∇ ̄)



 しかし寒くて…、気温は20℃よりちょっと低め、スプリングではかなり寒い、次回からはちゃんと波情報のWetSuit情報は素直に信じようと思ってしまった。


 今日も波乗りしているときは、太陽がほとんど雲の中、それが寒さを増してくれたが…。
しかも今日も海から上がったとたん、てぃーだサンサン、なんでやねんっ!ヽ(゜Д゜)ノ


 お風呂で孫2号をもて遊ぶ次女とじいじ、なにされてるかまったくわかってないんやろな~(*^▽^*)
コメント

訪沖2日目、ウェット選択、いろんな意味で間違いなボウルズ波乗り

2017-12-26 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【135 RMD 5.10 Hybrid Quad】おはよ~、沖縄市での朝、孫2号寝起き、ってか一日中寝てるから、起きてるときは全部寝起きか~。


 で、昨日より波は小っちゃくなって、砂辺ボウルズは少し北西のサイドオンで面ざわつき気味な胸たまにset肩。
気温は19℃、水温は23℃、しかし北西の風は冷たく、曇って太陽の日差しの恩恵が無いと、寒~い。
しかも自分は波情報のウェット指数が「3mmジャーフル」ってなっているのを見ているのに関わらず、「沖縄の人は基本寒がりだ」と思っているので、スプリングしか持ってきていないから、余計に寒い寒い(T-T)


 右から入ってくる大きめのうねりなら、レギュラー綺麗でインサイドまでつながってロングライド出来る。
正面から入ってくる波は割れずらく、ワイドでダンパー気味、でも時々、グーフィーがいい感じになる。


 潮が上げてくるにしたがって割れにくくなり、ピークが狭くなり、その上、サーファーも増えたし、そういえば朝の仕事関係の電話への折り返しをすることを忘れていたのも気付いたので、最後にロングライド出来た1本で終わりとし、正午になるまでに電話を済ませておこうと思い脱水。


 ちなみに砂辺の海底はこんな感じのリーフ、都市が近いから海水の透明度は沖縄にしたら低め、薄曇りで光も足らないんやけど、なぜかたくさん撮ったけどどの写真にも魚が写ってなかった。



 フルスーツを持ってこなかった災いは寒さだけでは無かったっ!( ̄0 ̄)ガーン
海から脱水するとき、テトラの1メートルほど手前で沖からのスープとテトラから跳ね返ってきたバックウォッシュに挟まれて転けてもうて、で、次のスープで板をテトラにぶつけないようにと必死で板を守っていたら、テトラと珊瑚のあいだにて両足がもみくちゃになっちまった~、大流血騒ぎやし~、痛いし~(ノД`)
そして俺が海から上がってきたらすっごくいい天気になって体感温度がぐんぐん上がる~、汗ばむほどに…、さっきまでの俺の寒さブルブル~波乗りはなんやってんっ!ヽ(゜Д゜)ノ
で、今日のランチも「浜屋」にて浜屋そばとジューシーのセット、実は朝ご飯も明星の沖縄そばカップ麺やってんけんどな、どんだけ好きやねん(笑)
その後、ryoryoに会おうと思って「皿の上の自然 il Gastro Sara」へ向かう。
うっかり移転前の真栄田岬のとこに行ってしまって、あ、店の場所変わったんやったって気付く、途中、マイアミビーチに寄ってみると、膝腰くらいの波が割れている、「あ、昨日、ここかみゆきビーチに来りゃ砂辺よりちょっと小さいFun Waveやったかも」と思い当たったが後の祭り。
さらにお店に到着したら本日はお休み、連絡したらなんと今日から大阪にいて、こっちに帰ってくるのは俺が沖縄を発つ日とのこと、笑ける、このすれ違い度合い。
ま、娘婿のお仕事ともご縁が深くて、俺もしょっちゅう沖縄に来るし、また次の訪沖の時に来ようっとっ(´∀`*)ノ


 あ~、今日も一日、よ~寝たわ~、よ~泣いたわ~。


 あかんわ~、もう飲まれへんわ~。
コメント

あくまでも「仕事」が目的の沖縄ながら、3日目はスーサイドにて沖縄の海満喫の波乗り~( ̄∇ ̄)

2017-04-16 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【33 RMD 5.10 Hybrid Quad】沖縄3日目、最終日、あくまでも仕事できたのだけど、ちょっとだけ波乗り~っ(*^▽^*)


 糸満の米須海岸、所謂「suicide」という、物騒であり、先の大戦の所縁ある名前の波乗りスポット、ここはこの海底ケーブルを使ってGettingoutするのがポイント。


 波は腰、うねりは弱く、波数も少ないが、昨日より南風は弱くなり、面は良し!


 yayaに言わしたら、オンショアの方が、風が押してくれるからTakeoff回数が増えていっぱい波に乗れるって言うが、それはけっして沖縄基準ではないからね。


 気温は27℃、薄曇りながら日差しは強く、波情報のウェット指数は3mmジャーフル~ロングスリーブスプリングながら、自分はハーフを持ってきたが、暑いっ、たっぱトランクスが絶対的に正解やって!(OSAの重鎮は今日もトランクス一丁やしww)


 本日の満潮は9時23分、沖縄は潮が引くとリーフがむき出しになるので、波乗りは大潮の時で満潮の前後2時間がリミット、今日の場合は中潮やから8時から11時くらいまでかな。


 ごくたまにアウトから割れる波があるけど、それは見かけ倒しで、実は小ぶりな波でミドルから割れてくる波の方が、ロングライド出来るってのが不思議。


 そんな波はインサイドに来ると、緩いながらどんどん繋がっていき、上手く波に合わせてトリミングすると、失速せずにいつまでも走って行くねん♪


 そしてインサイドに来ると、水が綺麗すぎて、海底と水面下と海面との境目があやふやになって、空に浮いていくような不思議な波乗り~っ、気持ちよか~っ!


 天気が良くなって、沖縄の海満喫の波乗りになって良かった~っ。



 日頃から行いが良いことのたまものやな~( ̄∇ ̄)v



 今回、Yes Surfさんでお借りした板は、「RMD SURFBOARDS 5.10 Hybrid Quad」、浮力もちょうど良く、Takeoffも早くて、スタンスを上手く使えばよく動くしよく加速するし波の力も余すことなく拾ってくれる、気に入っちゃった~、欲しい!



 本日、Yes Surfさん、臨時休業だそうで、借りるときに「返却が出来ない…、どうしましょう?」って相談したら、「yayaさんに預けといてください」とのこと、ええんか~!(爆)
ってことで、板を預けにyayaのお昼休憩に合わせて彼女の勤務先へ。
病院駐車場、亜熱帯気候で汗だくになりつつ、白衣のナースとのプレイを楽しみにして待っていたら、現れたyaya、なんやね~ん、怪しいロミロミマッサージ店の受付ねーさんやんけ~っヽ(゜Д゜)ノ(笑)
yaya「ありがとね~」の後、うちなーおっさんがわさわさたむろしている食堂を発見したのでピットイン、昼食3日間連続の沖縄そば~、どんだけっ沖縄そば好きやねん(^0^;)
さて、那覇空港での、今回の沖縄最後の食事は、A&Wのハンバーガーとオニオンフライ、でもルートビアは苦手なのでオリオンビールなど~で一人乾杯で、あくまでも「仕事」が目的の沖縄を締めておくさ~っ ☆□\(^_^ )
コメント

豚になった奄美Last Nightから波はだめだったけど…な、Last Day

2014-06-30 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外
【60 Firewire POTATONATOR 6'0"】昨日の続き、朝一1ラウンドの後、一度ホテルに戻り朝食、ホテルからレストランでのドリンク無料券を1枚いただいていたので、朝食バイキングで「生ビール」に交換、Tちんには使い方を間違っていると指摘されながら。
朝風呂して、もうちょっとビール飲んで、2時間ほど部屋で惰眠を貪ってたのに、11時15分にたたき起こされ寝ぼけ眼で再び浜へ。


 本日の2ラウンド目はビラビーチで。
先に入っておられるのはSUPが2枚(まだ初心者のようでうねりから乗ってこないので問題なし)、波は昨日とは東よりに少し向きが変わったようで、昨日よりよさげ。
波は腰~腹ごくたまに乳下、面はつるんつるん、南西から入ってくる波はワイドが多いが、南東から入ってくる波はきれっきれのロングライディング波。
途中、NTTが海底ケーブルの点検作業をやるようで船から「どけ~!」っておっしゃるが、そのすぐ手前が一番いいピークなので、邪魔にならないぎりぎりのところでサーフィン。
New Boardの「 Firewire POTATONATOR」の特徴もなんとなく掴むことが出来たし、けっきょくこの5日間で一番いい波やった~('-'*)♪
だんだん人が増えてくるにしたがって、波数が減りサイズが徐々に下がり…ぎょうさんいい波乗ったし満足したからもういいか~(*´∀`*)


 あまりにも楽しかったので、ポイントを見下ろす高台にて、一人プチ宴会、エブリワンというコンビニで買ってきたポーク玉子の爆弾おにぎりとフライドチキンとコロッケ。
ついでにきわどいビキニでSurfingしていたお姉さんも盗撮。


 満足ライディングから帰って風呂入って、さ~って、奄美ラストナイトだ。
名瀬の繁華街でバルが催されていてちょっと覗いてみるが、時々小雨降るし、座るとこないし、微妙なライブも煩いし、各飲食店が出している屋台もあまり美味しそうではないので、やっぱりお店に入って飲むことにして、ホテルで勧めてもらった「喜多八」(鹿児島県奄美市名瀬入舟町18-30 0997-54-0586)へ。
2階の座敷へ通されて、「うちのお店は初めてですか?」、はい。「当店のシステムはご存じですか?」、知りません、「当店はお一人様4000円で、お奨めの料理をおまかせで出させていただきます。」、おーっ!、「もちろん飲み放題も含まれております。浴びるほど飲んでよっぱらりんにおなり!ブタどもめ!」、m(._.)mハハー!カシコマリマシタ!
まず最初に出てきたのは、すり(きびなごのちいさいの)の塩辛と島らっきょうと豚の味噌漬け(みみがーとつらみ)と島うりの3皿、塩豚と島野菜の炒め物と刺身の盛り合わせはうんぎやるまつ(あおだい)・いぎす・たこ・きはだまぐろ、厚揚げ(あとどんだけ出てくるかわからず胃の容量が不安だったので俺は手を付けず)、冬瓜と地鶏の味噌炊き、コラーゲンと呼んでいた豚足の煮込み、島の年越し料理という塩豚 、まるでうどんのような太麺の油そーめん、仕上げはあおりいかのイカスミスープとポーク卵のおにぎり。
これらがどんどん出てくるという殺人的なボリューム、いや、全員まちがいなくほとんど死んでしまった…(;゜ロ゜)モウタベラレマセン
コストパフォーマンスに優れていて(優れすぎ)美味しかったので、ホテルの人のお奨めに従って成果だった。
ちなみに真ん中のおねえさんは、今回、むちゃくちゃ内緒で奄美トリップに参加していますので、一切、身元を明かしてはダメなそうです、しかしもしかしたらご自身のFBで自慢したさに記事をあげるかもですからお楽しみに。
そんな彼女が着ているTシャツは、奄美の高級な服屋さんでお買い求め(代官山と葉山にあるお店の奄美店)、「みーにし」(新北風)とは沖縄地方で夏の南風が弱まる10月頃から吹き始める北よりの季節風で、このみーにしが吹き出すと、やっと熱帯夜から解放される、一年を通じてもっともな温暖な季節になるとのこと。


 飲み過ぎ食べ過ぎで4時15分に鳴る目覚ましアラームが憎たらしい、しかし「ダメな男」と呼ばれたくはないので必死で起きてロビーに、寝てたいのに無理矢理の朝一Surfingっ(T^T)(誰かがやめときましょうと言ってくれたら激しく全員同意していたはず)
手広リーフ、波はもも、昨日の朝より小さく波数も少ない、なんか寒いしテンション下げ下げのまま入水、レギュラーの波ならそこそこ走れるが、徐々に人も増えてきて、テンション上がらず~(T^T)
一度ホテルに戻って朝ご飯食って、荷造りしてホテルをチェックアウト。
美味しいもの食べられるし、ベッドや備品や設備など宿が快適になるし、気遣いいらずだし、そして五合瓶の焼酎ボトルがまさかの4500円なんてひどか目にも合わないし、北部への移動もそんな苦にならないし、と名瀬に泊まる方がいいなと今回は確信した。


 で、車に荷物満載して再び北部へ、ビラビーチはまだ潮が多くて割れてなく、朝一よりさらにコンディションが落ちているが、大阪組の飛行機の時間を考えたら迷っている時間はないので、まだなんとか水深がある手広にて入ることに。
自分は今無理して入らなくても、大阪組を空港まで送った後、自分の飛行機までに軽く波乗りできる時間はあるのだけど、気がおけない友達と一緒に出来るSurfingはまたしばらくないので、一緒に入る。
写真の女の子、兵庫県は赤穂出身、伊豆下田で波乗りを体験して一発ではまってしまって、上手くなりたいからと即種子島に移住、そして3年前に奄美に流れてきたのだと。
すっげー行動力というか、すごい思いきり、それほどSurfingっていい意味で人の人生を狂わすのだ!


 大阪組はあの飛行機で伊丹に帰っていきました。
ひとりぼっちで羽田に帰る俺は滑走路を見下ろすレストラン(といってもJoyfull)にて飲んだくれてます。
帰りはClassJが取れたので、早起きしたし飲んでるしで、大爆睡の予定です(=゜ω゜)ノオヤスミ
次の奄美は、Re・revengeになるな~、次はいつ来るかな~ヾ(*´∀`*)ノバイバイ-
コメント

今日が一番いい波だったけど酔っ払っているので報告は途中…な、奄美4th Day

2014-06-29 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【59 Firewire POTATONATOR 6'0"】昨夜は島とうふ屋(鹿児島県大島郡龍郷町中勝1561-6 0997-55-4411)にて。
定食中心のメニューながらうちらはビールをベースに、単品ばっかで攻める。
湯豆腐とミキと豆乳はサービスで食べ放題飲み放題、まずは、豆腐コロッケ、おからコロッケ、白和え、湯葉サラダ、揚げだし豆腐、豆腐ステーキ、湯葉ぎょーざ、そして島魚の煮物。
次はところ天、ピーナッツ豆腐、豆腐のちぎり天、豆腐ハンバーグ、なんか小鉢をサービスしてくれた。
みんなが勧めてくれるだけあって美味しかったし、すごく健康的な夜ご飯、ビールも控えめで(当社比)。
明日こそ早起きして波乗りするぞと固く約束して9時前にはそれぞれの部屋に引っ込む(-o-)/zzz

 今朝はなんとロビーに4時15分集合にしたらちゃんと全員集合、やればできるやん!
「行くぞー!」と気合い入れたら「すみません、立体駐車場は6時半からでないと車出せないんですよ…」、全員「がーんっ!( ̄0 ̄)」お代官様そこをなんとか…(o_ _)o
なんとかしてくれた。


 夜明け前、まだ暗いからよく見えないけど波はなさげ、そこで俺がスマホをさっき寄ったコンビニに忘れてきたことに気付いて慌てふためいて取りに戻る。(゜▽゜*)アッテヨカッタ
ビラを見に行くが満潮だし割れてない、もう一度手広に。
一人入水している、セット関長いけどでもそのセットなら少しは走れている。
おっさん3人が加齢臭を醸し出しながら車でボーッとしていても仕方ないし、まず俺が入る。
波はもも~腰、意外としっかり張ってくるのでそれなりに乗れる、セット間隔は長いので波待ちは長いけど、サイズはともかく、この4日間の手広では一番いい波かもしれない。

 酔っ払っているので、今日の午後からは「続く…」
コメント

梅雨明けてないや~ん(T^T)な、小波…な、奄美3rd Day

2014-06-28 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【58 Firewire POTATONATOR 6'0"】宿を奄美サンプラザホテルに移動してからの昨夜の晩ご飯は居酒屋脇田丸(鹿児島県奄美市名瀬金久町3-11 0997-52-5008)、食べログで見つけて行ってみたが店構えでどんな感じのお店かわからない。
お隣で刺身販売店もやっているようで、そっちで働いている兄ちゃんに「この店美味しい?」と訪ねると当然のごとく「美味しいです!」との答え、しかし彼の爽やかな笑顔に惹かれてしまって入店決定!
つきだしは4人だからか2種類×2のかつおたたきとしびのフライ、らっきょうが食べられない俺がなぜか食べられる島らっきょう塩漬け、ちょっとハズした気がしないでもない塩豚、ちょっとかわいいお刺身舟盛りはたこ・しび(キハダマグロ)・いか・かつお、高知四万十・鹿児島獅子島のと比較しようと食べたがやはり両者には負けてた青さの天ぷら、しかしこっちはなかなかのものなもずくの天ぷら、インパクトのある銘柄の黒糖焼酎、これは大失敗だったらしいかにグラタン、お隣さんが食べていて美味そうだったのでつい注文した生きたまんまで料理されてきたせみえびのお刺身は最後まで幾らだったのかわからずドキドキ。


 上手に揚げてあるかっぱえびせんみたいな車エビの唐揚げは香ばしくてビールがすすむ、沖縄ならそーめんちゃんぷるなのだけど微妙に沖縄のとは風味が違う油そーめん、本日のおすすめのしいらのフライ、そろそろ満腹やけと奄美の豚を制覇するためにとお肌をプリンプリンにするために炙り豚足、そしてトドメはセミエビの殻を出汁にした仕上げの味噌汁。
ちなみにセミエビは3400円、で、4人で全部で16000円くらいやった、あんだけ食って飲んだのに。
美味しかったしお会計も優しかったいいお店でした!
それからさらに焼酎BARで黒糖泡盛の惜しげもなく注がれた泡盛ロックを3杯ずつ飲んで撃沈のよっぱらり~ん。

 で、朝飯前に朝一surfingの掛け声もむなしく、起きたらなんと8時過ぎ、電話で起こしてねと頼んでいたはずが着信もなし、だめだめ~surfers、ホテルを起ったのはようやく9時45分やし(。・ω・。)
とりあえず東シナ海側を見てみようと大浜に行ってみるが強風大雨なのに波はなし、あかんねーってことで太平洋側へ走る。


 本日はビラにて入水、初ビラだ。
風はほとんどなく面ツル、波は小さくてもも~腰、波数も少なくおしゃべりの時間の方が長い、のんびりめろんめろんsurfing。
△Kのくんが撮ってくれた俺、この波が一番良かった。


 でも形がきれいでときどきアウトから割れるいいのもあって♪
△Tちん、インサイドで要領よく波乗りまくっていた。


 かわりばんこに写真撮影をしあったり。
△Kくん、もう一瞬前にシャッター押していたらもっと良かったのにごめん、でもバックハンドのコースターはちゃんとメイク。


 人も少なくてストレスなくて雨も降らずで、けっこうfun surfingになった(*^O^*)
△Kのくんが撮ってくれた俺、どっちかというとグーフィーがよかったかも。


 お昼は昨日の昼飯の時に気になっていた鶏飯ひさ倉のお隣の豚豚亭。
Tちんは安い豚カツ定食1000円、Kのくんは豚の軟骨定食980円、俺は純粋黒豚「六白」という高級な豚カツ定食1500円、Tちんのお肉と食べ比べてないから500円の値段差はどれくらいかわからないけど甘みがあって香りがあって柔らかくてなかなか美味しい、しかも上手く揚げてあるし、さらに衣が香ばしくてサクサク、だからソースなしで美味しくいただいた。
ちなみに高級トンカツ2切れと物々交換した、Kのくんの豚軟骨もむちゃくちゃ美味しかった!


 食後にちょっと気になって東シナ海側の権現をチェックしてみるが波は全くなし。
ビーチにウミガメの産卵をした痕跡がたくさんあって、なんか不思議と幸せな気分になった。
Keep Clean Sea & Keep Clean Beach。

 もう一度太平洋側に戻り、手広とビラをチェック、波はビラの方がいいがたくさんのSUPが入っていて大混雑、手広に戻り潮一杯引いてるのでリーフはだめだけどビーチならなんとか波乗りできそう。
しかし、入ってみるともう潮あげてきているので、セットの波でさえなかなか割れず、けっきょく1時間弱入って、俺はなんとか2本乗れたけど(しかしTakeOffしたらうねりに戻るので板の浮力だけでなんとかインサイドまで走らすのみの波)、かわいそうに2人は浮いているだけで終わってしまった、ごめんちゃい。
コメント

大阪組合流すると賑やかになる波…な、奄美2nd Day

2014-06-27 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

【57 Firewire POTATONATOR 6'0"】Sunriseは5時27分、南の島だから夜明けが遅い、無風なので面は整っている、腰~腹と昨日とサイズ変わらず、朝飯前に軽く1ラウンド。
昨夜の黒糖焼酎が残っていて、頭から出した指令を手足にはちゃんと伝わらず、ばっらばらなサーフィンで何度もワイプアウトしているうちに徐々に酔いを覚ましていく…(^0^;)
昨日より波は綺麗なのだけど、TakeOffして1ターンしたら消えてしまう波が多くてあまり良くないし、腹も減ったし(昨夜はそれほど食が進まなかったというのもあって)、朝飯食べに7時過ぎには脱水。
喜び勇んで1番に食堂に駆け込んだが、テーブルに並んでいる朝食を見て愕然…
俺、どうしてもあかん食い物が、納豆、なすび、らっきょうなのに、朝ご飯に並んでいるのは、塩鮭、納豆、なすの煮付けとなすの漬け物…(/_;)
食えないですと地味にアピったがするー、焼鮭だけでご飯を無理くり2杯、食ったけど(T^T)


 大阪から本日来る友人を奄美空港でピックアップして、大島紬を着て大阪からやってきた和服美人さんご一行を追いかけて(微妙に趣旨が違うけど、Kくんにとってはここが大事)、まずは鶏飯を食いに、ひさくら(鹿児島県大島郡龍郷町屋入(0997)62-2988)へ。
前回は夜の宴会で酒を飲みに行っての最後の仕上げで食った鶏飯だったので、美味かったという記憶はあるが味わってなかった気がする。
今回は素面でじっくりと味わったが、ほんま、まじで美味かった。


 潮の関係で時間稼ぎも含めて大島紬の工場見学をして、大島紬のすごさを体感した後、ようやく、大阪から本日来た組の奄美リベンジサーフィン。
しかし波はモモでオンショアの面がたがた、TakeOffしたらそのまま終わってしまう波ばっかで、あかん。


  本日で奄美地方は梅雨明けしそうだけど、まだ波は微妙やな~。
コメント

なっ!なんな~ん!この板!?…な、奄美1st Day

2014-06-26 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外
【56 Firewire POTATONATOR 6'0"】年末年始と夏季休暇以外ではほとんど休みを取っていなくて、前回はいつだとスケジュールを繰ってみたら、昨年4月の奄美トリップだった。(労働組合の仕事しているんやから年休取得を率先してやらなあかんのにね)
で、それ以来の休暇の目的地は、奄美…大阪の友人が神津島に行くと言うことから計画がスタートし、神津島へは友達は友達訪ねていくはずが、肝心のその友達の友達がその時期に神津島に不在だとわかり、なら新島にしようかと検討したが、もし船が欠航で帰って来れないなんて事態になると困ると言うことになり、それなら昨年のあまりにも波がなかった奄美トリップのリベンジをしようと言うことになった。自分は羽田からJALのマイレージ特典旅行で行こうと企んだら、出足遅れて席が空いてない。
で、行きは大阪の友人たちより1日早く特典旅行で、帰りはチケットを買って同じ日に帰ると言うことになってしまった。
奄美でなにかイベントでもあるのか?飛行機も宿もいっぱいやで?


 ちゅーことで、羽田空港には、車は今はないし、バイクで行くのはしんどいし、電車surferで。(電車surferが許されるのは若い人だけやという意見があったが、「ほっとけ!」)
空港で板を預けて、寿司田って店で寿司ランチ「茜」1500円を食ったら、米か酢かわからんがほのかに臭う、(゜◇゜)ガーンってなって、飛行機は到着が遅れた関係で25分遅れのtake off、ただでさえ初日現地滞在時間短いのに(゜▽゜*)
14時55分にようやく奄美に到着、現地は雨だってことだったけど、雨は降ってなくて曇り、しかし気温28度ながら湿度1800%くらいあって、なんもしなくても汗だく(゜Д゜;)…(さっきの寿司の微妙な香りは俺の汗のにおいという噂も…なんでやねん!)
とにかくアマミアン・スタイル・ペンション・グリーンヒル <奄美大島>にチェックインしてから波チェック。


 かなりあかん感じ。
満潮を迎える時間、風も入ってかなりコンディョン悪い、波乗りするかどうか悩む感じ、上がってきはった人に聞いてみても微妙、ますます潮満ちるし、もっとあかんなるかなあ。
やけど、Firewire POTATONATOR 6'0"の進水式したいし、あと何分、波乗りできるかわからんし、ってことで、大慌てで波乗り準備して入水~(^0^;)
弱いオンショアがけっこう面に影響をもたらして、でも腰~腹のピークの波から上手くTakeOff出来ればなんとなる波。


 アウトに出てみたら、意外とやれるやんって感じで、おっしゃ~ってセットの波にTakeOff、しかし…
「なっ!なんな~ん!この板!?」
ぐにゅぐにゅでまるっきり安定感なく、勝手に回り出しよって、どないしたらええねんって感じで制御でけん、オーバーフローすぎたのか?
「あっ…?」
そういえば…


 はい、さらに潮満ちたら出来なくなるからと汗だくになって着替えて、慌ててWAX UPして、入水したから…そういえばフィンを付けていなかった…。
そら…回るって。
もう1本乗ってみるが、いい波に関わらず、やっぱコントロール不能に陥って、やっぱ無理、浜に板を置きっぱにして、宿に戻って車にフィンを取りに行った。
それからはなんとか波乗りになった、しばらくして潮が止まって、腹くらいのセットはなくなったが、ショートライドながらリーフブレイクらしいTakeOffが楽しめる波で、見た目以上にFun Surf♪


 へべれけ~になって、この宿をよく利用している宮崎に移住したKちゃんのために置いて帰ろうと思ってキープした焼酎のほボトルも残量数cmになっちゃって、宿スタッフに部屋に案内してもらうときに「ここ、滑りますので気をつけてくださいね」って言われたとこで思いっ切り滑ってひっくり返って短パン苔だらけにして、テレビも部屋の電気も点けたままで、(o_ _)ozzz
ぐだぐだの奄美1st Dayが終わった…。
コメント

2年半ぶりの沖縄 梅雨の晴れ間の美しい沖縄

2013-05-18 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

42 金曜日の勤務終了後に羽田から沖縄へ、さっそく沖縄の労組仲間の飲み会に乱入~(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
お刺身は手前左からしまだこ、時計回りに上に行って、あかまち、これはなかなか高級魚らしい、みーばい、いらぶちゃー、南国的極彩色な真っ青な魚、れんこだい、鰹節で埋まってしまって分かり難いがそうめんちゃんぷー、手びちの煮物はほんとうにほんとうに骨の髄まで美味、スーブは俺独りで全部飲み干してやった、その他いろいろ食ったが写真撮ってないので酔っ払いには思い出せない(^0^;)
手びちのスープを美味い美味いと食べている自分を見て「ヤギ汁たべたことある?」、「ぐっ!」一瞬固まる自分…いろんな人から美味しいとは聞いているが、一方でかなり獣臭いとも聞く、実は自分はその獣臭いというものはかなり苦手(食べ物の好き嫌いはその食べ物の匂いが自分に合うか合わないかで決まる質なもんで)、地元の人に誘われて一緒に食べてしまうともし合わなかったときに逃げようがない、この展開は拙い。
もう夜も遅いし(たしかにすでに日にちは変わっているがみなさんはまだまだ夜はこれからってな雰囲気)、まだ先は長いし(とは言ってもこのメンバーで飲むのは今夜だけかも)、たくさん食べたし(みなさんはまだまだいくらでも食べられる腹具合のようだ、そもそも皆さん立派な原周り)などなど回避行動を様々に試すが、ロックオンされたままタクシーに押し込まれる。やぎ汁、ヤギです、山羊、めーです、うちなーぐちではヒージャーと言うらしい、まずはめーのお刺身、めーですよ、めー。
これは鴨とか地鶏とかの野趣ある味にみみがーの食感を加えた感じのもの、脂は少ないのだけど口の中に広がる匂いはまさに獣のもの、しかしこのお皿で1人前、4人でこのお皿が2枚、やばい。
続いてやってきました、やぎ汁、めーの煮込みスープ、めー。
運ばれてきた途端すげー臭い、食べたらもっとすごい臭い、汁飲んだらさらにさらにすごい臭い、めー。
このやぎ汁、臨月を迎えた妊婦さんが食べるとすぐにポロンと赤ちゃんが産まれるらしい、しかしまだ臨月を迎えていない妊婦が食べると早産や流産となるので注意が必要なんだそうだというほんまかどうかわからんお話なんかを聞くが、自分はそれどころではない、どうやってこれを片付けるかが当面の大問題なのだ、めー、すみません、少し食べ残してしまいました、めー。


 今朝、那覇のバスターミナルから89番のバスに乗って糸満に向かう、琉球バスさんだった。
糸満市場入り口バス停まで約50分、バス料金は560円、ここで夜勤明けのyayaと合流しスーサイドへ。
サーフボードは前日にYES SURFさんでレンタルして置いて貰ったCole ZEN 6'3"、バケツとリーシュコードとワックスと水浴び用に2リットルのペットボトル2本の水まで付属してレンタル料は24時間で3500円、至れり尽くせり、ただし保険はないのでクラッシュした場合のリペア料は実費とのこと。
波はももSet腰、パワー無くて、レギュラーは1ターンで無くなってしまう、板の浮力が足りなくてこの板でこの波だとかなり苦労した。


 とは言え梅雨のまっただ中で昨日まではオンショアビュンビュンで面最悪で波乗りほとんど出来ず、さらに天気も悪かったのだそうで、今日は久しぶりの面ツルだということはラッキーだ、しかも天気は曇のちどピーカンという梅雨の合間の晴れ間となり、面ツルやから海面から海の中をのぞくとトロピカルなお魚さんにたくさん会える、さらに大きなウミガメにも出会ってしまった、波は小さいけど美しい沖縄の海そのものだったのでかなりテンションあげあげ。
4月に初めて奄美に行って初めて自然の海で泳いでいるウミガメを見たとこなのに、またまた沖縄で見れるとはちょっとビックリ、なんか幸せになれるような気がするのは気のせい?

 波乗り後、yayaは夜勤明けでボケボケでお疲れ(ボケボケはいつも?)、しかも妹の所に子守にいか無くてはならなくなったとのことで、一緒に飲もうってのはキャンセルし、かなり遅めのランチを。
そば処たから家」(那覇市具志1-23-14 098-857-0220)、たまたま入ったお店だけど、4月1日現在沖縄そばランキングで3位というお店、自分はソーキそばにテビチのトッピングを選択、化学調味料を使っていないと言うことで身体に優しいさっぱりとした味わい、しかし麺はかなり普通、実はソーキもテビチもそれほどでもなく・・・もちろん美味しいのだけど、しかし全県で3位という程の実力ではという疑問、yayaとなんのランキングやろうね~と悩む。
(ホテルに帰って調べてみたが、このお店は食べログのランキングでは333位、ちなみに自分が大好きな浜屋そばは沖縄そばランキングで欄外、食べログで12位、あくまでもネットでの評価やもんね、こんなもんや)
食後、ホテルまでyayaに送って貰ってここでお別れ、「yaya~いろいろとありがとうね!女捨てるなよ~、彼氏ちゃんと探す努力しろよ~、ってか太るなよ!またね~!」

  

コメント (6)   トラックバック (3)

波は期待外れやったけどほんま内容濃かった奄美トリップ

2013-04-14 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外

30 6時に出発、波はかなり「う~ん」やけどとにかく入水しておくのだということは今回のトリップの大教訓。
今日は沖で風が吹いているようで海がざわざわしている、どうも昨日までとは違う、これから波が立つ雰囲気だ。
そう感じていたら、風は強くなり面は乱れだし時々ピークだけは腰くらいのがボンって立ち上がってくる(Take Offだけで後が続かないが)、きっと今日はチョッピーながら徐々にサイズアップしていき、きっと明日にはいい波が立つのだ・・・なんでやねんっ!
今日はなぜか誰も入ってこないだけでなく、誰も波チェックにさえ来ない、もしやどっか他で、今日のような時にはベストなポイントがあるのか、俺たちは思いっ切り間違った所に入っているのでは無いか、そんなことさえ思ってしまう・・・そやったらあかんやん!(ところでこよちゃんー小一・鎌倉在住ーは、俺とTちんとKくんのしゃべり方のことでお父さんお母さんに「ねーねーなんでおっちゃんたちってお話し違うの?なんでやねんってどうしてなのでしょ。あかんってダメでしょでしょ?なんでなんで?」、だそうだ)

 不完全燃焼のまま奄美での波乗りはこれで終了、自然相手やししかたない、とは言いつつ波乗り以外でいろんなことが出来たし、波が無ければ陸に上がった河童になるところもなんだかんだと言って中身充実、島時間でのんびりしながらも遊び倒して時間足らなかった感がある。
「なんやかんやいっておもろかったやんな~」と満足した大阪組を奄美空港に送り届けた、またね~ε=ε=ヽ*^∇^)ノ♪


 熊崎さんとこに寄って、夏に産まれるうちの孫の頭サイズでステンドグラスの王冠を作ってねと依頼、それから彼の作品帳を見せて頂いて、まじで波の作品が欲しくなった、今度、注文させて頂きますねっm(__)m
自分たちも空港に行く前に、奄美最後のランチは「BAREFOOT RESORT CAFE&HOTELS」、がっつりいきたかったので自分はチキンソテープレートを選択したが、みんなが食べたエビのプレートもシーフードドリアもサンドウィッチもピザもむちゃくちゃ美味しそうやったし、そしてチキンカレーとかも気になった、自分のが美味しかっただけにこの店の他のメニューも順番に食べてみたい!
というわけで、500ccの缶ビール×18本、350cc×6本、合計11.1リットル+お店で飲んだのを消費した奄美トリップ、サーフィンでは3日目の朝の2本目に乗ったバックサイドが波乗りらしい波乗りだった唯一1本だったので、いつもの波乗りトリップのようなパド筋ではなく、なーさん夫妻のおかげによる縁とSUPとカヤックと子ども達によって、未知の筋肉痛を味わったこの旅行、大満足や~!
お疲れ様でした!ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

 ところで東京での勤務となって海の近くに住むようになっての、初めて休暇を取ってのトリップがこの奄美だった。
初日の11日の地元のポイントは「コシ~ハラたまのsetムネ ▽25 弱 オンショア」、2日目の12日は「コシsetハラ ▽25 弱 オンショア」、3日目の13日は「モモたまのsetコシ ▽20 弱 オンショア」、ほんで今日は「ハラ~ムネ ▽25 強 サイドオン」、とすっと風は悪かったもののポイントを選べば波があった湘南~西湘だったのだ。
以前に海の近くに住んでいる友達を誘ってトリップに行ってたまたま波が悪いと、なんとなく「こんなトリップに来ないで地元にいれば良かった」的な雰囲気を醸し出されて、ちょっと悲しい思いをしたことが何度もあったんだが・・・。
なんとなくそんな友人たちの気持ちもなんとなくわかった気がした今回のトリップだった。
でも旅は旅、心とろけさせて、脳味噌の強張ったとこをほぐして、仲間とどっぷりし、非日常で右脳をごりごり活性化し、土地土地の美味いものを食って、ってなことはプライスレス~♪
地元は地元、旅は旅やね、ってなことを確認、帰ってきたばっかやけどまたどっか行きたい、どこ行く?奄美リベンジ?今度は種子島?八丈島に行ってみたい。バリもな~長いこと行ってないしな~・・・♪

  

コメント

小さいけれどなんとか波乗りでけた・・・のだ、な奄美3日目

2013-04-13 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外
29 昨日の日暮れ頃は手広で波乗り出来たということを聞いた、そのちょっと前までビーチにいたのに諦めてホテルへ撤収したことを後悔して、今朝はとにかく海に入ってみると心に誓って、昨日と同様5時40分に宿を発つ。
淡路島を震源として、阪神淡路大震災とよく似た時間に発生した震度6弱の地震を知って大動揺、家族に連絡取ったら大丈夫とのこと、ホッとしたけど、関西人はむちゃくちゃ怖かったと思う、きっとみんな1・17をまざまざと思い出したと思う。


 満潮を挟んでの時間帯、波は膝~もも、面ツル、小さいけどリーフブレイク特有のうねりが集まってくる感じの波で、やれた!!ヾ(@^▽^@)ノ
やれるのだ、意外とやれるのだ、楽しいのだ!
しかしながらset間は長い、ときどきこの浜に棲み着いているらしいウミガメが顔を出してくれたりして、天気も良いし風光明媚だし海は綺麗し、仲間と一緒だし、だからそんなset間の長さもさほど苦にもならない、心とろとろ~。


 その後、北の方のポイントを駄目元で波チェック行くがダメだった、もう一度手広に帰るが潮が引いてきてまもなくダメになる感じ、ホテルに一旦帰って朝飯食って、今度はSUPをしに行くことになった。

 SUP、前に御前崎で初めてやった時にはちっとも旨く乗れなかったのだけど、今回、使わせて頂いた3種類の板は、非常に乗りやすくて、これがSUPなのかって感じ。
前回とは比較にならないけっこうな距離をツーリングしてみたり、波乗りを挑戦してみたり(乗れなかったのだけどね)、なかなかおもしろいやんってSUPへのイメージを塗り替えておいた。


 全国的に波も無くて気温も低い今日この頃、奄美も気温は南国らしくなく低いのだけど(20度くらい)、水温はさすが南国、もう23度くらいあって温かい、海水浴日和!
南国らしい花も咲いているし、わんちゃんも南国らしくだらんだらん。
ランチは陶工房カフェ夢紅にて、本格的なボンゴレロッソに舌鼓、ハイネケンが進むのだ、ちゅうかほんま緩い時間が流れるこのお店、このビーチ、SUPで遊んでからランチを食べ終わるまであとで考えたら3時間くらいやったのだけど、体内時計的には6時間くらい過ごした感じ、ほんま体内時計のゼンマイがゆるゆるになった感じ、明日には帰らなくてはいけないのだけど、たった3日間だけどすでに社会復帰出来るのかという不安がよぎる。


 お土産をちょろっと買い物してから、日暮れにもう一度手広で波乗りして(朝とはまた割れ方が違う波、グーフィーでしっかりいい波に1本乗れてご機嫌♪)、今夜の晩餐は韋駄天(大島郡龍郷町赤尾木196-5 0997-62-3133)にて。
豆カワハギの唐揚げでテンション上がり、島豚の三枚肉で胃袋を拡張させ、トコブシで滋養強壮し、島たこ&水イカの刺身に奄美を感じ、鶏の唐揚げとかエビマヨのオムレツとかピザとかガーリックポテトフライトか何を食ってもなかなかヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィってなって、青さ海苔玉子焼きでどっか~ん吹っ飛び大満足ってなって、こん夜も酔っ払い多数仕上がり!

 やっぱ、なんだかんだ言っても旅は楽しいのだ~で、明日は最終日、6時に出発で波乗りだ!

  

コメント

東京勤務なって初めて休みを貰ったので奄美(1日目)

2013-04-11 | 脱線編1 波乗り報告 アイランド・海外
28 酔っぱらっているので後日写真も記事の内容もやり直すので、今は要点だけ。


・東京での勤務になって初めて休みを取った、奄美大島に行くのだ。
・と言いながら今日は湘南はいい波が立っていたけどでも奄美に向けて朝から波乗りはしなかったのだ。
・奄美大島に到着、気温は20度くらいで南の島に来た感は薄かったけど日差しはやはり内地とは違うのだ。
・レンタカー屋さんの緩さはちょっと好きかも。
・先に着いた大阪組はビラで入ったそうだがもう波は無い。
・「奄美リゾートホテル カレッタハウス」に荷物を置いてからSea Shore Stained Glassの熊崎浩さんのアトリエにお邪魔してみた、ガベッジファクトリーそのまま生活を営んでいたのだ、羨ましいのだ。
・くまざきさんちの山羊さん、アグレッシブなのだ!


 くまざきさんの案内で権現P(今井浜P?)へ、浜からパドリングで10分強、setももの小波ながらとにかく奄美大島での初サーフィン、サイズが上がればクオリティ高いだろうなってな波を、仲間だけで大騒ぎしながら楽しんだ。


・奄美を知っている人がみんな推薦する「ひさ倉」にて初日の晩餐。
・鶏がやばいのだ、うまいのだ、食らいつくのだ!
・鶏飯、けいはん、京阪電車ではないのだ、旨いのだ、癒やされるのだ、酒飲んだ後の仕上げとしてこんな美味しいものはないのだ!
・ホテルに帰ってビリヤード大会なのだ!
・むちゃくちゃ飲んだくれたのに潮の関係で明日は5時起きなのだ!(・_・、)

   

 
コメント